Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

要領が悪いとは?要領が悪い人の性格の特徴10個|改善方法もご紹介

本記事は、要領の悪い人の特徴を知りたいという方を対象にしたもので、要領が悪い人の定義や、要領が悪い人の特徴について説明しています。また、要領が悪い人の改善方法についても説明しているので、参考にして改善に努めていきましょう。

要領が悪いとは?要領が悪い人の性格の特徴10個|改善方法もご紹介

要領とは何か

要領とは、人それぞれの能力の使い方が上手であるかそうでないかということを意味します。

要領がいい人は手際よく素早くこなし、計画を立てて段取りよく行う、人を使うことが上手である、仕事を覚えるのが早いなど多くの人がうらやましいと思う人のことをいいます。

しかし、要領がいい人というのは最初から何でもできるのではなく、失敗を繰り返して成功しています。そのため、要領とは失敗を活かすことともいえます。

要領が悪い人の定義とは

要領が悪い人には、いくつかの共通する特徴があります。

その特徴とは、複数の仕事を同時に引き受けてしまう、仕事などを部分的に見てしまい俯瞰的に見ることができない、優先順位がつけられない、他人の助けを求めることができないなどがあります。

このようなことからいえる要領が悪い人の定義は、物事において、その重要なポイントを押さえることができていない人です。逆に要領がいい人は、ポイントを押さえて仕事をしています。

要領が悪いこと全てが短所とは限らない?

要領が悪いということは、全部が短所になるとは限りません。

要領が悪い人というのは、これまで上司から怒られたり、締め切りに間に合わなかったりなどたくさんの失敗をしてきています。

そのような人がその失敗から多くのことを学び、それを次に活かそうとすればとても成長が見込める存在となります。

また、要領が悪くても何もしないということではなく、常に挑戦する姿勢を持っているため、一概に短所とは言えません。

要領が悪い人の特徴10個

これまで、要領が悪い人はどのような人のことを言うのかを説明してきました。

本記事ではこれから、要領が悪い人の特徴について、視野が狭い、全体を把握できない、優先順位がつけられない、人に頼れない、決断力がない、頑固すぎる、完璧主義、自分のキャパを知らない、何事も後回しにする、臨機応変な対応ができないという10個を詳しく説明していきます。

自分にも当てはまる特徴はないか、考えながら読み進めていきましょう。

要領が悪い人の特徴1:視野が狭い

1つ目の要領が悪い人の特徴は、視野が狭いということです。

要領が悪い人は、全体的に物事を把握することを苦手意識を持ち、何かをするときに最重要となるポイントとは違うことに集中して行う人が多いです。

例えば、資料を作成するときに伝えたいことを明確に伝えるというポイントから離れ、色合いやレイアウトを気にして作業を進めるなどがあります。

このように、ポイントがズレているため、やり直しをしたりすることになります。

要領が悪い人の特徴2:全体を把握できない

2つ目の要領が悪い人の特徴は、全体を把握できないということがあります。

要領がいい人は、仕事をする際にまずはゴールを設定します。ゴールから逆算して、どのようなやり方で、いつまでに終わらせるかということを決定します。

要領が悪い人は、ゴールを設定せずにただ仕事を進めていき、最終的に締め切りに間に合わないなどの問題が発生することになります。このように、仕事の全体的なゴールを把握することができていません。

要領が悪い人の特徴3:優先順位がつけられない

3つ目の要領が悪い人の特徴は、優先順位がつけられないということです。

仕事に限らず生活をする中で、一日で優先すべきことと重要ではないことがあります。優先すべきことに集中することが大切です。

しかし、要領が悪い人は、このような優先順位をつけることができないため、同時にさまざまなことを行おうとしたり、集中しなくてもいいようなことに集中したりして、適切に物事を進めることができなくなっています。

要領が悪い人の特徴4:人に頼れない

4つ目の要領が悪い人の特徴は、人に頼れないということです。

要領が悪い人は、要領がいい人に比べるとプライドを高く持つ傾向があり、なんでも自分の力でこなそうとするという方が多いです。

人に頼らず自分の力だけで仕事を進めることを悪いことではないのですが、効率が悪いです。そのため、自分でなくても誰でもできるような作業は、他の人に任せるという工夫をして、効率よく進めていくことが大切です。

要領が悪い人の特徴5:決断力がない

5つ目の要領が悪い人の特徴は、決断力がないということです。

要領の悪い人は、決断力に欠けていて、どれを優先して進めるべきかということを決定することが苦手であるため、次に取るべき行動がわからず、パニックになるという方が多いです。

決断力がないと、誰かに自分のことを決定してもらうことになり、その締め切りに迫られて、やるべきことがどんどん増えていくという悪循環に陥ることがあるので、注意しましょう。

要領が悪い人の特徴6:頑固すぎる

6つ目の要領が悪い人の特徴は、頑固すぎるということです。

頑固すぎる方は、自分で決めたルールには絶対に従わなければ気が済まないという方が多いです。

仕事や作業を進める上で、もっと良い方法があるのにも関わらず、要領が悪い人は、決まったやり方でしかやらないという傾向があります。

自分のルールがあることは良いことですが、柔軟な発想をすることで、より効率的に仕事を進めることが可能になります。

要領が悪い人の特徴7:完璧主義

7つ目の要領が悪い人の特徴は、完璧主義であるということです。

完璧主義であると、仕事を進めるにあたって、そこまで重要でないところも完璧に仕上げなければ気が済まないという考えになってしまいます。そのため、1つの作業に多くの時間を使ってしまうことになります。

資料を作成するときに、色や書き方にこだわりを持つのではなく、重要となるポイントを押さえているかに重点を置いて進めていきましょう。

要領が悪い人の特徴8:自分のキャパを知らない

8つ目の要領が悪い人の特徴は、自分キャパを知らないということです。

自分のキャパを知らないということは、自分の限界を知らないということを意味します。自分の限界を知らないと、仕事を頼まれた際に、その仕事が自分のスキルや能力以上のものでも引き受けてしまい、キャパオーバーとなり、仕事をこなすことができないという状況に陥ります。

また、スケジュールを組む際に、無理に詰めるという傾向もあります。

要領が悪い人の特徴9:何事も後回しにする

9つ目の要領が悪い人の特徴は、何事も後回しにするということです。

要領が悪い人は、やらなければならないことを明日でもできるからなどの理由で後回しにする傾向があります。そのため、仕事だけに限らず、プライベートでも余裕を持つことができなくなります。

やらなければならないことを後回しにすると、さらにやらなければならないがどんどん増えていくため、できることからすぐに行っていきましょう。

要領が悪い人の特徴10:臨機応変な対応ができない

10個目の要領が悪い人の特徴は、臨機応変な対応ができないということです。

要領が悪い人は、全体的に物事を見ることが苦手であるため、仕事を進める際に、いくつかの方法があるということに気づきにくい傾向があります。

そのため、1つのやり方でしか進めることができなく、臨機応変に対応することができません。

仕事を進める際に何が必要で、何が必要ではないのかということを確認してから進めていきましょう。

要領が悪い人の改善方法5つ

本記事では、要領が悪い人の特徴について説明してきました。これからは、このような特徴を持つ要領が悪い人の改善方法について説明していきます。

その改善方法とは、優先順位をつけて行動する、目標から逆算して行動する、上手に周囲の人に頼る、周りを見る、臨機応変を心がけるという5つについて詳しく説明していきます。

要領が悪い人の特徴に自分が当てはまると思った方は、ぜひ参考にして、改善していきましょう。

要領が悪い人の改善方法1:優先順位をつけて行動する

1つ目の要領が悪い人の改善方法は、優先順位をつけて行動するということです。

仕事を開始する前に、一日にする仕事をすべてリストアップし、その1つ1つに優先順位をつけて、どの仕事が重要で、重要ではない仕事は何かということを把握してから仕事を開始しましょう。

こうすることで、仕事が終わっている実感を得ることができ、繰り返していくうちに自信にもつながっていきます。

要領が悪い人の改善方法2:目標から逆算して行動する

2つ目の要領が悪い人の改善方法は、目標から逆算して行動するということです。

仕事のほとんどには納期や締め切りがあり、その期日までには終わらせなければなりません。しかし、要領が悪い人は締め切りを意識して仕事を進めることができないため、間に合わないという事態になります。

これを防ぐために、最終的な締め切りから逆算して仕事をどのように進めるかという計画を立てて行動することが大切です。

要領が悪い人の改善方法3:上手に周囲の人に頼る

3つ目の要領が悪い人の改善方法は、上手に周囲の人に頼るということです。

要領が悪い人は、プライドが高いという傾向があり、すべて自分一人の力でこなそうとし、結果的に効率が悪くなるということがあります。

そのため、周囲の効率の良い人や要領がいい人に助けを求めたり、手伝ってもらうということを恐れずに仕事を進めることが大切です。また、日ごろからコミュニケーションを取ることで、そのような仲間が増えていきます。

要領が悪い人の改善方法4:周りを見る

4つ目の要領が悪い人の改善方法は、周りを見るということです。

要領が悪い人は、周りの状況を見るということが少なく、自分のペースややり方で物事を進める傾向があります。

まず最初は意識して周りはどのくらいのペースで仕事を進めているのか、どのようなやり方をしているのかということを見ていきましょう。そうすることで、なぜ自分が要領が悪いのかということに気づくことができ、改善に近づいていきます。

要領が悪い人の改善方法5:臨機応変を心がける

5つ目の要領が悪い人の改善方法は、臨機応変を心がけるということです。

要領が悪い人は、全体的に物事を見ることが苦手であるため、仕事を進めるにあたって方法が1つしかないと考えることが多いです。

しかし、臨機応変を心がけることによって他のもっと効率の良い方法を見つけることができたり、または新しい選択肢が生まれたりする可能性もあります。まずは、もっと効率よく進める方法はないかということを考えることが大切です。

悩んでいるなら要領が良い人の真似をしてみよう!

本記事では、要領が悪い人の定義とは何かということから要領が悪い人の特徴を10個説明しました。また、要領が悪い人の改善方法について5つご紹介しました。

要領が悪いということは、すべてが短所になるというわけではありません。しかし、要領がいい人のほうが仕事やプライベートが充実しているという傾向があります。

自分は要領が悪いと感じている方は、まずは要領がいい人の真似から始めていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related