Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

ロスジェネ世代の7つの特徴|ロスジェネ世代以外の4つの世代とは

ロスジェネ世代の人には特徴があります。受験戦争や就職氷河期を経験してきているので、慎重な人が多いですが勤勉で仕事に熱心に取り組む特徴があります。ロスジェネ世代の人は仕事に対する責任感の強さや謙虚さを出すことで会社や取引先から信頼される仕事をしていきましょう。

ロスジェネ世代の7つの特徴|ロスジェネ世代以外の4つの世代とは

ロスジェネ世代とは

ロスジェネ世代とはロストジェネレーション(失われた世代)という意味で使われることが多いです。バブルの恩恵を受けておらず、また、厳しい就職氷河期を過ごしており、不安定な雇用形態で仕事をしている人が多いです。

ロスジェネ世代の人は、仕事に対する責任感の強さや豊富な経験を活かし、職場で活躍できる場を見つけるようにしましょう。

バブル崩壊後10年以内に社会人になった世代

ロスジェネ世代はバブル崩壊後、10年以内に社会人になった世代です。バブル崩壊後10年以内に就職している人が多く、1971年から1982年に生まれた人をロスジェネ世代と呼んでいます。

ロスジェネ世代の人は、厳しい受験戦争や就職氷河期を戦ってきたことに自信を持ち、過ごしていきましょう。また、ロスジェネ世代の特徴である勤勉さを前面に出すことで仕事を有利に進めていくことができます。

ロスジェネ世代の特徴7つ

ロスジェネ世代の特徴が7つほどあります。ロスジェネ世代の人は真面目で優秀な人が多く、また会社に対して忠実なこともあり、上司などから信頼されやすいです。また、自身のためのスキルアップや資格取得に熱心な点もロスジェネ世代の特徴と言えます。

ロスジェネ世代で仕事をしていく人は、物事を前向きに捉えることで持ち前の優秀さを発揮するようにしましょう。

ロスジェネ世代の特徴1:優秀な人が多い

ロスジェネ世代の特徴に優秀な人が多いことが挙げられます。ロスジェネ世代は受験戦争に打ち勝ってきた世代なので、他の世代より勤勉で優秀な人が多いです。

ロスジェネ世代で仕事をしていく人は、豊富な経験を活かして後輩や部下にアドバイスを与えたり、高い学力を用いて幅広く仕事をしていきましょう。

ロスジェネ世代の特徴2:貯蓄への意識が高い

貯蓄への意識が高いこともロスジェネ世代の特徴です。ロスジェネ世代は仕事が安定しておらず、将来の不安を払拭するために貯蓄をしていることが多いです。しかし、浪費に美徳を感じる人が多いのもロスジェネ世代の特徴です。

貯蓄に関心が強いロスジェネ世代の人は、貯蓄だけでなく副業や資産運用に取り組むことで、貯蓄額を増やすことに努めましょう。

ロスジェネ世代の特徴3:スキルアップへの意識が高い

スキルアップへの意識が高いことも、ロスジェネ世代の特徴です。ロスジェネ世代の人は学歴社会の世代でもあるので、勤勉な人が多く、スキルや資格を得て就活を有利に進めていきたいと考えています。

ロスジェネ世代で仕事をしていく人は、さらなるスキルアップや資格の取得を目指し、コミュニケーション能力を高めることで会社での仕事を有利に進めていきましょう。

ロスジェネ世代の特徴4:会社の指示に忠実

会社の指示に忠実なこともロスジェネ世代の特徴です。ロスジェネ世代は仕事の大切さを実感している人が多く、ゆとり世代やさとり世代よりも仕事を重視する傾向があります。そのため、会社の指示に忠実に従うという特徴があります。

ロスジェネ世代で仕事をしていく人は、会社の指示に従うばかりでなく、自分の意思を通さなくてはいけない場合には声を上げることを忘れないようにしましょう。

ロスジェネ世代の特徴5:将来を悲観視

ロスジェネ世代の特徴に将来を悲観視することが挙げられます。ロスジェネ世代は受験戦争や就職氷河期を経験してきており、不安定な雇用形態で仕事をしていることが多く、将来に対して不安を抱いています。

将来を悲観している人は、自分だけの楽しみを見つけたり、職場以外の場所で人と触れ合うことで広い視野を持ち、悲観的な考えをなくしていきましょう。

ロスジェネ世代の特徴6:慎重に考える傾向がある

慎重に考える傾向があることも、ロスジェネ世代の特徴です。ロスジェネ世代は他の世代より苦労をしてきている人が多く、これ以上立場が悪くならないように物事を慎重に考える傾向があります。

物事を慎重に考えてしまう特徴がある人は、大らかな性格の友達を持ったり、必要以上に神経質にならないように心掛けましょう。

ロスジェネ世代の特徴7:結婚に積極的でない

結婚に積極的でないこともロスジェネ世代の特徴です。ロスジェネ世代は不安定な雇用形態で仕事をしている人が多く、結婚に踏み切れないことがあるからです。また、結婚後の生活に不安を感じて結婚に踏み切れない場合もあります。

結婚に積極的になれない人は、仕事を安定させたり、貯蓄をしていくことで経済的な不安をなくしていきましょう。

ロスジェネ世代以外の4つの世代

ロスジェネ世代以外の4つの世代があります。どの世代も良い面と悪い面があるので、お互いの特徴を受け入れることで他の世代と共存していくことが大切です。また、お互いの価値観の違いを受け入れる寛容さを持ちましょう。

ロスジェネ世代の人は、他の世代を尊重するためにも世代ごとの考え方や価値観を理解することに努めましょう。

ロスジェネ世代以外の世代1:団塊の世代

ロスジェネ世代以外の世代に団塊の世代の人がいます。団塊の世代はロスジェネ世代の親世代であり、戦後の日本を立て直してきた世代なので、優秀な人が多く、ロスジェネ世代が尊敬している世代でもあります。

団塊の世代を親に持つ人は、団塊の世代が持つ仕事への情熱や熱意を見習うことで、自身の仕事や私生活に反映させるようにしましょう。

ロスジェネ世代以外の世代2:バブル世代

ロスジェネ世代以外の世代にバブル世代の人がいます。ロスジェネ世代より5歳から10歳年上の世代で、経済的に恵まれた時代を過ごしており、前向きに物事を考える特徴があります。

バブル世代を上司に持つ人は、バブル世代の人が持つ物事への前向きさや、楽観的な考えを見習うようにしましょう。

ロスジェネ世代以外の世代3:ゆとり世代

ロスジェネ世代以外の世代でゆとり世代の人がいます。ゆとり世代とは28歳から35歳くらいの人たちで政府のゆとり教育を受けてきた世代です。子供の頃にゆとりを持って育ってきているので、他の世代とは違う価値観を持っています。

ゆとり世代と仕事をするロスジェネ世代の人は、あらかじめゆとり世代へのネガティブなイメージを捨てて向き合うことが大切です。どの世代でもさまざまな人がいることを知っておきましょう。

ロスジェネ世代以外の世代4:さとり世代

ロスジェネ世代以外の世代にさとり世代の人がいます。さとり世代とはゆとり世代より3歳ほど若く、物欲や我欲が少なく物事を悟っていると例えられたため、さとり世代と呼ばれるようになりました。

さとり世代と一緒に仕事をするロスジェネ世代の人は、自分の価値観を押し付けることをやめて、さとり世代の人の考えを尊重していきましょう。

ロスジェネ世代は仕事に対して前向き

ロスジェネ世代の人は仕事に対して前向きな特徴があります。団塊の世代を親に持つロスジェネ世代は親が熱心に仕事をしてきている姿を見てきており、仕事自体の重要さや大切さを理解しているので仕事に対して前向きです。

ロスジェネ世代で仕事をしていく人は、仕事に対する責任感の強さや熱心な気持ちをいつまでも持ち続けることで、活躍の場を広げていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related