Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

動物関係のおすすめの資格15選|人気の高い動物関係の資格5選

動物系の資格はたくさんありますが、資格が特になくても勤められる業界が存在します。看護師やトリマー、トレーナーは資格が特に求められていませんが、獣医やカウンセラーなどは資格が必要です。資格取得までは大変ですが、動物と一緒にいる人には向いている業界でしょう。

動物関係のおすすめの資格15選|人気の高い動物関係の資格5選

動物関係の資格とは

動物やペットに関する国家資格には、まず獣医師が挙げられます。獣医師を目指すには、動物の医学に関する大学で勉強し、国家試験に合格しなければ資格を取得することができません。

どの資格を取るにあたっても時間と費用が掛かり、希望する資格によっては難易度が高い資格があるのが特徴的です。

獣医師以外には、トリマーやドッグトレーナーなどが挙げられます。

動物関係に資格は必要なのか

動物に関する仕事に就くには、業種によっては資格が必要な物があるでしょう。しかしトリミングサロンのトリマーやペットショップの店員、動物病院で受付をおこなう動物看護師には資格が必要ないので、資格がなくても勤めることができます。

トリマーを例にすると、トリマーだけで10種類以上の資格があるのが特徴的です。資格がなければ勤められないわけではありませんが、より専門性が高まると知識と技術が求められます。

動物関連の資格を取る方法

動物系の資格を取得するには、動物学に携わっている学校や通信講座を受けるのが一般的です。仕事と目指す場合は、実際に動物と触れ合いながら勉強できる学校で実績を積み立てるのが望ましいでしょう。

動物に関する知識や技術を将来的に活かす見込みがある、もしくは趣味で勉強してみたいと考えている方は、安価で済ませられマイペースで勉強できる通信講座がおすすめです。

動物関係のおすすめの資格15選

動物やペットに関する国家資格は、獣医師がおすすめです。特に介護や医療の分野においては、動物介護士が注目を浴びています。動物介護が注目される理由は、ペットの寿命が伸びたり動物が家族化しつつあることが関係しているでしょう。

仕事で扱うというわけでなく、ただ飼っている愛猫や愛犬のために知識を付けておきたいと考えている人が取得するケースが多いです。

ここからは、動物系のおすすめの資格を詳しく見ていきましょう。

動物関係のおすすめの資格1:愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士は難度が低い資格で、犬や猫だけでなくウサギやハムスター、爬虫類、鳥類などに関する法令や生体知識、飼育管理方法について学べる資格です。ビデオと教科書で自己学習と講習会参加とおこない、協会の認定校で資格を取ります。

動物取扱業の登録を目指す人や、ペットの適切な飼い方を知りたい人におすすめです。受講料は、2級は35,000円で1級は52,000円です。

動物関係のおすすめの資格2:愛玩動物救命士

愛玩動物救命士は難度が低い資格で、犬や猫の体調管理法や生態知識、また災害や事故に巻き込まれた際の対処法を学べる通信講座です。診療に関することまでは行えませんが、基礎知識が身に付けられるのが特徴的です。

愛犬や愛猫の緊急時に関する対応を学んだり、動物業界に携わりたい人におすすめです。SAEという機関が提供している資格で、受講料は60,000円で、受講期間は毎月20日から1年間だと言われています。

動物関係のおすすめの資格3:家庭動物管理士

家庭動物管理士は難度が低い資格で、動物の潁川管理や接し方、知識、法知識までの資格を広く身に付けられます。合格率は8~9割なのでとても高く、専門学校などを出ていなくても動物に関する仕事に就けるのが特徴的です。

動物取扱業の登録を目指している人や、ペットのために基礎知識を学びたい人におすすめです。受講料は3級の場合は40,000円で、ZPKという機関が実施しています。

動物関係のおすすめの資格4:認定ペットシッター

認定ペットシッターは難度が低い資格で、ペットシッタースクールが実施している資格です。通信と通学の2コースが用意されており、試験に合格すると認定ペットシッターだけでなく、子犬の保育に関するパピーティーチャーも取得できます。

認定ペットシッターは、ペットホテルなどで活かすことができるでしょう。受講料は通信であれば92,000円で、通学であれば189,000円です。東京で年に5~6回おこなわれます。

動物関係のおすすめの資格5:ペットシッター士

ペットシッター士は難度が低い資格で、日本ペットシッター協会が実施している資格です。資格を取る方法はカルチャースクール講習、通信、通学の3種類で、カルチャースクールに関しては、基本的に2日間参加するだけで取得することができます。

ペットシッター士は、ペットホテルなどで活かすことができます。受講料は、カルチャースクールは57,200円で、通信教育は50,400円で、通学の場合は88,200円です。

動物関係のおすすめの資格6:ペット栄養管理士

ペット栄養管理士は上述の資格より難度がやや高くなっており、日本ペット栄養学会が実施する資格です。大学や学会認定の専門学校を修了するか、講習会に3回参加した者に受講資格が与えられます。

動物の栄養管理や食育について詳しく知りたい人におすすめで、講習会は東京でしか行われません。受講料は47,500円で、毎年3月と11月に東京大学で試験が実施されます。取得期間の目安は、約2年以上です。

動物関係のおすすめの資格7:JKC公認トリマー

JKC公認トリマーは難度が普通程度で、JKCという機関が実施している資格です。トリマーに関する資格の中では最も知名度が高く、トリマーには資格が必要ありませんが持っていると就職に有利になるでしょう。

レベルはC級から師範まで5段階まであり、JKC会員に2年以上在籍するか、JKC公認の養成課程を修了することでC級の受験資格が得られます。受験料は1科目ごとに5,300円で、年1回しかおこなわれません。

動物関係のおすすめの資格8:JKC公認訓練士

JKC公認訓練士は難度がやや高く、JKCという機関が実施している資格です。協議会やショーを開催したり血統書の発行だけでなく、災害救助犬を育成する事業に携わることができます。

レベルは6段階で、資格を取得するにはJKCの会員になってから、公認の養成機関などで実務経験や基本的知識を積み立てなければいけません。受講料は1科目ごとに5,300円で、年1回試験が行われます。

動物関係のおすすめの資格9:PD公認訓練士

PD公認訓練士は難度はやや高く、PDという機関が実施している資格です。警察犬の捜査協力や普及活動をおこなうPDが実施しており、資格レベルは5段階あります。中でも最も易しい三等訓練士を受験するには、まずは見習訓練士として訓練所に入所する必要があります。

訓練所で実務経験を積み、条件を満たすと試験を受けることができます。受験料は4,320円で、試験会場や試験日に関しては特に決められていません。

動物関係のおすすめの資格10:JSV公認訓練士

JSV公認訓練士は難度がやや高く、シェパードの訓練競技会や血統登録を行うJSVという機関が認定している資格です。資格は難易度ごとにレベルがわけられており、最も易しい三級訓練士を受けるには、まずはJSVの会員になる必要があります。

会員になった後は、JSV公認訓練士の下で訓練をおこなう必要があります。受験料は警察犬を相手とする場合は無料ですが、防衛犬や捜索犬を相手とする場合は5,000円です。

動物関係のおすすめの資格11:獣医師免許

獣医師免許を取得できる大学はとても少なく、国立と私立を合わせて16校しかないのが特徴的です。もちろん難度が高い大学しかないため、合格するには多大な努力が必要でしょう。獣医師を目指している場合は、高校生の時からしっかり勉強しておかなければいけません。

獣医師は人間相手の医者より優しいと感じている人は多いですが、難度があまり高くない医学系の大学と比べると、獣医学部の方が難しい場合があります。

動物関係のおすすめの資格12:JKC公認ハンドラー

JKC公認ハンドラーは難度がやや高く、JKCという機関が実施している資格です。協議会やショーを開催したり血統書の発行だけでなく、災害救助犬の育成をおこなう事業などを行います。

レベルは5段位で、最も易しいハンドラーC級に挑戦する場合は、まずJKCに会員登録し、協議会から承認されなければいけません。受験料は1科目ごとで5,300円でで、試験は年1回おこなわれます。

動物関係のおすすめの資格13:ペットロス・パラカウンセラー

ペットロス・パラカウンセラーは難度がやや低くく、日本ペットロス協会が実施している資格です。基礎コースがあると実践コースを受けられ、実践コースを修了した後に試験に合格することで資格を得られます。

ペットロス・パラカウンセラーになった後は、上級のカウンセラーを受験することができます。通信講座を受けられるので、自宅学習をおこなえるのが特徴的です。受講料は232,500円です。

動物関係のおすすめの資格14:ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになるには、資格が特に求められているわけではありませんが、実際にトレーナーとして独立や就職を考えている場合は、専門的な技術や知識が求められます。また技術を証明するには、認定資格を取得しましょう。

ドッグトレーナーに関する資格には、専用のライセンスがあります。国家資格は特にありませんが、訓練の対象となる犬種ごとで資格の基準が定められているでしょう。

動物関係のおすすめの資格15:ペットビジネス

ペットビジネスは、飼い主とペットが同伴で参加できるペットカフェや、飼い主が忙しいときにペットの面倒を代わりに見るペットシッターが挙げられます。

ほかにも、動物用のおもちゃや服を扱うペット用ブティック、動物で精神状態を整えるアニマルセラピストがあります。

人気の高い動物関係資格5選

動物を飼育する際の常識を身に付ける場合は、愛玩動物飼養管理士の資格がおすすめです。介助犬などを育てるには、ドッグトレーナーの資格がおすすめとなります。

いろいろな事情でペットを飼育しにくくなったり、近隣とのトラブルを防ぐためにも動物に関する資格が必要です。

ここからは、人気の高い動物系の資格について詳しく見ていきましょう。

人気の高い動物関係資格1:動物介護士

動物介護士になるために必要な資格はありませんが、高齢で体が不自由になり適度なケアが必要なペットは、動物の健康管理やケアに関する知識や技術を身に付けなければいけません。

その実力を証明する方法としては、動物介護士の資格取得がおすすめです。

人気の高い動物関係資格2:JKC公認トリマー

トリマーは動物の美容師で、動物のブラッシングやカット、爪切り、シャンプー、耳掃除などをおこなう業種です。現在は国内で動物をペットとする家庭が増えているため、将来性のある業界だと言われています。

資格の取得には専門学校への入学が必要ですが、ペット美容院に勤務するには必要な条件です。

人気の高い動物関係資格3:ペットシッター士

飼い主が入院や旅行、出張などで家を長い間留守にしなければいけない際に、代わりに飼育中の動物の世話を行うのがペットシッターの業務です。

散歩やエサやりなど、動物の世話に必要な知識と技術を求められるだけでなく、留守宅を預かる責任感が求められるでしょう。

人気の高い動物関係資格4:ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになるには、犬の行動や習性に関する知識や、犬へのトレーニングスキルとコミュニケーション能力が求められます。

犬との信頼関係を築く方法だけでなく、飼い主と良好な関係を築く接し方や「犬が好き」であるということが大切です。

人気の高い動物関係資格5:動物看護師

動物看護士には必要な資格は特にありませんが、動物のケガや病気と向き合い、健康管理をしていくという仕事で、相応の知識や技術が求められます。

採用条件は病院ごとで違い、未経験でも応募できる場所がありますが、専門学校を卒業したり専門の資格を取得している人が優遇される傾向にあります。

興味のある動物関連の資格を取得してみよう!

動物がペットになると、大切な家族の一員として認識されます。家庭で行う事が難しいトリマーや、動物の健康を守る獣医師など責任を伴う仕事があります。

犬や猫だけでなく、小動物、爬虫類などの種類を問わず動物が大好きという人には憧れる業界となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related