Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

やる気スイッチを入れる5秒ルールが凄い4つの理由|5つの効果

講演家メル・ロビンス氏の「5秒ルール」をご存知でしょうか。やる気が出ないことで悩んでいる人は、やる気を探さなくても良い、やる気スイッチが入る5秒ルールを活用してみましょう。目から鱗の5秒ルールを知ることで、ポジティブな思考を手にすることができます。

やる気スイッチを入れる5秒ルールが凄い4つの理由|5つの効果

5秒ルールとは?

5秒ルールとは、やりたくないことを行うために、5秒以内にとりかかると決めて行動することです。やりたいことをやろうとしたとき、自分の感情ではやりたいとおもっていても、結局やりたいことをやれなかったことはないでしょうか。

やる気が起きずに困っても、「大丈夫」時間はたっぷりあるからと後回しにし後悔してきた人は必見です。18歳を過ぎた大人が、自分で自分をしつける方法「5秒ルール」をぜひ参考にしてみましょう。

やる気スイッチ

やりたくないことをやらなければいけない時に、自分のやる気スイッチを探した経験はありませんか。

じつは、やる気スイッチは、入るのを待っていてはいけません。強制的にやりたくないことをやるように仕向けて、自分で自分をしつける必要があると、提唱者メル・ロビンス氏はいいます。

さまざまなやる気スイッチを探しても見つからなかった人は、やりたくないことを強制的にさせる方法、「5秒のルール」を試してみましょう。

提唱者メル・ロビンス氏

5秒ルールの提唱者であるメル・ロビンス氏は、元弁護士の女性講演家です。精神的な病気で20年治療しており、メル・ロビンス氏は、朝起きることが苦痛なことに悩んでいました。

ある日、ロケット発射をみたメル・ロビンス氏は、「5秒カウントダウンをして、朝すぐ起床しよう」と閃きます。実行に移して朝起きることに成功した彼女の人生は大きく変わりました。以下はメル・ロビンス氏の言葉です。

あなたが変わりたいと決めたことがなんであれ、知っておくべきことはたった一つです。あなたはけしてやる気になりません。絶対です。助けも来ない。意欲もわかない。全く気が向かないんです。
科学者はこれを活性化エネルギーと呼びます。現状自動運転でやっていることから、新しいことをやる変化を起こすのに必要な力の事です。

18歳からは自分で自分をしつけるのです。やりたくない仕事を強制的にさせなければなりません。やるように仕向けるのです。

同じことをしているから苦しいのです。人々が人生に息詰まる理由について私はある説を立てました。
○居心地のいい場所から脱却するのです。リスクを摂ると言っているのではありません。ぬるま湯から脱却すると言っているのです。
やりたいことをやろうとしたとき、「でも」と引き下がってしまうのは非常ブレーキが作動した時です。
○あの時ああいっておけばよかったと思ったことはないですか。やりたいことをやろうとしたとき、言いたいことを言おうとしたとき、5秒以内に言わなければ、あなたは言わないままです。
○今日誰かの講演を聞いてやる気を出しても、メモにとったり、アイディアを物理的な行動に移さなければ、アイディアを非常ブレーキで消してしまうでしょう。問題はアイディアではなく、行動を起こさないことです。アイディアをつぶしたのはあなたです。他の人のせいではありません。自分でそうしているのです。もうやめましょう。 やりたい気持ちが ふと湧いた時 5秒以内に行動に移さなかったら あなたは非常ブレーキをかけて アイデアをつぶします 秒殺です 音楽が鳴っているうちに立ち上がり 踊ろうという気持ちがあっても 5秒以内に立ち上がらなければ 非常ブレーキをかけてしまうのです 皆さんは400兆分の1の確率で生まれた人なのです。やりたいことがあれば5秒以内に行動しましょう。その結果に驚くはずです。

出典: https://www.ted.com/talks/mel_robbins_how_to_stop_screwin... |

5秒ルールが凄い4つの理由

5秒ルールが凄いと理由はどのようなものがあるでしょうか。5秒のルールは、実践後の心理が大きく変わり、ポジティブになれます。5秒ルール実践後は、物事を先延ばしにしなくなり、言いたいことも素直に言えるようになります。

その結果、後悔やストレスが減り、くよくよ悩まなくなるなど、5秒ルールは精神的にもとても良い効果を生み出します。

こちらでは、5秒ルールの凄い理由を4つ紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

5秒ルールが凄い理由1:「5秒」の意味

5秒ルールが凄い理由は、5秒以内にやるべきことを強制的に行えば、それが習慣化してやりたいことができるようになることです。

脳は、「脳の自動運転」をしがちであり、いつのも習慣であり自分の居心地の良いことをやろうとします。やろうとしても5秒以上が経過すると、決断が鈍り、やるべきことから遠ざかってしまい言い訳を巡らす「非常ブレーキ」が作動してしまうからです。

脳の自動運転

メル・ロビンス氏は、脳はいつも行っていることを、自動運転するものだと言います。具体的に言うと、普段自分の習慣化している居心地の良いことがあれば、迷わずそうして一日を過ごしてしまうということです。

また、無意識のうちに自動運転することを人は好むのだと言っています。その自動運転を好むのであれば、5秒ルールを用いて、5カウント後に行動に移すと決め習慣にすると良いのではないかとメル・ロビンス氏は考えました。

脳のブレーキ

脳は普段やらないことをすると、ブレーキがかかってしまうのだと、提唱者のメル・ロギンス氏は言います。

たとえば朝起きれない日が続き、「今日こそは起きよう」と気持ちを奮い立たせ起きようとしても、「あと少し寝よう」と、結局いつもの朝起きれないパターンになってしまったことはないですか。

いつもの悪い習慣を変えるためには、5秒ルールを習慣化し、脳のブレーキを、行動しない自分とすり替えることができます。

5秒ルールが凄い理由2:やる気がなくても行動出来る

5秒ルールが凄い理由は、なんといっても「やる気」が起きることを待たなくても良いところです。とにかく、5秒カウントして行動に移せば、やる気がなくてもやりたいことができてしまうからです。

やるべきことがあるのに、やる気が出ないと困っていませんか。やる気が起きないと悩んでいる人も、すぐに行動できる目から鱗な5秒ルールを今日からあなたも実践し、やる気がなくても実行できる、5秒ルールで自分を躾けましょう。

5秒ルールが凄い理由3:辛い時間が5秒になる

5秒ルールが凄い理由は、辛い時間がたった5秒になるところです。内気で人に話しかけられない人も、タイミングを考えて重要なことを言い出せない人も、5秒ルールを用いれば、自分に自信や勇気が持てなくても、やる気が起きなくても行動に移せるので、思い悩む辛い時間が5秒になります。

自分の性格を変えられないからと悩んでいる人や、怖がりな人、なかなか行動に移せない人は、悩む時間が短くすむ5秒ルールがおすすめです。

5秒ルールが凄い理由4:やらなくていい言い訳が出てこない

5秒ルールが凄い理由は、やらなくて良い言い訳が出てこないというのがあります。人はつい、「でも」や「やっぱり」と、やりたいことをできなくするための言い訳を探してしまいがちです。ときには、やるべきことをやらない理由をあげて自分を肯定してしまうこともあります。

5秒以内に行動すると決めれば、5秒以内に行動できなかった場合に、やらなくていい言い訳が出てこないので、自分を見つめ直すきっかけになります。

5秒ルールが凄い5つの効果

5秒ルールはシンプルですが、実はすごい5つの効果があります。5秒ルールの凄さは、実践する人の内面にもプラスに働きかけることにあります。

行動的になったり、ポジティブになり、自信がつき、何より、やらなければならないことに追われなくなるので、できなかったと自分を責めたり、気分が落ち込んでしまうことも減ります。

ストレスが減りポジティブになれる5秒ルールの凄い効果を共有して、なりたい自分に近づけましょう。

5秒ルールが凄い効果1:行動する力が身につく

5秒ルールの凄さは、行動する力が身につくことにあります。やる気がなくても5秒カウントして行動に移せるので、5秒ルールを実践する以前と比べモノにならないくらいに行動的になれます。

苦手なことをする時には、つい頭であれこれ考えて思考を巡らしますが、5秒ルールは考える暇を与えません。変えたい習慣がある人は、この機会に5秒ルールで行動する力を身につけましょう。

5秒ルールが凄い効果2:ポジティブになる

5秒ルールの凄い効果は、気持が明るくなりポジティブになることにあります。5秒数えて実行に移せるので、行動前にウジウジ悩んでいた人も悩みが減り前向きになれるからです。

やる気を出そうとしてもだめだったと落ち込むこともなくなるため、やるべきことがあっても、悩まずにポジティブに考え行動するだけでいいと思えるようになります。

5秒ルールが凄い効果3:自信が出る

5秒ルールが凄いところは、なんといっても自分に自信が付くことにあります。5秒ルールを用いることで、これまで何度も失敗してきたことに達成感を感じるようになるからです。

一度、5秒ルールでやる気スイッチを入れることができると、自分を信頼することに繋がり自信が付きます。

5秒ルールが凄い効果4:やらなければならないことに追われなくなる

5秒ルールの凄い効果は、やらなけれがならないことに追われなくなることです。休憩をとりすぎてしまったり、つい怠けがちな心を引き締めてくれる5秒ルールで、自分のやるべきことを早々に終わらせてしまいましょう。「やらなければ」とただ考えているだけの時間がなくなり、気持ちもスッキリしてくるでしょう。

やらなければいけないことをずっと考えていて、ストレスがたまっている人は、ぜひ5秒ルールを試してみてください。

5秒ルールが凄い効果5:ストレスが減る

5秒ルールが凄いのは、行動的になれて、やらなければならないことも片付けることができ、焦りや不安が消えることでストレスが減ることです。

仕事を溜めることがなくなれば、毎日の日課もそれほど負担にならなくなるでしょう。また、言いたいことを我慢しすぎてストレスを溜めている人ほど、5秒ルールの凄さを実感できるでしょう。

自分意志を明確にすることで、人の意見に流されることも少なくなりストレスが減ります。

5秒ルールの活用例5選

5秒ルールの活用例が知りたい人に、5秒ルールの活用例を5選紹介します。これを読んで、活用例と自分の行動を照らし合わせて該当する人は、ぜひ、5秒ルールの活用例を参考にしましょう。

5秒ルール活用例1:朝布団からでられない

朝布団から出られない時、後5分だけ寝ようと二度寝してしまうことはありませんか。「あと五分だけ寝よう」そう決めても、五分経過後も、なかなか布団からなかなか出られなかった経験がある人もいることでしょう。

朝起きられない時こそ、5秒のルールを活用しましょう。5秒のルールが習慣化すれば、朝5秒で起きることが苦痛ではなくなってくると言われています。決められた時間に起きることで生活習慣が引き締まり、快適です。

5秒ルール活用例2:イライラしてすぐに怒ってしまう

怒りっぽくなっている時には、5秒のルールを活用することで、怒りを鎮めることができます。イライラしても、声を荒げることを防ぐために、5秒待ってから発言することで、周りとの調和を保つことに繋がります。

公的な場でイライラした時にも、5秒ルールを思い出せば良いでしょう。イライラしてすぐに起こってしまう人は、人間関係を円滑に保つためにぜひ5秒ルールを活用しましょう。

5秒ルール活用例3:失敗を上司に報告しなければならない

仕事で失敗してしまった時、上司に報告しなければならないことを考えると、誰でも気持ちがふさぎます。しかし仕事で失敗してしまったことを隠してしまえば、信用を失ってしまいます。

仕事を円滑に進めるためにも、失敗をした時に5秒ルールを活用し、上司に早めの報告しましょう。勇気がなくても5秒数えたら報告すれば良いので、長い時間悩んで恐れが増長したあとに失敗を報告するよりも、少しは辛い気持ちが減ります。

5秒ルール活用例4:会社を辞めたい

あなたが会社を辞めたいとおもっている時にも、5秒のルールを活用することができます。苦痛を感じていることを続けながら、やりたいことを諦めていては、自分の可能性の幅も狭めてしまいます。

会社を辞めたいと思ったら、まずは5秒のルールを活用し、ハローワークに出向いたり、転職サイトに登録するなど、前向きな行動を起こすきっかけにしましょう。

5秒ルールを活用すると人生が変わる

今回は、やる気スイッチを入れる5秒ルールが凄い4つの理由、5つの効果をご紹介しましたが、いかがでしたか。5秒ルールとは、やりたくないことを行うために、5秒以内にとりかかると決めて行動することだと分かり、すぐに実践できた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

5秒ルールを用いて、自分の苦手な事や、改善したいことに取り組んで、より良い生活を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related