Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個

転職を考え始めたら、履歴書や面接の対策として自己分析を始めてみましょう。自己分析をするには自己分析ツールを利用するのが近道です。本記事では、自分では客観的に見えづらい性格の強みや弱みを表す自己分析の要素と、おすすめ自己分析ツール5つをご紹介します。

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個

転職を成功させるには

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
転職をする際は「自分が転職に求めるもの」と「自分に向いている職種」をはっきりさせておくことが必要です。自己分析ツールを活用することで、転職のために自己分析をする際、どういった要素に着目すればよいのかが簡単にわかります。

自己分析ツールは登録なしか、簡単な会員登録で診断できるものも充実しています。転職活動のための自己分析に時間を取られ過ぎないためにも、自己分析ツールを有効利用しましょう。

自己分析で自分の強みを知ることが重要

自己分析ツールを使うと簡単に自分の強みを知ることができます。性格の傾向をグラフ化できる自己分析ツールなら、視覚的に自分の性格傾向を見渡すことができます。

自己診断ツールの利点は、他の診断者のデータが蓄積されているので、他の人と比較して自分にどういう傾向があるのか理解しやすいことも挙げられます。他のデータと比較することで、自分が持っている転職の際に有利な特性を把握することができます。

転職をする上での自己分析の要素18個

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
自己分析ツールを利用すると見かけることになる、自己分析データによくある要素18つをご紹介します。各要素が転職にどう役立っていくのかにも注目して、自己分析の結果を転職活動へ効果的に活かしていけるようにしましょう。

各自己分析の要素がどういった特性を表すのかを知ることは、自己理解を深めていくのにとても役に立ちます。

要素1:親密性

親密性とは、自己分析ツールにおいて長い期間をかけた信頼関係構築を重視する性格傾向のことを指します。社交力のある人のように多くの人との新しい出会いを求めていくというよりは、深いつきあいのある関係構築を望みます。

ビジネスにおいても根気強くコミュニケーションを継続していけるかどうかが親密性の指標です。長く親密な人との付き合いが必要とされるような職場への転職が向いているとされています。

要素2:現実志向

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
現実志向を持つ人は、「実際に可能かどうか」を重要視します。何かに挑戦してみるときも、資金や時間、人手など実際のあらゆる状況を想定して無理のないプランを立てられます。

堅実に行動を積み上げて目標の達成に向かっていけるタイプであることを念頭に、転職活動をしてみましょう。自己分析ツールでは不確実性の高い仕事よりも、努力と結果の結びつきがはっきりしている仕事が向いているという結果が出ることが多いです。

要素3:慎重性

慎重性の高い人は、何か行動をするのに十分な情報を集めてから決断する性格傾向で、「石橋を叩いて渡る」タイプです。

転職においては丁寧さが要求される仕事に適性があるとされます。転職活動でも事前に充分な情報を得ることを重視できるので、衝動的な決断による失敗は少ないでしょう。

慎重になりすぎて行動や決断までに時間がかかりがちなので、あらかじめ決断する日を計画に入れておくと慎重性の強みを活かせます。

要素4:冷静沈着

冷静沈着な性格傾向の人は感情の高ぶりを人に見せることが少なく、周囲の人が慌てているような状況でも流されない性格とされます。

転職でこの強みを活かそうとするときは、冷静沈着さが役に立った具体的な状況を考えておくとよいでしょう。

自己分析結果では、分析力が高いという強みとセットになることも多いです。課題に取り組んでいく際、感情的になりすぎず判断する必要がある転職先が適性のある職種として紹介されやすいです。

要素5:自己信頼

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
自己信頼の性格傾向を持つ人は自分の強みをはっきりと自覚していることが多いとされます。自分の強みに対する信頼感を持つことは、転職において自分の強みをPRする際に非常に重要です。

自分のことは客観的に判断しにくいですが、自己分析は客観的に自分の性質を捉えるための助けになります。自己分析をおこなうこと自体が自己信頼を高めることができる手段として機能するので、転職を自分を知るチャンスと捉えていきましょう。

要素6:俊敏性

物事にすぐとりかかることができるというのは、自己分析において大きな強みだといえるでしょう。ビジネスでは、すぐに行動に移せることで信頼に繋がる機会が数多く訪れます。与えられたチャンスをすばやく活かせる力を転職活動でも発揮していきましょう。

転職活動で俊敏性をPRするときは、実際にはやく行動することで得られた成功体験と結びつけておけると、履歴書や面接において高評価を得られるでしょう。

要素7:受容力

自己分析ツールで受容力が高いと診断される人は周りの意見や考えを柔軟に受け入れられるので、さまざまな職場環境に適用しやすいとされています。周囲に安心感を与えられるのでチームのモチベーションアップに貢献できます。

転職先でも上手に周囲と調和を図ることができます。周りに合わせすぎてストレス抱え込まないよう、職場以外に自分を安心して表現できる場所を持っておくと、安定して職場で適性を発揮しやすいでしょう。

要素8:バランス

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
自己分析でバランス感覚があると診断される人は、交渉や会議での活躍が見込めるという診断結果が出やすいです。意見や提案が分かれていても、どちらかに偏らない判断を的確にくだすことができます。

ビジネスにおいて「あちらを立てればこちらが立たず」という状況はよく起こりうるので、転職先で調整役としてのポジションを得られると安定して実力を発揮できるでしょう。

要素9:継続力

途中で投げ出さず継続することが強みだという自己分析結果を得られる人は、コツコツと一つのことに向かっていける転職先を紹介されることが多いです。

すぐに結果が出ない仕事も途中で挫けてしまうことなくやりきることができるのは、職種によっては大きな強みになります。

大きなプロジェクトは結果が出るまで時間がかかります。転職先の仕事内容次第で、かなり大きな成果を得られる可能性を持っています。

要素10:社交性

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
自己分析の要素としての社交性は、人とすぐに親しくなれる傾向のことを指します。初対面の人と話すことにあまり緊張せず、さまざまな場所で人に出会うことに苦を感じない人は、社交性が高いと診断されます。

転職においても面接で明るい印象を持ってもらうことができ、第一印象がプラスに働きやすいです。コミュニケーション力に優れている人が多く、営業といった多くの人と話す仕事が適性とされやすいです。

要素11:挑戦心

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
「新しいことに恐れず挑戦していけるかどうか」をあらわす自己分析の要素です。挑戦心の高い人は、手順や過程が決められたルーティンワークよりも、今まで誰もやったことのないような仕事に立ち向かっていくことに充実感を感じられる傾向があるとされています。

新規性のある仕事では困難にもぶつかりやすいので、独創性や分析力とともに挑戦心が身についていると、非常に大きな強みとなりえるでしょう。

要素12:悠然

自己分析で悠然と分類される人は、どんな状況でもゆったりと構えやすい性格傾向だとされます。すぐに結果のリターンがない仕事に転職をしても、長期的な視野で取り組んでいけるという点で適性を発揮していきやすいです。

周囲が慌てているときでも、不思議といるだけで周りを落ち着かせる力があるのが悠然の強みを持つ人の特性だと言えるでしょう。

要素13:高揚性

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
高揚性が高いと自己分析で診断される人は、場の盛り上げ役に向いているタイプとされています。自己分析ツールでは、チーム単位で進めていく仕事が多い転職先が適性として挙げられることが多いです。

場を盛り上げる力は、具体的エピソードと絡めてアピールすることで、周囲を巻き込んでモチベーションを上げることができる能力と評価してもらえるようになり、ビジネスで役立つ長所であると認めてもらえるでしょう。

要素14:感受性

感受性が強いという自己分析結果が表れる人は、人の気持ちを汲むことに長けている人とされています。職場内でも周囲の人に対する細やかな気遣いができるのが特徴です。

人の話を聞くことや共感能力に優れている人も多く、転職先でサポート力や傾聴力が活かせる業務に就けると自分の特性を充分に活かすことができるでしょう。

要素15:柔軟性

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
自己分析の要素として柔軟性を持つ人は、急な変化にも対応できる能力がある人とされています。上手くいかなかったことでも、改善方法が見つかれば即座に今までのやり方を変えることができます。

意見が対立したときも自分の考えに固執しすぎず、相手のほうが正しいと思ったときには自分の考えを変えることもできるので、結果的に建設的な判断で周りとの調和も図っていけるといった強みを持ちます。

要素16:自立

自立心があると診断されるタイプの人は、自分で考えて行動に移せる人です。自己分析ツールでの診断結果では指示されたことだけ動けばよい仕事よりも、一人ひとりに判断を要求されるような仕事先に転職できるのが理想という結果が出やすいです。

自立の傾向は独立心と合わせて備えている人も多いでしょう。転職という選択肢だけではなく、起業して独立することも考えられる性格傾向です。

要素17:独創性

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
独創性は人とは異なる考え方やアイディアを発想することを得意とする人に出やすい自己分析結果です。現実志向や分析力といった特性を合わせて持っていると、将来的に転職先で商品開発のような仕事に適性を見いだせることもあります。

何らかの資格や技術を取得することで独創性を活かせる下地を持っていれば、ユニークな勤務形態の転職先も見つけやすく、ワークライフバランスも充実させやすいです。

要素18:決断力

自己分析で決断力があると診断される人は、迅速果断な対応ができる人とされています。スピード感のある業界でもストレスなく対応していける力を持っている人が多いです。転職後だけでなく、転職活動そのものを成功させるために非常に重要な能力です。

仕事をどう進めていくか、あるいはどんな仕事をするかを自分で決めることが多い自由度が高い転職先でやりがいを感じやすい特性と言えるでしょう。

おすすめの自己分析ツール5個

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
おすすめの自己分析ツールをご紹介していきます。診断をしたら、上記に挙げた自己分析の要素と一緒に確認してみましょう。

自己分析ツールはこの他にも数多くありますが、それぞれの自己分析ツールごとに対象が異なりますので、いろいろなサイトを見て転職活動向きの自己分析ツールを探してみてください。

ツール1:キミスカ

会員登録をすることで150問の適性検査を受けることができます。就職マッチングサービスなので、自己分析の利用にはある程度詳細な個人情報と写真の登録が必要です。選択式なので15~20分程度で診断することができます。

無料で使えるツールとは思えないほど充実した自己分析結果が得られるのがこのサイトの特徴です。どの適性検査を受ければよいか迷っている人はキミスカの診断を受ければ間違いありません。

ツール2:エニアグラム

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
エニアグラムとは心理研究理論の一つです。診断結果は9つのタイプに分かれており、それぞれのタイプにどういった職種が合っているのかがわかります。

日本エニアグラム学会のサイトでは90問選択式の診断と文章式のエニアグラム診断が会員登録なしでも受けることができます。他にも検索エンジンで「エニアグラム」と検索するとさまざなサイトでエニアグラムの診断が受けられます。

ツール3:m-gram

105問の選択肢に回答すると性格を構成する8つの要素を知ることができます。各要素を表す言葉が端的でわかりやすい診断になっています。診断者が持っている他の人にはない才能を、膨大な統計データから導き出してくれるサイトです。

コミュニケーションアドバイスや才能面・仕事面・恋愛面の詳細解説は有料になっていますが、転職を考えるときに必要な自己分析結果は無料診断でも充分得られる、充実した内容になっています。

ツール4:3E-P

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
エン・ジャパングループが提供している性格分析で、知能検査である3E-I試験と合わせて「3E-IP検査」と名付けられています。個人での利用はできず、企業で導入されている性格検査テストです。

入社試験や入社後の適性検査に利用されるのが一般的です。転職先の入社試験で受ける可能性がある性格分析の一つです。対策を立てるのは難しいですが、事前に自己分析をして自分の考え方の方向性を固めておきましょう。

ツール5:適職診断MATCH

適職診断MATCHは自己分析ツールですが、適職診断MATCHを提供しているマイナビのサイトは新卒採用向けなので、学生以外の方は会員登録ご遠慮くださいとあります。

同じマイナビが運営しているサイトで第二新卒向けの「マイナビジョブ20’s」と転職者向けの「マイナビ転職」がありますので、転職で利用したい場合はそちらで適職診断を受けるとよいでしょう。

転職する際は事前に自己分析をしっかりと行いましょう

転職する際の自己分析の要素18個|おすすめ自己分析ツール5個
どのような環境なら自分にとって働きやすいのかを知るために自己分析は必須です。自己分析ツールを使うことで時間をかけずに詳細な自己分析結果が得られます。特に、「自分には強みがない」と感じてしまいがちな人は、ツールに頼ってみるのがおすすめです。

自己分析ツールはただ診断して終わり、ではなく転職活動に活かしていけるよう具体的なエピソードと結びつけておくことが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related