Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

転職の年収アップ相場とは?|転職時の年収アップ交渉のポイント3つ

この記事では、各年代・性別や業種ごとの年収アップについて解説します。転職で年収のアップは可能なのか、転職をした場合自分の年代・職種ではどの程度の年収アップが見込めるのか、そういった疑問をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考にして転職活動を進めてみてください。

転職の年収アップ相場とは?|転職時の年収アップ交渉のポイント3つ

転職で年収アップは可能なのか

現在の年収に不満がある、なんとなく転職を考えている、という方が気になるのはやはり「転職で年収を上げることはできるのか」ということではないでしょうか。

この記事では、性別や年代、業種によって異なる転職による収入の変化の相場や、転職時の年収アップの交渉ポイントなど転職に関する疑問について徹底的に検証しました。転職による収入アップを目指している方は、この記事をぜひ参考にしてください。

年収アップの現状

年収アップを期待して転職をしたが年収が下がってしまった、新卒入社で勤めた会社が一番大手で給与が良かった、という話をよく耳にすることでしょう。

実際に、転職をする前の方が年収がよかった、入社時に希望年収をうまく伝えられなかった、という人は多く、転職を行ったからといって必ずしも年収アップに成功するとは限りません。年収アップの転職を成功せさせるために、まずは同年代の年収の相場について知っておきましょう。

【性別・年代別】転職の年収アップ相場6選

性別や年代、職種や経歴によっても転職の年収アップの割合は大きく変わってきます。役職が上がるまで辛抱して待つ方が、転職をするよりも結果的に年収が高くなるのではないか、などさまざまな悩みがあるでしょう。

ここでは、性別と年代ごとの年収アップの相場をまとめました。年収アップの転職を成功せさせるためには、転職の年収アップ相場について知っておきましょう。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場1:20代男性の相場

日本のほとんどの企業は年功序列の賃金体系を採用しています。平均的な20代男性の年収は300万円台です。

また、日本の企業の多くは仕事の成果を給与で支払うのではなく、賞与でまとめて払う傾向にあります。そういった意味でも賞与は重要になってくるのですが、賞与制を採用していない企業もあります。

賞与がある企業に転職した場合は、300万円後半から400万円まで年収アップが可能です。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場2:30代男性の相場

基本的に男性の30代はキャリアアップをして給与が上がる年代で、一般的な30代前半の男性の平均年収は300万円後半、30代後半は400万円前後です。

また、年齢が上がれば上がるほど転職活動は不利になってくるため、30代の転職は失敗のリスクが高いので、自分の市場価値を把握し、給与のすり合わせなどが重要です。30代での転職での年収アップは100万円ほどで、手取りは460万円から520万円と言われています。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場3:40代男性の相場

40代男性の平均年収は500万円から600万円前半です。この年代は役職についたり責任者になるなど大きなキャリアアップの機会が訪れ、それに見合った収入を得る世代になります。

一般的にこの年代の転職は年収が下がると言われています。しかし、実力がある人が職種を変えずスペシャリストとして転職する場合は100万円程度アップできます。会社の規模を向上させる転職をおこなう場合は年収アップが可能です。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場4:20代女性の相場

女性が転職で年収アップを目指す場合もおおむねは男性と同じなのですが、女性の特に20代30代は結婚や妊娠、出産といった人生の中の大きな変化の時期でもあります。

20代女性の平均的な年収は300万円台で、基本給を安めに設定されている場合が多く賞与や残業代がない会社から転職するケースが見られます。残業代の支給がしっかりとされる企業に転職した場合は、女性でも100万円近く年収アップすることもあります。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場5:30代女性の相場

30代の女性は結婚や出産、子育てを経験する年代で、仕事から離れる期間が多いです。30代女性の平均年収の相場は約340万円と、同年代の男性の年収相場と比べて下がる傾向にあります。

また、女性に限らず30代で転職を行う場合、未経験職種に転職するよりは経験のある職種にスキルを身につけた状態で転職をすることで、60万円近くの年収アップを見込めます。企業にとって即戦力になり得る人材として転職しましょう。

【性別・年代別】転職後年収アップ相場6:40代女性の相場

40代の女性の年収相場は、300万円から400万円中盤と、同年代の男性の平均年収よりも少なくなっています。40代女性の平均年収はほとんど上がらず、転職を考える人も出てきます。

40代は大きなキャリアアップの時期であり、年収アップを狙った転職は難しくなります。しかし、よほど高いスキルを身に着けていたり、女性管理職を確保しようとする企業への転職ならば100万円近くの年収アップが見込めます。

転職後の業種別の年収アップ相場とは?

先ほどまでは性別と年代別に転職後の年収アップの相場と転職の難易度について見てきました。しかし、転職後の年収アップの相場は業界・職種によっても大きく変わってきます。

次は業種・業界別での転職後の年収アップの相場について具体的な数字まで詳しく調べてみました。自分の現在いる業界の平均収入や転職後の相場はどのくらいなのか、気になるその実態を見ていきましょう。

専門商社の場合

20歳から65歳の専門商社に携わる転職者の平均年収アップ額は約62.9パーセント、平均金額アップ率の相場は約15パーセントです。年齢や性別・スキルによって差異は出てきますが、平均して高水準といえます。

専門商社に勤める人は、転職後の平均金額アップ率がトップクラスです。

金融業の場合

20歳から65歳の金融業の平均年収を見てみると、金融業の平均年収の相場は446万円で、男性の平均が535万円、女性が365万円です。

業界別の年収アップの平均相場は約58.3万円で、平均的な金額アップ率は約14.9パーセントと比較的高い傾向にあります。金融業の転職後の年収アップ相場は、比較的高いといえます。

建設業の場合

建築、土木、プラント、設備系の建築業へ転職する場合の平均年収アップ率の相場は約65.2万円で、平均金額のアップ率は14.9パーセントです。経験やスキル、細かい業種によって年収アップ率は変わってきます。建設業の年収アップの相場は、おおむね高い水準と言えるでしょう。

総合商社の場合

20歳から65歳の人が総合商社に転職した場合、その平均年収アップ金額の相場は55.4万円で、平均アップ率は14.3パーセントです。

専門商社と比較すると平均的な年収アップ率は劣ってしまいますが、他の職種に比べると高い傾向にあります。転職前から年収の高い傾向のある総合商社の場合、アップ率が14パーセントであっても十分な給与を得ることができるでしょう。

転職時の年収アップ交渉のポイント3つ

せっかく転職をするならば、年収のアップを目指したいところです。スキルや年収のアップを目指して転職活動を行ったにもかかわらず、結局前の会社にいたほうが給料がよかった、入社時の年収交渉がうまくいかなかったなど、後悔の残る転職はなんとかして避けるべきです。

転職時に気を付けるべき年収アップのポイントを大まかに3つご紹介するので、転職を考えている方はご活用ください。

転職時の年収アップ交渉のポイント1:自分の価値観を客観的に見て判断する

転職活動を行う際に、自己分析や自分の価値観をおろそかにしてしまうと本来の自分に見合わない仕事を回されたり、望まない環境や待遇で働くことになり後悔してしまうケースもあります。

転職後に後悔しないためにも、あらかじめ転職を行う前に自分の価値観を客観的に見定めて、面接や転職活動中に就職先とすり合わせておきましょう。

転職時の年収アップ交渉のポイント2:転職後の自分の貢献度を考慮する

転職後の自分の企業への貢献度を冷静に分析しておいて、面接などの場で転職先に伝え、理解してもらうことも年収アップを目指す上で必要になります。

自分の貢献度を少なく見積もってしまうと、スキルに見合った給料や賞与を受けられない可能性があります。また、多く見積もってしまった場合でも、自分にこなせない量のタスクを任されてしまったりと、トラブルの原因になるケースもあります。

転職時の年収アップ交渉のポイント3:希望年収を明確にする

せめてこのくらいの年収は欲しい、といったお金に関する希望は、あらかじめ明確に設定しておく必要があります。希望の年収を決めておくことで転職をする際に、それを企業側に伝え、可能であれば給与交渉を行えます。

企業側が最初に提示している金額は、求職者が交渉を持ちかけてくることを前提とした金額設定になっている場合もあるため、最低限の年収ラインを決めて転職活動に臨みましょう。

転職後の年収アップの相場を知って転職を有利に進めよう

いかがでしたか。ここでは各年代・性別だけでなく、職種や業界によって転職後の年収アップの相場について詳しく解説してきました。

自分と同じ職種・年代の平均年収に比べて自分の年収は低すぎる、今まで以上に年収の高い企業に転職したいという方は、ぜひこの機会に転職を考えてみましょう。

Related