Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月08日

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点

日本国内には50社以上の転職エージェントがあります。その中で20社近くが外資系企業の転職支援を行っています。外資系企業への転職支援を行っている転職エージェントの中で14社が外資系企業に強いためおすすめです。では、その14社とはいったいどこでしょうか。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点

外資系企業の転職事情

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
人手不足などから企業の採用ニーズが高まり、現在の転職市場は売り手市場といわれています。では、外資系の転職市場はどうでしょうか。外資系企業でも採用ニーズが高まり、転職市場は活性化しています。

なぜ外資系企業の採用ニーズが高まっているのでしょうか。理由は事業の拡大・新規事業の立ち上げ・日本市場での販路を拡大し、日本市場で販売促進を行うためということがあげられます。

雇用の需要や背景

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
外資系企業での雇用需要が伸びている背景には、転職者が外資系企業の働き方に注目していることがあげられます。外資系企業では、フレックスタイム・テレワーク・在宅勤務が導入されています。

フレックスタイム・テレワーク・在宅勤務が導入されていることにより、外資系企業では仕事とプライベートを分けることができます。そのため転職者が外資系企業への転職を希望し、企業側では雇用需要が伸びているといえます。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
外資系企業に転職するためにはどうすれば良いのでしょうか。答えは外資系企業の転職に強い転職エージェントを利用することです。日本国内でも外資系企業の転職に注力している転職エージェントがあります。

日本の転職エージェント数は50社以上です。50社の中で、外資系企業の転職に注力している転職エージェントは20社程度あります。20社の中から外資系の転職に強くておすすめできる転職エージェントを14社ご紹介します。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
リクルートエージェントとは株式会社リクルートキャリアが運営している転職エージェントです。リクルートエージェントは外資系転職エージェントの買収を繰り返し、世界で4位の規模があります。

拠点はアジア圏で46ヵ国にあり、アジア圏にある企業の求人を豊富に扱いるため、アジア圏の外資系企業の転職に強いエージェントといえるでしょう。リクルートエージェントはサポートも充実しており、企業への交渉力にも定評があります。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント2:JACリクルートメント

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
JACリクルートメントとは株式会社ジェイエイシーが運営している転職エージェントです。JACリクルートメントは世界12ヵ国に拠点があるため、外資系企業への転職が強いでしょう。

JACリクルートメントでは一人の転職者に二人の担当者が就きます。一人の担当者が転職者のサポート、もう一人の担当者が企業のケアを行います。担当者は情報共有をしているため企業事情を熟知、サポートも充実していると定評があります。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント3:ビズリーチ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
ビズリーチとは株式会社ビズリーチが運営している転職エージェントです。ビズリーチには1,800名以上のヘッドハンターが在籍しており、ヘッドハンターから外資系企業の求人案件が紹介されます。

ビズリーチはハイクラス向け会員制転職サイトです。会員クラスはタレント会員とハイクラス会員があります。プランはスタンダードプランとプレミアムプランがあり、プレミアムプランはヘッドハンターが持つ求人に積極的に応募できます。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント4:doda

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
dodaとはパーソルキャリア株式会社が運営している転職エージェントです。dodaには「英語・中国語を扱う企業の転職に強い」と定評があるdodaグローバルがあります。

dodaグローバルは扱っている求人が業種・職種共に豊富です。担当者は求職者に代わり企業にしっかり交渉を行うため、利用者の満足度に定評がある転職エージェントです。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント5:ロバートウォルターズ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
ロバートウォルターズはイギリスに本社を持ち、世界28ヵ国で人材紹介ビジネスを行っている転職エージェントです。ロバートウォルターズは求職者の書類選考突破率が高いです。

書類選考率が高い理由は、企業が「ロバートウォルターズの推薦なら」ということで書類選考がゆるくなる、つまりロバートウォルターズが信頼されていると考えられます。そんなロバートウォルターズは、担当者が業界に特化していることでも定評があります。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント6:アンテロープ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
アンテロープは外資系の金融・コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。アンテロープはコンサルティングファーム、経営戦略・事業戦略・企業再生などの求人案件が多いことで定評があります。

アンテロープの担当者は、求職者に企業の内部情報・ポジション情報・マーケット動向などの情報を提供しています。利用者の年齢層は30代、年収は700万円以上とハイクラス・ハイキャリアが多いです。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント7:コトラ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
コトラは職業有料事業者に認定された転職エージェントです。コトラはエグゼクティブの転職に注力しており、投資銀行・ファンド・不動産金融業界の求人案件を豊富に取り扱っています。

コトラのキャリアコンサルタントは、業界のスペシャリストです。そのため業界やマーケット動向に熟知しています。コトラの担当者は企業側からの要望を求職者に伝えるばかりでなく、業種や職種に応じた英文のレジュメを作成します。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント8:ヘイズ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
ヘイズはイギリスで創業し、世界60ヵ国以上に拠点を持つ転職エージェントです。金融・不動産・コンサルティング、経理・財務・管理などの求人案件を豊富に取り扱っています。

ヘイズは世界8ヵ国にグローバルネットワークを持っています。グローバルネットワークにはグローバル人材が集まっています。ヘイズのグローバル人材は外資系企業に定評があります。ヘイズの求人案件はハイキャリア向けのものが多いです。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント9:ランスタッド

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
ランスタッドはオランダで創業し、世界2の規模をほこる転職エージェントです。他企業とのパイプがしっかりしているため企業の内部事情に詳しく、書類選考も突破しやすいでしょう。

日本国内では知名度が低いですが、知名度が低い分、担当者が求職者へのフォローに時間をかけられます。そのため、サポートの充実とフォローの品質の高さには定評があります。ランスタッドの求人案件はハイクラス向けのものが多いです。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント10:マイケル・ペイジ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
マイケル・ペイジはイギリスで創業し、世界34ヵ国に拠点を持つ転職エージェントです。マイケル・ペイジはスキルや専門性を重視しており、扱っている求人の年収が700万円以上です。

社内には14の専門チームがあるため、専門的に業種と職種を網羅しています。中でもIT・経理・財務は「リクルートメント・インターナショナル・アワード」で最優秀賞を受賞しています。そのため、IT・経理・財務に強いといえるでしょう。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント11:Spring転職エージェント

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
Spring転職エージェントを運営するアデコは、スイスで創業、世界60ヵ国に拠点を持つ世界1位の規模をほこる転職エージェントです。求人案件には、グローバルネットワークを活用した非公開求人が多くあります。

Spring転職エージェントの求人の量・求人の質・提案力は、トップクラスと定評があります。担当者は求職者と求人企業を担当するため、求人情報が正確であり求職者にマッチした求人を紹介できます。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント12:エンワールド

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
エンワールドは金融分野に特化した転職エージェントで、拠点がアジア太平洋地域に7ヵ所あります。エンワールドでは、グローバルネットワークを活用してグローバルなキャリア支援を行っています。

エンワールドには業界と業種に特化したチームがあるため、担当者は業界と業種について熟知しています。そのため求職者に業界情報やマーケット動向を提供できます。エンワールドが扱う案件はスペシャリストに特化した求人が多いです。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント13:アズール&カンパニー

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
アズール&カンパニーは外資系の消費財業界に特化した転職エージェントです。消費財業界とは、家庭や個人で消費する物を製造する業界のことをいいます。クライアントの80%が外資系の消費財業界の企業です。

アズール&カンパニーは面談に注力しているため、面談の質が良いという定評があります。担当者は直接企業からヒアリングを行っているため、求職者に正確な情報提供を行うことができます。

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14:ISSコンサルティング

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
ISSコンサルタントは創業してから約20年間、外資系の転職支援に特化している転職エージェントです。20年間の転職支援という実績からクライアントに信頼されています。

ISSコンサルティングの98%が外資系企業であり、案件の中にはハイクラス・ハイキャリア向けの求人もあります。担当者は求職者の情報を企業へ、企業の情報を求職者へ提供するため意思疎通をしながら転職活動を行うことができます。

外資系転職エージェントを利用する際の注意点3つ

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
外資系転職エージェントを利用する際に注意するポイントはいったいなんでしょうか。注意するポイントは「即答しない」・「経歴にウソをつかない」・「同じ案件に申し込まない」ことの3つです。

「即答する」・「経歴にウソをつく」・「同じ案件に申し込む」ことを行ってしまうと企業から悪い印象を持たれてしまい、企業との信頼関係が構築できなくなります。注意点と信頼関係構築にはどのような関係があるのでしょうか。

外資系転職エージェントを利用する際の注意点1:即答しない

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
外資系転職エージェントとの面談で紹介された求人は熟考し、持ち帰りましょう。なぜなら面談で提案する求人は、求職者との認識の擦り合わせ、今後の求人案件の提案の確認をするための提案だからです。

限られた面談の中で担当者は、「あなたの希望はこのような求人ですか」と求人案件を提案することで求職者との認識が違いがないか確認しています。案件に即答してしまうと担当者が不信感を抱いてしまいます。

外資系転職エージェントを利用する際の注意点2:経歴にウソをつかない

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
経歴にウソをつくと経歴詐称となり、転職エージェントと企業の双方との信頼関係の構築ができなくなります。また人格的に問題があると転職エージェントに判断されて求人案件が紹介されなくなります。

経歴詐称は見抜かれます。外資系企業ではリファレンスチェックを行い、エージェント側でも経歴詐称を見抜くためのノウハウを積んでいます。そのため転職活動を有利に進めるためには、経歴に真実である必要があります。

外資系転職エージェントを利用する際の注意点3:同じ案件に申し込まない

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
複数の担当者から同じ案件に応募することを重複応募になります。重複応募は企業側とエージェント側から社会人の在り方・管理能力などを疑われてしまい、信頼関係の構築ができなくなります。

重複応募を防止するためにはどうすれば良いのでしょうか。担当者側には他社を利用していること、応募した企業を話すことです。自分では応募した企業リストを作成することです。そうすることで重複応募を防ぐことができます。

外資系の転職を成功するには転職エージェントを利用しよう

外資系の転職に強いおすすめ転職エージェント14選|利用時の注意点
いかがでしたか。今回は外資系の転職に強いエージェントをご紹介しました。転職エージェントの中には外資系企業への転職支援に特化したところがあり、外資系企業への転職に特化したエージェントを利用することで外資系企業へ転職することができます。

転職エージェントごとで得意なジャンルと強みが異なります。そのため、自分が希望する業種・職種と転職エージェントの得意な分野と強みを擦り合わせて転職活動を行いましょう。

Related