Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?

皆さんこんにちは、今回は「転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?」と題して、「転職エージェントを使わない転職方法6つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に見られるいろいろなメリット・デメリットをご紹介します。

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?

転職エージェントとは

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
転職エージェントというのは「転職希望者が理想の職種に必ず就けるよう、手取り足取りそのハウツー」を教え、転職情報を実践的に活用し、さらにその就活を斡旋してくれる専門のサイトとなります。普通の転職サイトとはまったくシステムが変わります。

一般的に転職エージェントを利用する際には、転職サイトを利用する場合にない「担当者」が付くことになり、担当者との協力によって理想の転職活動が進められます。

平均の転職成功率は?

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
平均の転職成功率についてですが、これは転職エージェントそれぞれによって変わってきます。また年齢や転職希望者の状況・転職条件(ニーズ)によっても大きく変わるため、一概に「○%」という形では推計されません。

そうした内容・背景を含めた上での平均転職成功率を見る場合、それぞれの職種への内定率確保を想定し、「40%から60%」程度となるでしょう。応募から面接で40%前後、最終面接から採用までで60%です。

転職エージェントを使わない転職方法6つ

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
さてここから「転職エージェントを使わない転職方法6つ」と題し、転職エージェントを一切使わないで転職するためのハウツーや状況、それぞれの方法によって得られるメリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

一般的に転職時には転職エージェントを使うという傾向がよく見られますが、要点は「転職エージェントで教えられるハウツーを、独自に把握すれば問題ない」ということになります。

転職エージェントを使わない転職方法1:転職サイト

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
まず転職エージェントを使わなくても、そこで得られる情報や転職ハウツーを独自で会得しておけばOKです。書類作成や、面接でのコツを押さえておきましょう。

この場合、ハローワークや転職サイトの利用がまずあげられ、転職サイトの場合は「開示されている求人情報を活用し、自分で転職までの準備をしていく」という形となり、そこで必要となる段取りをすべてすることになります。

転職エージェントを使わない転職方法2:地域密着型の求人誌

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
地域密着型の求人誌ですが、これはいわゆる「求人広告」と呼ばれるもので、定期的に求人情報を掲載し、それに応募する形で理想の転職が可能になる形です。

この地域密着型の求人誌を利用する上での利点は、「最寄りの転職先」となるため、採用確率が高く、転職に際して準備を十分しておくことによって、ほぼ着実に転職・内定を得るまでの準備が整う点にあるでしょう。

転職エージェントを使わない転職方法3:ハローワーク

まずハローワークで必ず活用するものは求人票で、その見方として要点を押さえておくことが大切になるでしょう。

・勤務場所(近いかどうか)
・給料システム
・雇用契約の具体的な内容(正規社員、パートなど)
・保険制度
・休日の取り方
・実際に行なう仕事内容


この6点をまず十分確認し、自己ニーズに見合うかどうかを把握しましょう。特に「実際の仕事内容」と「給料システム」の点は大切です。

転職エージェントを使わない転職方法4:リファラル採用

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
「リファラル採用」は基本的に「縁故採用」とも呼ばれ、その企業に所属して働いている社員からの紹介・推薦によって決まる採用方法を意味します。一般には「コネで入る」という形になり、場合によっては非常に楽な就活・転職活動となるでしょう。

しかしこの場合はそうした「推薦してくれる人」を事前に確保しておく必要があり、そういう環境にない場合は、初めから転職はむずかしくなります。

転職エージェントを使わない転職方法5:ヘッドハンティング

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
「ヘッドハンティング」では「運営者、経営幹部などをはじめ、それに準ずるミドル層などの優秀な人材を外部からスカウトし、自社に引き入れること」を指します。この場合はいわゆるスカウトの感覚になるでしょう。

他社の社員を引き抜きの形で自社へスカウト・登用し、それまでの雇用条件よりもさらに好条件を出すなどして、引き抜きに徹底した採用活動となります。場合によってはかなりの特典となります。

転職エージェントを使わない転職方法6:SNSで採用担当者に直接接触

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
現代ではこの「SNSで採用担当者に直接接触する」という方法もかなり増えてきており、この場合は企業のホームページでの採用を受ける場合と同じとなるため、求職者と企業との直接の連絡のやり取りになります。

場合によっては経費が掛からず、またマイペースで就活を進めていけるため、期間・労力の短縮を想定する上でこのSNSでの就活を進めるメリットは十分あります。この方法も一度試してみましょう。

転職エージェントを使わないで転職するメリット3つ

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
よくある質問で、「転職エージェントを使わない場合のメリットは」というものがあり、この場合で多い回答では「マイペースで転職活動が勧められる」や「情報に左右されることがない」、また「ムダなお金をかけることもなく円滑な活動ができる」などが見られます。

この場合は、転職エージェント以外の情報を正確に取得しておき、いつでも採用状況を確認できるよう環境を整えることで、その労力を短縮できます。

転職エージェントを使わないで転職するメリット1:自分のペースで転職活動ができる

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
就活・転職時にはまず事前準備と対策が必須です。この対策にしても、マイペースで進められるならそのほうがムダな期間・労力をかけることなく、正確な企業分野・職種の特徴を調べることができるでしょう。これは転職エージェントを使わない成果となるでしょう。

転職エージェントを使わない場合、独自で調べた企業情報を転職活動時に必須の情報を合わせて確認することが重要で、最適の職種を見付けるための基準を獲得できます。

転職エージェントを使わないで転職するメリット2:煩わしい勧誘がない

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
転職エージェントを使わない魅力・メリットとして、この「煩わしい勧誘がない」という利点もあります。これは転職エージェントを利用することで得られる「膨大な量の情報」をすべてシャットアウトでき、自分に必要な情報だけを活用できるメリットになります。

転職エージェントを使わない場合、各種転職に必要となる求人メールがこないため、自分で獲得した情報だけをストックする形になります。この点で情報が整頓できます。

転職エージェントを使わないで転職するメリット3:どんな求人にも応募できる

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
転職エージェントを使わない場合の大きな利点として、この「どんな求人にも自由に応募することができる」というものがあります。

この理由は、転職エージェントを使う場合には、そのエージェントであらかじめ示唆された求人情報を活用し、その情報をもとに転職活動を進めていく、という暗黙の了解があることに見られます。そのため、転職できる分野があらかじめ定められる形になります。

転職エージェントを使わないで転職するデメリット4つ

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
さてここからは「転職エージェントを使わないで転職するデメリット4つ」と題して、転職エージェントを使わない場合に見られるデメリットを詳しくご紹介していきます。

転職エージェントを使わない場合のデメリットとしてあげられるのは、まず選考通過率の低下、自己分析の機会が不足すること、活動が長期化する恐れがあること、などがあげられ、結果的に転職エージェントを使わない場合のほうが労力がかかる場合が見られます。

転職エージェントを使わないで転職するデメリット1:選考通過率の低下

転職エージェントを使わない場合の最大のデメリットとして、この「選考通過率の低下」が見られます。基本的に転職エージェントを使うことによって「転職活動・内定率確保に必要な活動内容・準備内容」がすべて整えられるため、この点はやはり見られるでしょう。

転職活動に必要な情報をいかに上手く活用するかに視点を当て、その求職者の現状に見合わせた転職活動を進めるため、使わない場合よりも遥かに不利な点があります。

転職エージェントを使わないで転職するデメリット2:自己分析の機会が不足する

転職活動をする上で、まず「自己スキルを客観的に確認しておく」ということは必須の作業となり、そのためには自己分析の時間を十分確保することが重要です。

転職エージェントを使わない場合では、この「自己分析をする時間がかなり不足する」という点が見られ、その分析をする努力すらしない・その方法がわからないなどといった不利な点が目立ってきます。ここでも、転職エージェントを使わない場合の大きな弱点があります。

転職エージェントを使わないで転職するデメリット3:長期化の恐れがある

転職エージェントを使わない場合の大きなデメリットの3つめとして、この「転職活動そのものの長期化」があります。

転職エージェントを使わない場合には、基本的(具体的)な活動期間の設定をすることができず、すべて目分量での活動期間を強いられることになります。

その点で、転職エージェントを使う場合は「3か月間で一応の目途を付ける」という基準があるため、この場合に使わない際での弱点がその活動期間に見られます。

転職エージェントを使わないで転職するデメリット4:本来なら利用できる求人情報を活用できない

転職エージェントを使わない場合の4つのデメリットとして、各転職エージェントが確保している「独自の非公開求人情報」を活用できないという大きな不利が見られます。

本当ならその自己スキルを欲しがっている企業があるに関わらず、その求人情報を知らなかったばかりに転職の機会を逃してしまった、という例は多く、これも転職エージェントを使わない場合に見られる最大のデメリットとなるでしょう。

自分にあった転職活動のやり方を見つけることが大切

転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?
いかがでしたか。今回は「転職エージェントを使わない転職方法6つ|メリット・デメリットは?」と題して、「転職エージェントを使わない転職方法6つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に見られるいろいろなメリット・デメリットをご紹介しました。

転職エージェントを使わない場合のメリット・デメリットですが、これは求職者各自によって大きく変わります。大切なのは情報の活用と自己分析です。

Related