Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ

転職する際は、まず自己分析をしっかりとすることが大切です。何度も転職を繰り返している人の中には、自己分析ができていない人も多いです。今回の記事では、転職するときの自己分析のやり方やポイントをご説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ

転職に自己分析が必要な理由

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
自己分析をすることは、自分に合った転職先を見つけるためにとても大切なプロセスです。

転職する人の中には、本当に自分の得意なことや強みを理解できていない人もいることでしょう。自己分析の目的や、どんな効果を得ることができるのか簡単にご説明します。

自己分析の目的

自己分析をする目的は、自分にどんな可能性がありどんな職種が向いているのかを知ることです。

自分に合った企業を見つけるためには、自分の得意分野や苦手なことを冷静に考えることが必要です。自己分析をしないまま転職してしまうと、企業とのミスマッチを招きやすいで注意してください。

自己分析の効果

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
自己分析がもたらす効果には、転職に積極的になれるということが挙げられます。転職を探している人の中には、前職を辞めてしまった自分を責めてしまっている人がいます。

決して悲観的になる必要はなく、自己分析することでなぜ辞めてしまったのか企業と自分の何が合わなかったのか冷静に理解することができます。

また、自己分析することで自分のやるべきことに気が付き、転職に前向きになります。

転職に役立つ自己分析のポイント6つ

転職を成功させたい人は、まず自己分析をするときのポイントを確認してみてください。

ここでは、自己分析をする前に覚えておきたいポイントを、全部で6つご説明します。自己分析を進める上で当たり前のことばかりですが、実際にはできていない人が多いです。

転職に役立つ自己分析のポイント1:自己分析が転職に必要な理由を知る

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
自己分析をするときの1つ目のポイントは、なぜ転職を成功させるために必要なのか理解しておくことです。なんとなく自己分析をしていても、良い結果には繋がりません。

自己分析をせずに条件や雰囲気で転職先を決めてしまうと、転職を繰り返すことになりかねません。今まで気づかなかった才能や、ぴったりの職種を見つけるためにも自己分析は必要です。

自己分析をすることで、前職とは違う職種に転職するケースも少なくありません。

転職に役立つ自己分析のポイント2:自分の転機となった出来事をもとに分析する

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
自己分析をするときの2つ目のポイントは、自分が前職を辞めたきっかけや気持ちを分析することです。

嫌なことがあって転職したときは、感情に振り回されて冷静に分析することが難しくなります。まずは落ち着いて、なぜ辞めることになったのか詳しく分析してみてください。

辞めたきっかけが理解できていれば、次の転職先を選ぶときの大きな参考になります。感情的にならず、客観的に分析することが重要です。

転職に役立つ自己分析のポイント3:他己分析も重要

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
自己分析をするときの3つ目のポイントは、他己分析で自分を知ることです。

他己分析とは、自分のことを他人に分析してもらうことです。友人や親など、自分を知っている人に分析してもらいましょう。

他己分析の良い点は、自分の気付いていなかったアピールポイントを知ることができるところです。自分では客観的に分析しているつもりでも、実際には根本的なところに気が付いていない人が少なくありません。

転職に役立つ自己分析のポイント4:時間をかけてやる

自己分析をするときの4つ目のポイントは、時間を掛けて丁寧に行うことです。

本気で自己分析をする場合、10分や15分で簡単にできるものではありません。できれば1日掛けるつもりで自己分析を行いましょう。

丁寧に自己分析を行うことで、自分自身の自信にも繋がります。面接でも自己PRがしやすくなります。

転職に役立つ自己分析のポイント5:何度もやる

自己分析をするときの5つ目のポイントは、何度も繰り返し行うことです。

何度の自己分析することで、昨日とは違う新しい発見をすることができます。一度やって終わりにするのではなく、転職が決まるまでは何度も自己分析してみましょう。

転職に役立つ自己分析のポイント6:メモに残す

自己分析をするときの6つ目のポイントは、分析したことをメモに残しておくことです。

頭の中で考えるだけでなく文字に残しておくことで、よりしっかりと記憶しておくことができます。得意なことや苦手なことを箇条書きにするだけでも大丈夫です。

メモに残すという方法は客観的に自分を見るという点でも効果的ですので、ぜひ実践してみてください。

転職時の自己分析のステップ4つ

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
転職時の自己分析は、4つのステップを踏んでいくことで効果的に進めることができます。

自己分析をしたことがないという人は、やみくもにするのではなく、まずこちらを参考に実践してみてください。

自己分析がしっかりできていれば、転職時の面接でも自分のことを分かりやすく伝えることができます。

転職時の自己分析のステップ1:キャリアの棚卸し

自己分析で必要なことは、キャリアの棚卸しをすることです。

初めて転職する人の中には、キャリアの棚卸しという言葉を聞いたことがない人もいるでしょう。キャリアの棚卸しとは、今まで自分が働いてきた会社名や業務内容などを書き出していくことです。

今までの職種以外を転職先に選ぶ場合でも、今までの経験は無駄にはなりません。一目で見て分かるように、簡単で良いので書き出してみてください。

転職時の自己分析のステップ2:自分の強みを言語化

自己分析で必要なことは、自分の強みを頭で考えるだけでなく言語化しておくことです。

しっかり自分のことを理解できていれば、言語化することができます。面接で必ずといって良いほど聞かれるのが、自分の強みやアピールポイントです。

日頃から言語化する習慣をつけておけば、面接でも焦らずに自分の強みをアピールすることができます。

転職時の自己分析のステップ3:具体的なエピソードにする

自己分析で必要なことは、具体的なエピソードとして記憶しておくことです。たとえば自分の強みが積極的なところだったとしても、面接でそのまま伝えてしまってはいけません。

どんな出来事があったから自分は積極的だと言えるのか、伝えたいことをエピソードとして話せるようにします。具体的なエピソードを頭に入れておくと、文字だけを記憶するのと違い人に伝えやすくなるでしょう。

転職時の自己分析のステップ4:志望動機と結びつける

自己分析で必要なことは、志望動機と結びつけながら考えることです。

直接の志望動機でなかったとしても、面接では自分の強みと志望動機が結びついている方がインパクトに残ります。企業側もあなたのやる気を感じ取ってくれます。

ただ自己分析をしていくのではなく、最終的にそれがどう面接で生かされるのかを考えることが大切です。

転職に自己分析を活かそう

転職に役立つ自己分析のポイント6つ|転職時の自己分析のステップ4つ
今回の記事では、転職に必要な自己分析の仕方についてご説明しました。

自己分析をすることが、転職を成功させるためにいかに大切か分かったことでしょう。転職を繰り返している人も、まずは自己分析から始めてみてください。

自分で分析するだけでなく、転職エージェントなどを活用して第三者からアドバイスをもらうのもおすすめです。

Related