Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント

今回は、既卒で就職するための成功ポイントを詳しくご説明します。既卒で就職できない理由や、おすすめの就職サイトもご紹介していますので、既卒で就職したいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。きっと就活への意欲が高まることでしょう。

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント

既卒とは?

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
既卒とは、高校、短期大学、大学、大学院、専門学校などを卒業したあと、まだ正規職員として働いたことのない求職者のことです。以前は既卒だと就職できない人が多く問題視されていましたが、平成22年から卒業後3年以内であれば新卒扱いをすることになりました。

それにより、新卒と同じように就職活動をすることができるようになりました。アルバイトなどをしている人でも、正規職員になったことがなければ既卒扱いとなります。

既卒の就職率

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
2018年に行われた調査では、既卒者の内定率は50%を切っています。就職内定率だけでいうと平年並みですが、新卒者の内定率が上昇していることを考慮すると、既卒者の就職が簡単ではないことが分かります。

既卒者の中でも、学校を卒業してから3年以上経っている場合は、より就職が難しくなるという現状があります。ただし、年数が経っていても資格や向上心があれば就職できる人が多いため、単純に年数の問題ではありません。

既卒で就職できない理由3つ

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
既卒の低い内定率を見てもわかるように、既卒者の中にはなかなか就職できない人が多くいます。なぜ就職できないのか、主な3つの理由を詳しくご説明します。就職できないと悩んでいる人は、自分に当てはまるところがないかチェックしてみてください。

もし当てはまる事項がある場合は、そこを見直すことから初めてみてください。自分の考え方を変えることで、すてきな就職への道が見えてきます。

就職できない理由1:行動力が少ない

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
就職できない理由の1つに、行動力が少な過ぎることが挙げられます。既卒者の中には、自分の好きな企業を1つ2つくらいしか受けていないことがあります。フレッシュな新卒と競い合わなければいけないことを考えると、どんどん自分から企業を見つけて応募する必要があります。

新卒でも何社も落ちてしまうことがありますので、相当な気力と行動力をもつことが大切です。就職できないと落ち込んでいても前に進めません。

就職できない理由2:明確な将来像がない

既卒者の中には、自分のやりたいことや将来が見えないために就職できないという人がいます。学校を卒業したもののすぐに就職する気にならず、気が付いたら既卒になっているというパターンも多いです。自分の将来像をしっかりもつことで、就職に対して前向きな考えをもつことができます。

将来像が見えてこないと、自分に合った企業も見つかりません。また、たとえ就職したとしても、働く意義が見いだせず離職する可能性もあります。

就職できない理由3:大手ばかり狙う

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
就職できない既卒の中には、誰もが夢見るような大手ばかり狙い過ぎている人がいます。大手になればそれだけ応募する人が多くなります。たとえ新卒であっても、能力や資格がなければ落とされる可能性が高いのが大手です。

新卒であっても既卒であっても大手ばかり狙っていると、いつまで経っても就職できないことがありますので注意しましょう。もちろん大手を受けても良いのですが、それ以外の企業にも目を向けてみてください。

既卒者が就職を成功させる5つのポイント

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
既卒者の決して高いとは言えない内定率を見ると、既卒者である自分は就職できないのではないかと不安になる人もいることでしょう。既卒者が就職を成功されるためのポイントを、5つご説明します。

どれも当たり前のことばかりですが、これができていないために就職できない人もいますので、チェックしてみてください。

ポイント1:既卒歓迎の求人を応募する

企業にもよりますが、既卒や年齢の高い人を好んで採用していないところが多いのも事実です。既卒者が企業を探すときは、既卒を歓迎している求人を見つけられるかどうかがポイントです。

やみくもに探さずに、既卒者向けの求人が多いサイトなどもありますので、そういったものを活用するのがおすすめです。またハローワークに行けば、既卒者用の求人を紹介してもらえます。相談にも乗ってもらえますので、訪れてみると良いでしょう。

ポイント2:「既卒の理由」を準備する

既卒の場合、面接で必ずといって良いほど聞かれるのが既卒である理由です。既卒者は、なぜ自分が既卒であるのかしっかりと理由を述べられるようにしましょう。曖昧な理由だと怠けていたと思われる可能性がありますので、向上心の感じられる理由を準備しましょう。

明確な理由がないと、既卒ということが不利になってしまうことがあります。既卒はマイナスイメージになりがちだからこそ、自信をもって答えられる理由が必要です。

ポイント3:行動量を増やす

家でのんびり構えていては、見つかるものも見つかりません。卒業してから時間が経てば経つほど、就職できない可能性が高くなってしまいます。まずは、ハローワークに行ったりセミナーに出たりと、行動量を増やすことが就職するためのポイントになります。

就職するためには、既卒であっても新卒であっても積極的に就職活動しなければなりません。行動量を増やすと、自分にぴったりの企業も見つかりやすいです。

最低40社はエントリーする

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
就職するためには、既卒であれば最低でも40社はエントリーしておくと良いでしょう。40社というととても多く感じますが、たくさんエントリーしておくと面接や筆記試験の練習にもなります。また、本命の企業を受けるときも慣れているので、落ち着いて試験を受けることができます。

既卒の中でも、卒業してから3年以上経ってしまっている場合は受かる確率が下がりますので、たくさん受けておくのがおすすめです。

ポイント4:自己分析を行う

就職できない人の中には、自分の得意なことや向いている職業が分かっていないことがあります。まずは自分が将来どうなりたいのか、どういった企業で働きたいのか自己分析を行うことが大切です。

自己分析をするときは、得意なことだけでなく不得意なことも理解しておきましょう。既卒だからと焦ってしまうと、せっかく入社したのに離職してしまう可能性があります。事務や営業など、自己分析から自分に合った職種を見つけましょう。

アピールポイントを見つける

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
自己分析をするときに一番大切なことは、自分のアピールポイントを見つけることです。自分がどんな資格をもっていて、どんな強みがあるのか面接官に伝えられるようにしましょう。具体的に例を挙げて説明できることができれば、既卒であっても受かる可能性が高まります。

アピールするポイントは、企業が求める人物像に合わせることが重要です。営業を受けるのであれば、コミュニケーション能力の高さをアピールしてみましょう。

ポイント5:諦めない

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
既卒者が就職するための一番基本的なポイントは、絶対に諦めないことです。たとえ新卒であっても、何十社受けても落ちてしまうことがあります。既卒だからと諦め半分で就活していては、自分が思うような就職はできません。

毎日求人情報は変わります。自分にぴったりの企業が見つかるまで、就職できないと諦めずに就職活動しましょう。

既卒向けのおすすめ就職サイト5選

既卒向けの求人がたくさん出ている、おすすめ就職サイトを5つご紹介します。専門資格をもっている人は、資格が必要な企業に応募するのもおすすめです。今回ご紹介する就職サイトには、多くの求人が載っていますのでぜひ活用してみてください。

就職できないと悩む前に、まずはサイトに登録して自分に合う企業を探すことが第一歩です。サイトでは求人情報だけでなく、内定までしっかりサポートしてくれるものもあります。

1:ハタラクティブ

ハタラクティブには、営業や事務などさまざまな職種の求人が掲載されています。従業員人数も、アットホームな企業から大企業までさまざまなところを取り扱っています。既卒や第二新卒などに多く支持されている求人サイトです。

企業を探すだけでなく、就職するためのノウハウもしっかり教えてもらえるのがポイントです。就職できないと悩んでいる人は、カウンセリングまでしてくれるハタラクティブに登録してみるのがおすすめです。

2:DYM就職

DYM就職には、既卒や第二新卒、フリーター、転職などにおすすめの求人情報がたくさん掲載されています。正規職員になったことのない既卒でも、求人選びからしっかりとサポートしてくれるため安心です。

新卒ではないからこそどういったことに注意すれば良いのかなど、プロならではのアドバイスをもらうことができます。優良企業求人は2000社以上ありますので、自分に合った企業を見つけやすいのがポイントです。

3:マイナビジョブ20'sアドバンス

マイナビジョブ20’sアドバンスでは、既卒者を対象とした就職支援をしています。また既卒者の中でも、3年未満の人を対象としています。学校を卒業してからあまり年数が経っていない人は、特にこちらのサイトがおすすめです。

既卒者が採用されやすい特別選考会というのもあります。サイトでは、就職できない人に重要な自己分析や選考対策を行うこともできますので、自信のない人はぜひ活用してみてください。

4:ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒は、名前からもわかるように既卒を専門とした就職サポートサイトです。既卒OKな企業だけに絞りたいという人は、こちらのサイトがおすすめです。会員登録は無料ですので、就職できないと悩んでいる人はまずは登録だけでもしてみてください。

ニュースなどでよく取り上げられるブラック企業は、求人から完全に排除されているのもポイントです。既卒でもきちんとした企業に勤めたいという人に向いています。

5:ジェイック

ジェイックは、既卒や大学中退者などを対象にした就職サポートサイトです。主に17歳から34歳を対象とした求人を扱っており、特に20代に強いサイトです。就職成功率が高いだけでなく、就職したあとの離職者が少ないこともポイントです。

就職することが目的ではなく、長く持続して働けるようにすることを目指しています。女性に特化したコースや、中退者用のコースなど、自分に合わせたコースを選ぶことができます。

既卒でもアクティブに就活しよう

既卒で就職できない理由3つ|就職を成功させる5つのポイント
既卒だから就職できないということはありません。大切なのは行動力や情報収集力です。既卒であっても、そういった人を積極的に募集している企業はあります。さまざまな就活サイトや求人雑誌から、自分に合った企業を見つけてエントリーしてみてください。

就職先を探すときは、固定観念にとらわれず視野を広げて探すことが大切です。既卒だから就職できないと最初から諦めず、アクティブに就活してすてきな企業に就職しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related