Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

入社半年で退職する理由5つ|面接で退職理由を聞かれた時のポイントとは?

就職したものの、思っていた会社とは違いあまり身が入らず「まだ半年だけど退職したいな」と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。本記事では、入社半年で退職する理由5つ、面接で退職理由を聞かれた時のポイントについて紹介していきます。

入社半年で退職する理由5つ|面接で退職理由を聞かれた時のポイントとは?

入社半年で退職する人はどのくらいいるのか?

就職したものの、辞めたい気持ちが上回ってしまい身が入らず退職を現実的に考えているという人は多いでしょう。では実際に、入社半年で退職する人はどのくらいいるのでしょうか。

きっちり半年という区切りでのデータは見つかりませんでしたが、1年以内離職率は平成29年度就職者の大学卒新卒社員では11.5%、短大卒新卒社員では17.6%、高卒新卒社員では17.1%、というデータがでています。

入社半年で退職するメリット

入社半年で退職するメリットは、時間を無駄にしないことです。若いうちという時間は非常に限られていて、その時は長く感じても本当にあっという間に年をとってしまいます。

自分の夢とはまったくそぐわない仕事についてしまい、「ここには学ぶことがない」と感じたのであれば、すぐにそこから離脱(退職)したほうが時間を無駄にせずに済むでしょう。

入社半年で退職するデメリット

入社半年で退職するデメリットは、仕事が続かない人、根性がない人と見られて不利になることです。

たった半年という期間は短く、それさえも耐えられずに辞めてしまうと、次の会社でも「うちの会社に入っても仕事が続かないのでは」と思われてしまいます。

人を雇い育てるには、環境を整えたりお金がかかるといわれ、指導した相手の時間も割いています。雇う側としては長く働いてもらうことは採用の重要なポイントです。

入社半年で退職する理由5つ

では、実際に半年で退職を考えてしまうほど思い詰める理由にはどのようなことがあるのでしょうか。多くの就職者は、働く意欲を持って入社しますし、半年以上は働きたいと考えていたでしょう。

次は入社半年で退職する理由5つについて紹介していきます。

入社半年で退職する理由1:やりたい仕事ではなかった

入社半年で退職する理由1つ目は、やりたい仕事ではなかったということです。

最初に描いたイメージというのは大きく、企業の方針や展開している事業など自分の希望にぴったりだと感じていました。

しかし、実際の仕事は自分がやりたい内容ではなく理想と現実のギャップに疲れてしまった、と感じることで入社半年で「もうここには居たくない」という気持ちが強くなり退職を決めることがあるでしょう。

入社半年で退職する理由2:人間関係

入社半年で退職する理由2つ目は、人間関係です。どんな人とも気が合い、仲良くできる人ということは難しいです。

そこをうまく付き合っていったりすることで、良い人間関係を作ることができますが、うまく付き合うことができなかった場合、嫌いな人とは一日でも顔を合わせたくない、退職したい、という気持ちに襲われてしまうでしょう。

相手から一方的に嫌われることもあり、退職する以外では非常に解決しにくい問題です。

入社半年で退職する理由3:残業が多い

入社半年で退職する理由3つ目は、残業が多いことです。残業が多いと体・心の休息時間が奪われ、日々「疲れた」という気持ちに押しつぶされてしまいます。

それでも上手にストレス発散したり、リラックスできる時間を確保できる人は会社を辞める事態にはなりませんが、仕事ばかりの毎日に疲弊してしまう人はそれが半年続けば十分長く、「もう退職したいな」という気持ちに向かっていくでしょう。

入社半年で退職する理由4:先行きに不安を覚えた

入社半年で退職する理由4つ目は、先行きに不安を覚えることです。会社の事業内容の実態を知って、「この会社これで大丈夫なのかな」と感じたり、突然給与を一ヶ月待って欲しい、など言われてしまった場合、退職・転職を意識するでしょう。

倒れかかった会社にいて、倒産して給料が未払いのままになってしまう事態は、入社期間が短くても当然避けたいと感じます。

入社半年で退職する理由5:やりたいことが見つかった

入社半年で退職する理由5つ目は、やりたいことが見つかったということです。いざ会社に入っても自分の中でやりたいことがそこになかった、ということがあるでしょう。

やりたいことを見つけるといってもいつ見つかるか未知数な部分があり、就職後に見えてくることもあります。就職してから見つかった場合、入社半年であっても退職するという選択視はあるでしょう。

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント4つ

入社半年で退職してしまうと、困る部分といえば次の会社に入るための面接です。面接官には必ずといっていいほど退職理由を聞かれます。

あまりにストレートに退職した理由を言ってしまうとマイナスな印象になる可能性が高いので返答には十分注意していきたいところです。

ここでは、入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント4つについて紹介していきます。

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント1:前職を非難するような事は言わない

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント1つ目は、前職を非難するような事は言わないことです。

前職を非難することで、面接官としては「この人は自分の会社も同じように退職したときに悪くいうのではないか」と、人間性の面でマイナスに感じられ不採用になってしまうことがあります。

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント2:だらだらと説明しない

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント2つ目は、だらだらと説明しないことです。

長く話すことで「入社半年で退職」という印象を薄れさせようと思っている方は大間違いです。だらだらと説明する人は、要点を絞ることができず仕事ができないイメージにつながります。

気が短い面接官であれば、イライラしてしまうこともあるでしょう。面接官にこの人物をよく知りたい、と思わせるのも面接では大切です。

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント3:前向きな姿勢を見せる

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント3つ目は、前向きな姿勢を見せることです。

全職を半年という短期間で仕事を辞めてしまった、ということは事実でそれは消えることはありません。しかし、前向きな姿勢というイメージをつけることで相手には好印象に映っていくことにつながります。

仕事は一生懸命やる気を持って行う姿勢が必要であり、面接官としてもそのような人物を採用したいと考えているでしょう。

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント4:正攻法で伝える

入社半年で退職した理由を面接で聞かれた時のポイント4つ目は、正攻法で伝えることです。面接を正攻法で伝えるとは、辞めた理由を飾らず伝える、ということです。

ただ、ネガティブな理由として伝えてしまうと悪いイメージにつながるので、ポジティブな言い方に置き換えて伝えましょう。

例えば残業が多かったことを伝える場合は、「自分のスキルを磨く時間を取りたいために転職を考えました」など良い印象が残るように伝えます。

退職したいと思ったときの対処法4つ

最後に退職したいと思ったときの対処法、環境を変える努力・上司に相談する・退職理由をはっきりさせる・転職活動を始める、という4つについて紹介していきます。

退職を決めてしまう前にもう一度「本当に今辞めていいのか」ということはじっくりと考えてみましょう。先行きをあまり考えず退職してしまうのはよくありません。

退職したいときの対処法1:環境を変える努力をする

退職したいときの対処法1は、環境を変える努力をすることです。

会社の人間関係に不満があった場合、同じ会社でも時期が変われば一緒に仕事をする人が変わったりすることはあります。

能力が高ければ他の場所でも必要とされ、苦手な人間と離れることもあるので自分自身でスキルアップに勤めてみても良いでしょう。

苦手な人と一緒に仕事をしなくなれば会社が憂鬱ではなくなることも大いにあります。

退職したいときの対処法2:上司に相談する

退職したいときの対処法2は、上司に相談することです。自分自身でどう努力しても変わらないことであれば上司に相談しましょう。

退職すればその時は楽になりますが、次の会社でも同じような事態になってまた辞めるという行動を繰り返してしまう可能性があります。他者の意見を参考にして、辛さを乗り切ろうと考えてみるのも良いでしょう。

仕事のやりづらさがあれば上司であれば調整してくれることもあります。

退職したいときの対処法3:退職理由をはっきりさせる

退職したいときの対処法3は、退職理由をはっきりさせることです。退職するときは上司に退職したい旨を伝えます。円満退職するためには退職理由が必要です。

このとき、退職理由が「今の職場ではどうしても解決できない事柄なのか」という点についてよく考えましょう。この点がクリアになっていないと、次に転職できた先でも同じような退職理由で辞めてしまう可能性が高いです。

退職したいときの対処法4:辞める前に転職活動を始める

退職したいときの対処法4は、辞める前に転職活動を始めることです。辞めた後に転職活動を行うと、スケジュールに余裕がありますが給料が出ず、収入がストップしてしまうので生活に焦りがでてきます。

収入がないのは精神的には追い詰められていくので次の転職先が見つからない場合、「もうこの会社でいいや」と全職よりも待遇面など悪い内容でも決めてしまう可能性が高いからです。

入社半年で退職するときは理由をはっきりさせよう

入社半年で退職する理由5つ、面接で退職理由を聞かれた時のポイントについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

入社半年で辞めることに対して「正直早すぎる」という印象が、転職が当たり前になった今でも感じられるので軽い気持ちで退職してしまうと後悔することがあります。

入社半年で退職するときは、辞めた後に後悔してしまわないよう退職理由ははっきりさせておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related