Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

外資系企業の転職で求められる英語力4つ|おすすめエージェント5選

外資系企業へ転職する際、英語力は必須だと思われています。自分の英語力で大丈夫なのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。この記事ではどの程度の英語力が必要なのかなどを紹介していきます。外資系への転職を考えている人はぜひ読んでみてください。

外資系企業の転職で求められる英語力4つ|おすすめエージェント5選

外資系企業の転職に英語力は必要?

外資系企業へ転職を考えている人にとってどの程度の英語力が必要なのか気になりますが、企業などによって、求められる英語力に違いがあります。

国内にある外資系企業の一般社員や製造ラインなどで働く社員はほとんどが日本人なので日常会話は日本語なので普段から英語力が必要というわけではありません。

本社や海外支店などでは社員がほとんど外国人なので常に英語での会話を必要とし、ある程度の英語力がないと務まりません。

英語力を必要とする主な外資系企業の職種

高い英語力を必要としている外資系企業の職種としては「金融」「経理・財務」「人事」「IT」「マネージャー」などがあります。

どの外資系の職種も外国人や海外の企業とのやり取りを主な業務として働く職種なので、流暢かつ円滑に英語でのコミュニケーションや説明、取引などを行うために高い英語力が必要です。

特に「金融」では曖昧な英語力が致命的なミスに繋がってしまうので、ネイティブな英語力が求められています。

外資系企業の転職で求められる英語力4つ

外資系企業で働く際にビジネスの場で使われる英語は、日常会話をはじめ、メール対応、電話対応、資料作成の4つが主になります。

職種によって必要となる英語力は異なるので、転職前に自分が希望する職種は実際に英語をどのような場面で使っているのか知っておく必要があります。

外資系企業の転職で求められる英語力1:日常会話

日常会話は外資系企業へ転職する際に必要になってくる英語力の最低限スキルです。

社内に日本人しかいなかったり製造などあまり人と関わらない職場であれば必要ないと思いがちですが、いつどのような場面で英語が必要になってくるかわかりませんので最低限日常会話ができる英語力を身に付けておきましょう。

外資系企業の転職で求められる英語力2:メール対応

メールでの対応は本社や取引先とのやり取りで一番使う連絡手段です。

ビジネスメールには書き方がありますので、その書き方にそってしっかりとライティングできる英語力が必要となってきます。基本的の書き方をおさえることができれば、簡単にビジネスメールを書くことができるようになります。

外資系企業の転職で求められる英語力3:電話対応

メール対応同様、電話での連絡を取ることもあります。社内での日常会話が英語ではなくても英語での電話がかかってくることがあり、とても難易度が高いです。

電話対応は直接会ってコミュニケーションをとるのとはまた違い、身振り手振りが伝わらず耳だけで英語を聞き取り、言葉でしっかり伝えるので電話での会話ができる英語力をつける必要があります。

外資系企業の転職で求められる英語力4:資料作成

外資系企業本社や取引先と共有する資料は英語で作成することがほとんどです。

日本語と英語ではコミュニケーションに違いがあるので資料作成の際にもこの違いをおさえ、資料を見て素早く理解ができるようにわかりやすい資料作りができるほどの英語力が必要となります。

「ビジネス英語を使うようにする」、「無駄なキーワードを入れない」、「伝えたいことをはっきりさせる」などに気を付けながら作成していかなくてはいけません。

外資系企業の転職で英語力をアピールする方法

自分にはこれだけの英語力があるということをアピールするのは転職を考えている人にとって必要不可欠です。

しっかりと英語力をアピールすることができれば自信にもつながり、企業側に自分の積極性を見せることにもなります。積極性は社内会議や取引先とのやり取りで必要になってくるので企業側にも好まれます。

また、外資系企業への転職では留学経験や海外での就労経験があると、英語力の高さを有利にアピールすることができます。

TOEICのスコア

外資系企業の採用基準ではTOEIC700点以上が目安となっています。

700点以上あればビジネスに使用する最低限の英語力を持っている人間として認識してもらえるので、自信をもってアピールできるスコアといえます。

600~700点程度ですと、かろうじてビジネスで英語が使える程度ですので努力が必要となってきます。600点以下は外資系企業への転職はハードルが高いと考えられるのでアピールしない方が無難です。

英語でのコミュニケーション能力

英語でコミュニケーションを取れる人のほうが印象が良いです。

外資系企業には普段から英語での会話が必要となる職場やポジションが多くあり、すべてのコミュニケーションを英語で行うルールとして定めている企業もあります。

業務を円滑に進めるためにもコミュニケーション能力は必須ですので、英語でのコミュニケーション能力をアピールすれば採用後のキャリアアップにも役立ってきます。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント5選

外資系への転職をする際に必要になってくるのは英語力だけではなく、転職エージェントを利用することです。

エージェントによって内定率や年収、就けるポジションなどがさまざまで、面接対策や転職後までしっかりとサポートしてくれるので利用しない手はありません。こちらでは外資系の転職に強い5つのエージェントを紹介していきます。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は求人数業界トップクラスで転職成功実績No.1のエージェントです。

東京や北海道、仙台、横浜など全国18拠点にオフィスを構えているので、なるべく早く転職をしたいと考えている人や地方への転職を考えている人には業界最大手で全国の求人案件を抱えている「リクルートエージェント」がおすすめといえます。

面接対策が充実していて、対企業への交渉力が高いので内定率も高いです。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント2:JACリクルートメント

「JACリクルートメント」はイギリス外資発祥の日系転職エージェントでハイスペックな人向けのエージェントです。

「高学歴(早慶上同旧帝大レベル以上)」「英語または別言語の能力がある」「技術職など特定スキルに関するスペシャリスト」「マネジメントや海外勤務の経験がある」「現在の年収が500~600万円以上」などのスペックがある人におすすめです。

高年収・ハイキャリア案件が多く、社内教育も徹底しています。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント3:ロバート・ウォルターズ

「ロバート・ウォルターズ」は世界30か国の主要都市にオフィスを構え、グローバル人材に特化した外資系のエージェントです。

外資系、日系グローバル企業への転職において優れた信頼と実績を築いており、「高年収の外資系企業に転職したいと考えている人」や「ネイティブレベルの英語力を持つ人」におすすめです。

英文レジュメ、面接対策、キャリアプランの書き方など転職の際のサポートなどが充実しているのが魅力です。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント4:ヘイズ・ジャパン

各専門分野に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍し、オーストラリアやイタリアなど世界33か国238拠点でビジネス展開しているエージェントです。

日本最大規模の外資系人材紹介会社で経理・財務、金融、人事、IT、不動産など15の専用分野があり、キャリアアップの支援をしてくれたり、独自のグローバルネットワークを活かした求人が魅力的です。

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント5:エンワールド

インド、オーストラリア、シンガポール、タイ、日本、ベトナムの6か国にオフィスを構え、管理職や経営幹部などのミッドキャリア以上とスペシャリストを中心とした求人情報の取り扱いのあるエージェントです。

外資系グローバル企業に特化し、経理・財務、人事・総務、ITなどの外資系企業への転職の支援だけではなく、キャリアプランへや職務経歴書へのアドバイス、面接対策、転職後のフォローなどサポートもしっかりしています。

英語力を高めて外資系企業に転職しよう

今回は、外資系企業への転職に必要な英語力について説明してきました。

今の自分の英語力で大丈夫なのか、自分が希望している転職先はどの程度の英語力が必要なのか知ることができ、自信がついたり努力しようと思えた人も多いのではないでしょうか。

今回の記事を参考に自身の英語力を高め、希望の外資系企業へ転職できるように頑張っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related