Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

人手不足が深刻化している7つの業界を知ろう|メリットデメリット

人手不足の業界がいくつもあります。人手不足で困るのは営業をする側ですが、雇用人にとっても知るべき問題です。また転職活動をする人々が増えていっています。そこで人手不足が深刻化している業界や、その業界に転職することにあたってのメリットとデメリットを紹介します。

人手不足が深刻化している7つの業界を知ろう|メリットデメリット

人手不足が深刻化している業界とは

いろんな業界で年々人手が不足しているのが現実です。ぎりぎりなんとか保っている企業もあれば、人手不足が原因で倒産してしまった企業などたくさんあります。日本では地方によって人手不足の深刻さは異なります。

なりたい職業ランキングが世代によって違う事で、人気のない職業が目立ってきました。また人間関係も大きくかかわっている業界もあります。最近の若者は人間関係の悪化が原因で、退職し転職する方も増えています。

人手不足が深刻化している7つの業界

人手不足で問題になっている業界を今から紹介します。7つも人手不足に困っていることに驚きを感じた方もいることでしょう。現在でもさまざまな業界で人手不足が目立っていますが、これから増えることも大いにあります。

年々人手不足になる業界は、年々人気が下がってきているということも関係しています。最近では、小学生のなりたい職業ランキング1位はyoutuberです。昔からある業界で働きたいという意思が薄くなっています。

人手不足が深刻化している業界1:小売業

小売業での人手不足は年々問題になっていっています。特に長い期間での勤務をする方があまりいません。また正社員よりアルバイトやパートの方が多く雇っていることがほとんどです。なので辞めやすいということもあり、すぐやめてしまう人がいます。

最近ネットで買い物をする方が増えてきました。簡単に言うとネットショッピングです。店頭に足を運ぶ必要性がないので大変便利です。小売業は店頭で物を売る仕事なので、ネットショッピングにより利用者が減ってきていると言えるでしょう。

人手不足が深刻化している業界2:建設業

建設業界では体力面や精神面が強くなくては、仕事をうまくこなすことができません。また建設業に深くかかわるには、建築士の免許をとらなくてはいけません。建築士は階級によって難易度が異なるので、勉強をすることも必要です。

長時間の労働には体力が必要で、また頭の良さも必要です。誰でもできる仕事ではないので人材が集まりにくい業界でもあります。なので人手不足の深刻化が見られ目立っています。

人手不足が深刻化している業界3:運輸業

運輸業界の仕事は体力面で大変という評判もあります。運輸業界で働くほとんどの方が夜間にトラックを運転して働いています。また給料もそこまでよくはないことから、すぐに辞めてしまう方が多いです。

運輸業界の役目は商品を届けることです。高速道路を利用して県外に出ることもあります。このさきもっと人手不足が深刻化すれば、1人あたりの負担が大きくなり余計に辞めていく人が増える一方です。それを阻止するためにも求人募集が必要となってくるでしょう。

人手不足が深刻化している業界4:サービス業

サービス業界は主に接客業のことをいいます。接客業には向き不向きがあり、嫌いという人もいます。また人を相手に仕事をするのでトラブルもつきものです。このトラブルがトラウマになり辞めてしまう方が増えていっています。

人手不足で困っているサービス業でしたが、最近ではいろんなものが機械化されてきています。例えば、セルフレジが増えていきしまいには失業者が出ることも予想されています。この人手不足をきっかけに変われる業界でもあります。

人手不足が深刻化している業界5:放送業

放送業界には視聴者が減っているという問題があります。それはYouTubeの動画を見る人が増えていっているからです。特に小中学生のテレビ離れから始まり今では大人でも毎晩見ているぐらいです。

放送業界で働きたいという方が減ってきています。人手不足は最近深刻化しました。これからも十分深刻化するおそれがあります。テレビやラジオの視聴者を確保することが人手不足を解消する方法の1つでもあります。

人手不足が深刻化している業界6:金融業

金融業界では人手不足が深刻化しているのが現状です。給料もよさそうで求人をかければすぐに集まりそうですが、そうはいかないのが最近の事です。金融業界の人手不足は逆にキャッシングレスを促すこともできます。

最近ではキャッシュレスという現金を使わない買い物が流通していっています。海外ではもうすでにキャッシュレスは進んでおり、日本では徐々に広まっています。なので将来的には現金を持ち歩かなくなるので、金融業界は少しずつなくなる恐れがあります。

人手不足が深刻化している業界7:警備業

警備業界では長時間の労働に耐えられる体力と忍耐力が必要とされます。特に資格はいりませんが、働きたいと志望する方が少ないです。また長時間労働に耐えられずに辞めてしまう方も多々います。

人手不足が深刻化しているのは昔からです。なので1人あたりの労働の負担は昔から大きいのが特徴です。長時間働き続けることが不安な方や、炎天下での作業に不安を感じる方が多く、求人に応募する方が少ないです。

人手不足の業界に転職するメリット3つデメリット3つ

これから人手不足が深刻化していく日本ですが、それと同時に転職市場も大きく動いています。転職市場の活性化に伴い、人手不足で困っている業界に転職する方がどんどん増えていきます。

人手不足の業界に転職するメリットとデメリットを3つずつ紹介します。これから転職を考えている方に参考にしていただきたいです。メリットとデメリットを理解して、人手不足の業界での転職を考えることをおすすめします。

人手不足の業界に転職するメリット1:待遇がいい

人手不足の業界では求人募集も活発に行っていることが多いです。そのため面接に受かりやすいという事があります。また辞めてもらいたくないのが企業側の本音なので、いろいろと優遇してもらえることが多いです。

交通費の支給やボーナスがあるなど、待遇はさまざまですがたくさんあります。なので転職を考えている方で待遇がいい所で働きたい方もいることでしょう。そんな時は、人手不足で困っている業界での転職も考えてみてください。

人手不足の業界に転職するメリット2:転職しやすい

人手不足で困っている業界は、早く人手が欲しいと求めています。なので転職活動している方の転職先がすぐ見つかりやすいです。したい仕事の業界が人手不足が深刻化している場合は、余計に転職しやすく職が手に付きやすいです。

また人手不足で深刻化している業界では、何らかの問題があります。その何らかの問題で辞めてしまう人が多く、人手不足を招いている業界がほとんどです。なので転職後に何らかの問題があればすぐ辞められやすいです。

人手不足の業界に転職するメリット3:資格取得しやすい

仕事先で働くことで資格を取れるところもあります。取りたい資格が人手不足に困っている企業先で取れるのであれば、転職すればすぐ資格を取得することができます。人手を求めている業界なので雇われやすいので、近道でもあります。

転職して資格を取得してから仕事先を辞める方もいます。資格の取得方法は資格によって異なります。その中でも、資格の費用を免除してくれる企業がたくさんあります。資格を取得したい方は、資格の費用の免除されるかも調べておくことをおすすめします。

人手不足の業界に転職するデメリット1:拘束時間

人手不足が深刻化している業界ではもちろん雇っている人も少ないです。なのでどうしても1人に対する労働の負担が大きくなってしまいます。つまり1日の拘束時間が労働基準法によってぎりぎりということがほとんどです。

人手不足が深刻化している業界の中には体力や腕力などが必要な仕事もあります。女性の方より男性の方の転職の方が多い傾向にあります。ずっと立ちっぱなしという仕事内容もあるので、体力に自信がある方におすすめです。

人手不足の業界に転職するデメリット2:教育時間

人手不足である仕事先には、もちろん従業員も少ないです。また長い間働いているベテランの従業員が少ないこともあります。なので転職したばかりの頃は、教育時間がどうして長くなってしまいます。

しかし、従業員が少ないことで人間関係にトラブルが起きにくいということもあります。馴染んでしまえばすぐ仲が深まります。研修中であれば、助け合いで乗り越えることも多々あります。教育時間の期間さえ乗り越えれば楽です。

人手不足の業界に転職するデメリット3:離職率

人手不足が深刻化している業界では離職率が高いです。離職率が高いので人手が不足しているということもあります。他の方が多く辞めている企業の場合は、転職しても離職してしまう可能性があります。

短期間での収入が必要であれば転職をおすすめします。ですが長期的に安定した収入を得たいという方は、少し転職することを考えた方がいいです。

人手不足が深刻な業界への転職におすすめの転職エージェント5選

転職をする上で不安に感じていることや、わからないことがたくさんあることでしょう。そんな方におすすめな転職エージェントが5つもあります。この転職エージェントでは転職活動をされている方の後押しをしてくれます。

転職エージェントではネット上で転職の相談をすることもできます。相手の顔写真も見られるので安心して転職活動ができます。

おすすめ転職エージェント1:type転職エージェント

「type転職エージェント」では転職のノウハウから学ぶことができます。その中でも職務経歴書の書き方も教えてくれます。人手不足が深刻化している業界先での転職についても優しく相談に乗ってくれます。

転職面接での注意すべき点も学ぶことができます。なので自信をもって面接にも挑めるはずです。また退職する場合の交渉もしてくれます。

おすすめ転職エージェント2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は転職する方のスキルや要望に応えてくれる転職エージェントです。直接対談し転職に対する不安なども解決できます。また面接対策も直接会って教えてくださるので、分からないことがあればその場で解決できます。

面接に受かりやすいようにサポートしてくれます。また退職交渉もしてくれます。なので面接から退職までの長い間支えてくれます。なので円満退職をすることができます。

おすすめ転職エージェント3:DODA

「DODA」では一般的には公開されていない求人を含め10万件の求人から紹介してくれます。転職をする方にピッタリ合う求人を見つけてくれます。また企業先に応じての面接対策も行ってくれます。

転職をする方の代わりに履歴書の提出や、面接の日程の調節も行ってくれます。他にも年収や入社日の交渉もしてくれるので、企業先と直接もめることはありません。任せすぎだと感じる方もいることでしょう。

おすすめ転職エージェント4:マイナビ転職

「マイナビ転職」では常に新着求人を確認することができ、気になる求人が見つかれば相談することができます。またいろんなジャンルから求人を探すことができます。

興味のある物事や理想の職場や業種から探すこともできます。また経験やスキルの有無から探すこともっできます。自分に合った求人が必ず見つかる転職エージェントです。

おすすめ転職エージェント5:ハタラクティブ

「ハタラクティブ」では特に20代の転職活動を支援しています。未経験者大歓迎の求人を多く取り扱っているので、若い方にもおすすめの転職エージェントです。

5~10年先の将来を見据えて求人を紹介してくれるので、転職した後も安定しやすいです。しかも、面接も驚くぐらい受かります。また自分にあった、または向いている業界を知ることもできます。

人手不足が深刻化している業界の現状を把握しよう

転職活動をでこれからしようかと考えている方は、まず人手不足が深刻化している業界があることを把握しましょう。そうすれば転職先も決まる手掛かりにもなることでしょう。

これからも人手不足が深刻化する業界が増えてくることでしょう。または人手不足だった業界も復帰する可能性があります。転職するうえで人手不足の状況を知ることは大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related