Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

化学メーカ営業とは?化学メーカー営業の利点4つと苦労4つ|特徴4つ

「化学メーカー営業」とは、どのような職業なのでしょうか。また、どんな利点・苦労が考えられるのでしょうか。このページでは、「化学メーカー営業」をテーマにして、特徴や仕事の内容、利点や苦労などについて、考察・ご紹介しています。

化学メーカ営業とは?化学メーカー営業の利点4つと苦労4つ|特徴4つ

科学メーカー営業とは?

化学メーカ営業とは?化学メーカー営業の利点4つと苦労4つ|特徴4つ
営業というと、どの業界においても会社の売り上げに貢献している、華やかな職業として知られがちです。

しかし、一言で営業と言っても、さまざまな種類やタイプが存在しているため、一括りにはできません。

今回は、数ある営業の中でも、「化学メーカー営業」をテーマにして、特徴や利点について考察・ご紹介してきます。化学メーカー営業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

主な仕事内容

まずは、化学メーカー営業がどのような仕事をしているのか、大まかな仕事内容について考えていきます。

化学メーカー営業は、一言で表現すれば、化学メーカーの営業マンということになります。自社の製品やサービスを購入したり利用したりしてもらえるよう、営業するのが主な仕事です。

会社や部署にもよりますが、法人に対して営業する場合が多いのも、化学メーカー営業の特徴の1つです。

化学メーカー営業の特徴4つ

早速、化学メーカー営業とはどのような職業なのか、特徴について見ていきます。

一般的な営業職と共通している点もあれば、化学メーカーならではの部分もあります。他の業界の営業職の特徴と比較して、化学メーカー営業がどんな職業なのか、またどのような働き方をしているのか、考えてみましょう。

化学メーカー営業の特徴1:少数精鋭

化学メーカー営業の特徴として、少数精鋭という点が挙げられます。会社の方針にもよりますが、営業の人数が数人という化学メーカーも少なくありません。

営業は会社に売り上げをもたらす要とも言える存在です。化学メーカーの場合は、少人数のケースが多いため、少ない人数で会社の売り上げを支えることになります。

上記のような背景から、化学メーカー営業は、少人数精鋭で、実力が高い方が多いと言われています。

化学メーカー営業の特徴2:ビジネス拡大に時間が必要

化学メーカー営業は、ビジネスを新規開拓する使命を担っていますが、化学の分野で新商品や新たな分野を販売したり開拓したりすることは、容易なことではありません。軌道に乗るまでに、数年単位の時間を費やすものもあり、10年以上かかるケースもあります。

そのため、化学メーカーの営業は、実績を出すまでに時間がかかる職業だと言われています

化学メーカー営業の特徴3:海外駐在になりやすい

化学素材などのメーカーは、海外に多いと言われています。そのため、化学メーカー営業もまた、海外の企業やメーカーを相手にセールスすることになるケースも多く、海外駐在になりやすい職業の1つだとされています。

特に近年は、化学メーカーは国内での事業よりも、海外での事業に目をつけている企業が増えているとされています。そのため、海外が活躍の場となる可能性は高いと考えられます。

化学メーカー営業の特徴4:法人ルート営業が多い

化学メーカー営業は、法人ルート営業が多いと言われています。そのため、職場によってはかなり楽な仕事だという意見も多数存在しています。

法人ルート営業では、訪問先の情報収集や近況について尋ねるのがメインなので、訪問販売のような過酷さはほとんどないとされています。また、短期間で大きな変化が起こるクライアントは少ないため、化学メーカー営業は激務と言われる仕事が少ない職業でもあります。

化学メーカー営業の利点4つと苦労4つ

化学メーカー営業がどんな職業なのか、特徴を通して学んだところで、続いては利点と苦労について考察していきます。

どんな職業にも、メリットと言える部分とデメリットと言える点は存在しています。化学メーカー営業も例外ではありません。

就職や転職を検討している方は、この機会に利点と苦労について学んでおくことをおすすめします。

化学メーカー営業の利点1:未経験からでも目指せる

転職の場合、未経験者が不利になったり、そもそも応募できなかったりする場合も少なくありません。

しかし、化学メーカー営業の場合は、後述で詳しく触れますが、ノルマなどが少ない会社も多いことから、未経験者も歓迎している職場が多いと言われています。

上記のような背景から、化学メーカー営業は、未経験者も目指しやすい職業の1つだと言えそうです。

化学メーカー営業の利点2:ノルマや営業成績が少ない

上記でも触れましたが、化学メーカー営業は、法人ルート営業が多いため、過酷なノルマを強いられることや、営業成績で厳しい競争になることは少ないと言われています。

そのため、他の業界の営業と比較すると、ノルマや営業成績を気にする機会は少なく、のびのびと働きやすいという声もあります。

とはいえ、会社や職場によっても方針は異なるので、その点は注意しましょう。

化学メーカー営業の利点3:業界の安定性

各業界は、世界や各国の政策や株などによって、追い風の状況になる時もあれば、向かい風が吹く時もあります。

数ある業界の中でも、化学メーカーは社会における必要性も高く、安定しやすいと言われています。

そのため、化学メーカーの営業として働く場合も、会社が安定した業績を得やすいので、安心して働けると予想できます。

化学メーカー営業の利点4:社外接点が多い

化学メーカーに限らず、他の業界やメーカーの営業にも言えることですが、会社の同僚や上司と以外の関係性を築きやすい職業だと言われています。

営業として他の会社や職場へ訪問する機会が多く、いろいろな立場や職種の人と出会える職業です。>知見も広まりやすく、知り合いが増えやすい点は、化学メーカー営業という職業の大きな利点と考えられます。

化学メーカー営業の苦労1:実績を作るのに時間がかかる

化学メーカー営業は、ノルマや営業成績が厳しくない職場が多いと言われていますが、裏を返せば実績が作りづらいということになります。営業として実績を作るチャンスが巡って来づらい業界でもあるのです。

また、上述したように、化学メーカーの新規事業などは、ビジネスとして軌道に乗るまでに時間がかかることがあります。そのため、新規事業では営業としての実績を得にくいと言われています。

化学メーカー営業の苦労2:海外駐在には高い語学力と順応性が求められる

化学メーカーのビジネスは、日本国内より海外が主流になりつつあります。営業の場合も、日本ではなく海外のメーカーなどを相手に営業する場合は多く、海外駐在も少なくありません。

しかし、海外駐在をするには、現地で一般的なビジネス会話ができる程度の語学力は必須となります。また、文化や考え方、常識などは国によって異なるので、順応性の高さが求められる職業でもあります。

化学メーカー営業の苦労3:自分の成長が見えにくい

化学メーカー営業は、法人ルート営業が多いため、飛び込みでの訪問販売や新規開拓の営業はあまり行いません。そのため、自分のトークやセールスのスキルを試すチャンスが少なく、自分が成長しているかどうかを実感しづらい職種でもあります。

ノルマなどが少ないため、営業の中では楽と言われがちな化学メーカー営業ですが、セールスマンとしての自分の実力を試してみたい方からすると、物足りないと感じる可能性もありそうです。

化学メーカー営業の苦労4:顧客管理が多い

何度かご紹介しているように、法人ルート営業がメインの職場も多い化学メーカー営業ですが、その分顧客管理が大変だという声も多く挙げられています。

訪問した会社やクライアントの近況や状況、意見などから、それぞれの顧客が何を求めて何に悩み、どのようなアプローチをすべきか、割り出していく必要があります。たくさんの会社を訪問すると、それぞれの会社について考えていく必要があります。

化学メーカーへ就職や転職をする上で気になる点

就職や転職で化学メーカー営業という職業を志望する場合、どのようなポイントについて理解しておくと良いのか、考察してきます。

化学メーカー営業を目指している方や、興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

どこで求人情報を得られるか

近年では、就職や転職を支援するwebサイトが多数展開されています。特定の業界や職種に特化したサイトもあり、化学メーカーの求人情報や営業職の募集ばかりをピンポイントで紹介しているサービスも少なくありません。

化学メーカー営業の求人情報をお探しの方は、化学や営業に特化したサービスの求人サイトなどから探してみることをおすすめします。

文系に求められる化学のレベル

研究員などは各分野を専攻している理数系の社員が中心ですが、営業職などは文系の方も就職することが可能な場合もあります。

しかし、営業職の場合も、商品やサービスを説明するには、自社の製品などについて熟知しておく必要があるため、ある程度の化学に関する知識は必要となります。

少なくとも、高校で学ぶ化学の基本的な内容は覚えておいた方が良いと言われています。

化学メーカー業界は安定性もあり業務内容や業界の特徴からも狙い目となる業界

いかがでしたでしょうか。今回は、「化学メーカー営業」をテーマにして、職業の特徴や仕事の内容、利点や苦労などについて、考察・ご紹介しました。

化学メーカーは、業界としても変動が少なく安定している上、社会からの需要も高いと言われています。特に営業は、文系の方も目指すことができる職業なので、化学メーカーに就職したい方や営業職に興味がある方は、ぜひ化学メーカー営業への就職もご検討下さい。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related