Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

仕事の面接で聞かれるポイント5つ|効果的な練習の仕方とは

面接官に好印象を与えたいならば、事前にしっかりと面接の練習をしておくことが大切です。この記事ではこれから面接を受ける方のために、面接で聞かれる質問や効果的な面接の練習ポイントについて徹底解説しています。ぜひご覧ください。

仕事の面接で聞かれるポイント5つ|効果的な練習の仕方とは

仕事の面接練習は必要

書類審査をくぐり抜け、面談にこぎつけることができたならば内定は目の前まで見えてきていると言っても過言でありません。

ですが、面接時にしっかりとした受け答えができなかったり、コミュニケーション能力がないと判断されてしまえば、優秀な人材であっても落とされてしまうことはままあります。

自分の希望する会社から内定を勝ち取るためには、事前に入念に面接の練習を行っておくことが不可欠だと言えるでしょう。

当日の緊張を和らげることができる

面接の練習を行っておくことのメリットとしてまず挙げられるのが、面接当日の緊張を和らげることができるという点です。

誰しも多少なりとも面接には緊張を感じるものですが、事前に何度も練習をしておけば心の準備が整うため、緊張していてもスムーズに面接に臨むことができるはずです。

緊張しやすいタイプの方こそ、ぶっつけ本番は避け、何度も面接の練習をしたいものだと言えるでしょう。

受け答えがスムーズになる

質問をされた際に受け答えがスムーズになるということも、面接の練習をしておくことのメリットとして挙げられるでしょう。

時にイレギュラーな質問をされることもありますが、面接時にどのようなことを聞かれるのかは大方決まっているため、そのようなよくある質問を想定して面接の練習をしておけば、本番には答えに窮することもつかえることもなく、きちんとした受け答えができるようになります。

自信がつく

面接の練習をすることのメリットのひとつに、自信がつくということも含まれるでしょう。何を聞かれるのか、どのように答えればよいのかが分からないまま面接に臨んでしまうと、不安と緊張でおどおどした悪い印象を与えてしまいます。

あらかじめ練習を重ねておけば、いざ面接の時でも自分に自信をもって、堂々と受け答えをすることができるようになるため、面接官にポジティブな印象を与えることができるはずです。

仕事の面接で聞かれるポイント5つ

上で見たように、面接の練習をしっかりしておくことには多くのメリットがあります。「この会社の社員になりたい」と望むならば、面倒臭がらず、きちんと面接の練習をしておきたいものでしょう。

ここからは、面接時に聞かれる主なポイントをご紹介していきます。以下のポイントはどの職種の面接でも必ずと言っていいほどなされる質問ですので、面接の練習を重点的に行い、スムーズに受け答えができるように心がけましょう。

ポイント1:自己紹介

面接で聞かれるポイントとしてまず挙げられるのが、自己紹介です。「自己紹介をしてください」というフレーズは、面接で一番最初に面接官の口から発せられる言葉と言っても過言ではありません。

自己紹介を求められた場合は、新社会人の場合には氏名と所属大学や年齢、転職希望者の場合は氏名や勤務している会社を簡単に述べましょう。

くどくどと自己アピールをすると悪印象を与えてしまうので、自己紹介は簡潔に行うのが原則です。

ポイント2:長所と短所

長所と短所も、面接時に必ずと言っていいほど聞かれるポイントですので、面接の練習の際にきちんと答えられるようにしておきましょう。

長所と短所を簡潔に述べるだけでは説得力やその理由が面接官に伝わらないので、「長所は〇〇です、なぜならば〇〇だからです」と、これまでの経験にもとづいた具体的な説明を行うのがポイントです。

面接を受ける会社の求める人物像に合わせて、自らの長所・短所を効果的にアピールしましょう。

ポイント3:志望動機

面接でよく聞かれるポイントとして、志望動機も忘れてはならないでしょう。「どうしてこの会社を希望したのか」「この会社に入って何がしたいのか」の2点についてよく考えて受け答えの練習を行い、あなたの会社に対する熱意や仕事に対する情熱を効果的にアピールすることが大切です。

志望動機が曖昧だと面接官に悪い印象を与えてしまうので、自己分析と企業研究を行い、両者の重なる点を志望動機として説明するとよいでしょう。

ポイント4:転職の場合は転職理由

転職を希望する場合には、転職する理由についても必ずと言っていいほど面接時に聞かれます。今の仕事や給与・待遇に対する不満といったネガティブなことを転職理由として挙げてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまうので、練習時には「転職してでもやりたい仕事があるから」といったポジティブな回答を用意しておくようにしましょう。

転職することで、応募した会社で成し遂げたいことを論理的に説明することが大切です。

ポイント5:企業に対する質問

企業に対する質問に関しても、面接でよく聞かれるポイントでしょう。面接官から「何か聞きたいことはありませんか」と尋ねられた場合に答えに窮することなくきちんとした好印象の質問ができるように、練習時に「逆質問」の内容を考えておきいところです。

たとえば「もし御社に採用された場合、入社するまでに何かしておくことはあるでしょうか」など、仕事に対する意欲をさりげなくアピールするのもおすすめです。

面接で回答するときの注意点5つ

以上では、仕事の面接時によく聞かれるポイントについてご紹介してきました。このような質問を念頭に置きながら面接の練習をしたいところでしょう。

ここからは、面接で回答する際に面接官に悪い印象を持たれないために気をつけたいポイントについて解説していきます。

以下で取り上げる注意点を踏まえながら、面接官に明るくハキハキとした好印象を与えられるようにしっかりと練習を重ねていきましょう。

注意点1:的を絞り具体的に答える

面接時の注意点としてまず挙げられるのが、的を絞って具体的に回答するということです。漠然とした抽象的な回答をしてしまうと、面接官に「何を言いたいのかわからない」「入社したいという情熱や意欲が感じられない」と判断されてしまいかねません。

面接官は自分にどのような答えを望んでいるのかをよく考えた上で、ただ聞かれたことに漠然と答えるのではなく、シャープな回答ができるように練習しましょう。

注意点2:ダラダラと話さない

ダラダラと話さないということも、面接時に気をつけたい注意点として挙げられるでしょう。ダラダラと回答をされると誰しもイラっとしてしまうものですし、簡潔かつ明快に回答ができないということは論理的な思考ができていないことの証拠でもあります。

聞かれたことに対してのみ回答すべきであって、それ以外のことについて無駄な話をしたり、しつこい自己アピールをするのは逆効果です。面接の練習時によく心がけておきましょう。

注意点3:答えに迷っても返事はすぐにする

面接時の注意点のひとつに、返事はすぐにするということも挙げられるでしょう。答えが思いつかなかったとしても、黙ってしまうと面接官に悪い印象を持たれてしまうので、それを避けるためにも、回答をしようと努力をすることが大切です。

ただし、「えーと、あのー」と答えを伸ばそうとするのはNGです。「お答えするのがなかなか難しいことですが」と前置きしながら、適切な回答を探してみましょう。

注意点4:結論を最初に言う

結論を最初に言うようにするということも、面接時に気をつけたいポイントのひとつです。

結論を言わずにダラダラと説明をするのは論理的な思考力に欠けている証拠であり、面接官は思わずイラっとしてしまうので、まずは聞かれたことに対する結論を先に述べ、それに対する理由を後から述べるようにしましょう。

「自分は〇〇だと考えます、と言いますのも」といったような形で受け答えができるよう、練習してみてください。

注意点5:姿勢を崩さない

面接時の注意点のひとつに、姿勢を正すということも含まれるでしょう。姿勢を崩してしまうとだらしない不誠実な印象を与えてしまいかねませんので、最初から最後まで常に姿勢を正し、面接官にきちんとしたところをアピールすることが大切です。

普段から姿勢が悪かったり足を大きく開く癖があるとそれが面接時に出てしまうこともあるので、何度も練習を重ね、意識せずとも姿勢を正しく維持できるようにしましょう。

面接練習の効果的なやり方

以上でも見たように、面接でよりよい受け答えを行い、面接官にいい印象をもってもらうためには事前の入念な練習が不可欠です。

では、実際に面接の練習時にはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここからは、効果的な面接の練習方法について解説していきます。

自己満足の練習ではなく、きちんと効果のある練習を実現するためにも、以下で取り上げるポイントをぜひ参考になさってみてください。

録音して客観的に聞いてみる

効果的な練習方法としてまず挙げられるのが、レコーダーで録音をして自分の受け答えを客観的に聞いてみるということです。

自分ではハキハキと論理的に答えられているつもりでも、レコーダーで録音したものを聞いてみると、語尾を伸ばしていたりダラダラと話していることもよくあります。

まずは面接の練習を録音して自分の話し方を客観的に把握し、その改善点を見つけることからスタートしましょう。

誰かに面接官をしてもらう

誰かに面接官をしてもらうということも、効果的な面接の練習方法として挙げられるでしょう。

一人で面接の練習をしても緊張感に欠けますし、自分の想定した質問に解答することしかできないため、誰かに面接官役を務めてもらい、自分が考えた質問以外のイレギュラーなことについても積極的に聞いてもらうようにしましょう。

想定外のことを聞かれた時でも慌てず黙さず受け答えができる、よい練習になるはずです。

鏡を見て話す

面接の効果的な練習方法のひとつに、鏡を見て話すということも含まれるでしょう。自分がどのような表情で受け答えしているのか自分ではよくわからないものですので、鏡を見ながら、明るい表情を心がけて面接の練習をしてみてください。

鏡を見ながらでは十分に集中できないという時には、自分と向き合う形でスマホを設置し、動画を撮影してそれを後から見直してみるのもおすすめです。

面接のセミナーを利用

面接用のセミナーを利用するというのも、効果的な面接の練習方法です。多くの就活生や転職希望者を内定獲得へと導いてきた定評のあるセミナーに参加すれば、面接官にいい印象を与えられるとっておきのノウハウを身につけることができるでしょう。

声に出して練習する

面接の効果的な練習方法として、声に出して回答するということも大切です。頭の中で回答を復唱しても実際の面接時になると緊張してスムーズな受け答えができなくなってしまうものですので、緊張を和らげるために、練習時には面接時と同じように声に出して話すようにしてみてください。

しっかり練習して本番に備えよう

今回は仕事の面接の練習について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。誰しも面接時には緊張してしまうものですが、だからこそ事前にしっかりと練習を行って対策をし、当日の緊張を和らげられるようにすることが大切です。

この記事でご紹介した面接のポイントを参考にしながら、しっかりと面接の練習をしてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related