Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

マンション管理士の主な仕事内容7つ|マンション管理士の将来性や年収

マンションではさまざまなトラブルが起こることがありますが、そんな時に活躍するのが「マンション管理士」です。「マンション管理士」はどんな仕事を行っているのか、資格をとるための試験の難易度や合格率はどうなっているのか、詳しく見ていきましょう。

マンション管理士の主な仕事内容7つ|マンション管理士の将来性や年収

マンション管理士とは?

「マンション管理士」とはどんな仕事かというと、住民の側に立ってマンションの専門家としてマンションの維持管理業務にあたったり、住民の相談に乗ったりすることです。

同じような資格として「管理業務主任者」という資格があるのですが、こちらはまったく別で管理業者の立場からマンションの維持・管理やサポートを行う人です。マンション管理士との違いは、住民側に立つか管理会社側に立つかの違いでしょう。

マンション管理士の仕事内容や将来性

マンション管理士の仕事はマンションの管理組合の指導やアドバイスの他、予算や会計に携わる、住民のトラブル相談の受け付けなどマンション管理と住民に関わる仕事になります。

将来性はどうなのかというと、マンションが存在し続けるかぎり需要のある仕事です。マンションの大規模修繕などでトラブルが起こっているマンションがありますが、こうしたトラブルの解決に携わる、住民間の相談に乗るなど需要が増えています。

マンション管理士の主な仕事内容7つ

マンション管理士の仕事は住民側に立ってマンションの運営や管理に携わることだと説明してきました、ここからは具体的な仕事内容を7つほど紹介していきます。

マンション管理士の仕事の中には予算作成や会計といった仕事から、総会などの運営や管理組合への指示・選定、住民同士のトラブルの仲立ちや住民と管理組合間のトラブル解決などたくさんの仕事があります。

マンション管理士の主な仕事内容1:総会・理事会等の運営

マンション管理士の主な仕事内容1つ目は、管理組合の総会や理事会などの運営をサポートするという仕事になります。マンションにお住まいの方は、年1回は管理組合の通常総会が開かれる連絡を受けたり、開催したりしているでしょう。

理事会は管理組合の業務遂行機関であり、理事長や副理事長、理事たちが参加します。マンションの区分所有者からの提案を受け、理事会で討論しその後に総会が開かれ決定するという流れです。

マンション管理士の主な仕事内容2:管理費・修繕積立費等の会計

マンションの住民から集めた管理費や、将来に備えた修繕積立金や緊急時のための積立金などの会計も、マンション管理士の主な仕事となっています。

マンションの敷地や共用部分については管理組合が管理することになっており、そのための管理費用を住民は支払います。また緊急時や将来の大規模修繕に備えた修繕積立金についても徴収し、必要な費用はそこから支払います。

これらの会計を行い、管理組合の監査に備える仕事です。

マンション管理士の主な仕事内容3:管理規約の作成と更新

マンション管理士の主な仕事内容の3つ目は、マンションでの生活において住民が守るべきルールである「管理規約」を作成することと、必要に応じて更新することです。

さまざまな住民がいるので、基本的なルールとして管理規約を決める必要があります。現状に合わない管理規約があるときや、管理規約によってトラブルが発生したとき、またマンション法改正や標準管理規約の改正などがあった場合は、規約を更新する必要があります。

マンション管理士の主な仕事内容4:予算案の作成

マンション管理士は管理費や修繕積立金の会計を行いますが、前年度決算を参考にした次年度の管理費や修繕積立金の予算案の作成なども、主な仕事として行っています。

とくに修繕積立金は大規模修繕工事中や、台風などの災害避難を受けたときに支出が増えるような場合があります。そんなときに備えて予備費も加えた修繕積立金の予算案を作成する、といった会計に関する仕事もマンション管理士の仕事となっています。

マンション管理士の主な仕事内容5:管理コストの見直し

マンションの管理に必要な管理がきちんと行われているかを確認し、また管理コストが適正かどうかもマンション管理士が判断しコストの見直しを行っていく仕事があります。

例えば、管理業者の選定もマンション管理士の仕事の1つです。マンション管理士は業者の仕事ぶりをチェックし、かかった費用が適正かどうか、コストの確認をして場合によっては見直しを行います。

マンション管理士の主な仕事内容6:住民相手の相談

さまざまな人がマンションに住んでいるためときにトラブルが起こることがありますが、そういったマンション住民同士のトラブルの相談に乗ることもマンション管理士の主な仕事となっています。

マンションでは騒音問題やペット問題、駐輪場や駐車場のトラブルなど、住民同士でトラブルが起こることがよくあります。マンションの管理に関係するトラブルでは、住民間のトラブル解決に尽力することもマンション管理士の仕事です。

マンション管理士の主な仕事内容7:管理会社と住民間のトラブル解決

マンション管理士の主な仕事内容の最後は、マンションの管理を任せている管理会社と住民間に起こったトラブルの解決をすることです。

マンションの住民同士のトラブルと同じように、管理会社と住民のトラブルも起こることがあります。こういったトラブルのときにマンション管理士がマンションの専門家としてトラブル解決にあたるという仕事です。

マンション管理士の将来性は?

マンション管理士は資格の必要な仕事の1つであり、またマンションがある限り需要がある職業だと言われていますので、将来性はあるでしょう。

すでに建っているマンションで、経年劣化や地震・台風などの影響で大規模修繕が必要となったのに、住民の合意が得られず頓挫するという例があります。将来の費用の積み立てやマンションの管理を行うマンション管理士は、今後もニーズが高まる傾向にあるでしょう。

マンション管理士の年収

マンション管理士の資格を持っている人の平均年収は、400万円前後であると言われています。

年収はとりたてて高くもなければ低くもないように見えますが、年収の範囲は330万円~500万円と幅広くなっており、マンション管理士同士であっても年収に差がある場合があります。

勤務先の地域や、マンション管理会社に勤めるかどうか、他に資格があるかどうかで変わってくるでしょう。

マンション管理士になるには?

マンション管理士は有資格職なので、公益財団法人マンション管理センターが行っている「マンション管理士試験」に合格する必要があります。

マンション管理士という名称は、マンション管理士試験に合格してからでないと名乗れません。

しかし、マンション管理士が行う仕事内容についてはマンション管理士資格がなくても行うことができてしまうため、必ずしもマンション管理士の資格が必須ではないことを覚えておきましょう。

マンション管理士試験の概要

マンション管理士試験は毎年1回行われており、通常は8月1日に願書配布が始まり、11月にマンション管理士試験が実施されています。

受験資格に年齢や学歴などの制限はなく、誰でも受けることができるのが特徴です。試験内容は「法令および実務」・「管理組合の運営」・「建物の形質・構造」・「マンション管理適正化推進法」の4つから50問が出題されます。35問以上合格すれば、試験に合格したことになります。

マンション管理士試験の難易度と合格率

マンション管理士試験の難易度と合格率ですが、平成30年度の合格率が7.9%となっており、10人に1人合格するかどうかというわりと厳しい難易度となっています。

平成30年度の受験申込者数は14,227人、受験者の数は12,389人でそのうち合格したのが975人です。平成29年度の合格率も9.0%であることから毎年8%前後の合格率で推移しており、難易度は高めと言えるでしょう。

マンション管理士取得のメリット

確かにマンション管理士の仕事自体は資格がなくても行えるのですが、マンション管理士と名乗って専門家として発言できることや、マンションを購入する際にマンションに詳しくなれるなどのメリットがあります。

マンションを購入するのは、一生のうちでも大きな買い物でしょう。マンション管理士の資格をとっていれば、マンションの専門家となることができますので、マンションを買ってから後悔するリスクが低くなるでしょう。

マンション管理士は将来的には需要が増加する

マンションの新築が減っても、すでに建っているマンションが経年劣化や災害で修繕トラブルなどを起こすことが多いため、マンション管理士は今後も需要が増加していくと考えられています。

マンションにはトラブルが起こるリスクがあることが、すでに広く知られています。マンション管理士を置いてトラブルの予防や対処をしようとするマンションは、今後も増えることでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related