Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

パラダイムシフトとは?自分の人生に活用する3つのポイント

パラダイムシフトという言葉を聞いたことがありますか。パラダイムシフトを起こすという表現を最近ではビジネスにおいても使われる機会が増えました。ここでは、パラダイムシフトとはどういった意味なのか、またパラダイムシフトが起こる例や起こすための手順をご紹介します。

パラダイムシフトとは?自分の人生に活用する3つのポイント

パラダイムシフトとは?

パラダイムシフトという言葉を知っていますか。パラダイムとは「その時代に生きる人々の中で支配的になっている常識や前提のこと」を意味します。パラダイムという言葉は本来は枠組みという意味でしたが、最近使われている意味としては上記になります。

そして、パラダイムシフトとは、上記のような常識や前提を覆すことを意味します。つまり、パラダイムシフトとは「今までの常識や前提を大きく覆すこと、考え方」を意味します。

ビジネス用語としてのパラダイムの意味

ビジネス用語としてのパラダイムは人の見方や価値観という意味で使われ、ビジネスにおけるパラダイムシフトとは「発想転換」「固定概念からの脱出」「斬新なアイデア」との意味で使われます。

例えば、今の当たり前になっている慣習や考え方を一気に打破していく斬新なアイデアや固定概念の転換ということです。そして企業におけるパラダイムシフトが語られるのは、その変化にいかに対応するかという場面で使われることが多いです。

パラダイムシフトを起こすとはどういうこと?

パラダイムシフトを起こすということはどういうことを意味するのでしょうか。パラダイムシフトとはそれまでの規定概念を脱出することだったり、常識を転換させることを意味します。

そして、ビジネスシーンなどで「パラダイムシフトを起こす」という言いまわしがよく使われますがこの表現はどういった意味を持つのでしょうか。ここでは、「パラダイムシフトを起こす」とはどういうことなのかについてみていきます。

結論:共通認識が転換すること

パラダイムシフトを起こすというのは共通認識が転換することを意味します。パラダイムシフトとは、その時代当然とされた価値観や常識を革命的に変化させることです。

パラダイムシフトは英語でパラダイムチェンジとも言われ、ビジネスシーンにおいて「斬新なアイデアで市場構造を劇的に変化させる」という意味で使われます。かつて固定観念を捨てるという意味でしたが、現在では共通認識の転換という意味で使われることが多いです。

これまでの常識が覆されること

パラダイムシフトを起こすとは、「これまでの常識を覆す」という意味です。パラダイムには枠組みという意味があると前述しましたが、パラダイムシフトを起こすという言い方におけるパラダイムとは常識とか固定観念といった意味として使われています。

問題は引き起こしたときと同じ考えでは解決できないというアインシュタインの言葉のようにパラダイムシフトは問題解決の方法としてビジネス分野でもよく紹介される言葉となっています。

パラダイムシフトを意識する重要性

パラダイムシフトとは、共通認識が転換することであり、それまでの常識が覆されるということを意味することがわかりました。

そしてパラダイムシフトとは身近でよく起きていることであり、最近ではよくパラダイムシフトを意識することが重要であるということがいわれています。

ここでは企業におけるパラダイムシフトと個人におけるパラダイムシフトの意味の違いとパラダイムシフトを意識することの重要性についてみていきます。

企業におけるパラダイムシフト

企業においてパラダイムシフトは重要な意味を持ちます。今まで人が行ってきたことをAIで代替できるようになり、大手銀行では大リストラを宣言し今後人の仕事を奪われるのではないかと話題になっています。

この大きな変換期に企業でパラダイムシフトという言葉が使われるのは、いかにその変化に対応していくかという検討が行われる時です。世の中のパラダイムシフトにいかに対応し、いかに企業が生き残っていくかが重要だということです。

個人におけるパラダイムシフト

個人においてもパラダイムシフトは語られますが、その場合はたいていはその人自身の考え方や価値観の変化という意味になります。私たちは生活する中で、学校や家族や会社や友達という中で無意識に常識的な考えとは何かを学びそれに沿って生活しています。

しかし、その中でも自分なりの考え方や常識にとらわれない生き方を模索していくという意味でパラダイムシフトという言葉は使われています。

パラダイムシフトが起こる例

ここまでパラダイムシフトとはどういう意味で、どのようなときに使われるのかをみてきました。では、実際にパラダイムシフトが起こる例とはどういうものを指すのでしょうか。ここでは、パラダイムシフトが起こる例についてみていきます。

例1:スマートフォンの登場

スマートフォンの登場は世の中に大きなパラダイムシフトを起こしました。それまでは電話から携帯電話といった電話の進化がみられました。

しかし、スマートフォンの登場によって電話だけではなく携帯でゲームができたり、現金なしでスマホ決済ができたり、すぐにインターネットで情報を検索できたりするようになりました。また、SNSで世界中とつながることができる世の中になり、世界の常識が覆されました。

例2:YouTuberが仕事として認識された

YouTubeのような動画配信が仕事になると認識されたことはパラダイムシフトといえるでしょう。数年前から小学生の将来なりたい職業にYouTuberが登場しました。

現在では最も有名なYouTuberの一人であるヒカキンをはじめ、さまざまな人が登場しています。それまではYouTubeは動画を見るコンテンツ的な意味しかなかったのですが、現在では広告的価値が高まりそれだけで生活できる人も増えています。

例3:働き方改革による副業の解禁

副業禁止が一般的だった企業側も、副業を認める企業が出てきて、柔軟な働き方ができる世の中に変わろうとしています。

このように働き方改革による副業の解禁は、パラダイムシフトの一つといえるのではないでしょうか。今後はメインの仕事のほかに副業をすることが当たり前の世の中になる可能性があります。

例4:天動説から地動説へ

古い時代のパラダイムシフトの代表が地動説の出現です。地動説が説かれる以前は、地球は天動説が一般的で、地球は動かず周りが動いていると考えられていました。

しかし、その中で地球そのものが動いているのだという説を説いたのが地動説です。地動説の出現によって、パラダイムシフトが起こり世の中の常識が覆されました。

例5:人工知能の普及

いま現在というよりは、今後も含め人工知能の普及はパラダイムシフトといえるでしょう。人工知能の普及によって、人がいままで行ってきた作業を機械に任せることができるようになってきました。

例えば、株価の予想や銀行の与信業務などは今現在でも人工知能によって行われています。人工知能の普及は今後も世の中の常識を覆しつづけ、大きなパラダイムシフトを起こすことが予想されています。

ビジネスにおけるパラダイムシフト

ビジネスにおけるパラダイムシフトはとても重要です。それはビジネスの世界ではつねに世界の変化に対応して、それに合った戦略をたて生き残らなければならないからです。そのため、ビジネスの世界ではそれまでの常識にとらわれていることは大きなリスクとなります。

古いパラダイムを見つけよう

ビジネスにおいてパラダイムシフトを起こすためには、まずは古いパラダイムをみつけましょう。古いパラダイムは探せばそこら中にいくらでも見つけることができます。

たとえば、営業を仕事にしている場合には営業常識として「お客様は神様であり、頭を下げてこそ仕事がもらえる」という古いパラダイムがあったとします。しかし、実際に営業成績の良いビジネスマンは自信に満ち溢れお客様からの信頼が厚い人だったりします。

新しい常識を生み出せないか考えてみよう

ビジネスの中でパラダイムシフトを起こすためには前述のようにパラダイムがないかを探します。そして、パラダイムを新しい常識で覆せないかを考えます。パラダイムシフトにはこの新しい常識を生み出せないか考えることがとても重要です。

身近な人でも、実は成績が良い優秀な人は他人とは違った考え方を持っていることが多いです。枠にとらわれない考え方で悪い慣習を破って、より効率的な考え方に転換できるように努力してみましょう。

パラダイムシフトを起こすために

ビジネスにおいてパラダイムシフトを起こすためにはどういった行動をすれば良いのでしょうか。従来のやり方では通用しない世の中になりつつある昨今、ビジネスにおけるパラダイムシフトは重要になってきています。

ここでは、パラダイムシフトを起こすためにはどういった視点でどういった行動を起こせば良いのかについてみていきます。

市場のニーズを掴む

現在ビジネスにおいては従来型の経営では対応することが難しくなってきています。そのような変化が激しいビジネスの世界ではパラダイムシフトが重要になってきます。パラダイムシフトを起こすためには、まずは市場のニーズを掴む必要があります。

市場や顧客のニーズに適したものが何かを把握し、それに関連することについてのパラダイムシフトを起こすことによって新しい常識が生まれる可能性が高まります。

現状とニーズのギャップを把握する

ビジネスにおけるパラダイムシフトを起こすためには、現状とニーズのギャップを把握することが重要です。ビジネスにおける現状とはどうなっているか、またそれに対する市場や顧客のニーズは何か、そしてそれらのギャップはどこにあるかを把握しましょう。

そして、それらのギャップを埋めるためには何をすれば良いか、一気に考え方を変えることで改善できることはないかを考えましょう。

このギャップを埋めるために必要なシステムを導入する

ビジネスにおいてパラダイムシフトを起こすために市場ニーズを掴み現状とそのニーズとのギャップを把握してからギャップを埋めるために必要なシステムを導入することが有益です。ビジネス上のパラダイムシフトは戦略的に行わなければ効果が期待できず、段階的に洗い出すことで漏れを防げます。

上記の段階的な洗い出しやギャップの把握を行うことにより、何が必要かをはっきりさせることでパラダイムシフトが起こしやすくなります。

パラダイムシフトで人生は劇的に変わる

いかがでしたか。パラダイムシフトは、それまでの常識を覆し大きな転換点とする考え方や出来事を意味します。それは例えばスマートフォンが世界を変えたというようなことです。

またパラダイムシフトはビジネスの世界においてもその重要性が説かれており、パラダイムシフトで人生が劇的に変わる可能性があるといえます。パラダイムシフトの意味や、パラダイムシフトを起こすためにはどうするかをよく考えてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related