Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

面接に受からない原因10個|面接に受からない状況を改善する方法3つ

いくつも面接を受けても採用してもらえないのは、面接してもらう企業が違っていても、受からない理由は同じものであることが予想されます。面接に受からない自分の改善点に気づいて次の面接に向けて好印象を与えられるように心がけていきましょう。

面接に受からない原因10個|面接に受からない状況を改善する方法3つ

面接に受からない人はほぼ同じようなことが原因である

いくつもの面接を受けてみてもなかなか受からないと徐々に焦りが出てくるものです。面接までこぎつけているのに受からないのには、必ず理由があるはずです。

面接を受ける会社は違っていても、面接官は同じようところをチェックしているのです。面接に受からない理由は面接を受けた会社に聞いたとしても教えてもらうことができません。

これから予定している面接に備えて、自分で面接に受からない理由を見つけていきましょう。

面接に受からない原因10個

面接に受からない原因1:外見がだらしない

面接を受けるときには、服装やヘアスタイルを整えてから面接に臨みましょう。身だしなみがだらしなく見えることは、面接に受からない原因になります。

服装の乱れは、面接官にマイナスの印象を与えます。面接に着ていくスーツやシャツなどは前日までに汚れや、しわがついていないかチェックしておきましょう。

髪の毛にねぐせをつけたまま面接に行くことがないように面接の当日は、早起きをして身だしなみを整えましょう。

面接に受からない原因2:志望動機が弱い

面接に受からない原因10個|面接に受からない状況を改善する方法3つ
多くの面接で尋ねられる質問が、志望の動機です。なぜ面接を受けているのか志望の動機をはっきり答えることができないのも面接で受からない原因の一つになります。

志望動機がしっかりしていなければ、会社の仕事に興味があるわけではなくて、どこの会社でもいいから働きたいだけなのだとみなされてしまいます。

志望のどうきをたずねられたときに企業に対する熱意を伝えることができないと、面接に受からない可能性が高くなります。

面接に受からない原因3:自己PRや長所が理にかなっていない

面接で、自分の長所の説明を求められたり、自己PRを尋ねられたりします。面接官は、企業に就職して働くときに活躍してくれるのかをそこで見定めています。

面接を受けている企業の仕事に結びつかないような自己PRの場合、面接で受からないこともあります。

企業で実際に働いたときをイメージした場合に、自分の長所がどこで役に立つのか考えをまとめておくとよいでしょう。

面接に受からない原因4:逆質問の内容がよくない

面接中に「何か質問はありますか?」と尋ねられることもあります。問いかけに対して何も質問をしないのは、仕事や会社に興味をもっていないとみられてしまって、受からない原因として考えられます。

しかし、こちらから質問できるからといって、どのような質問をしてもいいわけではありません。仕事の内容や会社の情報に興味を持っているという印象を与えられる質問をすることが重要です。

面接に受からない原因5:コミュニケーション能力が高くない

コミュニケーションの能力があるかどうかは、面接で非常に重視されます。面接中に面接官とうまくコミュニケーションがとれなかったことが、面接に受からない原因になります。

コミュニケーション能力は、就職をして仕事をしていくときにとても重要になっています。仕事の同僚や先輩とうまくコミュニケーションを取りながら仕事をしていけるのか面接官はチェックしています。

面接に受からない原因6:清潔感が感じられない

身だしなみがだらしないのもいけませんが、清潔感が感じられない印象を面接官に与えるのも受からない原因です。

つめが伸びたり、ひげが伸びたり、髪の毛にねぐせをつけたままにしていると清潔感のある印象を与えることができません。

面接の前日には、爪やひげを整えて清潔感のあるさわやかな印象を与えることができるように心がけていきましょう。

面接に受からない原因7:自己主張が強すぎる

自己主張が弱いのは面接に受からない原因として考えられますが、自己主張が強すぎるのも良くありません。

就職して働いていくうえで、自分の主張ばかりをしてくるだろうとみなされてしまい、マイナスの印象をあたえます。

自己主張が強すぎるのもまた面接に受からない要因の一つに分類されます。面接のときには、強い自己主張を繰り返さないようにしましょう。

面接に受からない原因8:自分で気づかない癖に問題がある

面接に受からない理由は、自分ではなかなか気づきにくい「くせ」が原因になっていることもあります。

頭を無意識でかいたり、体をソワソワと動かしたりしていないでしょうか。面接官は細かいしぐさも見逃さずにチェックしています。

面接を受けるときには、ゆったりした気持ちが相手に伝わるようにする必要があります。落ち着いたイメージに見えない癖があれば、意識をして改善していきましょう。

面接に受からない原因9:視線をそらす癖がある

面接で質問に答えるときや、こちらから質問しているときなどに面接官から視線をそらすのもいけません。

とくに、面接官から問われた質問に答える場合は、視線をそらすことがないように気をつけましょう。周りを気にして周囲を見回したりしていると、落ち着きのない印象を相手に与えます。

視線をまっすぐに保ちながら、周りに気をとられない落ち着いた印象を与えるように心がけていきましょう。

面接に受からない原因10:不健康に見える

面接を受けるときに、表情が沈んでいないでしょうか。面接官に元気がなくて不健康そうな印象を与えたことが、面接に受からない原因になっていることがあります。

暗く沈んだ表情は、元気のない不健康そうなイメージを持たれます。面接を受けるときは、表情を柔らかく保ちましょう。

また、目の下にくまができているのもよくありません。寝不足で面接を受けることがないように、面接を受ける前日はじゅうぶんな睡眠時間をとるようにしましょう。

面接に受からない状況を改善する方法3つ

面接に受からない理由に気づくことができていると、受からない原因に気をつけながら面接を受けられます。

面接に受かりやすくするために、受からなかった状況を改善していきましょう。面接に受かりやすくするには、3つの方法に目をむければ今までの自分のマイナスに作用していたところが改善しやすくなるでしょう。

マイナスに作用していたことが改善できていれば、自信をもって面接を受けられるようになります。

面接に受からない状況を改善する方法1:笑顔を絶やさない

面接中はにこやかに受け答えをしましょう。笑顔を絶やさないようにして面接をすることができれば、面接官にも好印象を与えられます。

好印象を相手に与えるためには表情をやわらかく保つのがもっとも効果的です。リラックスして自分の肩の力を抜くこともできます。

リラックスして肩の力が抜ければ、無理のない自然な対応ができて自分の魅力をじゅうぶんに伝えられるようになるでしょう。

面接に受からない状況を改善する方法2:相手企業の情報を徹底的に調べる

面接を受けようとしている企業の情報は徹底的に調べる必要があります。仕事の内容や企業の理念に基づく企業方針も調べておくとよいでしょう。

仕事の内容をより深く理解できていると、面接中に質問された場合の答えかたが今までと違ったものになります。

面接を受けようとする企業の特色を踏まえて答えられれば、なぜ面接を受けにきたのか理解を示してもらうことにつながります。

面接に受からない状況を改善する方法3:自分の強みをアピールする

自分をアピールしていくことは非常に大事です。企業で働いていくときに仕事に役立つようなことを中心に考えて、自分の長所やアピールポイントをあらかじめ考えておくことをおすすめします。

あまり強すぎる自己主張は避けたほうがよいですが、まったく自分の強みをアピールしないでいると、主張性がない印象を与えてしまいます。

しっかりと自分のどこが強みになるのかを相手にわかりやすく伝えるための言葉は、よく考えてまとめておきましょう。

面接に受からない状況を改善しましょう

面接に受からない理由に早めの段階で気づくことができれば、改善していかなければいけない部分がみえてきます。今まで面接に受からなかった理由に心当たりがあるようなら、今から改善していきましょう。

面接の時には相手に好印象を与えるようにつとめて、質問があったときには仕事に結びつけた考え方にそって答えをだしていけば、今までとは違った結果を生むことができるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related