Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

面接が早く終わるのは不採用・不合格のサイン?面接が早く終わる理由8つ

面接の時間の長さと合否の関連について見ていきましょう。誰もが緊張する面接ですが、その時間はとても気になりますね。中でも早く終わる面接は非常に気になってしまうでしょう。今回は、面接が早く終わる理由について迫っていきます。ぜひ、ご覧ください。

面接が早く終わるのは不採用・不合格のサイン?面接が早く終わる理由8つ

面接が早く終わるのは不採用のサイン?

入学、入社など、多くの場面で行う面接。短時間で面接が終わってしまうと不安に感じることもありますが、面接時間が短いからといって不採用ということではありません。

面接に適した人材が面接官を務めていますので、色々なポイントを見たり聞いたりしながら合否の判断をしています。そのため長時間かかるケースや、短時間で判断できることもあります。

面接が早く終わる理由8つ

部屋へ入室して間もなく面接が終わるには理由があります。

合否に影響するのか不安になってしまうこともありますが、会社それぞれの事情にもより、いろいろな理由がある中、今回は8つの理由を挙げているので見ていきましょう。

面接が早く終わる理由1:面接の平均時間

面接にはおおむねの平均時間があり、それは約15分です。

規模や形態によっても異なってきますが、おおむね15分ほどで一般的な面接は終了するでしょう。面接官にも最適な人材が選定されているので、長時間対話することはほとんどありません。

また、1日に数十人も面接する学校や企業もあるので、やはり短い時間でスムーズに面接を行うことが多いです。

面接が早く終わる理由2:面接時間がそもそも短い

前述のように面接時間の平均は約15分程度と、そもそも短い時間ですのでそれより早目に終わってしまった場合でも心配する必要はありません。

面接官は要点を絞って対話を行いますので、数点のポイントを面接することでおおむねのことが判断できています。そのため、面接時間はあまり気にしなくてよいでしょう。

面接が早く終わる理由3:書類選考済み

早く面接が終わるケースには、事前の書類選考でおおむねの合否判別をしていることもあります。

初対面の人材を15分程度で判断することは容易ではありませんので、前もって応募者の詳しい情報を書類で確認してから当日の面接を行っていることもあり、早く面接が終わることに疑問を抱く必要はありません。

面接が早く終わる理由4:内定者が決まった

面接が終わる時間が早い場合、内定者が決まっているケースがあります。

すでに優れた人材が確保されており、新たに面接を行う必要性がなくなっている場合もあるでしょう。面接には公平性が必要ですので、そうしたケースは稀ですが、ゼロとは言い切れません。

先方は優秀な人物との出逢いがあれば、事前に内定している可能性があり、面接が早く終わるケースも否めません。

面接が早く終わる理由5:求めている人材と違うと判断

事前に書類にて判断した上で合格基準に達していながらも、実際に面接を行って求めていた人材とは異なるケースもあり、面接が早く終わることもあるでしょう。

企業では即戦力を求めていることが多いので、起こり得るケースです。会社にはそれぞれの社風というものがあり、それに準じた人物を欲しています。

そのため、実際に会って社風に沿っていないと判断されてしまうということも実際に起こる現象です。

面接が早く終わる理由6:確信できる回答を得れた

面接時間が早く終わる場合、合格というサインの可能性もあります。

面接官が求めている人材であると瞬時に判断できた場合、長い面接は必要ありませんので、早く終わることもあるでしょう。

先方が求めることと面接者ができることがマッチした証ですので、短時間で面接が早く終わり、即戦力ある人材として合格率が上がるケースです。

面接が早く終わる理由7:人柄を会って確認したかった

早く面接が終わってしまった場合、どういった人柄なのかの確認を実際に会ってチェックしたいという理由も挙げられます。

事前の書類選考で、ある程度のOKサインは出ていても、やはり気になるのが人柄。横柄な態度の人材は論外です。謙虚で明るい人材は、どういったシーンでも優遇されることが多いでしょう。

面接が早く終わる理由8:就活生である

会社によっては、すでに社会経験のある人材を求めているケースがあり、就活生は余程の魅力が感じられない限り合格できず、短時間の面接で終了することもあるでしょう。

会社での労働には、数多くの経験値が必要です。即戦力となる人材を欲している場合、就職活動をしている就活生は冷遇されてしまうケースがあります。

学生時代にも働いていた経験がある場合、しっかりとアピールして面接官に好意を持ってもらえるように伝えましょう。

面接時間と合否の関連性3つ

時間が面接の合否と関係する3つのポイントを見ていきましょう。

面接の時間が短いだけで不合格なのか、不合格のときには何らかのサインがあるのか、サインの真実味は確かなのか、といった点について迫っていきます。

面接時間と合否の関連性1:面接が短いだけで不採用とは限らない

早く終わる面接に不安感を覚えるという人は多いですが、面接時間が短いということだけで不採用が確定したわけではありません。

面接官が感じた面接者の大きな魅力を瞬間的に感じとり、細かな面談をしなくても採用したいと思い、面接時間が短縮されるケースもあります。

面接者の話し方や雰囲気から、やる気や貢献力を感じて即戦力として採用して平気だと判定されたケースといえるでしょう。

面接時間と合否の関連性2:不合格サインは他にもある

異常なほど早く終わる面接の反面、長引く面接も要注意です。それだけ、色々な質問をしなければいけない状態ということだからです。

面接時には大抵が履歴書を提出します。履歴書があれば、おおむねの人柄や過去の努力などが読み取れますので、短い質問で面接が終わるケースは多いです。

20分や30分も面接があり、終わるまで長時間かかるようですと不合格というケースもあるでしょう。

面接時間と合否の関連性3:合否サインは予測で絶対ではない

面接官も人間ですので面接時間や内容と対応はそれぞれ異なり、合否サインは一概に断定して判断することはできません。

あくまでも面接者の資質次第です。人柄や過去の実績などが総合的に評価されて合否が確定しますので、面接が早く終わる、もしくは長時間かかる、といったケースでもそれぞれ合格者と不合格者は存在します。

やはり、先方にとって最適な人材であることが第一ですので、面接時間のみで合否が確定することは少ないでしょう。

面接中に「早く終わるかも」と感じたときの対処法3つ

早く終わると感じてしまった面接時、対処法があるので3つご紹介します。

明らかに面接官が興味を示してくれない場合、面接者から起こすアクションがあります。早く終わる感じがした際には、少しでも長く面接官と話ができるようにしてみましょう。

面接中に「早く終わるかも」と感じたときの対処法1:逆質問を多めに用意しておく

どうしても早く終わる面接に不安がある際、逆に質問をすることで面接内容を充実させることができるでしょう。

面接官からほとんど質問されない場合、あまり面接者へ興味を示していないケースがあります。そのため、社風などの質問をしてみる方法があります。

面接官と面接者は初対面ですので気になったことがある場合、大いに質問してみてください。好奇心が企業繁栄に役立つケースは数多くあります。

面接中に「早く終わるかも」と感じたときの対処法2:自分に興味を持ってもらう

早く終わると感じた面接では、自分に興味を持ってもらえるようにアピールする方法があります。

今までの実績・努力についてや、仕事に対する意気込みなどを話すといでしょう。履歴書だけでは判断できない内容をアピールするチャンスですので、早く終わると感じたときにはおすすめです。

面接中に「早く終わるかも」と感じたときの対処法3:入社意欲などをきちんと伝える

早く終わりそうな面接時、会社への志望動機をしっかりと伝えるという方法もあります。

面接官は末ながく働いてくれる優秀な人材を欲しています。それに応えるような労働力と誠意があることをきちんと伝えてみましょう。

履歴書には書き切れないポイントを伝えることもよいです。ぜひとも知って欲しい気持ちを面接時に話して、早く面接が終了するのを回避するアクションを起こしてみましょう。

面接が早く終わるのは不採用とは言い切れない

就職するときの面接時間と合否の関連性について述べてきましたが、総括すると面接が早く終わるからといって不合格という結果へは繋がりません。

面接官が何を最重視しているかは各会社で異なります。つまり、求人内容がそれぞれ違いますので、面接時間のみで合否の判断は一概にできません。

面接時には、面接時間よりも社会へ出て働く心積もり、誠意を伝えることが最善です。ぜひ多くの努力をして、目標とする入社を果たして頑張りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related