Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

昇格試験の論文テーマ8つを紹介!昇格試験の論文作成のポイント4つ

企業における昇格試験には、一般的に面接や適性検査、小論文が出題されます。この中で、小論文は事前に出題されるテーマを予想し予習しておくことで、飛躍的に完成度を高めることが可能です。ここでは、昇格試験でよく出されるテーマや、論文作成のポイントなどをご紹介します。

昇格試験の論文テーマ8つを紹介!昇格試験の論文作成のポイント4つ

昇格試験の目的とは

昇格試験は管理職に適した人材の見極めを行うという目的があります。

企業において、マネジメントを行う人材の資質は大変重要なポイントとなるため、管理職には適性のある人物を選ぶ必要があります。そのため、単純に実務の評価の高い人材を選ぶのではなく、面接やテストを加味して資質を見極めることになります。

また、実務に関する評価とテストの結果の2つの評価を昇格の基準とすることで、昇給の公平性を保つことができます。

昇格試験の論文テーマ8つ

昇格試験は面接、小論文、適性検査の3つが基本となります。

人材の資質を判断するため、一般的には面接、小論文、適性検査を行い、管理職として適しているのかさまざまな方面から審査します。この中で、小論文ではマネジメント能力を測るためのテーマが出題されることになります。

ここでは、昇格試験の論文で出題される主なテーマについてご紹介します。

昇格試験の論文テーマ1:職場における私の役割と課題とは

昇格試験の論文テーマには、「職場における私の役割と課題とは」というものがあります。

このテーマでは、現在の自分が置かれている立場と、所属しているチームや会社全体での役割を理解していることが求められます。また、その上で課題をしていることが何か、改善するには具体的にどうすればよいかまとめると良いでしょう。

昇格試験の論文テーマ2:職場のコンプライアンス意識をどう高めていくか

昇格試験の論文テーマには、「職場のコンプライアンス意識をどう高めていくか」というものがあります。

コンプライアンス(法令順守)は現在の企業においては最重要課題といえる内容です。食品偽装や製品の性能偽装などのニュースが溢れる中、自社ではどのようにコンプライアンス意識を高めていくのか具体例を用いて記載しましょう。

昇格試験の論文テーマ3:ワークライフバランスをどう実現するか

昇格試験の論文テーマには、「ワークライフバランスをどう実現するか」というものがあります。

企業と社員との理想的な関係を実現するには、社員がワークライフバランスを保った働き方をすることが必要になります。そのために企業や上司として何ができるのかを具体的にまとめるようにしましょう。

昇格試験の論文テーマ4:職場のコミュニケーションを活発にするために何をすべきか

昇格試験の論文テーマには、「職場のコミュニケーションを活発にするために何をすべきか」というものがあります。

仕事をする上では職場の人間関係は重要です。メンバー間での円滑なコミュニケーションを取るために何をすべきか、また、自分ができることについて記載しましょう。

昇格試験の論文テーマ5:個人情報保護にどのように取り組んでいくか

昇格試験の論文テーマには、「個人情報保護にどのように取り組んでいくか」というものがあります。

企業でのITの活用が一般的になった現代において、サイバー攻撃を始めとする情報セキュリティに関するリスクは年々増しています。そういったリスクがある中、顧客などの個人情報をいかに守るか、具体的な取り組みを記載しましょう。

昇格試験の論文テーマ6:部下の育成にどう取り組んでいくか

昇格試験の論文テーマには、「部下の育成にどう取り組んでいくか」というものがあります。

後輩や部下の育成も上司としての重要な役割です。現在のポジションで部下の育成として取り組んでいることや、役職をもった場合さらに何かできるかを想像し、具体的な方法についてまとめましょう。

昇格試験の論文テーマ7:管理者として身につけるべき能力は何か

昇格試験の論文テーマには、「管理者として身につけるべき能力は何か」というものがあります。

昇格試験の論文は、いかに管理者としての能力があるかアピールすることが大切です。実際に管理者になった場合に必要なコミュニケーション能力や問題解決能力などについて、具体例を交えながら記載しましょう。

昇格試験の論文テーマ8:チームワークの向上とリーダーの役割について

昇格試験の論文テーマには、「チームワークの向上とリーダーの役割について」というものがあります。

リーダーの能力はチーム全体の能力としても反映されます。実際にリーダーになった場合を想定しながら、リーダーの役割について記載しましょう。

昇格試験の論文作成のポイント4つ

昇格試験の論文作成には重要なポイントがあります。

昇級試験での論文は、単純に文章が上手く書けるだけでは評価してもらうことはできません。管理職としての能力があると判断してもらうためには、論文により問題解決力やロジカルシンキングができていることを読み取ってもらう必要があります。

ここでは、昇格試験での論文作成におけるポイント4つをご紹介します。

昇格試験の論文作成のポイント1:論理的・批判的思考を身に着ける

昇格試験の論文作成のポイントは、論理的思考、批判的思考を身に着けることです。

論文を書くためにはテーマに合わせて自分の考えをまとめ、制限時間以内に規定文字数で論理的な文章を書けるための論理的思考が必要になります。また、実際に問題を解決するためには物事を批判的にとらえ、考察するための批判的思考も大切です。

これら2つの能力を日常的に意識して訓練することで、読みやすく論理的な論文が書けるようになります。

昇格試験の論文作成のポイント2:目標とする職位等の立場になって書く

昇格試験の論文作成のポイントは、目標とする立場になって書くことです。

論文の評価者は、執筆者がその役職に就いた場合、どう考えどう行動できるかを意識して採点します。つまり、その人材を実際に昇進させた場合に会社にメリットがあるかどうかを考えます。

そのため、論文を書く際には「自分がその役職になった場合はこのように考え行動する」というテーマを盛り込み、さらに読み取れる内容にする必要があります。

昇格試験の論文作成のポイント3:目標とする職位等と今の自分との違いを認識する

昇格試験の論文作成のポイントは、目標とする役職等と今の自分との違いを認識するようにしましょう。

実際に昇格した場合、最も現在と変化が起こるのは、組織における需要な資源である「人」、「モノ」、「金」、「情報」の権限を与えられることです。このような権限を持っていると、自身の裁量で行えることの幅が広がります。

つまり、これらの権限を持っている場合といない場合の違いを理解し、権限があると何ができるのかを考える必要があります。

昇格試験の論文作成のポイント4:誰が採点するか意識する

昇格試験の論文作成のポイントは、誰が読むのかを意識して書くことです。

昇格試験と始めとする人事評価をアウトソーシングしている企業の場合、会社内でしか使わないような言葉を使うと外部の人間には伝わらない場合があります。そのため、わかりやすい言葉を使う方が良いでしょう。

また、自分が所属している部門よりも上の役職者が評価を行う場合は、逆に部門内で使われている言葉を使う方が良い場合もあります。

昇格試験のよくある論文テーマを知ってしっかり対策しておこう

昇格試験の論文テーマは事前に予習しておきましょう。

昇級試験での論文は管理職に適した人材であるかを判断するための材料となるため、テーマはある程度絞られます。そのため、代表的な論文テーマを事前に調べ、書いてみることで、論文のクオリティは書いてみない場合と比べて飛躍的に上がることでしょう。

将来マネジメント職を目指す方も、昇進試験を予定している方も、一度テーマを絞って論文を書いてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related