Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

あなたは大丈夫?仕事人間の特徴22個|仕事人間が気を付けるべきポイント

「あなたは大丈夫?仕事人間の特徴22個と仕事人間が気を付けるべきポイント」をご紹介します。仕事人間になると周囲が見えなくなり、健康面なども崩す可能性があるので、注意が必要です。仕事人間の方は自分で気がつかない傾向が強いです。

あなたは大丈夫?仕事人間の特徴22個|仕事人間が気を付けるべきポイント

仕事人間とは?

仕事人間という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。仕事人間とは、簡単に言えば、仕事ばかりしている方のことを言います。

仕事人間の方は、根本的に仕事が好きで、その他に興味を示さない傾向が強く、中には家族や恋人も持たず、仕事づくしという人生の方もいます。

仕事が生きがいであり、真面目で責任感が強い方が多く、周囲に尊敬されることも多々あります。

仕事人間のメリット

仕事人間であるメリットは、収入アップが見込めることです。仕事ばかりしており、仕事に対するモチベーションも高いため、仕事人間の方はとても勉強家である傾向があります。

資格取得などに取り組んだり、仕事人間な方は、会社の中でも昇格や昇給があることが多く、中には他社よりヘッドハンティングということもあります。そこまで没頭できることを見つけられるということは幸せなことです。

仕事人間のデメリット

仕事人間の方はそうでない方に比べると、どうしても仕事に費やす時間が長いため、プライベートでの交友関係が薄いです。仕事ばかりをしているため、恋愛をする時間がなく、独身の方も珍しくはありません。

また、結婚をしていても、家庭よりも仕事を取るということを家族に理解してもらえないと、家庭がうまくいかないことも考えられます。友達も同じく疎遠になってしまうこともあります。

あなたは大丈夫?仕事人間の特徴22個

仕事人間についての22個の特徴をご紹介します。自分が仕事人間かどうか、特徴に当てはまるかどうかみてみましょう。

仕事人間の方は、自分で仕事人間であることを自覚がない方が多いので、知らぬ間に仕事人間になっている可能性があります。

仕事が好きなことはとても良いことですが、いきすぎるとデメリットもあるので、注意することも時には必要です。

仕事人間の特徴1:仕事をしている時間が長い

仕事をしている時間が長い方は、仕事人間の可能性があります。

一般的には、1日8時間労働であり、9時開始の場合は、お昼に1時間の休憩を取ったとしてますと、18時に業務が終了するということになります。

しかし、仕事人間の方は、定時退社をすることは珍しく、残業することがほとんどです。最近では、働き方改革により残業を減らす傾向がありますが、一度周囲と仕事の時間の長さを比べてみましょう。

仕事人間の特徴2:いつも仕事のことを考えている

仕事人間の方は、常に仕事のことを考えている傾向があります。雑談をしていても仕事に話を結びつけてしまいがちで、ついつい仕事の話をしてしまうこともあります。

仕事人間の方は、お風呂に入っているときや、1人で過ごしている時間も仕事のことを考えていることが多く、良いアイデアがひらめいたときにはメモを取ったりと忙しいです。プライベートで息抜きする時間も作ることも大切です。

仕事人間の特徴3:仕事以外のことをしない

典型的な仕事人間の特徴として、仕事以外のことしかしないという方もいます。こういう方は、特に自営業の方に多く、自分で仕事の時間やキャパシティーをコントロールしやすいので、仕事ばかりになりがちです。

会社員の場合でも、夜の飲み会などで仕事の話ばかりになったり、取引先との会食にしか参加しないという方も、仕事人間である可能性が高いです。直接仕事でなくても、間接的に仕事につながる場合もあります。

仕事人間の特徴4:仕事が生きがいである

仕事人間の方は、仕事をすることで楽しさや喜びも強く、生きがいと感じているケースが多いです。

目標を立ててそれに向かって仕事をして、達成したときなど、やっててよかったなどと満足感を強く感じています。

もし、仕事がうまくいかずに失敗したとしても、そこでまた新たな課題ができるため、仕事人間の方は、生きがいを絶やすことがありません。年齢に関わらず、仕事をしているときは活き活きしています。

仕事人間の特徴5:仕事ができる

仕事人間の方の特徴として、仕事ができることがあげられます。仕事人間の方は、仕事をしていることが多く、経験や知識も豊富なため、仕事ができます。

そのため、昇格したりリーダー的存在として活躍する方も珍しくありません。新規企業などにも率先して取り組み、素晴らしい功績を残すことも多々あります。

仕事人間の特徴6:仕事を楽しんでいる

仕事人間の方は、仕事を楽しみながら行っています。仕事での達成感や、仕事に取り組むことが楽しく感じており、一般的に趣味を行うときの満足度と近い感覚があります。

そのため、もっと仕事をしたいという衝動も強くなり、仕事ばかりしている傾向が強くなります。

仕事人間の特徴7:趣味が仕事

仕事人間の方は、仕事が趣味であることが多く、ゴルフなどの趣味も仕事の付き合いであるケースが多いです。ゴルフをすることが好きというよりかは、仕事で誘われる事が多いため取り組んでいます。

友人など仕事以外の方とゴルフに行く事はなく、コンペや取引先とのラウンドばかりなため、結果的に趣味も仕事になっている事が多いです。単純に仕事自体が趣味であるケースも多く、娯楽という趣味をもたない方も珍しくはありません。

仕事人間の特徴8:自分が仕事人間であると思っていない

仕事人間の方は、自分で仕事人間であるということに気が付いていない方がほとんどです。そのため、周囲から仕事人間であると言われても否定していることが多いです。

仕事人間という、自覚がないために、さらに仕事をしよう、したいという意欲が強く、ますます、仕事人間になりがちです。仕事人間の特徴と見比べてみて、当てはまる項目であっても自覚がない場合は、該当しないと感じることもあります。

仕事人間の特徴9:真面目である

仕事人間の方の特徴として、本質的に性格が真面目な方が多いです。難しい仕事でも真面目に取り組む姿勢が強く、仕事もよくできます。

資格取得などにも取り組み、真面目で勉強熱心な方に多いです。性格的にもまっすぐな方に多く、仕事熱心な方は、周囲にも信頼を持たれていることもよくあります。

仕事人間の特徴10:完璧主義である

仕事人間の方は、完璧主義な方が多く、仕事もとてもきっちりとこなしていく傾向が強いです。自分の中で強い信念を持っているため、仕事に関しても、プランニングを立てそれを実行してきちんと成果を残すことができます。

完璧にこなさないと自分自身にストレスを感じることもある方もいます。目標をクリアすることで喜びや満足感を得られる方も多く、完璧を求める傾向が強いです。

仕事人間の特徴11:仕事が早い

仕事人間の方は、周囲に比べて仕事が早いという特徴があります。仕事人間の方は、仕事量も多く、できる限り効率よく仕事をしようと考えています。

そのため、仕事の順序もよく、無駄な行動が少なく、結果的に仕事が早い方が多いです。その他にも真面目に取り組むことなども、仕事が早い要因のひとつとなっています。

仕事人間の特徴12:忙しいことを好む

仕事人間の方は、努力家が多く、努力はほめられるべきことと考えている方が多いです。努力をしたとしても、報われる結果になることばかりではありませんが、努力することに意義があり、無駄なことはありません。

努力をすることを好む仕事人間の方は、常に当たらな課題を設定して、努力を惜しみません。努力なしに大ジャンプすることは困難なため、毎日少しずつ努力をすることで着実に前へと進んでいきます。

仕事人間の特徴13:努力は美徳

仕事人間の方は、基本的に忙しい状況を好むため、あえてスケジュールがびっしりといったことが多いです。時間を有効活用することも上手ですが、何もしないことを時間が勿体ないと感じる方も珍しくはありません。

そのため、たまたま、あいた時間でも勉強や仕事を入れて何かをしていることが多いです。少しの隙間時間などもうまく活用して、仕事のプランニングもとても上手です。

仕事人間の特徴14:家でも仕事をする

自宅に帰ったらくつろぐことが多い社会人に対して、仕事人間の方は、自宅でも仕事をしていることが多いです。

仕事が終わらなくて家でやらないと間に合わないという場合だけでなく、仕事人間の方は、当たり前のように仕事をしています。

そのため、自宅にも書斎や仕事ができる環境を作っている方も少なくはありません。その他にも、カフェや通勤時間、移動時間にも仕事をしている方も多いです。

仕事人間の特徴15:プライドが高い

仕事人間の方の特徴として、プライドが高いというポイントがあります。仕事が好きで仕事ができる方が多い、仕事人間の方は、言い換えると、誰にも負けたくないという精神もあります。

プライドが高い人は、負けず嫌いであり、どうやったら勝てるかということを考えることも多いです。それが仕事のシーンでも出ており、プライドが高く近寄りがたい雰囲気を与えていることも多々あります。

仕事人間の特徴16:理屈っぽい

仕事人間の方は、理屈っぽいとおもわれることもあります。何事もきちんと説明ができ、納得して仕事をしたいと考える傾向が強いため、悪く言えば理屈っぽいということもあります。

良い言い方をすれば、論理的とか理論的とも言えます。意味のない仕事をする必要はないため、日々、「なんでこの仕事が必要か」、「もっと良い方法がないか」などと考えています。

仕事人間の特徴17:言い訳をしない

仕事人間の方の特徴として、言い訳をしない人が多いです。失敗を認め、言い訳をしないため、同じ失敗をしないように取り組むことができます。

言い訳ばかりしている方は、責任感がなく成長も乏しい傾向があります。仕事を嫌々していたり、誰かにやれと言われたからしたなどと言い訳をはいてしまうことがあります。

言い訳をせずに自分の短所を見直すことで、更なる成長が期待できます。

仕事人間の特徴18:家族や恋人は後回し

仕事人間の方は、家族や恋人などの事は後回しで、全て仕事を優先させる傾向があります。仕事をしているときの方が、楽しい事もありますが、家族といても仕事の事ばかり考えて、家族や恋人と一緒に楽しめない事も珍しくはありません。

そのため、仕事人間の方は、独身率も高く、1人で生活をしている方も少なくはありません。結婚をしても気を付けないと、家族との間に知らぬ間に亀裂が入り、家族がばらばらになる事もあります。

仕事人間の特徴19:友達との付き合いは良くない

仕事人間の方の特徴として、アフターファイブという概念がないため、友人との付き合いがよくないことも多々あります。

取引先や仕事関係者との接待や会食に行く事があっても、仕事終わりや休日に友人や同僚とお出かけなど、一緒に時間を過ごす事が少ないです。

始めは誘ってくれていても、断り続けていると、お誘いすらなくなり、付き合いが悪くなり、最終的には誘われないという事も考えられます。程よいお付き合いはしましょう。

仕事人間の特徴20:責任感がある

仕事人間の方は、責任感があり、最後まで自分の仕事をやり切ります。もしもトラブルが起きたとしても、途中で投げ出すことはありません。

スムーズに仕事ができないこともありますが、努力と工夫と調整を行いながら、仕事の責任を果たしています。

責任力が強いために、リーダーシップとして、会社の中で活躍する方も珍しくはありません。

しかし、責任感が強いために、疲れてしまうこともあるので適度に休息を取りましょう。

仕事人間の特徴21:職場で頼りにされている

仕事人間の方の特徴として、周囲から頼りにされる傾向はあります。特に後輩に頼られる傾向が強く、同僚や上司までも、慕っていることが多いです。

頼りにされるということは、それだけ期待をされていることも多く、その期待に応えようと、できる限りの努力を行い、周囲からの信頼を集めています。

会社の中での人間関係は仕事をうまく行っていくためにも、とても大切なことで、スキンシップやコミュニケーション力は欠かせません。

仕事人間の特徴22:他人からの評価を気にしない

仕事人間の方は、周囲の評価を気にしない傾向が強いです。周囲の評価を気にしないということは、言い換えると、自己満足に陥っていることも考えられます。

周囲の評価と個人的な目標が一致しているとよいですが、異なる場合は方針がマッチしないこともあります。それでも自分のやりたい仕事をやり続けるということになると、企業に属している場合は問題が発生します。

仕事人間が気を付けるべきポイント6つ

仕事人間の方は悪い印象を持たれにくいですが、実際には周囲で問題が発生している事もあります。

メリットと感じられることも、時には、考え方や捉え方次第で、デメリットになる事ともありますので注意が必要です。

仕事に集中しすぎて大事なものをなくしてしまう可能性もありますので、自分が仕事人間の特徴に当てはまるという方は、一度、周囲の状況や注意点も同時に見直してみましょう。手遅れになってから気付いても遅いです。

仕事人間が気を付けるべきポイント1:家族をないがしろにしない

仕事人間の方によくありがちな注意点が、家族をないがしろにしてしまうことです。

本人にとっては、家族のためにも働いているという意識があるので悪いことではないと感じていますが、家族にとってはもっと一緒に過ごす時間がほしいなどと違う要望のときがあります。

仕事に没頭することもよいですが、たまには家族と向き合ったり、サービスを行うことも大切です。

仕事人間が気を付けるべきポイント2:恋人をないがしろにしない

恋人がいるのであれば、仕事ばかり優先しないで、たまには、恋人を優先させなければ、離れていってしまう結果になることがあります。

例えば、実際には恋人を優先していなくても、優先しているとおもわせることで、仲をキープすることも可能です。

本来は、恋人との時間を確保するべきですが、どうしても仕事を優先させないといけないのであれば、きちんと理解してもらうために話し合うことが大切です。

仕事人間が気を付けるべきポイント3:部下との関係

仕事人間の方は、プライドが高い、理屈っぽいなどという特徴もあらわれるため、部下との関係が友好に保つためにも、日々のコミュニケーションが大切です。

自分中心の仕事のやり方で部下を振り回したり、負担があると部下がついてこれない可能性があります。

上司の思いとは裏腹に部下が感じることは異なることもありますので、自分ができて当たり前のことでも、部下には丁寧に教える姿勢を欠かさないようにしましょう。

仕事人間が気を付けるべきポイント4:友達との関係

仕事人間の方は、周囲との付き合いが悪くなりがちなため、友達との関係にも注意が必要です。飲み会などに参加しないと、ついには誘われなくなってしまい、疎遠になってしまいます。

お祝い事や結婚式など絶対に外してはいけないイベントは必ず参加することを心掛けましょう。例え、大事な仕事であっても調整をし、友達との関係を優先させることも大事です。

仕事人間が気を付けるべきポイント5:健康面

仕事人間の方は、健康面で注意が必要です。仕事に集中するばかりに、睡眠不足になったり、食生活も乱れることが多々あります。

また、取引先との会食などでもお酒を飲む機会が多くなり、若いときは大丈夫でも年齢を重ねる度に、不健康になってしまう恐れがあります。

そうならないためにも、適度なエクササイズと規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

仕事人間が気を付けるべきポイント6:老後について

仕事人間の方は、家族や友達などから距離ができ、老後になると1人になっていることがあります。

一生独身や、1人で生活することは悪いことではありませんが、ふと寂しさを感じることもあるので、人間関係は大切にしておきましょう。

1人で老後を過ごすのであれば、金銭面なども踏まえ、将来の設計を立てておきましょう。老後に楽しむための趣味や旅行などをプランニングしておくこともおすすめです。

仕事人間について理解しよう!

仕事人間の方の特徴のご紹介はいかがでしたか。仕事人間の方について理解することで、家庭や職場の雰囲気がよくなる可能性があります。

仕事人間の方に自分の気持ちをわかってもらうというばかりだけでなく、自分から理解して歩み寄ることも大切です。

また、特徴が何個も当てはまる方は、自分自身や周囲の環境を見つめ直してみることもおすすめです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related