Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?

転職エージェントを使う転職活動がメジャーになってきていますが、みさなんは転職エージェントの使い方を知っているでしょうか。実はこんなことも手伝ってくれるという転職エージェントの使い方などをたくさんご紹介して行きます!ぜひご覧ください。

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?

転職エージェントとは

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
転職エージェントに頼ると、孤独になりやすい転職活動がスムースにストレスが少なく行なえます。そもそも転職エージェントとは、転職情報や面接対策などを行なってくれる専門のアドバイザーたちのことです。

転職エージェントの魅力を今回は伝えながら、便利な使い方についても学んで行きましょう。なかなか転職エージェントの使い方がわからないという方にも、転職エージェントの魅力がつたわること間違いなしです。

転職サイトとの違い

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
「転職エージェントって転職サイトとは何が違うのかな」と不思議におもっている方も少なくはないので、安心してください。転職エージェントは専任のアドバイザーが個人個人についてくれますが、転職サイトは求人情報が掲載されているだけという違いがあります。

情報が知りたいときには転職サイトを検索してみれば大丈夫ですが、転職エージェントは転職活動全体をしっかりとサポートしてもらいたいときに使うといいでしょう。

転職エージェントの4つの役割

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
転職エージェントの使い方を知るには、まず役割について知って行くとわかりやすいでしょう。主に転職エージェントには4つの役割が期待できます。

転職サイトでは求人情報を検索して見るだけですが、転職エージェントであれば複数の役割や効果があるので上手に使うと転職活動が効率的に行なえます。

リサーチだけならば転職サイトを活用してみるのもおすすめですが、ぜひ今回は転職エージェントの使い方を知ってください。

転職エージェントの役割1:情報提供

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
まずは情報提供が挙げられます。転職エージェントでは転職活動に関わるさまざまな情報を提供していて、求人だけではなくてセミナーなど面接対策にも役立てることができます。

ほとんどの転職エージェント初心者さんたちは、セミナーや説明会の情報収集に慣れていない事が多いため、かなり助けられるでしょう。例えば異業種への転職活動のときには、事前の知識もかなり重要となってくるため、セミナーがあると助かります。

転職エージェントの役割2:アドバイス・相談

アドバイスや相談は転職活動になくてはならないアクションです。自分にしっかりと考えや計画が合っても、転職する業界について知識が無ければ役立てる事はできません。

しかし転職エージェントを活用すると、自分にはない各業界についての専門的なアドバイスが貰えたり相談に乗ってもらう事ができます。

客観的な意見や、とても親身な意見などどれも参考になる意見が貰える事でしょう。ぜひ恥ずかしがらずに相談をしてみましょう。

転職エージェントの役割3:転職ノウハウの伝授

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
大掛かりな転職は人生にあまり回数はないでしょうが、転職にだってノウハウはあります。転職エージェントはしっかりとそれらのノウハウを、惜しみなく教えてくれます。

しかも現代では非常に質の高いノウハウが伝授されます。転職エージェントから学ぶノウハウは、転職活動が初めての方でも、何回目かで慣れてきた方でも参考になる事間違いなしでしょう。

しっかりと身につけてさらに今後に活かして行ってください。

転職エージェントの役割4:サポート

面接や書類の書き方は、企業によって多少の決りやクセがあったりします。転職エージェントは、そういった採用に関わる事のサポートを丁寧にしてくれます。

「希望している企業に出す書類は、このように書きましょう」とか「面接でこういった事を聞かれる可能性が高いです」などのように、かなり有力で役立つ情報ばかりです。

せっかくならサポートしてもらって合格の可能性を上げたいと考える人が多いでしょう。ぜひ活用しましょう。

転職エージェントの使い方7つ

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
それでは、続きましては転職エージェントの使い方を徹底的にご紹介していきます。便利で賢い転職エージェントの使い方はいったいどのような使い方なのか、しっかりと知ってぜひ実践してみましょう。

今回は、転職エージェントを使うならぜひ意識して依頼して欲しいことや、尋ねてみて欲しい事をメインにご紹介していきますので、転職エージェント初心者さんでも上級者さんでも助かる情報ばかりでしょう。

転職エージェントの使い方1:業界や分野の選択

最初の転職エージェントの使い方は、業界や分野の選択です。特に異業種に転職を考えている方や、どんなジャンルに転職したら良いか悩んでいる方はこの使い方をするのをおすすめします。

適性診断などの簡単なテストや、お休みや年収、勤務地などの希望から転職エージェントはマッチングしやすそうな企業やジャンルを教えてくれます。

もしも希望の業界が決まっていても、自分のことを客観的に知るチャンスなので活用しましょう。

転職エージェントの使い方2:非公開求人

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
「非公開求人」を紹介してもらうという使い方はおすすめできます。非公開求人とは、限られた転職エージェントやサイトに登録しなければ見る事ができない求人情報のことです。

比較的条件が良くしてあったり、人材を厳選したいパターンが多いので、むやみに応募されて倍率が無駄に上がらないよう、企業が非公開求人にしていたりします。

非公開求人とマッチングしたら面接までは確約されることも多いため、チャンスを掴みましょう。

転職エージェントの使い方3:キャリアコンサルタントの相性

続いての使い方はキャリアコンサルタントの相性についてです。キャリアコンサルタントとの相性が知りたいときに転職エージェントを使うという使い方もあります。

キャリアコンサルタントは国家資格です。そのため限られた人しか名乗っていませんが、かならずしもマッチングするとは限りません。企業によっては、従業員たちのキャリアアップのために導入して、人事に関係している場合もあるので、相性が知れると便利でしょう。

転職エージェントの使い方4:情報の質と量

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
転職エージェントの使い方で覚えておくと良いのが、情報の質と量についてです。転職エージェントにもクセがあるので、情報の質や量について統計をとっておきましょう。

すると、自分の希望をどの程度考えてくれているのかや、その転職エージェント会社の持っている求人情報の量などが把握できます。あまり合わないなと感じたら、他のエージェントを使う事もできます。

ぜひ使い方を心得て、転職エージェントを上手に活用しましょう。

転職エージェントの使い方5:様々なサポート体制

使い方でわかりにくいのがサポート体制の種類についてです。無料でエージェントを活用できるのはどのサポートまでなのか、有料バージョンとはどの程度サービスが違うのかなど、知っておきましょう。

サービスの種類を知らない事は、転職エージェントの便利な使い方をわかっていないと同じです。転職エージェント企業によっては、完全に無料であったり成功報酬だったりするので、サービスの質で選ぶのも良いです。

転職エージェントの使い方6:評判や口コミの重要性

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
転職エージェントの使い方で便利なのが、評判や口コミについて調べてもらうという使い方でしょう。自分でインターネットを使って検索することもできますが、この場合は「転職エージェント間での口コミ」などを聞く事をおすすめします。

正直に「あなたはこの企業にどのようなイメージを持っていますか」とか「転職紹介した方は続いていますか」など、率直な質問をぶつけてみてエージェントの表情などからも読み取ってみましょう。

転職エージェントの使い方7:複数登録する

転職エージェントでの賢い使い方は、複数登録する事です。先ほどもご紹介しましたとおり、転職エージェントは無料であったり、成功報酬の場合があるため複数に登録しても全く費用がかからないパターンもあるので安心です。

しっかりと利用規約などを確認して上手く複数の転職エージェントを使いこなしましょう。さまざまなエージェントと話す事によって、たくさんの情報や自分意外の意見などを知る事ができ、参考になります。

転職エージェント利用時の注意点4つ

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
ここまでは、転職エージェントのたいへん便利な一面をご紹介してきましたが、どんなことにも注意点はあります。今回はしっかりとそれらの注意点についてもご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

転職エージェントを利用することが初めてだと、意外と知らない事もありますので、驚くような注意点もあることでしょう。事前に知っておけば、万が一トラブルに発展しそうなときも落ち着いて対応できます。

転職エージェント利用時の注意点1:応募の重複

応募が重複するパターン大きく2つあります。まずは複数の企業に同一スケジュールで応募してしまう「ダブルブッキングタイプ」です。もう1つは複数の転職エージェントから同一企業に応募してしまうパターンです。

このどちらも、「どうしたら悪印象にならないか」と不安になるような事です。そのためしっかりと転職エージェントと確認をしながら、自分でも企業名やスケジュールなどを管理しなくてはいけません。

転職エージェント利用時の注意点2:経歴の詐称・虚偽

転職は今よりもキャリアアップしたいと考える方が多いため、自分を良く見せたいと思いがちでその結果、経歴の詐称や虚偽を行なう場合があります。バレなかったとしても行なってはいけません。「詐欺」となってしまいます。

みなさんが人事部や採用担当者だったときに、応募してきた方が詐称していたとわかったら、ものすごく会社に損害が出たと考えるでしょう。イメージが良くありません。長期的な目で自分を育てましょう。

転職エージェント利用時の注意点3:ウソの申告

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
よくあるのが、定期券の区間などの交通費に関わるウソの申告です。これらは歩いて電車の駅に行けるのに、あえて駅までバスを使うと申告するパターンもあります。

交通費が福利厚生として支給される場合にも、しっかりと正しい申告をして「企業側に損害が無いように」しましょう。ウソがばれる事を恐れながら生活するのも苦しいですから、自分を大切にしましょう。

転職エージェント利用時の注意点4:即答しない

転職エージェントが求人情報を勧めてくると、ついつい魅力的に感じやすかったりして「では、そこの企業にします」と言いそうになります。しかし、情報はよく集めてから転職に踏み切りましょう。

中には自分の成績を上げたくて、転職を成立させたいがために勧めている転職エージェントもいます。全ての情報をうのみにはせず、自分でしっかりと見極めてください。その先に転職成功が待っています。

転職活動の第一歩は転職エージェントへの登録から!

転職エージェントの使い方7つを紹介|利用時の注意点4つとは?
いかがでしたでしょうか。今回は転職エージェントの使い方や利用するときの注意点などをご紹介してきました。

せっかく転職というチャンスを掴んだのなら、しっかり成功まで離してはいけません。たくさんの求人情報からエージェントと一緒に、自分にマッチングする仕事を選びましょう。

そしてキャリアアップやスキルアップを果たしてください。計画的に効率よく行なえば、転職は怖くありません。

Related