Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

面接に行きたくない意識を改善する方法10個|面接に行きたくない理由3つ

面接コンプレックスがある人は、面接前夜になると憂鬱になります。しかし面接に行きたくない気持ちは、何とか克服しなければいけません。本記事では、面接に行きたくない意識を改善する方法を紹介しています。面接コンプレックスがある人は参考にしてください。

面接に行きたくない意識を改善する方法10個|面接に行きたくない理由3つ

「面接に行きたくない」という経験は誰しも一度はある

自ら決めた面接であっても、面接に行きたくない気持ちになることはあります。これは誰もが経験することで、経験者は独自の方法で面接に行きたくない気持ちを抑えてきました。

面接に行きたくない気持ちを抑えなければ、先に進むことができず最悪の場合は生活に困ってしまいます。

人は常に感情に影響されますが、面接に行きたくない気持ちも感情の1つです。そんな感情は上手にコントロールしなくてはいけません。

面接に行きたくない意識を改善する方法10個

面接に行きたくない意識を改善する方法は1つではありません。しかし自分に合った方法を選ばなければ効果は期待できません。

以下では面接に行きたくない意識を改善する方法を10個紹介しますが、必ずしもアドバイス通りに実行する必要はありません。人の性格は千差万別で、同じアドバイスが万人に効くとは限りません。

これから紹介する方法は、1つのヒントとして受け止めてください。

面接に行きたくない意識を改善する方法1:不採用でも自分の落ち度ではないと考える

面接に行きたくない意識が強い人は、完璧主義の人が多いです。完璧主義の人は面接の結果に過度にこだわり、不採用の場合は自分の落ち度と考える傾向にあります。

面接の結果を極度に恐れる人は、不採用でも自分の落ち度ではないと考えましょう。最初は難しくても、何度も言い聞かせるうちに効果は出てきます。面接の結果は能力だけで決まるものではなく、会社との相性も関係してきます。

面接に行きたくない意識を改善する方法2:面接の経験を積む

面接に行きたくない意識を改善するには、暗示療法が効果的です。具体的には「自分は面接の経験を積んでいるんだ」と思うことです。

こう思うことで気分が軽くなり、面接に行きたくない意識は次第に緩和します。面接直前に憂鬱な気持ちになったときは、「人生は経験が大切だ」と言い聞かせましょう。

これらの暗示は効果的で、面接の結果にも良い影響を与えるでしょう。多くの面接官は暗い雰囲気の応募者を嫌います。

面接に行きたくない意識を改善する方法3:履歴書の内容を充実させる

面接に行きたくない意識が強い人は、自分の学歴や職歴にコンプレックスを持っていることが多いです。コンプレックスが強い人は、履歴書の内容に気を配りましょう。

学歴や職歴の改竄は経歴違反になりますが、趣味欄や動機欄の内容は自由です。特に大切なのは動機欄で、前向きな内容であれば面接官の心に響きやすいです。

面接官は応募者のやる気を動機欄から見ることが多く、意欲に満ちた内容であれば採用したい気持ちになります。

面接に行きたくない意識を改善する方法4:想定問答集で面接の練習をする

面接に行きたくない意識が強い人の中には、面接慣れしていない人がいます。面接慣れしていなければ、面接に行くことが憂鬱になります。このような人には、面接の練習をすることをおすすめします。

1人で面接の練習をするときは、想定問答集の利用をおすすめします。想定問答集の質問内容を読んだあとは、心を込めて答えるようにしましょう。これだけの練習でも、ある程度は面接に慣れることができます。

面接に行きたくない意識を改善する方法5:面接官とは対等な立場であると考える

面接に行きたくない意識が強い人は、極度に面接官を恐れていることが多いです。極度に面接官を恐れたら、常に受け身になり本当の自分をアピールすることができません。

面接官を極度に恐れない方法には、面接官の私生活を想像することがあります。面接官の私生活を想像することで、面接官に対して親しみを感じるようになります。この方法は一見邪道に見えますが、実際に試すことで効果が実感できるでしょう。

面接に行きたくない意識を改善する方法6:会社を下見する

面接に行きたくない意識が強いときは、会社を下見することをおすすめします。会社を下見すると言っても会社の中に入るのではなく、会社の正面入り口を見るだけで構いません。

これは誰にでもできることですが、この行動をすることで会社に対して親しみを感じるようになります。出勤中の社員を見たら、より親しみを感じるでしょう。

時間の余裕がある人は、退勤時の社員の笑顔も観察することをおすすめします。

面接に行きたくない意識を改善する方法7:自問自答する

面接に行きたくない意識を改善する方法10個|面接に行きたくない理由3つ
面接に行きたくない意識を払拭する方法には、自問自答があります。自問自答することで気持ちの整理ができます。

面接に行きたくない意識が過剰に強い人は、気持ちの整理ができていません。心の中で自問自答しにくいときは、ノートを使い自問自答することをおすすめします。

ノートに答えを書くことで自意識が薄れ、次第に客観的な気持ちになれます。そうなれば面接に行きたくない気持ちは薄れます。

面接に行きたくない意識を改善する方法8:たかが面接と言い聞かせる

面接に行きたくない気持ちが強い人は、面接に対して意識過剰気味です。ただ面接で合否が決まるので、意識過剰になるのは致し方ないことです。しかし過度の意識過剰は百害あって一利なしです。

意識過剰で苦しくなったときは、「たかが面接」と心の中で呟いてください。何回も繰り返すうちに過剰な意識は薄れてきます。万が一効果がない場合は、呟く前に深呼吸することをおすすめします。

面接に行きたくない意識を改善する方法9:発想の転換をする

少し変わった方法ですが、面接に行きたくない意識が強いときは発想の転換をおすすめします。具体的には自分が会社を面接する気持ちになることです。面接官の立場を演じることで気は楽になります。

ただこれを実行するときは、面接官に察知されないように気を付けてください。面接官が察知すれば、傲慢な応募者だと思われる可能性があるからです。この方法は心理学的にも有効で、何人かの応募者はこっそり実行しています。

面接に行きたくない意識を改善する方法10:面接後の楽しいシーンを想像する

面接に行きたくない気持ちが強いときは、面接後に楽しい予定を入れましょう。具体的には面接後に美味しい食事を食べたり、旨いビールを飲んだりすることです。彼氏や彼女がいる人は、デートの約束を入れてもよいでしょう。

この方法も心理学的に有効で、どうしても苦しいときは実行してください。人は楽しいことが待っていれば、少しぐらいの困難は乗り越えることができます。

面接に行きたくない理由3つ

これからは面接に行きたくない代表的な理由を紹介します。代表的な理由を知ることで、面接に行きたくないのは自分だけではないと気付くでしょう。この気付きは大切で、気付くだけで苦しみは緩和します。

なお以下では、代表的な理由を紹介するだけではなく、乗り越えるために役立つ本も紹介します。紹介する本を熟読し、面接に対する苦手意識を払拭しましょう。

面接に行きたくない理由1:人前で話すことに緊張する

人前で話すことに緊張する人は面接の場でも緊張します。中には緊張の余り、身体が膠着する人もいます。そうなれば面接どころではなく、言葉を発することも難しくなります。

人前で話すことに緊張する人は自意識過剰な人が多く、極度に失敗を恐れます。自意識過剰をなくすことは難しく、努力すればするほど苦しみます。そんな自意識過剰な人に役立つのが今回ご紹介した本です。

人に期待されるばかりの人生を夢見て、それが幸せの全部、
または愛のすべてだと考えて生きてきた自分にとってはこの本を合うことができて本当に幸いです。

生きているそのものに意味がある、価値がある。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E4%BB%96%E4%BA%BA%E3%8... |

面接に行きたくない理由2:経歴や能力に自信がない

面接は自分を売り込む場なので、経歴や能力に自信がない人は面接に行きたくない気持ちになるでしょう。しかし、経歴や能力に自信がないのは自分だけではなく、多くの人はそれなりにコンプレックスを感じています。

コンプレックス解消の特効薬はなく、時の流れに身を任せるしか術はありません。それでも以下の本を読むことで、コンプレックスと付き合うことが上手になります。

「会話」の成り立ちを分かり易く解析されています。
会話に対しての自己啓発本として、迷ったときにはこの一冊。
また購入後も、会話の仕方に迷ったときはこの一冊で問題解決。
っていう本ですよ。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%81%8C%E8%8... |

面接に行きたくない理由3:面接に落ち続けている

面接に落ち続けている人は、面接に行きたくない気持ちが強くなります。これは万人に共通することで、人によっては夢の中でも苦しみます。

面接に落ち続ける原因は1つではなく、複数の原因が関係しています。ただ、当事者は原因に気付かないことが多く、原因解明に苦しみます。

以下の本は面接で大切なことを紹介しており、面接に落ち続けている人は参考にしてください。

就活をする上で、採用側がなにを見ているのかということを、わかりやすく説明していると思います。読んで損はないです。就活中に隙間時間に読めていいと思います。実際に書き出して考えてみたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E9%9D%A2%E6%8E%A5%E3%81%AE10%E5... |

面接に行きたくない状況を改善しましょう

面接に行きたくない気持ちが強い人は、何らかの方法で気持ちを抑えなければいけません。面接から逃げてばかりいては、いつまで経っても仕事を見つけることはできません。

面接に行きたくない理由は人によって異なりますが、本記事で紹介してきた方法を試すことで解決することは多いです。

面接は避けては通れない道で、嫌でも立ち向かっていくしかありません。面接から逃げれば逃げるほど面接は怖くなります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related