Search

検索したいワードを入力してください

嫌われる人の性格の特徴18個|嫌われてると感じたときの対策3つ

初回公開日:2019年09月19日

更新日:2019年09月19日

記載されている内容は2019年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

嫌われる性格があると、周りから信頼を得にくくなるため、早めに直した方が良いでしょう。嫌われやすい人は近寄りがたい雰囲気があります。ほとんどが嘘が得意であったり、無愛想であることが多いので、心当たりがある人は早めに直しましょう。

嫌われる人の性格の特徴18個|嫌われてると感じたときの対策3つ

嫌われる人とは

社会や学校で過ごしていく中で、相性が合わない人や苦手な人が現れることはきっとあるでしょう。しかし何も話していないのに、最初から「あの人は○○だから嫌だ」や「あの人とは相性が合わないな」と決めつけるのも危険です。

自分が警戒する人が多ければ多いほど、周りからも嫌われやすくなります。嫌われる性格が日常的に表れていると、知らないうちに敵を作ってしまったという場合があります。

嫌われる性格の特徴18個

嫌われる性格にはいくつか特徴がありますが、主に挙げられるのは「自己中心的」や「否定的」などでしょう。何があっても感謝や謝罪の言葉を述べなかったり、冗談が通じなかったり、ネガティブな人も嫌われる人の特徴として挙げられます。

相手の気持ちを考えられない人は、周囲から反感を買ってしまう原因になってしまいます。まずは自分の行動を見直すことが大切です。ここからは、嫌われる性格を詳しく見ていきましょう。

嫌われる性格の特徴1:否定的

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、否定的なところです。人から指示を受けて返事をする際に「しかし」や「だって」と否定から入ってしまう人がいます。否定的な返事を日常的にしてくる人は、話しかける側には不快でしかなく誰も相手にしなくなります。

否定的な人は自分の意見に自信があるという特徴がありますが、相手の気持ちを察するのが苦手な傾向にあるため、少しでも相手の気持ちを考えるのが打開策となるでしょう。

嫌われる性格の特徴2:人の話を聞かない

嫌われる性格として挙げられるのは、人の話を聞かないところです。自分とは異なる考え方の人がいたり、誰かからアドバイスされた際に、知らないふりをしてしまう人は孤立しやすい傾向にあります。

人の話を聞けない人の特徴は、「プライドは高くても自分に自信がない」という矛盾的な性格があることです。弱い自分を守ることで精一杯になってしまい、周囲の人の親切心やアドバイスを素直に受け入れがたくなっています。

嫌われる性格の特徴3:上から目線

嫌われる性格として挙げられるのは、上から目線であるところです。上から目線で話す人の特徴は、主に「プライドが高く、自分は周りとは違う」と強く認識していることです。相手に意見を述べることが多いため、周りはよく不快な気分になることがあるでしょう。

しかし本人は親切心のつもりなので決して悪気なく、自分の意見を聞き入れてほしいと考えています。自分と周囲のテンションの差が、人を遠ざける原因になっているでしょう。

嫌われる性格の特徴4:評価・判断をしてくる

嫌われる性格の特徴として、評価や判断をしてくるところから挙げられます。基本的には本人が無自覚で行っている場合が多く、特に親が評価や判断をしてくるような人であれば、親に対して報告をしない子供へと成長してしまいます。

評価や判断は、あくまで上下関係が成り立っている仲でなければ通用しません。上の立場の人が下の立場の人に行うため、上下のコミュニケーションという別名があります。

嫌われる性格の特徴5:陰口が多い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、陰口が多いところです。アメリカの大学に努めているジョン博士という人が、実際に陰口を叩く人は印象が悪くなることを心理実験で証明しています。

陰口が多い人は、陰口の対象となっている相手よりも自分のイメージが悪くなっている場合があります。陰口を叩いていると、言っている本人は周りから嫌われているため注意しましょう。そのため他人の陰口は、なるべく言ってはいけません。

嫌われる性格の特徴6:自慢話をしてくる

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、自慢話をしてくるところです。人間は自分の話を聞いてもらいたい生き物ですが、自分の話を積極的に行い、相手の話に耳を傾けるという姿勢が大切になります。

そのため、一方的に自分の自慢話ばかりをして相手の話を聞かない人は嫌われてしまうでしょう。承認欲求が強すぎると、相手にも承認欲求があることに気付きにくいので、相手の気持ちを考えられないと見なされ警戒されてしまいます。

嫌われる性格の特徴7:愛想が無い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、無愛想なところです。無愛想な人と接していると、自分を否定されている気分になるため近寄りがたくなってしまいます。また無愛想な人は、「人間が苦手な人」と「顔付きから無愛想と判断されてしまう人」の2種類にわかれます。

顔付きの問題であれば、生まれつきの顔なので決して人が嫌ではないことを伝えると誤解を解くことができるでしょう。

嫌われる性格の特徴8:自分の思い通りに動かそうとする

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、支配欲が強いところです。支配欲が強い人は基本的に自己中心的で、自分に対して都合が良くないと気が済まない傾向にあります。プライドが高くても、自信がない人に特に多いです。

周囲を押圧して自分が首位を保とうとすることで、精神的に安定しようとしています。逆に自分に都合の良いようにならなければ、自分が信頼を失ってしまったのではと不安感に駆られるのが特徴的です。

嫌われる性格の特徴9:被害妄想が強い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、被害妄想が強いことです。「どうせ自分は嫌われている」と強く考え込んでしまい、次第に人と関わるのが億劫になってしまっているのが特徴的です。被害妄想が強いと、人と関わるのが面倒になってしまいます。

被害妄想が強い人は、思い込みが激しい人に多いです。自分と話した際に視線が合わなかったり、自分と接する時は態度が違った際など些細なことで被害妄想を強くしてしまいます。

嫌われる性格の特徴10:目を見て相手と話さない

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、目を合わせて相手と話さないところです。視線を合わせてくれないだけで、印象が良くないでしょう。人間は目を見て話すことで、相手の本当の気持ちを察するためです。

目を合わせてくれない人を信頼することは、なかなか難しいでしょう。自分が大切な話をしていても、ずっと視線を逸らすような相手は信頼しがたいです。まずは慣れていなくても、目を合わせるところから始めましょう。

嫌われる性格の特徴11:店員に対して態度が悪い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、店員さんに対して態度が悪いところです。店員さんに大きな態度を取るような人のほとんどには、性格に問題があります。店員さんに態度が大きい人とは、なるべく関わらないようにした方が良いでしょう。

店員さんが相手に物を言えないのを理解していて、態度を大きくしてしまう人とは極力関わってはいけません。普段は大人しく振る舞っていますが、少しの反動で出てくることがあります。

嫌われる性格の特徴12:嘘つき

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、平気で嘘をつくところです。特に罪悪感がなく平気で嘘をつく人は、最後にバレてしまって周りからの信頼を一気になくします。人は誰でも嘘をつくことがありますが、本当の嘘つきには罪悪感という物がありません。

自分を良く見せたいという気持ちが強いため、自分を良く見せるためには嘘をつくことを躊躇いません。嘘に嘘を重ねると信頼が薄れるため、人が離れてしまいます。

嫌われる性格の特徴13:スマホばかりいじる

嫌われる人の特徴として挙げられるのは、スマホばかり操作しているところです。人の話を聞かないだけでなく、人が話している最中にスマホばかり操作している人がいます。非常識と見なされるため、嫌われることは間違いありません。

考えて行動を起こせるタイプではないため、自分が関心が持てることにしか夢中になれません。最初は非常識さに呆れる場合がほとんどですが、根気よく説得すれば常識的になってくれるでしょう。

嫌われる性格の特徴14:生理的に気持ち悪い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、生理的に受け入れがたいところです。その気持ち悪さが元々持っている雰囲気なのか、独特の反応なのかはさておき、嫌われやすい人には気持ち悪さが漂っています。

気持ち悪さと言っても、行動が先読みできなかったり相手の理解してもらえなかったりと、色々な種類があります。単に見た目の問題もありますが、人は自分が理解できないことに対して違和感を感じるのも1つの理由です。

嫌われる性格の特徴15:清潔感が無い

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、清潔感がないことです。首周りの汗のシミやフケ、口臭などがある人は清潔感がないので生理的に受け入れられがたいです。体臭や身だしなみは、五感で直接確認することができます。

不潔な人間は、特に女性からすれば本能的に耐えられないことです。女性には子供を産む役割があるため、異性に対してその相手の子供を産めるかどうかを基準に、まずは生理的に受け付けるかどうかを判断します。

嫌われる性格の特徴16:人との距離感が保てない

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、人との距離感を保てないところです。極端に無愛想だったりフレンドリーすぎても、相手には不快な印象しか与えないので注意が必要です。

過剰にフレンドリーなのは馴れ馴れしさという風に見られることもあるため、フレンドリーと馴れ馴れしさは別物という認識を忘れずに、適度な距離感を保つことがポイントです。

嫌われる性格の特徴17:冗談が通じない

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、冗談が理解できないところです。冗談がわからない人は、とても真面目である傾向にあります。ほとんどのことを真に受けるのは真面目な性格なので、冗談とわからずにまっすぐ受け止めてしまうでしょう。

嫌われる性格の特徴18:素直じゃない

嫌われる性格の特徴として挙げられるのは、素直ではないところです。気になっている相手と話す場合においても、素直ではない人は緊張してしまいます。決して人見知りというわけではありませんが、好みの異性と話をすると極度に緊張して話せなくなるでしょう。

嫌われてると感じたときの対策3つ

嫌われることを恐れるのは、多くの人が経験していることです。ただし嫌われることを恐れすぎて八方美人になると、嫌われる場合もあります。ここからは、嫌われる性格を直す方法を詳しく見ていきましょう。

嫌われてると感じたときの対策1:口癖や行動を見つめ直す

嫌われる性格を直すには、まず行動や口癖を見つめ直しましょう。嫌われていると感じた場合は、まずは周りの状況を見渡すことが大切です。前向きな姿勢や言動を心掛け、人にしてもらって嬉しいことを考えながら行動を起こしてみましょう。

嫌われてると感じたときの対策2:好かれている人の真似をする

嫌われる性格を直すには、空かれている人の真似をしてみましょう。周りに好かれる人は、人当たりが良くて常に笑顔で明るいところが特徴的です。誰にでも優しくできるため、前向きであることが印象的です。まずは好かれやすい人の行動をよく観察しましょう。

嫌われてると感じたときの対策3:冷静に考えてみる

嫌われる性格を直すには、冷静に考えるところから始めましょう。もしかしたら周りから嫌われているのではないかと不安になってしまうことがありますが、冷静に考えたらただの思い込みだった場合があります。

嫌われる人の性格の特徴を知り自分自身を見つめ直そう!

嫌われる性格は一言で表せば、「自分にしか興味がなく、視野が狭いところ」です。話し方や話題などを意識し、少しでも相手の立場になってみるだけで嫌われるリスクは減少するでしょう。相手の立場になって考えられているかを、時々チェックすることが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related