Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

面接で手応えなしと思ったときの対処法2つ|手応えなしでも合格する?

長い就職活動の中で、面接で「手応えなし」と感じて落ち込むこともあります。事前に準備をして挑んだ面接での、合否に関わる面接官の表情や態度も気になることでしょう。ここでは、「手応えなし」と感じた時の対処法や、「手応えなし」でも合格する場合などを紹介して行きます。

面接で手応えなしと思ったときの対処法2つ|手応えなしでも合格する?

面接で感じる手応えとは

面接が終わり、手応えがあってもなくても、合否の連絡が来るまでは不安です。

希望する会社の面接は緊張しますし、面接官からの質問にうまく答えられたかなど、不安材料はたくさんあります。

しかし、面接の中でいつから働けるかを聞かれたり、勤務後の内容を話されたり面接時間が長い場合は手応えはあります。

採用したい場合にはあなたのことを事細かく聞いてきますが、以下に挙げるケースの場合は「手応えなし」の場合もあります。

手応えなしでの合格する可能性は?

いざ挑んだ面接で想定外の質問を受けたり、言いたいことを緊張して言えなくなってしまうこともあるでしょう。

頑張って臨んだ面接で、面接官からの手応えがないと感じれば、自信も失いその会社への就職を諦めてしまうことさえあります。

しかし、自分では全く手応えがなかったと感じていても、面接官はそうではないこともあります。

「手応えなし」と感じるのはあなた自身だけであり、合格する可能性は残されているということです。

面接で手応えなしと思った理由6つ

就職活動の中で、希望する会社に合格したい気持ちが一層の緊張を誘ってしまい、手応えのない面接になってしまったというシチュエーションは多々あります。

直前まで面接の練習をしてきても、本番には合否を決める面接官が目の前にいます。質問に対する一言だけでも合否を左右することもありますので、頭の中が真っ白になる場合もあるでしょう。

続いて、面接で手応えなしと思った理由について6つご紹介しますので参考にして下さい。

手応えなしと思った理由1:回答で沈黙してしまった

面接官の質問に答えなければいけない場面で、沈黙して話せないということがあります。

面接官から質問されることは多く、あなたの仕事への熱意や姿勢などを知ろうとして尋ねられます。その質問にどう答えるか悩み考えてしまい、自分の考えや思いが話せないこともあるでしょう。

面接はこの会社で働いて欲しいか判断する場であり、面接を受けるあなたもよく理解している分、沈黙で答えられなければ、失敗したと感じてしまうでしょう。

手応えなしと思った理由2:ありがちな質問しかされなかった

掘り下げた質問が全くなく、マニュアルどおりの質問だけで面接が終わってしまうと、受ける側は不安になります。

面接官からの質問の時間は、自分の気持ちを伝えられる場です。会社に対する熱意を届けられる唯一の機会であり、チャンスでもあります。

それなのに、マニュアルどおりの質問だけであっさり終わってしまうと不安です。「自分に興味がないのか」「この会社にふさわしくないと判断されたのか」と悩む状況と言えるでしょう。

手応えなしと思った理由3:面接時間が短かった

他の人より面接時間が短かった場合、手応えは薄いでしょう。

目安となる面接時間などは対策本に記載がありますし、同じ会社の面接で、他の人が面接が終わるのを待つ間隔で、ある程度の面接時間が分かります。

いざ自分の番になって、面接が始まってから終了までの時間が他の人と比べて短いと感じれば、自分に全く興味がないと感じるでしょう。

面接官にもマニュアルがあり、採用したい人だと掘り下げた話になる傾向があります。

手応えなしと思った理由4:選考フローについての説明がない

面接時に渡される資料に選考フローがない場合、不採用の可能性があります。たくさんの人が面接に来る就職活動は、日々の業務で多忙の中、人事担当者が時間を割いて行います。

そのため、不合格と判断した相手に詳しく説明する時間を取ることは少ないです。選考フローについて質問されると時間が長引いてしまうからです。

資料に選考フローがない場合は、難しい結果になることが多いことを覚えておきましょう。

手応えなしと思った理由5:面接官の反応

面接官からの質問に一生懸命答えているのに、面接官があまり聞いていない、そっけない態度の時は注意が必要です。

面接官の内心で「不採用」の判断がされていた場合、求職者の話を真剣に聞くメリットがないからです。この場合は、マニュアルに沿って進行しているだけの可能性が高いです。

また、こちらから質問をしても手応えなしの反応だった場合も、同じように不採用の可能性が高くなってきます。

手応えなしと思った理由6:仕事と関係のない話をされた

仕事に関係がある話が盛り上がることは良い材料ですが、仕事には関係ない話が大半の場合、合格は難しい場合が多いです。

面接は求職者が自社にふさわしいか判断する場であり、業務に関係する話をすることは当然のことです。そんな場面で、全く関係ない話で時間を費やされた場合は、面接官が時間潰しをしている可能性があります。

確実ではありませんが、面接時間の大半が業務に関係ない話の場合は、手応えなしの場合が多いでしょう。

面接で手応えなしと思ったときの対処法2つ

希望した会社での面接が「手応えなし」だと落ち込んでしまい、何がダメだったのかを考えてしまいますが、立ち止まってばかりでは先に進めません。

これが最後ではなく、ゴールでもありません。「手応えなし」でも、今回がダメなら次を見るようにしましょう。一生懸命頑張ったのであれば、逆に「その会社には縁がなかった」と割り切りましょう。

ここでは、「手応えなし」の場合の対処法を2つご紹介しますので、参考にして下さい。

手応えなしと思ったときの対処法1:次の面接の準備をする

手応えなしと思ったときは、割り切って次に進むことが大切です。

失敗して落ち込むこともあるでしょう。後悔することもあるでしょう。しかし、次に進むことで巡り会える会社がある可能性も高いです。

決して立ち止まることがダメというわけではありません。ただ、今回の面接の反省点を次に活かして行くことが大切です。

そのために、次の会社のリサーチを行い、面接の受け答えの練習をしながら準備をし、有効に時間を使いましょう。

手応えなしと思ったときの対処法2:面接でされた質問を振り返る

手応えなしと思ったときは、次の面接のために、今回の面接を振り返りながら反省点を探しましょう。面接の流れや面接官の質問は、ある程度似ています。それを踏まえて答える内容を考えましょう。

今回は失敗でも、次に活かせるなら本当の失敗ではありません。振り返ることでチャンスを探り、面接の際に興味を持ってもらえるような回答を考えることができます。

当日まで何度もイメージを振り返りながら、本番に活かしましょう。

面接で手応えなしでも合格するパターン3つ

面接で手応えなしの状況でも合格することがあります。

たとえば、面接官からの質問の答えや、仕事に対する熱意などが納得いかない時は不安になるでしょう。中でも、最も気になるのは面接官の態度ですが、手応えの有無は自分自身で感じ取れることです。

「手応えなし」と感じても、不採用と決まった訳ではありません。通知が来るまで可能性は消えたわけではありません。

以下に、手応えがなくても合格するパターンを紹介します。

面接で手応えなしでも合格するパターン1:面接官に言いたいことが伝わった

面接で手応えなしと思ったときの対処法2つ|手応えなしでも合格する?
面接で気持ちや熱意を伝えられれば、合格の可能性が見えて来ます。

「なぜ、この会社を選んだのか」「就職してどう貢献したいのか」「目標があるのか」など、面接官が気になる部分でもあります。

会社の一員として共に成長し発展していくことを前提としているので、あなたの思いや熱意が必要です。

自分では手応えなしの面接でも、言いたいことを伝えることができていれば、一緒に働きたいと採用者が考えてくれる可能性はあります。

面接で手応えなしでも合格するパターン2:回答に独自性があった

ありきたりの質問に独自性を持たせられれば、合格の可能性が高まります。

面接はマニュアルに沿った流れで行われるため、質問もありきたりになっています。ここであなたが質問に対し、回答する内容に独自性があれば印象付けができます。

「手応えなし」と感じても、途中で諦めないようにしましょう。あなたの回答を期待して待っている場合もあります。

独自性のある回答で、他の求職者と違った印象を与えられるようにしましょう。

面接で手応えなしでも合格するパターン3:スキルを持っている

採用の基準の中に、「スキル」という項目があります。これには資格や経験なども含まれますが他にも大切な部分があります。

それは、「会社の即戦力になれるか」です。面接官に即戦力になれる印象を与えられれば、合格する可能性は高まります。面接官の方も、「即採用」と内心で決めれば面接時間を早く切り上げることもあります。

熱意や思いを伝え、即戦力になれるイメージを会社に与えることができれば合格の期待も高まるでしょう。

面接で手応えなしと思っても落ち込まないこと

面接で手応えなしと思っても、落ち込まないようにしましょう。これが最後の面接ではありません。この先も面接は続いて行きます。

気分を切り替えることで次の準備をしましょう。反省点を踏まえて対策していくことで、次の面接に備えることができます。

面接の合否連絡を受け取るまでは結果はわかりません。手応えなしでも合格する可能性はあります。落ち込むよりも、不安な時こそ前を向いて待つようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related