Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

コミュニケーションが嫌いな人が職場で困らないための8つの方法

コミュニケーションが嫌いで困っているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、コミュニケーションが嫌いな理由と、職場でのコミュニケーションを円滑にする8つの方法を紹介しています。職場で円滑なコミュニケーションを取りたい方は、ぜひ読んでみてください。

コミュニケーションが嫌いな人が職場で困らないための8つの方法

コミュニケーションが嫌いな原因3つ

コミュニケーションが嫌いな原因はいくつかあります。

特に何もないけれど、コミュニケーションが嫌いというケースは稀です。それよりも何らかの理由がありコミュニケーションが嫌いになったり、苦手だと思っているだけの可能性が高いです。ここでは、コミュニケーションが嫌いな人に見られやすい3つの原因を紹介します。

コミュニケーションが嫌いな原因1:他人に対して過去に嫌な思い出がある

コミュニケーションが嫌いな原因の1つ目として考えられるのが他人に対して過去に嫌な思い出があることです。

幼いころから今までの人間関係でひどく傷ついた経験がある、裏切られた経験があると、人と接すること自体が苦手になりやすいです。例えば親からけなされて育った、学生時代にいじめられたなどの経験が、コミュニケーションを嫌いにしてしまう原因になります。

コミュニケーションが嫌いな原因2:他人に興味が無い

コミュニケーションが嫌いな原因の2つ目に、他人に興味がないことが考えられます。

世の中には、一定数「人との関わり」自体に興味のない性格の人がいます。そういった人たちにとっては、誰かと話すよりも自分1人で本を読んだり、勉強したりすることが快適なため、コミュニケーションをしなくなっていきます。そして、コミュニケーションに慣れる機会を失い、人と話すことにますます興味を持てなくなってしまいます。

コミュニケーションが嫌いな原因3:コミュニケーション能力に自信がない

コミュニケーションが嫌いな原因の3つ目に、コミュニケーション能力に自信がないことが考えられます。

本当は人と楽しく話したいのに、自分にはコミュニケーションできるだけのスキルがないと思っているため、コミュニケーションをとることが怖いし、嫌いになってしまいます。どちらかといえば人の目を気にする、繊細なタイプの人に見られやすい傾向です。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法8つ

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとるにはコツがあります。

コミュニケーション能力を自然と身に着ける人もいれば、学んで身に着ける人もいます。コミュニケーションが苦手、嫌いな人は自然と身につけられていないだけです。このような場合、コツを押さえて学ぶことで、社会で必要とされるコミュニケーションをとる能力が育つ可能性は高いので、ぜひ以下の方法にチャレンジしてみましょう。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法1:過去は過去と割り切る

コミュニケーションが嫌いな人でも職場でうまくコミュニケーションをとる方法の1つ目は、過去を過去と割り切ることです。

過去に対人関係でつらい思いをすると、別の人と話していても過去のことが頭に浮かびがちですが、そのようなときこそ「過去は過去で、もう終わったこと」と考えましょう。あなた自身も過去のあなたとは違うので、自信を持って対人関係に臨むことをおすすめします。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法2:聞き手にまわる

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の2つ目が、聞き手に回ることです。

コミュニケーションが嫌いだと「何か楽しいことを話さなければ」と負担を感じて、ますますコミュニケーションができなくなることがあります。本来、コミュニケーションは双方向に行われるので、まずは「じっくり聞く」ことにチャレンジしましょう。ほとんどの人は、自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法3:伝えたいことを事前にはっきりさせておく

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の3つ目が、伝えたいことを事前にはっきりさせておくことです。

伝えたいことがあいまいなままだと、相手も何を言われているのかわからず、ますますコミュニケーションが不自然になってしまいます。少しでも伝わるような会話にするためには、聞きたいことや伝えたいこと、覚えておいてほしいことをはっきりさせましょう。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法4:一緒にご飯を食べる

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の4つ目が、一緒にご飯を食べることです。

ご飯を食べている時間はリラックスしやすく、短い時間でもお互いに心を開きやすい時間でもあります。多少会話が気まずくなっても、「食べる」という作業があり、途切れ途切れの会話でもやり過ごせるので、ぜひ職場の同僚と一緒にランチを食べに行ってみましょう。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法5:挨拶だけは欠かさない

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の5つ目が、挨拶だけは欠かさないことです。

挨拶は礼儀であり、悪印象を作らないために必要です。あまりにもコミュニケーションが苦手・嫌いでほかの方法はなかなかできないとしても、挨拶だけは欠かさないようにしましょう。それだけでも、周囲があなたに話しかけやすくなる可能性が高いです。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法6:話すスピードをゆっくりにする

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の6つ目が、話すスピードをゆっくりにすることです。

話すスピードをゆっくりにする理由は、心の落ち着きを取り戻すためです。コミュニケーションへの苦手意識が高く、人の対応にあたふたしてしまう人は、話すスピードをゆっくりにするだけで余裕が生まれ、言いたいことを言える可能性が高まります。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法7:笑顔を絶やさない

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の7つ目が、笑顔を絶やさないことです。

コミュニケーションには言語(言葉)だけではなく、非言語(ジェスチャーや雰囲気)もあります。笑顔は非言語コミュニケーションの1つで、相手をリラックスさせ警戒心を解く働きがあるので、言葉で上手に話せない人ほど笑顔を絶やさないようにしましょう。

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法8:五感を使った表現をする

コミュニケーションが嫌いな人が職場でうまくコミュニケーションをとる方法の8つ目が、五感を使った表現をすることです。

見えた光景・聞こえた音・感触・香りなどを話の中に混ぜると、相手に情景が伝わりやすく、会話が弾む可能性が上がります。話したいことはあるのに思ったように言葉が出てこず、相手に言いたいことが伝わらない場合には、五感を使った表現が特におすすめです。

コミュニケーション嫌いが仕事に与える影響

コミュニケーション嫌いは、仕事に影響を与えることもあります。

日常ではコミュニケーションを無理に取る必要はありませんが、仕事となると、不利益を被らないためにもコミュニケーションが必要です。ここでは、具体的にコミュニケーションが嫌いなことで仕事・職場に与える2つの影響を紹介します。

周囲からのサポートが受けられない

コミュニケーション嫌いが仕事に与える影響の1つ目が、周囲からのサポートを受けられないことです。

会社で仕事をする限り上司・部下・先輩・後輩・同僚とそれぞれの関係で協力が必要ですが、コミュニケーションが嫌いだと積極的にサポートを受けられないリスクがあります。特に新人のうちは、コミュニケーション不足というだけでも周囲の印象が悪くなり、助けてもらえなくなることも十分考えられます。

顧客評価が下がる

コミュニケーション嫌いが仕事に与える影響の2つ目が、顧客評価が下がることです。

消費者、取引先などとのやり取りがある仕事についていると、コミュニケーション能力の有無が相手からどのような印象をもらえるかに大きくかかわってきます。適切な商品説明やプロジェクト説明ができる方が、当然顧客評価は上がります。逆に、うまく商品やプロジェクトを説明できないと、顧客評価が下がるリスクがあります。

コミュニケーション嫌いを克服して職場での円滑なコミュニケーションを目指そう

今回紹介した方法を参考に、ぜひコミュニケーション嫌いを克服して、職場では円滑なコミュニケーションに努力してみましょう。

コミュニケーション能力があるかどうかは、チームでの仕事のしやすさや会社で過ごす時間の充実度、顧客評価の良し悪しなどさまざまな部分に影響を与えます。だからこそ、コミュニケーションが苦手な自覚があれば、できる範囲から改善するように心がけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related