Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

働き方に関する転職の軸の例5つ|関連する面接の質問例5つも紹介

転職活動をするには転職の軸を決めることが大切です。どのようなことを転職の軸にしたらよいのか整理がつかない人もいるのではないでしょうか。そこでここでは転職の軸の例と、転職の軸に関連する面接の質問例を紹介します。転職の軸を決めたい人はぜひ読んでみて下さい。

働き方に関する転職の軸の例5つ|関連する面接の質問例5つも紹介

転職の軸とは?

転職活動をしているときの一番の理由や動機のことです。

転職をしたいと考えている方は、多くの理由があることでしょう。しかし、転職の軸を決めなければ転職先を探したりエントリーシートや面接で意見がぶれてしまい説得力がありません。今の働き方を省みて、転職後の自分も想像しながら転職の軸を決めましょう。

ここでは、転職の軸を「働き方」と「待遇面」に分けて紹介します。

【働き方】転職の軸の例5つ

仕事の内容や自分のスキルなどに違和感を感じているのであれば、働き方を変えることを転職の軸にしましょう。

同じ業界や職種でも、職場によってそれぞれ働き方は変わります。自分が思い描いていたキャリアプランと差が出ているときには、転職が必要です。そしてその理由が転職の軸になりますので、言葉で明確化しておきましょう。

ここでは働き方での転職の軸を5つ紹介します。

【働き方】転職の軸の例1:今まで以上に仕事に打ち込みたい

今の仕事に物足りなさを感じている場合は、今まで以上に打ち込める仕事を探すことを転職の軸にしましょう。

今の職場では、マンネリを感じたりやりがいを感じなかったりという人も多いのではないでしょうか。現状に満足している人もいますが、今まで以上に仕事に打ち込みたいと考えている時点で現在の仕事には打ち込めていない可能性があります。

自分が今よりさらに仕事に積極的に打ち込む姿を想像できる職場を探しましょう。

【働き方】転職の軸の例2:キャリアアップしたい

思い描いていたよりも地位が低かったり、高給職になっていないと感じる場合はキャリアアップを転職の軸としましょう。

キャリアアップとは、職務経歴や職務経験を上げるという意味です。例え自分の技術力が上がっていたとしても、雇用形態を変えるチャンスや制度がなかったり、待遇や役職が変わるきっかけがない環境の職場では一向にキャリアアップできません。

自分の能力に見合ったキャリアアップを目指して転職の軸にしましょう。

【働き方】転職の軸の例3:ワークライフバランスを保って仕事をしたい

仕事ばかりではなく、プライベートをもっと充実させたきと考えている場合はワークライフバランスを保てる職場を探すことを転職の軸にしましょう。

収入が多くても、仕事が楽しくても、プライベートの時間や家族との時間などが無くては、仕事だけの人生になってしまいます。ワークライフバランスがとりにくい職場であるのであれば、バランスを重視している職場に転職しましょう。

ワークライフバランスを保つ働き方は色々あります。

【働き方】転職の軸の例4:より専門的なスキルを身につけたい

自分が高めたい技術に集中できない場合は、より専門的なスキルを身につけることを転職の軸にしましょう。

今の職場では専門的なスキル以外にも仕事がありすぎて、スキルアップのチャンスがない人もいるのではないでしょうか。自分はこのスキルを磨きたいというものがあるのならばとても説得力のある転職の軸になります。

転職後身につけたいスキルはどのようものかを説明できるように、考えておきましょう。

【働き方】転職の軸の例5:新しい職種に挑戦したい

今の職種以外に魅力的な職種を見つけた場合は、新しい職種に挑戦することを転職の軸にしましょう。

挑戦したい職種が現在の職場に無い場合は、転職が必要です。挑戦したいという姿勢は前向きな転職の軸になります。新しい職種のどこにどのように魅力を感じているのか、自分がどのように活躍できるのかを具体的に伝えられるようにしましょう。

また、職種の種類はたくさんありますので転職している間に絞っていく形でもよいでしょう。

【待遇面】転職の軸の例3つ

待遇が自分のスキルや仕事量に見合わないと感じる場合は、待遇面が転職の軸になります。

待遇面とは具体的に給料や勤務時間、手当などを指します。仕事量に対して待遇が悪いと感じる会社に勤めているときは、同じ業種や職種での他会社と比べてみましょう。転職によって待遇面が改善されるならば、待遇面を転職の軸にできます。

ここからは、待遇面での転職の軸の例を3つ紹介します。

【待遇面】転職の軸の例1:給料アップ

仕事量に対して給料が見合っていない場合は、給料アップを転職の軸にしましょう。

やりがいのある仕事でも給料が見合っていなければ、生活に負担がかかります。また、給料が上がらない、賞与がないなどの場合も転職の軸になります。転職をすれば給料アップが可能です。また、給料を軸にして転職活動をすれば会社も見つけやすいでしょう。

転職サイトや転職会社では給与を知ることができるので、現実的に転職を考えることが可能です。

【待遇面】転職の軸の例2:残業時間を減らしたい

残業時間が増える一方であったり、減らせそうになかったりする場合は、残業時間を減らすことを転職の軸にしましょう。

残業時間は自分のスキルに関わらず、仕事量や職場の雰囲気などに左右されることがあります。これは自分ではなかなか改善することは難しく、残業時間の少ない会社に転職すべきです。

例えば、ノー残業デーを設定している会社や残業時間をきちんと記録して管理している会社などがあるので調べてみましょう。

【待遇面】転職の軸の例3:時短勤務の仕事をしたい

仕事を時短勤務に変更したい場合は、勤務形態の変更を転職の軸にしましょう。

時短勤務とは正社員と同じ仕事内容ですが、勤務時間が短い勤務形態です。時短勤務は子育てやその他理由がある場合に有効的に時間を使う事ができます。近年は時短勤務を取り入れている企業が増えていますので、自分の希望する時短勤務を探す転職をしましょう。

なお、時短勤務の待遇や給与、規約は確認してから転職しましょう。

転職の軸に関連する面接の質問例

転職の面接で質問されるものはそのほとんどが転職の軸に関連しています。

転職の理由や会社を選んだ理由などは、全て自分が決めた転職の軸に繋がります。質問例をみてみると転職の軸を聞き出すための質問が多くあります。面接を受ける側は、答え方の違いはあるものの最後には転職の軸を伝えることになります。ここではその質問例を紹介します。

転職の軸に関連する面接の質問例1:なぜ転職したいのか

なぜ転職したいのかを質問されたときは、転職の軸に沿って誠実に答えましょう。

新卒採用でなく転職採用の面接では、必ずと言ってよいほど転職の理由を聞かれます。答えがあいまいであったり、複数の理由があったりすると信用度が下がりますので、転職の軸を決めてから答えるようにしましょう。

転職の理由が働き方の場合でも、待遇面の場合でも、現職(前職)のことを話すことだけではなく、転職後の希望を話すようにしましょう。

転職の軸に関連する面接の質問例2:なぜうちの会社を選んだのか

転職の面接で「なぜこの会社を選んだのか」を質問されたときは、自分の転職の軸に合わせて会社の良い点を話しましょう。

自分の転職の軸を決めておけば、その会社を選んだ大きな理由の1つになり、転職理由の回答から話の筋が通るようになります。転職の軸に合った会社であれば熱意も伝えやすく、前向きな転職であると捉えてもらえます。

働き方や待遇面を変えたいと考えているのであれば具体的な話をして、説得力をもたせましょう。

転職の軸に関連する面接の質問例3:入社後どのように仕事に挑戦したいのか

入社後どのように仕事に挑戦したいのかを質問されたときは、転職の軸に合わせて具体的な目標を宣言しましょう。

働き方を変えることを転職の軸にしている場合は、入社後どのような働き方をしたいのかだけではなく、どのような成果を残せるのかを話すことで軸を持っていることを伝えられます。

待遇面を転職の軸にしている場合は、待遇の希望だけを伝えるのではなく、待遇に合ったスキルが活かせることを話すようにしましょう。

転職の軸に関連する面接の質問例4:どのようにキャリアを積みたいのか

転職の面接でどのようにキャリアを積みたいのかを質問されたときには、転職の軸について、どのように変えていくのかというキャリアプランを話しましょう。

自分の転職の軸が、今の現状はどのようであって、転職後にどのように変化させていきたいかを考えましょう。キャリアプランを考えるときには、大きな目標を立ててから小さな目標を書き出していきましょう。

自分自身がキャリアプランを持っていることで、説得力があります。

転職の軸に関連する面接の質問例5:これまでの経験をどのように活かしたいのか

転職の面接で、これまでの経験をどのように活かしたいのかを質問されたときには、転職の軸に合った経験談やスキルを話しましょう。

まずは、現職(前職)でどのような成果をあげたのか、どのようなスキルを身につけたのかを話すことが大切です。その後に転職後どのように活かせるのかを、転職の軸に沿って話しましょう。転職後の活躍が期待できるような経験を選ぶことが大切です。

転職の軸を決めることは大切

転職の軸を決めることで、転職先を上手く探したり、転職の面接でスムーズに返答したりすることができます。

転職の理由は人によって色々ありますが、転職の軸を1つ決めておけば転職先が見つけやすくなります。そして転職の面接もほとんどが転職の軸に関連した質問なので対策しやすくなります。転職の軸を決めて、自分に合った転職先を探しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related