Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

企業が人物重視の採用を行う理由10個|人物重視で求められる力3つ

人物重視の採用の大切さは今も昔も変わりませんが、応募者は企業が人物重視の採用をする理由を知ることが大切です。本記事では企業が人物重視の採用を行う理由と、求められる人物像を広く紹介しています。これから就職活動または転職活動をする人は参考にしてください。

企業が人物重視の採用を行う理由10個|人物重視で求められる力3つ

人物重視の採用を行う企業は多様な人材を採用したいと考えている

企業が人物重視の採用を行う理由10個|人物重視で求められる力3つ
人物重視の採用を行う会社は面接のときに応募者をじっくり観察しますが、観察する目的には多様な人材を採用したいことがあります。

成果主義の会社であっても、人物重視の採用をすることはあります。そのため能力があっても人間性がイマイチの場合は、採用を見送ることがあります。

人間性は一種の能力で、今後のビジネス界では人間性を武器に働くシーンが増えるでしょう。特に人間相手の仕事では、人間性は大きな武器になります。

企業が人物重視の採用を行う理由10個

これからは企業が人物重視の採用を行う具体的な理由を紹介しますが、人物重視の採用を行う理由は会社によって異なります。それでも主な理由を知ることで、今後の転職活動に活かすことができます。

人物重視の選考は実力主義が定着している欧米でもありますが、人間性も一種の能力だと認識されているからでしょう。人間性には人を動かす力があり、大きな仕事を指揮するときは必ず必要になります。

企業が人物重視の採用を行う理由1:少人数の会社なので協調性のある人がほしい

少人数の会社は家族的な経営をしていることが多く、福利厚生の面でも従業員のことを考慮に入れています。しかしそんな会社に、自己主張が強く協調性のない人が入ってきたら大変です。

採用のミスマッチを避けるため、少人数の会社の面接官は応募者の性格を観察します。

少人数の会社はチームワークが何よりも大切で、チームの和を乱す人は迎え入れたくないでしょう。特に集団で仕事をする会社は、この傾向が強いです。

企業が人物重視の採用を行う理由2:会社のカルチャーにマッチする人を選びたい

会社には会社独自のカルチャーがあり、会社のカルチャーに合わない人は会社の中で浮いてしまいます。このようなことを避けるため、会社は人物重視の採用を行います。

会社のカルチャーは会社によって異なるため求める人物像はさまざまですが、応募者は会社のカルチャーを調べてから面接に臨むことをおすすめします。

会社のカルチャーを知るにはOBやOGに聞くのが一番で、親切なOBやOGであれば裏話まで教えてくれるでしょう。

企業が人物重視の採用を行う理由3:経験は後から身に付くので性格を重視したい

職務内容によっては、特別なスキルがなくてもできるものがあります。しかし後ろ向きな応募者は仕事を覚えるのが遅く、会社に迷惑をかけます。そのため会社は人物重視の採用をします。

特別なスキルがなくてもできる仕事は多く、大切なことは経験を積み重ねていくことだけです。経験を積み重ねるには根気が必要ですが、前向きな性格の人は最後までやり遂げる可能性が高いです。

企業が人物重視の採用を行う理由4:組織内のコミュニケーション能力を重視したい

頻繁に打ち合わせをする仕事は、一定のコミュニケーション能力が要求されます。 しかし生まれつきコミュニケーションが苦手であれば、指導しても改善は難しいです。

このような理由があるので会社は人物重視の採用をします。頻繁に打ち合わせがある仕事には、制作関係の仕事があります。制作関係の仕事は多く、日夜活発なコミュニケーションが交わされています。

企業が人物重視の採用を行う理由5:能力があっても早期退職されては困る

企業が人物重視の採用を行う理由には、長期間勤務して欲しいことがあります。仕事によっては経験を要するものがあり、早期退職されたら会社の教育費用は無駄になります。

人間性が原因で早期退職する例は多く、そのため面接官は面接時に退職理由を聞くことが多いです。早期退職しやすい人の特徴には、不平不満の多さやプライドの高さがあります。

企業が人物重視の採用を行う理由6:管理職になったときのため

会社によってはパート社員が多く、そのような会社では応募者にパート社員のリーダー役を期待します。しかしパート社員の中には個性が強い人がおり、リーダーは気苦労が絶えません。

人をまとめるときに一番大切なことは人間性で、人間性の高いリーダーであれば、個性の強いパート社員も付いてきます。

このような理由があり会社は人物重視の採用をします。一般的に管理職が長い人は人間性が高く、部下に慕われています。

企業が人物重視の採用を行う理由7:スタッフの頭数を揃えたいため

会社によっては離職率が高く、常に欠員の補充をしなければいけません。しかし採用する人物は誰でもいいわけではありません。

無難な採用をするには人物重視の採用が手っ取り早く、スタッフが足りない会社は求人票に「人物重視の採用」と記載します。

スタッフの頭数が足りなければ業務に支障を来す可能性があるため、人材難の会社はあの手この手で人を集めます。

企業が人物重視の採用を行う理由8:仕事を早く覚えるから

前向きな人は仕事を覚えるのが早く、教育する側は助かります。逆に後ろ向きの性格の人を採用すれば、教育期間が予想外に長くなり会社のスケジュールを乱します。

この問題は解決するには、面接段階で応募者の前向きな性格を見抜くことが大切で、見抜くために面接官は質問に工夫を凝らします。

前向きな性格を見抜く質問には、「納期が迫っているけど、仕事が追いつかない場合はどうしますか?」などがあります。

企業が人物重視の採用を行う理由9:サービス業の会社だから

サービス業の会社で働くには商品知識と接客スキルが大切です。接客スキルの基本になるのは人間性で、面接官は応募者の人間性を見抜くため雑談風の質問をすることがあります。

サービス業の会社の採用は人物重視が多く、人間性に問題があると思われたら不採用になる確率が高いです。サービス業は顧客と接することが多いため、顧客に嫌われたら売上に悪影響を与えます。

店員が嫌いなため、そのお店に足を運ばない顧客は確実にいます。

企業が人物重視の採用を行う理由10:お金を扱う仕事のため

お金を扱う仕事は仕事そのものは単純で、経験を積めば誰もができるようになります。しかしお金を扱う仕事は横領の問題があるため、会社は人間性の低い応募者を嫌がります。

お金を扱う会社では面接時間が長くなることがありますが、その理由は人物重視の採用をしているからです。お金を扱う会社では応募者の堅実性と実直さを見ることが多く、落ち着きのない人は不採用になる可能性が高いです。

人物重視で求められる力3つ

人物重視の採用にはポイントがあり、面接官はポイントを押さえながら面接を進めていきます。以下で紹介するポイントはどのような仕事であっても必要とされることで、ポイントを満たしている応募者は採用される可能性が高いです。

紹介するポイントは一見シンプルですが、ポイントを満たす人間になるには経験値が必要です。ベテランの面接官は勘が鋭く、応募者の資質を的確に見抜きます。

人物重視で求められる力1:相手が期待していることに応える力

人物重視の面接をする目的には、応募者の資質を見ることがあります。資質のある応募者は、短期間で会社の期待に応える活躍をします。資質のある応募者には可能性があり、資質が優れていればいるほど大きく化けます。

資質には持って生まれたものもありますが、長年の習慣によって培われるものもあります。長年の習慣で培われる資質には、粘り強さや行動の早さがあります。

人物重視で求められる力2:多くの人たちと対話・協力することができる力

企業は集団で成り立っており、そのため企業は社員に対話と協力を求めます。人物重視の面接をする目的には、応募者の対話能力と協調性を見ることがあります。

対話能力を鍛えるには相手の立場に立ち考えるトレーニングが有効で、トレーニングをすればするほど対話能力は伸びます。

協調性に関しては持って生まれた資質がありますが、協調性の大切さを学ぶには団体競技に参加することをおすすめします。

人物重視で求められる力3:自ら進んで課題を見つけ取り組み解決する力

社会に出ると常に困難と直面しますが、困難を乗り越えるポイントは課題を明確化することです。課題を明確化する人は努力の方向性が定まるため、困難を乗り越えるパワーが強くなります。

人物重視の面接ではこの点もチェックされているので、前向きな返答を心掛けることが大切です。自ら課題を見つけ解決する人は、企業にとって頼もしい存在で、企業はそんな人に仕事を任せたい気持ちになります。

企業が人物重視の採用を行う理由を理解しましょう

AIの時代になっても人間力の大切さは不変で、企業は面接時に応募者の人間力を観察します。実力主義の会社でも最終的な決め手になるのは人間力で、人間力のある応募者は選考に残る可能性が高いです。

応募者は企業が人物重視の面接を行う理由を知り、対策を講じる必要があります。面接はテクニックではなく、自分の人間性を見せる場です。自分の人間性を面接官に知ってもらい、面接を有利に進めましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related