Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

転職の際に面接が怖いと感じる理由3つ|準備が大切

現在の職場が辛くて転職を考えているが、いざ採用試験に臨むと考えると面接が怖くて二の足を踏んでしまうとお悩みではないでしょうか。しかし、転職の面接は怖くはありません。事前準備や当日の心持ちなど面接が怖くなくなる方法をご紹介します。

転職の際に面接が怖いと感じる理由3つ|準備が大切

転職の面接とは?

転職は人生のターニングポイントです。現在の職場よりも少しでも良い職場へ転職したいと意気込みも大きく、失敗したくないと思えば思うほど緊張が増し、怖いという感情が襲ってきます。

しかし、転職の面接は実はさほど怖くありません。転職者の採用で可否を決めるのは、もちろんスキルや経験、即戦力の実務能力も重要ですが、最も大切なのは企業とのマッチングです。

一次面接

一次面接は人事担当者が行います。基本的な社会性やビジネスマナー、会社とのマッチングなど一般的な事項のチェックです。

職務経歴書の信憑性や、基本的な社会性やビジネスマナーが身についているのかが確認されます。社会人経験がある転職者だからこそ、ビジネスマナーや社会性が重要事項になります。

話し方や身だしなみ、周りへの配慮を怠らないようにしましょう。

スキル

転職の時の面接では、持っているスキルや経験が企業側が求めているものと合致しているか、を確認します。

企業に応募する際には、自分の経験やスキルと応募した仕事内容との共通点を探しましょう。経験やスキルは多くの場合、現在の仕事内容で確認されます。仕事の内容に絡めて、共通点を意識しながら答えましょう。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルは直訳すると「人間力」、つまり、相手や集団との関係を円滑に、豊かにする能力です。業務を遂行する能力があるのか、問題の本質を見極められるか、プレゼン能力があるかなど対人関係能力を確認します。

ヒューマンスキルは面接の時の質問全てで確認されています。社会人としての常識や、仕事への姿勢、自己分析力などを総合的に判断します。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、誰とでも仲良くできるスキルではありません。コミュニケーション能力とは「相手の話を聞いて、正しく理解できる、また、相手が理解しやすいように話せる」」「場の空気を読める」能力です。

面接では、「面接官の質問を正しく理解できているか」「相手がわかりやすいように答えているか」でコミュニケーション能力を計っています。

会社とのマッチング

中途採用は会社とのマッチングにより可否が決まると言っても過言ではありません。転職は、自分のスキルや経験、将来のビジョン、企業のニーズが一致して採用が決まります。

転職を考えるのなら自己分析は必須です。自己分析を行うことにより、面接で必ず聞かれる志望動機をさらに深く答えられます。面接でのやり取りを通して、会社への共感をアピールすることも大切です。

二次面接

二次面接は、直属の上司となる人や配属先の責任者が担当します。二次面接では「即戦力になるか」「会社との方向性があっているか」を確認されます。

二次試験では、直属の上司や部や課の責任者が面接を担当することから、「一緒に働けるか」を見極められている、と考えましょう。また、実践的な事項のチェックされます。

転職の際に面接が怖いと感じる3つの理由

転職の際の面接が怖いと感じるのには理由があります。新規採用の時の面接の嫌な思い出が残っていて怖いと感じたり、また、自分自身の棚卸しが不十分で、自分が何を求めて転職するのかわからないので怖いと感じます。

転職は今までの生活を変える大きなターニングポイントです。怖いと感じてなんら不思議ではありません。ただし、むやみやたらに怖いと感じ、臆病になって転職の機会を逃してしまわないようにしましょう。

理由1:事前準備が不十分

転職での面接は事前準備が重要です。事前準備をしておけば怖いと思うことはありません。事前準備とは、自分自身の棚卸しをし、どんな仕事に就きたいのか、どんな活躍をしたいのかをきちんと把握することです。

また、面接の流れはある程度決まっています。大体の流れをシミュレーションすることで、慌てることなく余裕を持って臨むことができます。

150%の準備で本番は80%

どんなに事前の準備を万端に整えても本番で発揮できる力は80%です。はじめから全力を出し切ってうまくやろうとしてもできるわけがありません。

本番は面接官が目の前にいて、日常ではない緊張感の中行われます。転職は自分の人生のターニングポイントです。緊張しないわけがありません。怖いと感じて当然です。事前準備を行っていれば少なくとも80%の力は出せます。十分に準備をしましょう。

キャリアの棚卸をする

職務経歴書の土台作り、それがキャリアの棚卸です。

棚卸をする時には、じっくりと過去の仕事や携わってきた仕事と向き合い整理します。携わってきた職務経験だけではなく、工夫して改善したこと、周りからの評価や実績を客観的に書き出します。

思い出した経験から転職希望の企業に合致した経験を職務経歴書に書き出せば、自分の能力や知識をより深く把握でき、怖いと感じることなく、余裕を持って面接に臨めます。

理由2:緊張

「成功させたい」と気負う気持ちが緊張につながります。緊張が怖いという感情を呼び寄せます。しかし、緊張している状態が必ずしもいけないこととは限りません。緊張は「失敗したくない」という気持ちの表れで、「仕事への意欲が高い」と評価される場合もあります。

緊張を怖いと感じる必要はありません。なぜなら、緊張は面接の評価に影響をさほど与えないからです。

理由3:言葉が出てこない

頭が真っ白になって、答えたくても声が出ない状態を想像するだけで怖いと感じます。緊張感を和らげるのは、「慣れ」しかありません。面接の流れを何度もシミュレーションしたり、具体的な動きをイメージすることで緊張を和らげることができます。

転職では今まで培ってきた経験や能力、知識が会社と合致して決まります。もしダメでも、それはあなたの能力を否定したからではありません。自信を持って面接に臨みましょう。

枕詞を使う

枕詞とは前置きの言葉のことです。ビジネスでもよく使う「大変恐縮ですが」や「おかげさまです」などが枕詞です。

面接の時にも枕詞を活用しましょう。質問の意図がよくわからない場合、黙りこくってしまってはあまりいい印象は残せません。そんな時には「恐れ入りますが、もう一度お願いします」など断りを入れて、質問の意図を読みましょう。

完璧なセリフを用意しすぎない

完璧すぎるセリフを用意してしまうと、そのとおり話さないといけない、と思い頭が真っ白になってしまいます。

志望動機や退職理由などは伝えたい要点のみ抑えましょう。要点さえ押さえておけばとっさに言葉がついて出ます。それこそが、転職者が身につけている社会人経験の妙です。

おすすめの面接手法4ステップ

転職における面接を怖いと感じないように事前準備が必要です。事前準備の一つに「面接ノート」の作成をおすすめします。

面接ノートとは、応募企業に関する情報や業界のニュースなど、また、自分自身の自己分析やキャリアの棚卸しの際に気がついたことなどを書き記す、就職活動の対策ノートです。

文章に書き出すことにより、より記憶に残りやすくなり情報の確認もスムーズになります。

1:文章で書き出す

WEBにて「転職 面接 質問」で検索するとたくさんのサイトが出てくるように、転職の面接では聞かれることが大体決まっています。事前に質問の答えを用意して文章を書き出しましょう。

また応募した企業の企業理念や理念に共感した部分を言語化することにより、その会社でなくてはいけない理由も見えてきます。

文章にすることで、何を伝えたいのか方向性が頭の中で整理されるので、突飛な質問も怖いと感じなくなるでしょう。

2:キーワードを抜き出す

書きあがった文章のキーワードを抜き出します。「技術革新を通した社会と人の能力開発に力を注ぎ、人の暮らしをもっと豊かにする」という応募企業の経営理念なら、「技術革新」「能力開発」「豊かな生活」など分かりやすく自分の覚えやすいキーワードに変え抜き出します。

「自分が覚えやすく」かつ「簡単な」単語にすることで、言葉が飛ぶといった怖い事柄を回避できます。

3:箇条書きにする

抜き出したキーワードを箇条書きにします。箇条書きにした後には声に出して、文章化した回答を読みましょう。この時、話し言葉で読むことが重要ポイントです。そうすることで、面接の時にセリフを読むような棒読みを回避できます。

箇条書きにしたポイントを押さえることで、質問の答えが長すぎたり、短すぎたりすることなく、要点をまとめて話すことができ、面接を怖いと感じなくなります。

4:キーワードのみを覚える

キーワードで覚えることで、緊張で答えが飛んでしまった時も、すぐにリカバリーができます。

キーワードは簡単なものの方が覚えやすいです。キーワードから連想ゲームのように伝えたかったことが引き出されてきます。緊張を怖いと感じなくなるでしょう。

面接=怖いは間違い!

転職の採用試験では今まで身につけてきた経験やスキルが後ろ盾になってくれています。怖いと感じる必要はありません。

転職に限らず面接が怖いと感じるのは、自分自身の価値を合否によって決められると思うからです。

しかし、転職では個人の資質より「企業とのマッチング」が採用の決め手になります。よしんば落ちたとしても、それは企業との相性が悪かっただけです。

怖いと思うことなく、自信を持って面接に臨みましょう。

当日は前向きな姿勢で

怖いと感じていると感情が顔に出てしまい第一印象で損をします。転職の時にはスキルや経験という強い味方がついています。前向きな気持ちで面接に臨みましょう。

前向きな気持ちになるためには笑顔が一番効果的です。家を出る前に笑顔の練習をする、口角を意識して上げるなどを試してみてください。

また、意識していつもよりワントーン大きな声で話すこともいいでしょう。明るい声音を意識して話すことで印象が良くなります。

緊張するのは当たり前

緊張は「成功させたい」という意欲から生まれます。転職を成功させたいという強い思いがあるのですから、緊張するのは当然です。

怖いのは緊張することに緊張することです。「緊張するのは当たり前」と考え、緊張で態度がぎこちなくなってしまった時には、「緊張しているようです」と素直に話しましょう。

率直・謙虚な姿勢が大切

転職では経験やスキルが武器になります。しかし、誇示しすぎると相手の不興を買う結果に繋がります。

仕事は企業の中で多くの人との関わりあいながら進めていきます。企業の求める人材は、スキルももちろんですが、それ以上に謙虚さを兼ね備えている人です。

飾らずに自分の言葉で話した言葉には力があります。相手の意見を取り入れる心の強さは、いつでも武器になります。率直に謙虚な姿勢を忘れずに面接を受けましょう。

面接を怖いと思わずに前向きに就職活動を行おう

怖いと感じるのは自己評価を否定されるように感じるからです。しかし、中途採用で重視されるのは企業とのマッチングで、能力ではありません。

転職では、過去の職務が全て武器になり、社会人経験が自分を助けてくれます。怖いと感じる必要はありません。

怖いのは、「転職が怖い」と現職にしがみついて辛い思いを続けることです。怖いと思わず、一歩足を踏み出しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related