Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

失敗を忘れる方法7つ|失敗を成功につなげるための3ステップを紹介

大事な日に寝坊した、仕事でミスをしたといった失敗を多くの人が経験したことがあるはずです。そんな時、失敗を忘れられず、苦労していませんか。この記事では、失敗を忘れられない人とはどんな人なのか、失敗を忘れる方法、失敗を成功につなげるためのステップを紹介しています。

失敗を忘れる方法7つ|失敗を成功につなげるための3ステップを紹介

失敗を忘れられない人とは?

大事な日に寝坊した、仕事でミスをしたといった失敗を多くの人が一度は経験したことがあるはずです。失敗した時は成長するチャンスだと言われたりもしますが、なかにはその失敗の経験を忘れることができず、引きずってしまう人もいます。

ここでは、失敗するとなぜ気持ちが沈んでしまうのか、また失敗した時、その失敗をどのように捉えるべきなのか紹介します。

人が落ち込む理由

失敗したとき、人はなぜ落ち込んでしまうのでしょうか。

失敗したときに落ち込んでしまう大きな理由の1つに、失敗を忘れることができないことが挙げられます。失敗を忘れることができず、その失敗について考えこんでしまうことで、気分が沈んでしまうのです。

失敗は誰でもする

失敗から立ち直るためには、失敗をどう捉えるかが大切です。失敗したとき、自分はダメだ、というように自分のことを責めるのは良くありません。

失敗したくて失敗する人などいません。また、失敗は誰でもするものです。失敗したときは、その失敗をポジティブに捉えることが大切です。

失敗を忘れる方法7つ

失敗から立ち直るためには、失敗を忘れることが大切です。失敗をいつまでも引きずっていても、良いことはありません。

ここでは、どうすれば失敗を忘れられるのか、その具体的な方法を7つ紹介しています。

失敗を忘れる方法1:気持ちを切り替える

失敗を忘れる方法の1つに、気持ちを切り替えることが挙げられます。失敗したことをなかなか忘れることができず、引きずってしまうということはよくあります。しかし、そんな時こそ気持ちを切り替えることが非常に大切です。

失敗したことはもうどうしようもないことであり、そのことをいつまでも引きずるのではなく、どうすればその失敗を防げたのか、次に同じ失敗をしないためにはどうすべきかなど、気持ちを切り替えましょう。

失敗を忘れる方法2:イメージを変える

失敗を忘れる方法の1つに、イメージを変えることが挙げられます。失敗すると、その悪いイメージは、頭からなかなか離れなくなってしまいます。

そして、何をするにしても、また失敗してしまうかもしれないと、ネガティブな方向に物事を考えがちになります。そんな時は、ネガティブなイメージを変えることが大切です。

自分ならできると自信を持ち、何らかの成功体験をすることで、イメージを良い方向に変えることができます。

失敗を忘れる方法3:失敗を文字にする

失敗を忘れる方法の1つに、失敗を文字にすることが挙げられます。失敗を文字に起こすことで、その失敗について客観的に見つめ直すことができます。

自分の失敗を客観的に見つめ直すと、その失敗が案外たいした失敗ではなく、自分が考えすぎているだけであったことに気づき、気持ちが楽になることがあります。また、失敗を自分なりに消化し、失敗を忘れることもできます。

失敗を忘れる方法4:気分転換をする

失敗を忘れる方法の1つに、気分転換をすることが挙げられます。失敗を引きずっている時は、気持ちが沈みがちです。そんな時は、気分転換をして、気持ちを上向きにしていくことが大切です。

ストレス発散のために運動をしたり、家でのんびり過ごしたり、非日常を味わうために旅行に行ったりなど、気分転換の方法は人それぞれです。自分に適した気分転換の方法を知っておくことも、普段の生活を送っていく中で大切なことです。

失敗を忘れる方法5:趣味に時間を費やす

失敗を忘れる方法の1つに、趣味に時間を費やすことが挙げられます。趣味に時間を忘れるくらい没頭することで、失敗によって沈んだ気持ちを上向きに変えることができます。

また、趣味に没頭しているときは、その趣味に集中し、他のことを考えないで済みます。趣味に没頭しているうちに、失敗したことなど忘れてしまっているでしょう。

失敗を忘れる方法6:誰かに相談する

失敗を忘れる方法の1つに、誰かに相談することが挙げられます。失敗したとき、家族や親しい友人などに話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になります。気持ちが楽になることで、失敗を忘れ、失敗から立ち直ることできます。

また、他人に相談することで、さまざまなアドバイスを受けることができ、今後に活かしていくことができます。

失敗を忘れる方法7:予定を詰めて忙しく過ごす

失敗を忘れる方法の1つに、予定を詰めて、忙しく過ごすことが挙げられます。失敗を引きずっている時は、暇さえあればその失敗のことばかりが頭に浮かんでしまいます。そんな時は、あえて仕事や遊びの予定を詰め込んでみましょう。

仕事や遊びの予定を詰め、忙しく過ごすことで、失敗したことを考える暇がなくなります。そうやって忙しく過ごしているうちに、失敗の記憶はだんだん薄れていき、気づけば忘れてしまっているでしょう。

失敗を成功につなげるための3ステップ

失敗から立ち直るためには、失敗を忘れることが大切です。しかし、失敗し、すぐに忘れるを繰り返していては、また同じ失敗をしてしまい、成長はありません。失敗したときは、その失敗から学び、次に活かしていくことが必要です。

ここでは、失敗を成功につなげるための3ステップを紹介します。

失敗を成功につなげるためのステップ1:失敗を受け入れて気持ちを切り替える

失敗を成功につなげるためには、まずは、失敗を受け入れて気持ちを切り替えることが大切です。失敗したくて失敗する人はいません。失敗したときは、まず冷静になって、その失敗を受け入れましょう。そして、その失敗について少しだけ反省したら、きれいさっぱり忘れてしまいましょう。

失敗をいつまでも引きずっていても、良いことは1つもありません。とにかく、その失敗について反省した後は、気持ちを切り替えることが大切です。

失敗を成功につなげるためのステップ2:そこから教訓を得る

失敗を引きずることは良くないですが、全く引きずらないというのもあまり良くありません。二度と同じ失敗を繰り返さないように、失敗から教訓を得ることも大切です。

なぜ失敗してしまったのか、どうすれば失敗を防ぐことができたのかを、自分で冷静に分析することで、その失敗を受け入れることができます。さらに、二度と同じ失敗を繰り返さないためにどうすべきかを考えることで、自分自身のさらなる成長につながります。

失敗を成功につなげるためのステップ3:次の行動に教訓を取り入れる

失敗を受け入れ、分析し、そこから教訓を得た後は、その教訓を次の行動に取り入れることが大切です。次の行動に教訓を取り入れることは、失敗を成功につなげるために、最も重要で、最も難しいことです。

失敗を反省し、そこから教訓を得たとしても、その教訓を実際に活かすことができなければ意味がありません。同じ失敗を何度も繰り返さないためにも、失敗から得た教訓を、実際の行動に活かしましょう。

「失敗は成功のもと」と捉えよう

今回、失敗を忘れられない人とはどんな人なのか、失敗を忘れる方法、失敗を成功につなげるためのステップを紹介しました。

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、失敗したときは、自分自身が成長できるチャンスです。失敗したときは、今回紹介してきたことを参考にするなどして、その失敗を糧に、
より大きな成功につなげましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related