Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月18日

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16

誰しも働いていれば、一度は「仕事を辞めたい」と思うことはあるでしょう。それが甘えである場合もあれば、甘えでも逃げでもなく自分のためになる場合もあります。この記事では、転職をしたいと思う理由について解説しているので、転職を検討中の方はぜひご覧ください。

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16

転職したいと思ったことがありますか?

社会人のみなさん、今まで転職をしたいと考えたことはあるでしょうか。本気で転職を考えたことがなくとも、一度くらいは「仕事を辞めたい」と感じたことはあるのではないでしょうか。

転職をしたいという気持ちは、甘えや逃げである場合もあれば、自分の将来のためである場合もあります。この記事では転職をしたいと思う理由について解説しているので、仕事を辞めたい気持ちが甘えかどうか判断できないという時にぜひご覧ください。

甘えや逃げではないことを証明するには?

「仕事を辞めたい」という気持ちが甘えや逃げ出ないことを証明するためには、どうすればよいのでしょうか。甘えや逃げで仕事を辞めて転職しても、転職先でもまた同じことを繰り返してしまうでしょう。

転職したいという気持ちが甘えでないことを証明するためには、まずなぜ自分が転職をしたいのかを冷静によく考えてみることが大切です。

甘えがなく、明確な理由があって仕事を辞めたいならば、転職しても成功するはずです。

仕事辞めたいというのは甘え?転職したいと思う理由16

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
仕事を辞めたい気持ちが甘えかどうかを判断するためには、まず自分がどうして転職したいと思うのか、その理由に向き合って考えてみることが必要です。

ここからは、転職したいと思う主な理由を16個ご紹介していきます。これらの理由のいずれかに当てはまっているならば、転職したいという気持ちは甘えでも逃げでもなく、合理的な理由があると言えるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

1:給料が低い

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
転職したいと思う理由としてまず挙げられるのが、給料が安いということです。仕事量に対して給料が低すぎると不満を持ち、よりよい収入を得られる職場に転職したいと思うのは当然ですし、甘えでも逃げでもありません。

給料が低くても昇給の可能性があるならばまだしも、勤続年数が長くても昇給がなかったり、それがごくわずかの場合には、転職をしたほうが自分の将来のためになります。

2:労働時間が長い

労働時間が長いということも、転職したいと思う理由として挙げられるでしょう。家庭やプライベートを犠牲にしなければならないほど長時間労働が常態化している職場ならば、仕事を辞めたいと思うのは当然ですし、むしろ自分の心と体の健康のために転職をすべきです。

長時間労働を強いられるのに給料が低く、残業代も満足に出ない職場を辞めるのは、決して甘えではありません。

3:休日が少ない

転職を考える理由として、休日が少ないということも挙げられます。ほとんど休日がなく、たまに休日がもらえたとしても職場の人から仕事で連絡がきたり、休日出勤を余儀なくされるのならば、仕事を辞めたいと思っても甘えではありません。

休日をきちんと取らなければ体がもちませんし、休日を取得するのは労働者としての権利でもあります。仕事と生活が両立できるような職場への転職を考えるのも無理はないでしょう。

4:仕事にやりがいが感じられない

仕事にやりがいを感じられないということも、転職を考える理由のひとつです。今の仕事に何の魅力もやりがいも感じられず、ただ無感情で淡々と仕事をこなしていると、「もっと楽しく意欲をもって働ける仕事をしたい」と感じるものでしょう。

ただし、新入社員で「面白い仕事をさせてもらえないから転職をしたい」というのは、甘えである可能性が大です。やりがいのある仕事をすぐに任せてもらえると思うのは間違いでしょう。

5:人間関係に問題がある

転職したいと思う理由のひとつとして、職場の人間関係も挙げられるでしょう。職場の人間関係がぎすぎすしていて働くのがつらいという人もいれば、社内いじめに遭って心身をすり減らしながら働いているという人もいます。

自分に非がなく、自分が努力してもどうにもならないならば、人間関係の問題を理由に転職するのは決して甘えではありません。

6:社風が合わない

社風が合わないということも、転職を考える理由のひとつです。大人しくてコミュニケーションが苦手な人が、体育会系の雰囲気で人間関係が濃密な職場で働くのは、なかなかストレスのたまることです。

ですが、社風が合わないからと言ってすぐに仕事を辞めてしまうのは、甘えや逃げだと言えるでしょう。まずは努力して自分を社風に合わせることが必要です。それでもどうしてもダメならば、転職を検討しましょう。

7:将来のビジョンが持てない

転職をしたいと思う理由として、将来のビジョンが持てないということも挙げられます。これ以上今の職場にいてもスキルアップも出世も望めず、将来のビジョンが全く持てないのならば、自分がより輝ける職場を探してそこに転職したいと考えるようになるはずです。

この場合は決して甘えでも逃げでもなく、自分の将来のためになる転職だと言えるでしょう。

8:仕事をしたくない

仕事をしたくないということも、転職をしたいと考える理由のひとつです。毎日早起きして満員電車で出勤するのが嫌だから、あるいは仕事をするのが面倒くさいからという理由で、仕事を辞めてしまいたいと思う人も少なくありません。

ですが、このような動機は転職をするには不純で、甘えや逃げであると言えるでしょう。もし転職をしたとしても、自分の中に甘えがあれば再び「仕事をしたくない」と思うようになるはずです。

9:他にやってみたい仕事がある

転職を考える理由のひとつに、他にやってみたい仕事があるということも挙げられるでしょう。

今の仕事に不満があって転職をしたいという消極的な理由とは違い、やりたいことが明確にあり、そのために転職をしたいという積極的な理由は、甘えでも逃げでもなく、自分のためになる転職の動機です。

このような理由で仕事を辞め、転職をすればきっとうまくいくことでしょう。

10:経験や知識を増やしたい

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
経験や知識を増やしたいということも、転職を考える理由のひとつです。今の仕事をしていても自分の伸びしろがなく、自己成長の機会が得られないと判断し、スキルアップのために転職を希望する人も多くいます。

自分の成長や将来のことを考えて転職を検討することは、決して甘えではありませんし、非常によい動機だと言えるでしょう。

11:ノルマをこなせない

ノルマをこなせないのがつらいということも、転職したいと思う理由のひとつでしょう。自分の努力が足らずに本来達成できるノルマをこなせないのならば甘えや逃げだと言えますが、どうみても無理なノルマを課せられていて転職をしたいと考えるのならば、それは甘えでも何でもなく、合理的な判断です。

自分らしくのびのびと働ける職場を探して、転職をしましょう。

12:パワハラやセクハラがある

仕事を辞めて転職をしたいと思う理由として、パワハラやセクハラも挙げられます。パワハラやセクハラは明らかな人権侵害であり、上司やハラスメント相談室に相談をしてもその問題が改善しないのならば、転職をしてしかるべきです。

そのような理由で転職をするのは、決して逃げでも甘えでもありません。心身をすり減らしてまでハラスメントに我慢する必要はどこにもないので、転職を積極的に検討してみましょう。

13:評価に不満がある

評価に対する不満があるということも、転職を考えるようになる理由のひとつでしょう。頑張っているのに全く評価されないのならば転職を検討すべきですが、自分の努力やアピールが足らずに評価を受けられることができないのならば、そのような理由で仕事を辞めようとするのは甘えであると言えます。

まずは自分の仕事に対する取り組み方を客観的に反省・分析してみることからはじめましょう。

14:勤務地域を変えたい

転職を考える理由のひとつに、勤務地域を変えたいというものもあります。結婚や介護によって引っ越しをしなければならず、そのために勤務地域を変える必要があるため、転職をせざるを得ないという人も少なくありません。

このような明確な理由がある場合の転職は、合理的なものであり、転職をしてしかるべきだと言えるでしょう。

15:家庭環境の変化

転職をしたいと思う理由として、家庭環境の変化も挙げられるでしょう。妊娠・出産・子育てや親の介護など、家庭環境が変化すればそれに合わせて働き方も変えなければならないため、労働時間の長い現職を辞め、短時間勤務ができる職場に転職したいと思うのは当然のことです。

この場合も、甘えや逃げでは決してなく、転職するのがもっともだと言えるでしょう。

16:病気やケガ

病気やケガによって転職を余儀なくされることもあります。完治が難しい病気にかかったり、ケガをして長時間労働が難しくなった場合には、働き方を変える必要が出てくるでしょう。

無理をして体がダメになっては元も子もないので、無理をせず、体調と相談しながら働ける職場を見つけることをおすすめします。

甘えや逃げとは言わせない!転職する前にすべきこと4つ

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
以上では、転職したいと思う動機や理由について解説してきました。逃げや甘えで仕事を辞めたいと思う時もあれば、明確な理由があり、合理的な判断にもとづいて転職を検討することもあるでしょう。

逃げや甘えで早まった転職をしてしまわないためにも、ここからは転職前にすべきことをご紹介していきますので、転職の文字が頭の中によぎった時にはぜひ実践してみてください。

1:自己分析をする

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
まず大切なのは、自己分析をすることです。自分が何をしたいのか、将来どのようになりたいのかをよく考え、そのためにこれからどうすればよいのかを分析しましょう。

自己分析を通じて、自分に甘えや怠けがないかどうかも客観的に考えることが必要です。

2:今の仕事でやりたいことをする方法を考える

今の仕事でやりたいことを実現する方法を考えるということも、転職前にすべきことでしょう。

転職してやりたいと思っていることは、実は頑張れば現職でも十分に実現可能なことである場合もあります。今の仕事を辞めずにやりたいことを叶えるためにはどうすればよいのか、落ち着いて考えてみましょう。

3:職場の雰囲気を良くする努力をする

人間関係が理由で仕事を辞めたいのならば、転職をする前に、人間関係を改善する努力をしてみましょう。

職場の人と積極的にコミュニケーションを取るようにしたり、飲み会に必ず参加して職場で良好な人間関係を構築できるように頑張ってみてはどうでしょうか。

それでも職場の雰囲気が改善しないのならば、転職を検討してみましょう。

4:転職活動の下準備をしてみる

仕事を辞めてしまっては、転職先が決まるまで収入が不安定になってしまいます。そうならないためにも、転職活動の下準備をすることが必要でしょう。

まずは自分がやりたいことを明確にして希望の職種を選び、自分の望む勤務形態・雰囲気・収入の企業を複数ピックアップして、情報収集を行うことが大切です。

甘えや逃げと言われない理由で転職を検討しよう

仕事を辞めたいのは甘えから?転職したいと思う理由16
今回は転職について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。誰しも働いていれば多少なりとも「仕事を辞めたい」「転職したい」と思うものですが、甘えや逃げで早まった転職をせず、自分の将来のためになる理由にもとづいて転職をできるように心がけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related