Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

自分の時間を取れる17の仕事一覧|その特徴を徹底分析して解説!

この記事では、自分の時間を取ることができる、自分の時間を取りやすい仕事の種類を紹介しています。また、その仕事の特徴の説明と、その仕事に向いている人のタイプについての解説もしています。特に在宅ワークでも可能な職種に目を向けました。

自分の時間を取れる17の仕事一覧|その特徴を徹底分析して解説!

自分の時間を取れる仕事とは?

プライベートと仕事を両立して心にゆとりを持ちましょう。

一般的に会社員として働いている労働者の方は、どうしても自分の時間を取るのが難しいものです。業務の多忙による残業で定時退社ができなかったり、会社までの道のりが遠かったりしたら、通勤するのにもかなりの時間が取られてしまいます。

この記事では、自分の時間を確保しながら働くことができる仕事や、特徴について説明していきます。

自分の時間を取れる仕事17選!

どんな仕事、どんな働き方を目的にするかは人それぞれです。

仕事を通して社会貢献したいと積極的に考えている人もいれば、最低限の生活ができる収入が確保できれば十分という人もいます。

後者の場合、多少収入が少なくても、長い時間を会社に拘束されるよりも自分の時間を優先できる仕事をしたいと思う人が多いのではないでしょうか。ここでは、そうした人向けに自分の時間を取れる仕事の特徴や種類をご紹介します。

自分の時間を取れる仕事1:一般事務

一般事務職が恒常的に長時間労働に従事する企業はほぼありません。

一般事務とは、オフィスワークの中で最も基本的な職種であり、パソコンを使用してのデータ入力、社内外で必要な書類の作成・処理・整理、郵便物の仕分け・発送や電話対応・来客対応をしたりする広範囲に渡って業務を行うポジションを指します。

特別な資格やスキルは不要で定時退社がほとんどのため、自分の時間を取れる仕事をしたいと考えている人におすすめな仕事です。

自分の時間を取れる仕事2:工場作業員

工場作業員は勤務時間が固定的なので自分の時間は取りやすいでしょう。

工場内の作業は主にライン作業が多く、ベルトコンベアで自動的に流れてくる物に対して決められた作業を主に行います。残業も基本ありませんので、自分の時間を優先に考えて仕事をしたい方に向いています。

ただし、鉄鋼・化学など素材系や弁当・惣菜などの食品関係を扱う工場は24時間操業のシフト勤務が多いので注意が必要です。

自分の時間を取れる仕事3:警備員

警備員は仕事内容や勤務体系が確立されているため自分の時間を確保しやすい

警備員の仕事は、施設内や工場現場などで財産や人の警備・警護を行うことです。人や財産の安全を守ることに役立てる仕事なので、正義感の強い方に向いています。

ただし、道路整備を含む工事現場の仕事が中心の会社では、夜間の仕事も多く勤務時間が不規則になるので注意が必要です。

自分の時間を取れる仕事4:店員・販売員

お店は営業時間が決まっているため自分の時間が取りやすいです。

販売員は主に、来店されたお客様を迎え、商品の特徴や機能についての説明を行い、レジでの会計やお見送りまで一連の業務を担当します。また、商品の補充や値付け、店内の清掃といった業務も行います。人と接することにやりがいを感じている方に向いています。

ただし、コンビニやファーストフードチェーンのような24時間営業の職場もあるので、勤務条件をよく確認することが大切です。

自分の時間を取れる仕事5:タクシー運転手

タクシー運転手は1勤1休など勤務体系が確立されており基本残業という概念がありません。

タクシー運転手の業務は、乗客を目的地まで運ぶことです。運転業務以外にも自動車運転前点検や納金、洗車といった業務もあります。運転が得意な人、好きな人には向いている仕事といえるでしょう。

ただし、「連休を取りにくい、深夜勤務がある」といった点がネックになってしまう人にはきつい職場かもしれません。

自分の時間を取れる仕事6:電話受付(コールセンター)

コールセンターなどの業務もシフトが確立されているため自分の時間が取りやすいでしょう。

コールセンターの仕事は、お客様からかかってくる電話を受けて対応するインバウンド(受信業務)と、商品やサービスをお客様に紹介したり、売り込むために電話をかけるアウトバウンド(発信業務)の2種類があります。時給が比較的高いこともポイントです。

どんな相手とも対応できるコミュニケーション能力が高い人に向いている仕事といえます。ただし、従業員の大半は非正規雇用者なので昇給やボーナスといった待遇は見込めません。

自分の時間を取れる仕事7:清掃作業員

ごみ収集の日時はスケジュール化されているためこちらも自分の時間が取りやすいでしょう。

仕事を行う場所にもよりますが、清掃の仕事は主に公共の場所の清掃と、ゴミの回収の2つの作業をメインに行うことになります。

公共場所の掃除は、公共の場にいる人の邪魔にならないようにしながら、ゴミや汚れを除去する作業が基本となり、ゴミの回収は、掃除で集めたゴミを回収して決められた方法で処分する作業になります。

きれい好きな人や、黙々と仕事をしたい人にむいています。

自分の時間を取れる仕事8:水道局員

水道局員もおおむね定形化されているため自分の時間が取りやすいです。

水道局員の仕事は、水道の水源を確保したり水をきれいにする、排水管から水漏れがないかを調べたり修理・交換などを行います。また、安心して水を使うことができるように、毎日水質検査の作業も行ったりします。

水道工事の資格をもっていたり、DIYの好きな人に向いている仕事といえるでしょう。

自分の時間を取れる仕事9:営林署員

営林事業は長期にわたって計画的に進められるため自分の時間を確保できるでしょう。

営林署員(森林管理署)の仕事は、森林の伐採計画や植林計画の策定、林道の保守管理・建設といった国有林を健全に維持するための企画策定、間伐業務や管理作業の監督などを行います。

国有林の中で1日中活動する仕事になるため、登山の知識や地図を見る知識さらに体力に自信がある方に限られます。

自分の時間を取れる仕事10:ITエンジニア

自宅でプログラミングなどのスキルがあれば自由に自分の時間を設定できます。

ITエンジニアはコンピューターを動かすためのシステムを設計するのが主な仕事です。専門的な知識やスキルを要するだけあり、かなりの高収入は期待できます。また、IT化に伴ってITエンジニアの需要はますます高まっているので、スキルが豊富であればすぐに仕事を始められます。

自分の時間を取れる仕事11:ライター

ライターも自宅で仕事ができるので自分の時間を設定できます。

ライターは、取材や資料の収集をして、雑誌・書籍・Web・フリーペーパーなどに掲載される記事を執筆する仕事です。執筆をする際には必ず「何のために書くのか」という目的を考えたり、その内容を「誰に届けたいのか」というターゲットも踏まえて、ピントの合う文章を作り上げる必要があります。

自分の時間を取れる仕事12:アフィリエイター

自分の時間を自由に決めて自宅で作業することは可能ですが、生活費を確保するのは難しい

アフィリエイトはWebサイトに広告を掲載してその成果に応じた報酬を受取る仕事です。Web広告代理店もしくは企業から依頼を受けて広告を掲載し、Webサイトの訪問者が広告をクリックしたり、広告の商品を購入したりするごとに報酬が得られます。

ただし、アフィリエイトで生計を立てられるのは一部の人に限られるので、本業というより副業の感覚で始めた方がいいでしょう。

自分の時間を取れる仕事13:個人投資家(トレーダー)

株やFXなどの個人投資家になれば100パーセント自宅で仕事をすることが可能です。

投資家とは、株や債券などの証券、実物資産としての不動産もしくは事業自体などに投資する方のことです。最近では仮想通貨の投資家も出てきています。

投資初心者は、まず兼業投資家として安定した収入を得ながら投資の経験値を上げていくのがいいでしょう。焦らず計画的に投資の知識やスキル、ノウハウなどを吸収して着実に資産を増やしてから、専業投資家として生活を始めるといいでしょう。

自分の時間を取れる仕事14:不動産投資家(賃貸物件オーナー)

アパートやマンションの賃貸収入だけで生計を立てることができれば、自由に自分の時間を作れます。

不動産投資家とは、物件数に関わらずマンションやアパート、一戸建て住宅などの住宅用物件やオフィスビルなどを所有して賃料収入を得て生活する人の事をいいます。

不動産投資家になるという事は、不動産賃貸業という事業を行うことなので、「経営者になる」ということです。そのため、収益を安定させるためには多くの苦労があるので楽な仕事ではありません。

自分の時間を取れる仕事15:農家(米、野菜、果物)

米、野菜、果物は季節が限定されるため農閑期は自分の時間を確保できます。

農家の主な仕事は、米や野菜や果物などを育てて出荷することです。育てる農作物によって収穫する時期や栽培の方法は異なります。そのため、栽培していく農作物についての知識は必要になります。

地道にコツコツと作業するのが好きな人、自然が好きな人に向いているといえます。

自分の時間を取れる仕事16:漁師

漁場により仕事の仕方は異なりますが自営なので自分の時間を作る融通は利きます。

漁師の主な仕事は、天気予報などでその日に安全に漁ができるかを確認して、出港することから始まります。漁場に着いたら、魚を獲るための仕掛けを作り、およそ数時間~半日にわたり魚を獲り続けます。獲り終えて帰港したら、出荷準備ができるよう水揚げした魚の選別をします。

魚介類が好きで船に乗ることも好きな人でしたら、漁師の仕事は向いているでしょう。

自分の時間を取れる仕事17:画家・芸術家・工芸作家など

収入が少なくてもいいから、優先的に「自分の時間を」という人に向いています。

絵画、版画、彫刻、陶芸、工芸などの芸術活動を行い、主に作品を売ることで報酬を得る仕事になります。また多くの画家・芸術家・工芸作家は、個展やグループ展へ出品して作品を販売しており、来場者へ自分の作品の説明を行っています。

芸術家などになるには、類まれな才能とセンス、血のにじむような努力、そして幸運も必要なため大抵の人は、趣味や副業レベルにとどまってしまいます。

自分の時間を取れる仕事の6つの特徴

自分の時間を取るには自分の望む働き方をしましょう。

自分の時間を取れる仕事にはいくつかの特徴があります。正社員にこだわらなければプライベートと両立可能な仕事の視野も広がるため、ここでは特徴的な働き方について紹介します。

自分の時間を取れる仕事の特徴1:勤務時間が短い

時短勤務の仕事はパート・アルバイトが多い

日本の会社の多くは1日8時間労働で契約を交わします。労基法で労働時間の上限を週40時間と定めているのが大きな理由になります。特に正社員にその傾向が強いと思われます。

なので、正社員で時短勤務の仕事を探すのはかなり難しいので、パート・アルバイトの雇用形態で探せば、自分の時間が取りやすい時短勤務の仕事は見つけやすいでしょう。

自分の時間を取れる仕事の特徴2:休日が多い

企業規模が大きく福利厚生が充実している企業は休日が多いです。

人員が十分に確保されている企業は、円滑に仕事をまわしていけるので、企業が定めているカレンダー通り(ほとんどが土日・祝日)に休めるため休日が多いです。特に大企業に多いです。

ちなみに休日が多い業種とは、金融・保険業、電気・ガス・水道業、製造業、IT業界などが挙げられます。

自分の時間を取れる仕事の特徴3:有給休暇を取得しやすい

有給休暇取得を徹底している企業は取得しやすいです。

有休を取りやすいことも、自分の時間を確保できる大きな要因を占めていると思われます。本来、有給休暇は労働者の権利として法律上義務付けられているので、取得ができない、付与されているのに取得が許されないことはありえないのです。

自分の時間を取れる仕事の特徴4:残業・休日勤務が少ない

残業・休日勤務が多いと自分の時間を作れない上、過労死につながってしまう可能性があります。

残業・休日勤務は本来ないのが当たり前です。企業の生産性は落ちるし、労働者の心身は壊れてしまうので何もいいことはありません。残業・休日勤務が横行している会社は絶対に避けましょう。

残業・休日勤務が少なめな職種は、一般事務職や、時間が固定されている製造業などがいいでしょう。IT業界や金融業も少なめです。

自分の時間を取れる仕事の特徴5:勤務時間を自由に決められる

フレックスタイム制度などを導入している企業に絞られる

労働者が、始業時刻と終業時刻をそれぞれ自由に決められる制度をフレックスタイム制といいます。このフレックスタイム制は、情報通信系企業で20%以上の会社が導入していますが、企業全体ではまだまだ少数派です。

そのため、情報通信系の知識やスキルがある人でしたら、システムエンジニアやIT関係の業種がオススメといえるでしょう。

自分の時間を取れる仕事の特徴6:自宅で働ける

今はパソコンがあれば自宅で自分の時間と仕事を両立して働けます。

インターネットが普及し、様々なライフワークスタイルを実現できるようになった現代社会。そのおかげで、会社勤めが当たり前だった人も、気軽に在宅ワークで働ける選択肢が増えてきました。

生計を立てられるくらいになるにはそれなりの努力が必要ですが、面倒な通勤や人間関係もなく、自分の好きな時間に仕事ができるので自由に働きたい方に向いています。

自分の時間を取れる仕事について知ろう!

現代において自分の時間が取れる仕事は様々な職種があります。

いかがだったでしょうか。長時間労働やパワハラなどが問題視されている今のご時世において、自分のライフスタイルに合わせて働くことは決して珍しいことではなくなりました。

誰もが人生は一度きりなので、嫌な環境下や時間を拘束されてしまうような場所で働くことにこだわらず、自分の時間を大切にできる働きを選んで楽しい人生を送ってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related