Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

仕事とは何か?仕事観の具体例13個|自分の仕事観を見つける方法

「仕事観」という言葉は、就職活動中や転職活動中によく耳にします。仕事に対する価値観をどのように考えているのか、採用する企業にとっては重要なポイントです。人によって違う「仕事観」をどのように見つければよいのか、今回の記事を参考にぜひ考えてみて下さい。

仕事とは何か?仕事観の具体例13個|自分の仕事観を見つける方法

仕事観とは?

仕事観とは、自分自身が持っている「仕事に対する価値」や「仕事の意義」の事です。

仕事に対する考え方や価値観は、仕事を続けていくなかでの目標によって徐々に変わっていくものといわれており、人によって仕事観は違います。

「あなたはどのような仕事観を持っていますか」という質問は、就職や転職の際に受ける面接でもよく尋ねられる事があるでしょう。

仕事観を形成する上で自分自身の考え方と向き合っていく必要があります。

面接で仕事観を聞かれるのはなぜか?

仕事観を面接で尋ねられるという事は、会社として採用したい人物が仕事に対してどのような考え方をするのか知りたいと考えています。

仕事観は人によってさまざまで、正解というモノはありません。しかし曖昧なままの仕事観では、就職した後に仕事への意欲が失われてしまう可能性が考えられます。

仕事観は会社に合った人材になれるような面接対策としての答えではなく、自己分析をしっかりとおこなってから見つけてみて下さい。

自分の仕事観を見つける方法

自分の仕事観を見つける方法として、まずは自分の仕事の傾向を考えてみましょう。

仕事観は自己分析で見つけることができます。まずはしっかりと自分自身を客観的に見つめなおし、仕事で何がしたいのか考えてみてはいかがでしょうか。

仕事に対する目標をきちんと持つ事で、「仕事観」も見つけることができるようになります。自分自身のもつ特徴や強み、弱みを書き出し、どのように成長していきたいのかを考えてみましょう。

仕事とは何か?仕事観の具体例13個

仕事観とはどういった価値観の事を言うのでしょうか。

仕事観とは何かを考えていこうとしても、具体的にどのような事なのかわからないという方も少なくありません。

仕事観を持つ事で、仕事に対して目標を立てる事ができ、張り合いも出てモチベーションも上がっていくでしょう。

仕事観は人によってそれぞれ違いますが、具体例として13個の「仕事観」をご紹介しますので、自分の仕事観を考えるための参考にしてみて下さい。

仕事観の具体例1:お金を稼ぐこと

仕事観の具体例として「お金を稼ぐこと」と考える方もいるでしょう。

「お金を稼ぐために仕事をしている」という事も仕事観といえます。仕事をしていく上で一番必要となるのは生活基盤をきちんとしていくことです。

生活基盤をきちんとするためには、生活に必要な維持費が必要になりますが、働いてお金を稼がなければ得ることができません。

仕事をするのはお金を稼ぐためというのは立派な仕事観です。

仕事観の具体例2:自分が成長すること

仕事観の具体例として「自分が成長すること」と考える方もいるでしょう。

仕事をしていくうちに、自分自身の成長につながるような知識を身につけたり、さまざまな経験を積む事で成長する事ができます。

成長していく過程で得られた知識や経験は、将来のビジョンをイメージするための大きな武器になるのではないでしょうか。

成長したいという価値観は仕事におけるモチベーションを維持するために必要になります。

仕事観の具体例3:社会貢献

仕事観の具体例として「社会貢献」と考える方もいるでしょう。

仕事をするという事は、会社の業績アップに貢献しているだけではなく、社会貢献へと繋がっていく仕事である事も求められるのではないでしょうか。

社会貢献に繋がっている仕事をしているという価値観を持つ事で、自分自身だけではなく周りの人達が幸せに暮らしていくための仕事であり、自信を持って仕事ができるようになります。

仕事観の具体例4:挑戦すること

仕事観の具体例として「挑戦すること」と考える方もいるでしょう。

仕事をしていると、今まで携わっていなかった仕事を任される事もあります。新しい事に挑戦し続けていく事得で、仕事に対するモチベーションを維持する事ができるようになるでしょう。

挑戦する気持ちは仕事を続けていく上で必要な要素です。サイクルがあり、同じ業務を繰り返すような仕事も必要ですが、新しい仕事に挑戦する気持ちを持つ事も仕事観のひとつです。

仕事観の具体例5:評価されること

仕事観の具体例として「評価されること」と考える方もいるでしょう。

仕事に対する価値観として、評価される事はモチベーションの低下を防ぎます。自分のおこなってきた業務内容を正しく評価してもらいたいという承認欲求は仕事をする上で重要です。

評価してもらうために、自分自身の能力を磨こうと思えますし、さまざまな経験もすべて糧にする事ができるようになるのではないでしょうか。

仕事観の具体例6:出会い

仕事観の具体例として「出会い」と考える方もいるでしょう。

仕事をしていると、これまで関わる事のなかった人たちとの出会いがあります。仕事をしながら取引先や顧客など、人脈を広げていく事で人間力を磨いていく事ができるのではないでしょうか。

人との出会いで培ってきた人脈は、人生にとって大きな財産になります。信頼できる仲間や上司などがいれば、仕事をする上でも助け合う事ができるようになるでしょう。

仕事観の具体例7:やりがい

仕事観の具体例として「やりがい」と考える方もいるでしょう。

やりがいのある仕事をしたいと考える事は誰でもありますが、なかなかやりがいをみつけることができないという方も多くいらっしゃいます。

仕事をしていてどのような時にやりがいを感じるのかは人それぞれです。仕事に対するやりがいは、仕事への活力にもなります。

自分が満足のいくようなやりがいとは、どういうことなのかも考えていく必要があるでしょう。

仕事観の具体例8:昇進

仕事観の具体例として「昇進」と考える方もいるでしょう。

昇進したいという気持ちは、仕事観として成長していく事に近いと言えます。昇進するためにはどのようなことが必要になるのか、仕事に対する目標設定もしやすいのではないでしょうか。

仕事観の具体例9:スキルアップ

仕事観の具体例として「スキルアップ」と考える方もいるでしょう。

仕事のさまざまな場面でスキルアップを求められることがあります。現在の能力を最大限に活かしてトラブルを解決する事で、自分の能力の成長につながっていくでしょう。

専門的な資格を取得する事もスキルアップと言えますし、将来自分の役になってくれるのではないでしょうか。

仕事観の具体例10:チャレンジすること

仕事観の具体例として「チャレンジすること」と考える方もいるでしょう。

新しい事にチャレンジしていく機会を与えらえるという事は自分を認めてもらえることでもあり、仕事に対するモチベーションが上がるという方も少なくありません。

仕事観の具体例11:自分の能力を活かすこと

仕事観の具体例として「自分の能力を活かすこと」と考える方もいるでしょう。

自分の能力を最大限に活かせるような仕事を求めているという方は多いのではないでしょうか。

自分が持っている能力はどのようなモノか、自己分析をする中で仕事に対する強みを見つけることができるようになります。

仕事観の具体例12:自己実現

仕事観の具体例として「自己実現」と考える方もいるでしょう。

自己実現とはどのような人間になりたいのか、という事でもあります。仕事をとおして自己実現を目指すためには、人間力を上げる必要があるでしょう。

最高の自分になりたいという事を追求していくために、役に立つ事や得意な事をどのように仕事に活かしていく必要があるのか考えていく必要があるのではないでしょうか。

仕事観の具体例13:社会とのつながり

仕事観の具体例として「社会とのつながり」と考える方もいるでしょう。

社会貢献とも似ていますが、社会とのつながりを大切にして、社会の中で自分の役割を果たしたいという考えの事です。

仕事をとおして社会とのつながりをもちたいと考えている方は少なくありません。社会のつながりとは人とのつながりでもあります。

自分にとっての仕事観を持つメリット4つ

自分にとっての仕事観を持つメリットとはどのような事が考えられるでしょうか。

仕事観を持つメリットとして考えられる事は大きくわけて4つあります。仕事に対する迷いが減ったり、やりがいを持てたりすることもあるでしょう。

将来どういった自分に成長していきたいのかという事や、就職や転職などで会社を選ぶ際の基準にもなります。

仕事観を持つメリットを詳しくご紹介しますので、仕事観を考える上での参考にしてみて下さい。

自分にとっての仕事観を持つメリット1:仕事に対する迷いが減る

自分にとっての仕事観を持つメリットとして「仕事に対する迷いが減る」という事が考えられます。

仕事に対する価値観や目的がはっきりすれば、仕事をどのように捉えれば良いのかはっきりとわかっていきますので、仕事に対する迷いや不安が少なくなる可能性があります。

何の目的も持たないまま仕事をしていてもいいのだろうかという不安をぬぐうために、仕事に対する価値観を明確にしておくことが大切です。

自分にとっての仕事観を持つメリット2:仕事にやりがいが持てる

自分にとっての仕事観を持つメリットとして「仕事にやりがいが持てる」という事が考えられます。

仕事観を持つことは、仕事への価値観や目的を明確にすることです。仕事に対する考え方がはっきりとしていく事で、目的に気づくことができるようになるでしょう。

仕事をする価値を見出せないまま過ごすよりも、仕事に対する価値観を見つければ、仕事に対してやりがいを見出すことができるようになります。

自分にとっての仕事観を持つメリット3:将来のビジョンが持てる

自分にとっての仕事観を持つメリットとして「将来のビジョンが持てる」という事が考えられます。

仕事に対する価値観の中には、「昇進」や「スキルアップ」などの具体的な目標を掲げている方も多く、将来のビジョンをイメージしやすいという事が考えられるのではないでしょうか。

将来的にどうなりたいか、どう成長していきたいかをイメージする事で、仕事に対してのモチベーションを保つ事ができます。

自分にとっての仕事観を持つメリット4:転職先を選ぶ基準となる

自分にとっての仕事観を持つメリットとして「転職先を選ぶ基準となる」という事が考えられます。

転職先の企業が求める人材と自分の仕事観には違いがある場合がほとんどです。自分の価値基準とすり合わせをし、転職先として選ぶ事ができるかどうかを決める上で基準となります。

転職後に自分の仕事観の優先順位が変わる事もありますが、事前に自分の仕事観との違いを確認しておく作業は必要になるでしょう。

自分にとっての仕事観を見つけよう

仕事観とは何か、仕事観の具体的な例を挙げてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。自分にとっての仕事観を見つける事で、仕事に対する考え方や見え方が変わってきます。

仕事に対する価値観は人それぞれ違いますし、たくさんある仕事観の中で、どの部分に価値を見出すのか、という事は仕事をしていく上で重要なポイントになるでしょう。

価値のある仕事ができるように、自分なりの仕事観を見つけてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related