Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値のご紹介をします。30歳の年収の中央値とは、年収の平均値とは少し異なり、より一般的な年収の平均値と言われています。同じ30歳でも成功して高収入を得る方もいますが、年収の中央値は最も多い年収といえます。

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!

年収中央値とは?

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値のご紹介をします。年収中央値とは、年収平均とは異なります。年収の平均といいますと、全体の平均になりますが、年収中央値とは、その年齢での最も多い年収の金額となります。

自分の年収が平均的なのか、年収中央値に比べて高いのか低いのか気になる方も多いです。そんなときには、年収中央値で調べてみましょう。年収中央値に入っていれば、最も平均的な年収となります。

民間給与実態統計調査

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
民間給与実態統計調査とは国税庁が独自の調査で算出しています。民間の企業の給与の実態を調査することを目的としており、参考にする企業も少なくはありません。民間給与実態統計調査では、従業員が1人から何千人の大企業までをも対象にしており、日本国内における企業全体を調査しています。

また、年齢や性別別に関しても調査されているため、自分の年齢、性別の平均値を確認するにもお役立ちです。

1:男性

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
民間給与実態統計調査における、30歳の男性の年収の平均は、約460万円です。20代後半と比べると約60万円高い結果となっています。

30歳にもなると結婚している方も多いですが、年収460万円もあれば十分に生活ができます。年収460万円の手取り額は、約370万円となっており、月々の平均手取り額は、約30万円です。これらにはボーナスや残業代も含まれています。

2:女性

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
民間給与実態統計調査における、30歳の女性の年収は、約310万円です。男性に比べて大きな差がでてきています。女性の場合、結婚をしたり出産のために転職をしたり働きやすい環境を重視することが理由の1つです。男性に比べてキャリアアップが難しいことが考えられます。

そのため、男性は年齢を重ねるにつれて年収もアップしていますが、女性は30代後半にもなると年収の平均値は約287万円と下がっています。

3:全体

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
民間給与実態統計調査における、30歳の全体の年収の平均値は、約400万円です。男女あわせた平均額となります。年収400万円のときの手取り額は、約305万円です。

お給料は年齢の数字だけあればよいと言われています。例えば、30歳の場合は、月々のお給料が30万円あればよいという事になります。30歳で年収400万円あれば、この定義がクリアしているといえますので、日本の30歳の平均値は悪くないといえます。

30歳の年収中央値

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の年収の中央値についてご紹介します。年収の中央値は、30歳のなかで最も多い年収額となります。30歳ともなると年収は職種や業種などにより差が出てきます。30歳でもすでに1000万円以上の収入がある方もいますが、一方では300万円以下の方もいます。

年収の平均値はそれらを全てあわせた金額の平均となりますが、中央値はある意味で最も30歳の平均的な年収といえます。

1:男性

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の男性の年収の中央値は、約400万円です。年収の平均値とあまり差がありませんが、少し少ない傾向があります。男性の場合、30歳で年収の中央値と自分の現状を比較して、転職を考える方も珍しくはありません。

大手企業であれば、どの職種であっても30歳の年収の中央値を上回っていることがほとんどです。年収アップを目指して転職をすることも不可能ではありません。

2:女性

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の女性の年収の中央値は、約340万円です。女性の場合、事務職に就く方が多く、事務職はどうしても年収が少ない印象が強いです。事務職で年収が450万円を超えるととてもよい年収といえます。

事務職は手当なども少なく、ボーナスが少ない企業であればなかなか年収がのびません。大手商社やメーカーの場合、月給が25万円として、ボーナスが年5か月分あれば、年収は425万円となります。

3:全体

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の男女あわせた全体の年収の中央値は、約390万円です。少ないと感じる方も多いですが、年収が大幅にアップする時期は、30歳をこえてからと言われています。30歳をこえると、昇格して役職をもつようになり、役職手当などが支払われ、年収があがる傾向が強いです。

20代の内で早くも役職を持つ方もいますが、それは珍しいです。また、年齢を重ねても女性は年収がのびないため、全体の中央値が低い事も考えられます。

30代平均年収

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳から徐々に上がり始める年収ですが、30代の伸び率をご紹介します。30歳より年々少しずつではありますが、年収があがっていることがわかります。まだ、30歳を迎えたばかりの方であっても、ライフプランを考える際にもぜひともご参考にしてください。

年収の中央値に関しても、男性の場合は少しずつですがあがっています。しかし、30代後半になると横ばいになる傾向があります。

1:30歳

30歳の年収の平均値は約400万円です。それに比べて、年収の中央値は、約390万円ですので、年収の平均の方が少し高いことがわかります。30歳で中央値よりも高収入の方もたくさんいることがわかります。

30歳でも一部では成功している方は、富裕層といわれる方が存在します。20代のうちに努力をしている方とそうでない方で、30歳ぐらいより差が広がり始めます。

2:31歳

31歳の年収の平均は約420万円です。それに比べて年収の中央値は、約400万円です。特に年収の平均をあげている業種は、電気・ガス・熱供給・水道業、金融業・保険業、情報通信業であります。

これらの業種は、若くてしても高収入の方が多く、とても人気があります。新卒社員も早くに高収入を期待して応募する方が急増しています。20代のうちにこれらの業種に転職する方も多くみられます。

3:32歳

32歳の年収の平均は約430万円です。それに比べて年収の中央値は、約400万円と31歳のときの中央値と変動が見られません。大手企業であれば、年収も確実にアップしていきますが、中小企業では年収があまり変動しないことが中央値に響いているといえます。

31歳に比べて年収が10万円ほどアップしているということは、月々のベースアップが1万円弱アップしていることがわかります。

4:33歳

33歳の年収の平均は約440万円です。それに比べて年収の中央値は、約410万円と31歳のときの中央値よりも少しアップしています。しかし、年収はベースアップや手当があがる事で着実にアップしています。

しかし、高収入である電気・ガス・熱供給・水道業業界では、33歳ですでに600万円以上の収入があります。平均値に比べるとすでに200万円以上も差が出ています。20代のうちからアップしている事がわかります。

5:34歳

34歳の年収の平均は約450万円です。それに比べて年収の中央値は、約430万円です。平均値も中央値も34歳ではどちらもアップしています。34歳で役職がついたり、昇格が多くあることがわかります。

34歳は人生の折り返し地点ともいわれ、転職をする方も34歳までに考える方が多いです。特に男性は35歳までに転職する方も珍しくないため、真剣に将来を考える方が増えてきます。

6:35歳

35歳の年収の平均は約480万円です。それに比べて年収の中央値は、約450万円です。やはり、年齢を重ねても中央値が平均値を上回ることはありません。

35歳ぐらいでマイホームを購入したり、子供ができて出費が多くなる傾向が強いです。年収に関してシビアに考えだす頃だと言われています。そのため、会社の業績や将来性を真剣に考える方も増えてきます。転職サイトに登録してチャンスを伺う方も多いです。

7:36歳

36歳の年収の平均は約490万円です。それに比べて年収の中央値は、約450万円と35歳の中央値に比べて変動が見られません。ちなみに、東京での36歳の平均年収は490万円以上と言われています。

勤務地によっても大きく変動する年収ですが、年齢を重ねることで勤務地による年収の開きも大きく異なります。しかし、大都会は年収も高いですが、その分、物価も高く出費も大きいです。

8:37歳

37歳の年収の平均は約500万円です。それに比べて年収の中央値は、約460万円です。37歳で年収の平均は500万円という大台にのります。年収が500万円のときの手取り額は、約400万円です。

年収が500万円あれば、結婚をして子供ができても十分に生活ができるといわれています。節約は必要ですが、それなりに贅沢もできます。

9:38歳

38歳の年収の平均は約510万円です。それに比べて年収の中央値は、約480万円です。38歳にもなると年数が1000万円をこえる方もいます。富裕層との差がついてきて、生活レベルも収入でかわってきます。

例えば車や自宅など、収入に比例するような生活面で特に差が出ます。30歳でも高級車を手にする方も増えてくる時期です。見えづらい貯蓄額に関してもひらきがでてきます。

10:39歳

39歳の年収の平均は約540万円です。それに比べて年収の中央値は、約500万円です。30代最後の歳になり、転職を考える方も少ないです。この年齢までに平均値を上回るには、これまでに先を見越したキャリアプランとライフプランを考えておく必要があります。

晩婚が進む日本では、30代後半で結婚をする方も少なくはありません。民間企業に勤める方の7割が結婚をしています。

業種別にみる30歳の平均年収

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
年収をアップさせたいのであれば、高収入である業界に入社することが必要です。30歳での業種別の平均年収をご紹介しますので、転職をお考えの方も、ぜひともご参考にしてください。

大学を卒業して入社したころは、どの業界でも同じぐらいの収入であっても、30歳にもなると業種によって年収にも差が出てきます。40歳にもなるとさらに差が出る業種もあり、業種選びはとても大切であるといえます。

1:電気・ガス・熱供給・水道業

電気・ガス・熱供給・水道業は高収入である業種と言われており、30歳の平均年収は約670万円です。30歳の平均年収や中央値に比べてもとても高額であるといえます。

電気・ガス・熱供給・水道業の業界は生活に欠かせないものであり、業績に変動が少ない業界です。そのためとても安定しており、新卒者にもとても人気が高く倍率も高いです。また、退職者も少なく転職をせずに一生勤務し続ける方も多いです。

2:金融業・保険業

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
金融業・保険業とは、銀行や信用金庫やカード会社、健康保険会社などが該当します。金融業・保険業の30歳の平均年収は約570万円です。平均年収に比べると断然、高収入であるといえます。

特に日本3第メガバンクと言われる、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループが特に年収がよいです。また日本銀行なども高収入です。

3:情報通信業

情報通信業での30歳での平均年収は、約490万円です。情報通信業とは、ソフトバンクグループ、NTTドコモ、KDDIなどの電話会社の他に、大塚商会やヤフーなどもあげられます。また、日本テレビホールディングス、東京放送ホールディングス、テレビ朝日ホールディングスなどのテレビ関係も該当します。

情報通信の業界も生活に必要な分野に含まれるため、安定しておりお給料も下がることが少ないです。

4:製造業

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
製造業での30歳の平均年収は約450万円です。製造業はメーカーと呼ばれる企業も多く、独自の技術を持っていることが多いです。メーカーとは自社製品を製品販売しています。

メーカー以外でもOEM生産をしている企業も多く、いわゆる大手企業などの下請けを行っています。製造業においては、残業が多い企業も多く、その分年収も高くなっています。製造業は肉体労働も多く、男性が中心に勤務しています。

5:建設業

建設業の30歳の平均年収は約450万円です。製造業と横並びとなっています。建設業も製造業と同じく、男性を中心に働いています。経理や営業事務などのオフィスワークでは女性も活躍していますが、現場に関わる仕事は、圧倒的に男性が多いです。

建設業とはインフラに関わる仕事も多く、大手企業であれば、清水建設や大和ハウス工業、大林組、鹿島建設、谷工コーポレーションなどがあげられます。ハウスメーカーも多いです。

自分の年齢の年収中央値を知ろう

30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値の紹介!
30歳の男女・全体でみる3つの年収中央値に関してのご紹介はいかがでしたか。自分の年齢の年収の中央値を知ることは重要です。転職を考えた際にも、自分の年収が妥当なのか、平均なのかを確認してから取り組んでみましょう。

転職を考えていない方でも、年収の中央値を知ることで将来のライフプランの見直しをする役に立つ可能性があります。働く上でのやりがいや働きやすさも大切ですが、お給料の面も肝心です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related