Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!

学校へ通いたくなった時や仕事に就きたいと考えた場合、誰しも必ず面接を受けることになります。そして面接官の前に座った途端に緊張を感じる人は多いものです。気持ちが少しでも緊張しないようにする方法を、いくつかご紹介します。ぜひご参考になさってください。

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!

緊張とは

人間はいろんな場面で、心臓が急にバクバク動きだして止まらなくなることがあり、そのような状態になる事を「緊張」と呼びます。

ソワソワして落ち着かなくなったり、手のひらや脇や背中などに汗をかいたり、個人差がありますが、特徴的な現象が起こるので、自分自身で緊張していると自覚できる場合がほとんどです。

なぜ緊張するのか

身体が緊張を感じると、外敵から身を守ろうとするために、脳の中からホルモンが分泌され、防衛本能が働き出します。

緊張のもとであるノルアドレナリンは、「集中力」「やる気」を増す効果があると言われていて身体にとっては、メリットとなっています。

しかし、良いことばかりではなく、デメリットもあります。ノルアドレナリンが過剰に分泌されてしまうと「イライラ」したり「恐怖心」が強くなってしまいます。

緊張のメカニズム

人間が緊張を感じる時、脳の中では「ストレス」を感じて体の中からノルアドレナリンという物質を分泌します。ストレスに反応して自然と出てくる神経伝達物質の一つです。

ノルアドレナリンが、緊張したときに起こる身体のさまざまな症状の原因なのです。ノルアドレナリンの原因で起きる症状は以下のようなものです。

・心拍数が急上昇する
・消化器系の活動が遅くなる
・痛覚を遮断される
・瞳孔が開く
・集中力や判断力と注意力が冴える
・筋肉の機能が冴える

緊張するシチュエーション

一般的に、緊張を感じるシチュエーションに多いものをご紹介していきます。

・大勢の人の前に出て発言をする
・面接
・試験
・好きな人の前、告白する
・ギャンブルをしているとき
・慣れない事をするとき

自分にとって失敗が許されないと感じる時など、不安な気持ちが高まり過ぎてしまい「緊張する」へと繋がってしまうことがあります。

緊張する人の特徴5つ

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
世の中には「緊張しないタイプの人」と「緊張するタイプの人」が存在しています。

緊張するタイプの人と緊張しないタイプの人にはハッキリとした違いがあります。今回は、その違いについて説明していきます。

緊張する人の特徴1:失敗したときのことを考えてしまう

緊張しやすい人に多い特徴は、自分が失敗したときのことを考えてしまうことです。

もしも、失敗してしまったあと周りの人にどう見られるのか、自分の立場が変わってしまうのか考えてしまう癖があります。

緊張しないタイプの人は、自分が頑張って行動した事の結果がどうなるのか、と悩むことがありません。どんな場面でも自分らしくいられる大切な考え方です。

緊張する人の特徴2:ネガティブ思考

緊張しやすい人に多い特徴は、ネガティブなことばかり考えてしまうことです。

ネガティブな考えとは自分には悪いことしか起こらないと考えてしまうタイプの人のことです。中には、ネガティブな考えを先にイメージしておくことで、実際に起こる物事が、イメージより悪くない時に「ホッと一安心」できるため、前もって最悪な事を考える人もいます。

緊張しないタイプの人は、そのような面倒な考え方はしません。

緊張する人の特徴3:真面目すぎる

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
緊張しやすい人に多い特徴は、根が真面目すぎる人です。

根が真面目すぎる人は、一つ一つの事をキチンとこなさなければいけないと感じてしまうため、些細なことでも心配になってしまう癖があります。

緊張しないタイプの人は些細なことが気にならない訳ではなく、自分がやる事をしっかりやれば「何とかなる」と考えて、無駄な心配はしません。

緊張する人の特徴4:劣等感が強い

緊張しやすい人に多い特徴は、劣等感が強いことです。

劣等感とは「自分はどうせ◯◯だから」と自己評価が低すぎる事を言ったり、「あの人は◯◯だ」と自分の気持ちを守るために他人に対して、攻撃的な態度を取ったりする事があります。

緊張しないタイプの人は、他人からイヤなことを言われても劣等感を感じるようなことはなく「他人は他人、自分は自分」と、割り切った考え方を持っているので、他人からの心無い言葉にも動じません。

緊張する人の特徴5:過去の経験を思い出してしまう

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
緊張しやすい人に多い特徴は、過去の自分の経験がフラッシュバックしてしまう人です。

自分の過去で、緊張して失敗した最悪の瞬間の気持ちを思い出してしまうと、怖くなってしまい、何をどうしたら良いのか分からなくなってしまう事があります。パニックになる人は、心を落ち着かせる方法を身に付けておくと良いでしょう。

緊張しないタイプの人は、過去の経験を思い出さないのではなく、失敗も大切な経験だと受け止めています。

面接で緊張しないための事前準備5つ

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
面接では、初めて顔を合わせる面接官や、優しそうな面接官ばかりではなく、顔が怖そうな人や、質問がキツイ人など、いろんなタイプの面接官の前で自己PRをしないといけません。

面接という大切な場面を、緊張してモジモジしないで乗り切るためには、事前の心の準備が重要なポイントになってきます。

面接で緊張しないための事前準備1:話す内容を考える

面接で緊張しないために大切な事前準備は、面接官の前で話す内容をシッカリと考えて構成することです。

自分は面接官の人に「どんな内容を伝えたいのか」または「どんな風に話すと自分の伝えたい内容がキチンと面接官に伝わりやすいか」を考えて言葉を選ぶようにしていきましょう。

言葉選びを間違えてしまうと、何を伝えたいのか分からなくなることが多くなってしまう傾向があります。

面接で緊張しないための事前準備2:発声練習をする

面接で緊張しないために大切な事前準備は、発生練習をすることです。

知らない人の前で話をすることに慣れてない人は、緊張した時に声がかすれてしまったり、声が震えてしまったりするトラブルが起こる事があります。

誰でも緊張した時に起こりやすいことなので、面接前にトイレなど一人になれる空間に行き、大きな声を思いっきり出してみましょう。練習したから緊張しない、と自分に言い聞かせる効果も持てます。

面接で緊張しないための事前準備3:笑顔の練習をする

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
面接で緊張しないために大切な事前準備は、笑顔の練習をすることです。

面接の時などで緊張すると、普段の笑顔を出せなかったり、笑顔が引きつってしまうトラブルが起こる事があります。

誰でも緊張した時に起こりやすいことなので、家を出る前や面接の前にトイレの鏡の前で大げさなぐらい口角を上げて笑顔を作ってみましょう。口周りの筋肉を緩めておくと緊張した時に口角がピクピクすることの予防になります。

面接で緊張しないための事前準備4:声に出して何度も練習する

面接で緊張しないために大切な事前準備は、面接で話す内容を声に出して練習することです。

面接で話す内容を決めていても、面接で緊張するとパニックになってしまうトラブルが起こることがあります。

そうならないために、言いたいことを声に出して何度も練習をしておくと、自然と言えるようになったり、質問された時に受け答えがスムーズに進むようになります。緊張していても、緊張しない人に見せる事が可能になります。

面接で緊張しないための事前準備5:心を整える

面接で緊張しないために大切な事前準備は、自分の心を整えることです。

面接の合否によって自分の人生が大きく左右されると考えると、緊張する気持ちが高まりやすいものです。ここを受けてダメだったとしても他に縁のある会社があると考えると、そこまで緊張しないで済むことがあります。

どんな場面でも、捉え方次第だという事です。

面接当日に緊張しない対策5つ

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
緊張するとジタバタとしていても面接当日は、必ずやって来ます。

大切な瞬間にミスをしないで済むためにやっておくと良い対策をご紹介して行きます。なるべく緊張しないようにする、面接当日の過ごし方に付いて考えていきましょう。

面接当日に緊張しない対策1:心を落ち着かせる

面接当日に緊張しない対策で大切なことは、緊張しないことは難しい事ですが、ドキドキする気持ちを自分で軽減させる方法を見つけておきましょう。

例えば、アロマの香りをハンカチに染み込ませておいて緊張したら匂いをかぐとか、手のひらのツボを押すとか、自分の心がホッと一安心できる方法を探しておくと良いです。一度覚えたら、どんな場面でも使えるので自分のためになります。

面接当日に緊張しない対策2:面接会場には余裕を持って到着する

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
面接当日に緊張しない対策で大切なことは、時間にゆとりを持って行動をすることです。

面接当日の朝は、ゆとりを持って起きましょう。身支度整えて家を出るときも、面接会場には面接時間より30分から50分程早く着けるぐらいで考えておくと、道や交通機関が混んでいても焦らずに行く事が可能になります。

面接会場に早く着けると、トイレに入って身だしなみのチェックをする時間も作れるので緊張しないで面接に行く事ができます。

面接当日に緊張しない対策3:具体的な動作をイメージする

面接当日に緊張しない対策で大切なことは、面接会場に着いてからの自分の動作を具体的にイメージすることです。

例えば、面接会場に着いてから、自分が面接官の人の前に座るまでのマナーなど、細かい動作をチェックしておくと失敗して緊張するような瞬間を阻止することが可能になります。

面接当日に緊張しない対策4:軽い柔軟体操をする

面接当日に緊張しない対策で大切なことは、家を出る前や面接会場に着いてから人目のない場所で軽く柔軟体操をすることです。

身体を軽く動かすと、身体から無駄な力が抜けて、緊張する気持ちや身体がリラックスでき軽く感じるようになります。

面接当日に緊張しない対策5:緊張を抑制する食べ物をとる

面接当日に緊張しない対策で大切なことは、緊張を抑えるセロトニンを摂ることです。

食べ物から摂取する場合は、バナナや納豆にチーズがおすすめです。面接前から食べ物を食べたくない人には、ハーブティーやココアなどの飲み物からも摂取することができます。

面接中の対処法

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
どんなに事前の準備をしたり、緊張しない対策をしていても、本番の面接のときの雰囲気に緊張してしまうことは、誰にでも起こることです。

面接中に緊張してしまったときの対処法に付いて説明していきます。

面接中の対処法1:面接官に素直に打ち明ける

緊張しないように頑張っても緊張してしまったときは、面接官から質問された際に、緊張してしまっていて上手く受け答えができないことを伝えてしまいましょう。

しかしその分、やる気がある事だけは多少大袈裟でもしっかり伝えることが大切です。

面接中の対処法2:面接官を人間以外のものに例える

緊張しないように頑張っても緊張してしまったときは、目の前に座っている面接官の人を好きな動物や面白いキャラクターだと妄想してみましょう。

面接官を前にすると緊張してしまう人は、多いです。面接官だという意識を和らげてしまえば緊張しても解せるようになります。

準備や対策で緊張と上手く付き合おう!

面接で緊張しないための5つの事前準備|面接当日の対策法を紹介!
面接や大切な場面で緊張してしまうことは、身体が生きている証拠なので悪いことではありません。

緊張しないように準備や対策をして、自分の気持ちに余裕を持たせることで、パニックになることは防げます。適度な緊張感の中で自分らしさを表現できるように心がけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related