Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

転職したいのに「何がしたいのかわからない」人の対処法3パターン

転職したいのに「何がしたいのかわからない」人は結構います。転職の理由が現在の仕事や職場が合わないという方が多いので、離職後の生き方に迷う人が多いのは当然ことです。今回は、転職したいのに「何がしたいのかわからない」人のために対処法をご紹介していきます。

転職したいのに「何がしたいのかわからない」人の対処法3パターン

「何がしたいかわからない」という状態が好ましくない理由

転職したいのに、離職後に「何がしたいかわからない」という状態が好ましくない理由を以下に3つ挙げていきます。

転職したいと考えている人は大勢います。しかし、実際に実行に移すとなるとたいへんです。多くの方が妥協しながら現在の仕事を続けていきます。

今回は、どうしても転職したいのにその先で何がしたいのかわからないという人に向けた対処方法をご紹介していきます。ご自分のパターンの参考にご利用ください。

理由1:今の仕事のパフォーマンスが落ちる

転職したいのにその先で「何がしたいかわからない」という状態が続くことが好ましくないのは、今の仕事のパフォーマンスが落ちるという理由からです。

転職について検討し始めたときに、何がしたいのかわからないという状態が持続すると、現在行っている仕事の質が低下する恐れがあります。気持ちが離職に向かってしまっているため、今の仕事に対する意欲がなくなるからです。凡ミス連発で仕事ができなくなる可能性があります。

理由2:転職活動にも本気になれない

転職したいのにその先で「何がしたいかわからない」という状態が続くことが好ましくないのは、転職活動にも本気になれなくなるという理由からです。

仕事を辞めたいのに何がしたいのかわからないという人は、転職についてただ考えているだけで、行動に移せていません。これでは、転職という悩みのストレスを背負い込むだけの毎日になってしまいます。悩みに頭も心身も支配されていて、転職活動に本気になれなくなっている状態です。

理由3:今の仕事も転職先も失いかねない

転職したいのにその先で「何がしたいかわからない」という状態が続くことが好ましくないのは、今の仕事も転職先も失いかねないという理由からです。

転職後にやりたい仕事がないという状態は、たいへん危険な状況です。今の仕事もこれから先の人生にも目標を見失ってしまっていて、何がしたいのかわからない宙ぶらりんな状態に陥ってしまっているからです。このままでは、人生がおかしな方向へ向かってしまう可能性があります。

パータン別「何がしたいのかわからない」人がやりたい仕事を探す方法

パターン別に転職後に「何がしたいのかわからない」人がやりたい仕事を探す方法をご紹介していきます。

転職したいのに何がしたいのかわからない人は大勢います。そのような状態に陥る理由は人によって違いますので、パターン別にご説明させていただきます。

自分にあてはまるパターンあれば、よく考察してみてください。自分を客観的に分析できれば、転職したくても何がしたいのかわからないという状態から抜け出せるはずです。

パターン1:慎重すぎて何がしたいのかわからない

慎重すぎて、転職しても何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法をご紹介していきます。

現在の仕事を辞めたいと感じていても、慎重な人は転職を躊躇することが多いです。慎重すぎる人は考え過ぎる傾向にあるので、物事をなんでも否定的に思考する癖がついてしまっているからです。

慎重な性格を利用して、自分を冷静に客観的に分析してみましょう。転職エージェントなどに登録してアドバイスを受ける事もおすすめです。

今の職場で一番充実感を得た仕事を分析する

慎重すぎて転職しても何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探すには、今の職場で一番充実感を得た仕事を分析することです。

慎重すぎる人は自分の感情を押し殺して仕事をしている可能性があります。その中でも良いパフォーマンスが行われて自分が一番満足できた仕事について分析してください。

充実感が得られる仕事が、その人にとって一番やりがいのある業務です。離職後の仕事をその業種に絞って、転職活動に臨みましょう。

パターン2:器用貧乏で何がしたいのかわからない

器用貧乏で転職しても何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法とは、自分の得意分野や興味・関心を伸ばせる仕事は何かと自問することです。

器用貧乏な人はあれもやりたいこれもできると、仕事に対して貪欲過ぎる傾向があります。どんな仕事もひとつの業務を長年、熱心に行っている人には敵いません。

器用貧乏な人は、好きなことや、努力せずとも継続して高いパフォーマンスが行える得意分野を転職先に選びましょう。

自分の得意分野を伸ばせる仕事は?と自問する

器用貧乏で転職しても何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法とは、自分の得意分野を伸ばせる仕事は何だろうと自問することです。

器用貧乏な人はオールラウンダーです。どの分野にいってもソツなくこなすことができるはずですが、特別できる分野の仕事があるはずです。転職先の職種は、その得意分野を伸ばせる求人を探していきましょう。

器用貧乏な人はできる分野を開拓して、キャリアアップを目指してください。

得意でなくても興味・関心のある分野を覗いてみる

器用貧乏で転職しても何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法とは、得意でなくても興味・関心のある分野を覗いてみることです。

器用貧乏な人が転職後に就くべき仕事は、たとえ得意ではなくても、自分が好きな分野の業種です。なぜなら、器用貧乏な人はなんでもソツなくこなせるからです。仕事を長く続けるには興味・関心を持続させることが大切です。器用貧乏な特質を生かして好きなことを仕事にしましょう。

パターン3:変身願望があって何がしたいのかわからない

変身願望があって何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法とは、自分を客観視することです。

変身願望があって何がしたいのかわからない人は特に女性に多い傾向にあります。現在の職場での待遇や人間関係、仕事内容に不満があり、その原因を自分のパフォーマンス全体のせいにしているからです。

転職すれば自分は変われる、今と違う自分になれるという幻想にとらわれていて、現実的な転職活動ができていない状態です。

現在の不満をリストアップする

変身願望があって何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法は、現在の不満をリストアップすることです。

変身願望は現実世界と自分の理想のギャップから生じています。頭の中にある理想の自分の姿はひとまず置いておいて、現在あなたが仕事上で不満に感じているポイントを紙に書いて客観視してみましょう。

その不満は、どんな職場に転職すれば解消されるのでしょうか。その点を中心に転職活動を始めてみましょう。

「自分が変わる」ではなく「今の自分が必要とされる仕事は?」と考える

変身願望があって何がしたいのかわからない人がやりたい仕事を探す方法とは、「自分が変わる」のではなく「今の自分が必要とされる仕事はなにか」と考えることです。

変身願望を長所ととらえてみましょう。あなたが変身しなくてはいけないほど、現在のあなたが今の職場に合っていないということです。

現在のあなたのままで、活躍できる職場がないか探してみましょう。転職エージェントでアドバイスを受けてみることもおすすめです。

「何がしたいか」へのこだわりすぎが良くない理由3選

転職して何がしたいのかわからない人は、「何がしたいか」へのこだわりすぎが良くないという理由3選をご紹介していきます。

最初の就職を考えたとき、何がしたいかにそんなにこだわっていたでしょうか。仕事は遊びや趣味と違って妥協しなくてはいけない部分があります。業務を遂行するために、嫌なこともたくさんしなくてはいけないとわかっているはずです。

何がしたいかではなく、何ができるかで転職先を探していきましょう。

理由1:身の丈に合わない求人ばかり追ってしまう

転職したいのに何がしたいのかわからない人は、「何がしたいか」へのこだわりすぎで身の丈に合わない求人ばかり追ってしまう傾向にあります。

現在の職場を離れて今よりも高い生活をしたいと望むあまり、身の丈に合わない求人ばかり追ってしまい、転職活動が上手くいかずに自分が何がしたいのかわからない状態に陥っている可能性があります。

転職先は自分ができる範囲で探して、転職してからキャリアアップを目指しましょう。

理由2:「やりがい」だけでは不満に対処できない

転職したいのに何がしたいのかわからない人は、「やりがい」だけでは不満に対処できないと覚えておきましょう。

やりがいは現在の職場でもあるはずです。転職したいのに何がしたいのかわからないときは、自分が何を不満に思って今の職場から転職したいのかに注視してください。その不満が解消できる職場を転職先に選びましょう。

理由3:「業界の将来性」を軽視してしまう

転職して何がしたいのかわからない人は、「何がしたいか」へのこだわりすぎで「業界の将来性」を軽視してしまう傾向にあります。

何がしたいのかは大切なことですが、転職先を探す場合は将来性を視野に入れておかないと、このさき路頭に迷うことに成りかねないと覚えておきましょう。

業界の将来性を度外視して好きな分野や、やりがいなどだけを感じて転職すると後がたいへんです。一生の仕事を探すつもりで転職活動を行いましょう。

転職時は「何がしたいのかわからない」とセットで分析するべき3要素

転職時は「何がしたいのかわからない」とセットで分析するべき3要素についてご紹介していきます。

転職したいのに何がしたいのかわからない人におすすめの、3つの考え方の要素があります。転職したい気持ちとその後のパフォーマンスが結びつかないときは、頭や心をこの3つの要素で整理してみましょう。不思議とさっぱりして、今後の自分の方向性が見えてきます。

要素1:How→どのように働くか

転職時に「何がしたいのかわからない」人は、How→どのように働くかと考えてみましょう。


どのように働くかは、自然に自分を客観視できる言葉です。どのようにという言葉には、何がしたいのかわからないという表現のように心情がこもっていません。自分が現時点でできるパフォーマンスはなんなのかを、冷静に判断させてくれる要素です。

転職時に、自分ができる範囲の仕事や業務を認識できるようになる素晴らしい分析方法です。

要素2:Who→誰と働くか

転職時に「何がしたいのかわからない」人は、Who→誰と働くかと考えてみましょう。

誰と働くかはとても重要な要素です。人間関係はどこに行っても付きまとうもので、対人関係で転職を考える人が世の中には多くいるからです。転職したくても何がしたいのかわからない人は、転職後の人間関係を事前によく考えてみることをおすすめします。

要素3:How much→給与・年収はどれくらいか

転職時に「何がしたいのかわからない」人は、How much→給与・年収はどれくらいかと考えてみましょう。

転職の理由が賃金だという人は、特に考えて欲しい要素です。転職先の給与・年収はどれくらいか、どれぐらいが理想なのかを基準にして、転職活動を行っていきましょう。

転職は焦らず怠けず着実に行おう

何がしたいのかわからないという方は、転職は焦らず怠けず着実に行うことをモットーにしていきましょう。

いますぐ転職しなければいけない理由がある人は、転職後に何がしたいのかわからないというジレンマには陥らないはずです。転職したい理由が自分なりに納得できたら、転職エージェントとなどに無料の登録をして、現在の職場よりも条件が良い求人をゆっくりと探していきましょう。

焦らずに確実に、転職を成功させてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related