Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

エフェクティブの意味と分類|エフェクティブを使った例文10個

今回はエフェクティブとエフィシエント、二つの単語についてその意味の違いと、エフェクティブを実際に使った時の例文をご紹介します。二つの単語の違いが今ひとつ分からない、正しい使用例が知りたいという方はぜひ読んでみてください。

エフェクティブの意味と分類|エフェクティブを使った例文10個

間違いやすいエフェクティブとエフィシエントの違い

皆さんはエフェクティブやエフィシエントいった単語をご存知でしょうか。

今回はエフェクティブとエフィシエント、二つの単語についてその意味の違いと、エフェクティブを実際に使った時の例文をご紹介します。

二つの単語の違いが今ひとつ分からない、正しい使用例が知りたいという方はぜひ読んでみてください。

エフェクティブ(effective)は「結果」

エフェクティブ(effective)には主として、望んでいた結果を生み出すこと、結果として成功を収めるなどの意味があります。

物事を行う一連の流れにおいて、結果に着眼して使う言葉がエフェクティブです。

エフィシエント(efficient)は「過程」

エフィシエント(efficient)には、お金や時間、労力を無駄にせずに物事を成功させるなどの意味があります。

物事を行う一連の流れにおいて、過程に着眼して使うのがエフィシエントです。

どちらも物事を成功させるというような意味を持っていますが、エフェクティブは結果、エフィシエントは過程にフォーカスして用いられるという違いがあります。

エフェクティブの意味5つ

エフェクティブという言葉には、結果として成功するという意味から派生した、さまざまな意味があります。

ここではそのうち5つの意味について、それぞれ例文を交えてご紹介します。

どの用法も文章を分解していくと、結果として成功するという意味が見えるという点にも着目して読んでみてください。

エフェクティブの意味1:効力のある

エフェクティブには「効力のある」という意味の用法があります。この意味でエフェクティブが用いられている例文を見てみましょう。

This vaccine highly effective against measles.
このワクチンは麻疹に高い効力がある。

この例文では麻疹に対しワクチンを使用することで、「治療の成功という結果を生む」という意味を内包しています。

エフェクティブの意味2:有効な

エフェクティブには「有効な」という意味の用法もあります。この意味でエフェクティブが用いられている例文を見てみましょう。

Working out the past exam is effective as a test measures.
過去問を解くことは、テスト対策として有効です。

この例文では、過去問を解くことによって、「結果的にテストを成功させることができる」という意味を内包しています。

エフェクティブの意味3:印象的な

エフェクティブには、「印象的な」という意味の用法もあります。この意味でエフェクティブが用いられている例文を見てみましょう。

Winning the election, he made an effective speech.
選挙に当選するために、彼は印象的な演説を行った。

この例文では、印象的な演説を行うことによって、「結果的に選挙に当選するだろう」という意味が内包されています。

エフェクティブの意味4:目立つ

エフェクティブには「目立つ」という意味の用法もあります。この意味でエフェクティブが用いられている例文を見てみましょう。

Drawing publicity poster with colorful paints is more effective, I think.
宣伝ポスターをカラフルな絵の具で描いた方が、目立つと思う。

この例文では、目立つことが「結果的に集客や、商品の販売が成功する」といった意味が内包されています。

エフェクティブの意味5:事実上の

エフェクティブには「事実上の」という意味の用法もあります。この意味でエフェクティブが用いられている例文を見てみましょう。

He is an effective leader of this country.
彼はこの国の事実上の指導者だ。

この例文では他に本来の指導者がいることを前提として、「しかしながら結果としては別の人間が指導者と見なされている」という意味が内包されています。

エフェクティブの分類7つ

エフェクティブには結果にフォーカスした多くの分類があります。

ここではエフェクティブの7つの分類について、例文を交えながらご紹介します。

この単語は使われ方によって意味が大きく変化し、使われる場も変わっていきます。どんな場で使われているのか想像しながら読んでみてください。

エフェクティブの分類1:目的を達成することができる

エフェクティブの分類の一つ目は、「目的を達成することができる」です。この分類に該当する使用例は以下のとおりです。

Using this exercise machine is effective for losing weight.
このエクササイズマシンを使うことは体重減少に効果がある。

この例文ではエフェクティブが、体重減少という目的をエクササイズマシンを使うことで達成できるという内容で用いられています。

エフェクティブの分類2:力または影響を及ぼすさま

エフェクティブの分類の2つ目は、「力または影響を及ぼすさま」です。使用例は以下となります。

He is an effective leader of this country.
彼はこの国の事実上の指導者だ。

意訳すると表に出てきませんが、この例文ではエフェクティブが、彼が国に対して影響を及ぼしている(事実上の)指導者であるという内容で用いられています。

エフェクティブの分類3:意図した結果を創出しまたは創出することができる

エフェクティブの分類の3つ目は、「意図した結果を創出しまたは創出することができる」です。使用例は以下となります。

Working out the past exam is effective as a test measures.
過去問を解くことは、テスト対策として有効です。

この例文ではエフェクティブが、過去問を解くことによってテストで良い結果を創出することができるようになるという内容で用いられています。

エフェクティブの分類4:顕著な効果を生み出す

エフェクティブの分類の4つ目は、「顕著な効果を生み出す」です。使用例は以下となります。

Drawing publicity poster with colorful paints is more effective, I think.
宣伝ポスターをカラフルな絵の具で描いた方が、目立つと思う。

この例文ではエフェクティブが、カラフルな絵の具で描くことが、宣伝に顕著な効果を生み出すという内容を含んで用いられています。

エフェクティブの分類5:手段または治療としてよく働く

エフェクティブの分類の5つ目は「手段または治療としてよく働く」です。例文は以下のとおりです。

This vaccine highly effective against measles.
このワクチンは麻疹に高い効力がある。

この例文ではエフェクティブが、ワクチンを使用することが麻疹の予防手段としてよく働くという内容で用いられています。

エフェクティブの分類6:サービスの準備ができている

エフェクティブの分類の6つ目は「サービスの準備ができている」です。例文は以下のとおりです。

the castle was protected by 1000 effective soldiers.
城は1000人の有能な兵士たちによって守られた。

この例文ではエフェクティブが、1000人の兵士たちが、城を守るというサービスの準備ができていた、という内容で用いられています。

エフェクティブの分類7:実際に実在するさま

エフェクティブの分類の7つ目は「実際に実在するさま」です。例文は以下のとおりです。

The effective demand is decline every years.
有効需要は毎年衰退している。

この例文ではエフェクティブが、実際に存在している需要が、毎年衰退しているという内容で用いられています。

エフェクティブを使った例文10個

ここまで単語としてのエフェクティブに触れてきましたが、エフェクティブが使われたフレーズもたくさんあります。

ここではエフェクティブを使ったフレーズを用いた例文を10個紹介していきます。

普段新聞やニュースなどで取り上げられている言葉が、英語で出てきている場合もあります。どのように使われているのか、ぜひ確認してみてください。

エフェクティブを使った例文1:有効需要【effective demand】

effective demandとは日本語で有効需要のことです。

有効需要という言葉は少しややこしいのですが、金銭を持っている状況で実際にそれを使って商品を買いたいと思っている状態の需要のことです。このフレーズを用いた例文は以下のとおりです。

The effective demand is decline every years.
有効需要は毎年衰退している。

エフェクティブを使った例文2:有効な手段【effective measures】

effective measuresは日本語に訳すと有効な手段となります。このフレーズを用いた例文は以下のとおりです。

About this problem, he could not take effective measures.
この問題について、彼は有効な手段を取れなかった。

新聞などでも政策が上手くいった時、逆に上手くいかなかった時などを表す際に用いられることの多いフレーズです。

エフェクティブを使った例文3:効果がある【to be effective】

to be effectiveには効果があるという意味があります。このフレーズを用いた例文は以下のとおりです。

This new machine has the power to be effective for increasing productivity.
新しい機械には生産性を上げる効果がある。

この例文では機械でしたが、医療現場での医薬品や施術内容の効果について述べられている時に見かけることの多いフレーズです。

エフェクティブを使った例文4:効き目【the quality of being effective】

the quality of being effectiveには効き目という意味があります。このフレーズを用いた例文は以下のとおりです。

Reducing pain is the quality of being effective of this drug.
痛みを緩和することがこの薬の効き目です。

このフレーズは名詞句として使われていますが、形容詞のeffectiveを使った文章で同じような意味を表す場合も多いです。

エフェクティブを使った例文5:有効な打開策【effective breakthrough】

effective breakthroughには有効な打開策という意味があります。このフレーズを用いた例文は以下のとおりです。

In this case, discussion can be an effective breakthrough.
この場合、話し合いこそが有効な打開策だろう。

このフレーズも新聞やテレビの政策のニュースでよく使われています。

エフェクティブを使った例文6:effective acquisition

effective acquisitionには効率的取得という意味があります。このフレーズを使った例文は以下のとおりです。

Effective acquisition of raw material makes stable supply.
原材料の効率的取得が安定した供給を生む。

上記のような需要と供給や、コストに関する話題で目にすることが多いフレーズです。

エフェクティブを使った例文7:effective next month

effective next monthには来月付けでという意味があります。例文は以下のとおりです。

Effective next month, he assume the presidency.
来月付けで、彼は大統領に就任する。

このフレーズはeffectiveの後に日付を表す別の言葉を入れて使うこともできます。政府や企業の役職変更の通達であったり、制度などの変更のニュースでよく目にするフレーズです。

エフェクティブを使った例文8:effective ad campaign

effective ad campaignには効果的な広告宣伝という意味があります。このフレーズを使った例文は以下のとおりです。

This effective ad campaign promoted product sales.
この効果的な広告宣伝は、商品の売り上げを伸ばした。

例文のように企業の戦略の話題や、さまざまな団体の活動の様子について述べている場合に使われることの多いフレーズです。

エフェクティブを使った例文9:an effective speech

an effective speechには印象的な演説(スピーチ)という意味があります。例文は以下のとおりです。

Drafting an effective speech, research your topic well.
印象的なスピーチを描きたいのなら、その主題についてよく調べなさい。

上記のような先生と学生の会話の中で出てきたり、新聞やニュースで著名人のスピーチを説明する際に用いられることもあるフレーズです。

エフェクティブを使った例文10:effective means

effective meansには有効な手段という意味があります。例文は以下のとおりです。

One of an effective means for communicating with foreign people is gesturing.
外国人とコミュニケーションを取るための有効な手段の一つにジェスチャーがあります。

例文のような使い方の他、外交や医療の話題など、使われる場は多岐に渡ります。

エフェクティブの意味を理解し使えるようになろう

いかがでしたか。今回はエフェクティブとエフィシエントの違い、エフェクティブの意味とその使用例をご紹介しました。

同じような意味に捉えがちですが、エフェクティブは「結果」、エフィシエントは「過程」にフォーカスした意味を持っています。

どちらも新聞やニュースで目にする言葉ですので、ぜひこの記事でご紹介した特徴を思い出しながら見てみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related