Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?

今回は薬剤師に強い転職エージェント8選と薬剤師にエージェントは必要なのかについて、ご紹介します。年収や人間関係、労働環境など悩み転職を考えている薬剤師の方は是非読んで参考にしてください。そして自分の目標のため転職を成功させましょう。

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?

薬剤師の転職にエージェントは必要?

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
薬剤師は一般企業に比べ転職する人が多く、その転職理由としては年収アップ、人間関係、労働環境などが多くあげられます。このような理由で転職を考えるなら事前に情報収集を行い、転職エージェントを利用するとよいでしょう。

ここからは転職エージェントを利用するメリット、年収や勤務交渉、裏情報を加味したマッチング、非公開情報について詳しく説明します。参考にして、利用するかどうか検討してみてください。

薬剤師が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、転職活動のサポートを無料で受けることができ、自分のキャリアに対し具体的なアドバイスをもらえ、自分にあった求人を紹介してくれることです。

自分の希望にあった求人を探してくれるので探す手間が省けます。また面接対策や、エージェントによっては面接に同行してくれるので、初めて転職する人や、転職が不慣れな人には便利に利用できるでしょう。

年収や勤務交渉

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
年収や勤務交渉など聞きづらいことや、交渉できないことなど転職エージェントが行ってくれるので、希望通りの転職が可能になるでしょう。

年収や勤務交渉をエージェントが行ってくれることは知らない人も多いでしょう。あと少し年収が良ければ、勤務日を変更したい、でも言われたら大丈夫ですと答えてしまう、そんな時には悩むことなくエージェントにお願いしましょう。

企業の裏情報を加味したマッチング

企業の裏情報とは職場の年齢層、実際の残業状況、有給取得状況などです。転職エージェントによってはコンサルタントが直接現場見学を行い職場の雰囲気、代表者の人柄などの情報を得ています。また独自ネットワークを活かし裏側の内情を収集しているところもあります。

求人票からは見えない有給が取得できているか、働きやすい職場なのかなどの情報を提供してくれるので、自分の希望をはっきり伝え利用しましょう。

非公開案件

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
非公開案件は転職サイトに登録することで、初めて情報を見ることができる求人情報のことをいいます。薬剤師の転職サイトは非公開情報が多いです。

この非公開情報には、高収入や好条件の求人が多いのが特徴です。登録の手間などはありますが、自分の条件にあう案件が見つかる確率は高くなるので、転職エージェントへ登録することをおすすめします。

薬剤師に強い転職エージェント8選

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
薬剤師専門の転職エージェントだけでもたくさんのエージェントがあります。これから薬剤師に強い転職エージェント8選を紹介します。

自分に適したエージェントを探す際に参考にしてください。また1社ではなく2、3社登録することをおすすめします。

薬剤師に強い転職エージェント1:ファルマスタッフ

ファルマスタッフは全国に調剤薬局を展開する日本調剤グループが運営しています。調剤薬局の求人数は55,000件以上と業界トップクラスの件数です。

全国に15拠点を構えコンサルタントはエリアの状況を詳しく把握し、紹介先にできる限り足を運び事前確認を行っています。

また遠方の人や都合のつかない人を除き、悩みや希望を聞く対面式の個別相談を行っています。さまざまな教育サービスを提供しスキルアップを応援してくれます。

薬剤師に強い転職エージェント2:薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは薬剤師の登録者数が業界1位で薬剤師転職の王道サイトです。親会社は日本最大級の求人数を誇るm3で独自のネットワークを活かし、求人の募集情報や裏側の情報を収集し独占求人や調査情報も提供してくれます。

コンサルタント満足度も95%と専門性の高さと迅速な対応が好評です。求人の条件交渉、内情調査などきちんとサポートしてくれるので、何でも相談しましょう。

薬剤師に強い転職エージェント3:マイナビ薬剤師

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
マイナビ薬剤師は利用者満足度が5年連続1位で、転職業界最大手のマイナビが運営しています。

求人数53,000件で薬剤師専任のアドバイザーが直接足を運んでヒアリングした生の情報を提供してくれます。

また1人あたり平均19.5件と豊富な求人を提案してくれ、エリア毎の求人を網羅したり、薬局事情に詳しいなど、利用者にぴったりの求人を紹介できる仕組みがあり、アドバイザーの親身さも評判です。

薬剤師に強い転職エージェント4:ファーマジョブ

ファーマジョブは希望の合った条件が見つかるまで担当コンサルタントが対応をしてくれます。仕事の紹介はもちろんですが、入職後の不安なども含め転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

専任のコンサルタントが面談から入職後のフォローまで一貫して担当してくれます。有給休暇取得率、離職率などもヒアリングを基に、より詳細な情報を提供するため努力しています。

薬剤師に強い転職エージェント5:薬剤師求人.com

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
薬剤師求人.comは1回だけの登録でリクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師をはじめ地場の人材紹介会社まで22社の掲載する78,000件以上の求人から応募することが可能です。

応募したい求人が見つからない人には希望を叶える3社を紹介してくれます。業界で唯一、薬剤師の転職サポート実績豊富な人材紹介会社のやりとりまでサポートし、サポートの途中で紹介された会社などが気に入らない場合は追加での紹介を行ってくれます。

薬剤師に強い転職エージェント6:アプロドットコム

アプロドットコムは求人数72,000件以上と求人数が多く都道府県、市町村、雇用形態など、こだわりの条件で検索したり、アドバイザーに探してもらったり希望に沿った求人探しが可能です。また求人数の中でも調剤薬局やドラッグストアの求人数が多いです。

履歴書などの書き方、面接の心得、扶養内の稼ぎ方など転職に使えるテクニック、ノウハウも満載です。

薬剤師に強い転職エージェント7:薬剤師転職ドットコム

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
薬剤師転職ドットコムは医療系の転職ではm3と双璧であるメディウエルが運営しています。メディウエルの親会社はドラッグストア経営などで有名なアイングループです。

このため、しっかりとした経営母体で強固な医療機関ネットワーク、求人数を駆使し、納得のいく転職を全力で支援してくます。また入職後に活躍できる環境か、希望を叶えられるかなどを考えてくれます。

薬剤師に強い転職エージェント8:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は人材紹介最大手のリクルートが運営しています。薬剤師専任のキャリアアドバイザーが細部まで丁寧にヒアリングし満足のいく転職を最短ルートで実現してくれます。

また、かかりつけの薬剤師、薬局、在宅医療など取り巻く環境が大きく変わりつつある中で、どのような人物がリーダーとして長く活躍できるかなどを東京大学、慶応義塾大学と共同研究し転職をサポートしてくれます。

薬剤師に強い求人転職エージェントの選び方

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
薬剤師に強い求人転職エージェントは上記で紹介したように数多くあります。エージェントの選び方について紹介しますので参考にしてください。

転職に成功するために転職エージェントを上手に選択し、自分に適したエージェントを活用しましょう。またエージェントは1社だけでなく複数社を選択することも転職を成功させる重要な鍵です。

職場に関する情報量

薬剤師転職の理由で人間関係があげられているように、求人の待遇面だけでなく職場に関する情報量は重要になります。

労働環境は病院や薬局などで大きく異なります、待遇面だけでなく現場の雰囲気やスタッフの人柄、実際の残業時間などの職場に関する裏情報もたくさん把握している転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

目的にあった案件の保有

自身の目的にあった案件を提案してくれるエージェントを選びましょう。何を目的に転職するのか転職理由を基に求人紹介をしてもらうことをおすすめします。

例えば年収をあげたい、良好な人間関係を築きたいなど目的を明確にもち、そのうえでエージェントを選びましょう。

薬剤師が転職エージェントを利用するメリットを知ろう

薬剤師に強い転職エージェント8選|薬剤師にエージェントは必要?
いかがでしたか薬剤師の転職にエージェントは必用なのか、薬剤師の転職に強い転職エージェントを紹介してきました。

自分にはエージェントは必要か、適したエージェントはあるのかの参考にしてください。そして薬剤師が転職するのにエージェントを利用するメリットを知り、転職を成功させましょう。

Related