Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ

転職をお考えですか。転職市場が活況を呈しています。産業構造の変化で企業活動の動向が急変した今、働く人にも多様な働き方が社会から求められています。転職市場の状況を把握し、就職動向を知り、多様なニーズのより良い転職への成功につながる情報をお伝えします。

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ

転職市場の動向

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
景気動向指数が「足踏み」状態になり、新卒採用にやや陰りが見えてきています。しかし、転職市場は好調です。出生率が低く推移しているため、慢性的な人手不足の状態に変わりがなく、即戦力の人材が求められています。

ミドル転職市場の求人が、求職者数を大きく上回わる状況が続いています。社会の価値観が変化し、終身雇用や新規採用偏重がない時代です。転職市場は、企業の就業形態が多様化したことで盛況です。

転職市場が活況の背景とは

転職市場が盛況な理由は、求職者の働き方に対する自由な発想や、キャリア意識の高まりです。リーマンショック以降、転職希望者が増えています。

理由は、「仕事内容に興味が持てない」「能力や資格が活かせない」との回答が多く、本来の自分を発揮できる環境で働きたいと考えた結果です。

また、中途採用の動向は、多くの企業が優秀な即戦力社員を確保したいためです。中小企業の給与等も改善傾向にあり、転職市場は好調です。

人材にコストをかける余力がない

景気後退以後は、人材育成のコストはタイトになり、減されています。終身雇用・年功序列の会社では、会社を代表する社員としての振る舞い方が重要でした。会社の風土や規範を教えるために、多くの企業は集団研修で社員教育をし、多くの時間が費やされてきました。

しかし、人材育成の余力がなく、コストカットと時間短縮の時代です。知識やスキルが業務遂行に最も重要なことです。

グローバル体制強化の必要性

産業のグローバル化により、海外受発注の業務が増えています。転職市場では、語学に秀でた人材を積極的に募集する動向が見られます。日本の多くの企業は、業務遂行に必要な知識を、入社後・配置転換の都度習得させていくメンバーシップ型雇用を行っていました。

しかし、欧米など海外企業は能力をすでに持つ人材を採用する、ジョブ型雇用です。スピード感が、海外進出の鍵です。語学スキルを持つ人材の高い需要が見込めます。

働き方の多様化

今の日本は、ライフスタイルや個性に、働き方を合わせる社会です。以前は転職市場には、年齢の壁として35歳制限の企業も多くありました。しかし、多くの企業はあらゆる業種で、事業変革が求められています。

企業は競争力を高めるために、年齢に関係なく優秀な人材獲得に動いています。また、性別の壁もなくなりつつあります。これまで結婚などで離職していた女性も、働き方が多様化し、転職市場へ参画が顕著です。

就業価値観の変化

企業は就業の古い価値観を廃し、人材戦略の転換期を迎えています。日本のこれまでの就業動向は、男性正規雇用者中心でした。現在の日本社会は少子高齢化で、労働人口が減少しています。就業動向は確実に新しい時代に向かっています。

求職者も自分らしい働き方の選択ができ、長期雇用の企業戦士から、各自の生活が優先される家庭人へと変化した社会です。一億総活躍、女性・高齢者などの人材活用を政府も推進しています。

転職層の特徴

今の転職動向は、転職年代による特徴がなくなっています。若年層の「自分が打ち込める仕事に就きたい」という仕事に対する思いや、将来不安を抱くミドル層というくくりはできます。

しかし、各世代とも、自身の能力や専門性を社会で活かしたいと考えています。転職市場でも、年齢制限の廃止や、求職者個別オファーをかける企業が多いのが特徴です。

激戦の業界・分野

各業界とも、有資格者のニーズが高まっています。バブル崩壊で採用を見送った企業では、営業や技術など人材不足が深刻になっています。

積極的な採用動向は、建設業の建築士や施工管理者など、建設エンジニアです。製造業では、海外への工場展開で生産現場の技術者が不足しています。各業界・業種とも経験値が必要で、シニア採用に積極的です。

半導体の技術者や、生産技術者などの機械・電気エンジニアの転職市場でも激戦状態です。

転職市場の動向から読み解く求職者が転職に期待するポイント9つ

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職をお考えであれば、転職市場動向を理解するために、多くの転職者が転職に期待したことが何であったか、ポイントをみましょう。一般の人や企業の価値観で、以前の転職市場はやや偏見がありました。

これはミスマッチを経験した求職者側に精神的な負担がかけり、転職に躊躇する状況でした。しかし、少子高齢化による労働人口減少や、グローバル化による企業戦略の変化で、今までにはない転職市場は好意的な社会になっています。

求職者が転職に期待するポイント1:収入が増える

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職は収入の増加を見込んでいます。転職理由に「給与に対する不満」を上げる人が増えています。内閣府の調査で、40歳代の給与は減少しています。従業員1,000人以上の大企業でも、中規模企業でも同様です。

メンバーシップ型雇用から、ジョブ型雇用に転職すれば、給与アップが期待できます。転職市場では、人材不足を背景に、給料水準の引き上げがなされています。転職市場では、収入評価が上がっています。

求職者が転職に期待するポイント2:これまでの経験が活かせる

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
採用者は、これまで積んできた経験を元に、即戦力で働ける人を求めています。採用動向は、景気回復とともに徐々に改善され、未経験者を採用する企業も増えてきています。しかし、これは経験者のみの採用では、必要な人員数の確保ができないからです。

転職市場では、経験のある人材獲得競争が激化しています。人手不足の雇用環境は、まだまだ改善されません。その中、経験を重んじた採用動向は、求職者にとって朗報です。

求職者が転職に期待するポイント3:新たな仕事を習得できる

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職は、新しい仕事が習得できるチャンスです。転職を機に、新たな業種・業界へのチャレンジをしてみてはどうでしょう。いろいろな職種の求人数が、特に都市部を中心に延びています。業界を問わず、未経験者の採用が多くあります。

景気回復により、積極的に採用を増やす企業が増えています。営業職などは、企業の業務拡大などで必要な人員の賄えない状態です。IT業界や建築土木・不動産関連の企業もニーズも高い状況です。

求職者が転職に期待するポイント4:人間関係を新たに構築できる

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職すると、多くの新しい人との出会いがあります。転職は会社という「場」が新しくなるだけではありません。新しい「人」との関係が生まれます。社内の新しい同僚もさることながら、業務で出会う他社の人とも、新しく人間関係が築けます。

また、通勤のルートが変われば、乗降駅も変わります。転職することは視野が広がり、業務能力が向上するだけではなく、ヒューマンスキルが自ずと上がることにつながります。

求職者が転職に期待するポイント5:バリバリ仕事ができる

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職による心機一転の気持ちの変化は、仕事と生活にメリハリを与え、自身の考え方や物の見方に充実をもたらします。転職理由の第1は、「やりがいを求めて」です。転職後、多くの人が転職先の会社で今までにない気付きがあったと答えています。

就労動向は各社各様の流儀があります。転職時は新参として、他者のアドバイスを真摯に受け止められる状態にあります。この姿勢が仕事への発見・刺激となり、仕事に張り合いがでます。

求職者が転職に期待するポイント6:やりたいことができる

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職は、自分がしたい仕事を選択することができます。転職動向を把握し、生き方にマッチした転職は、やりがいのある仕事になります。価値観と異なる職場での仕事は、個性が発揮できる仕事でしょうか。

転職チャレンジは、自分らしい生き方の選択です。自分らしく、自分のやりたい仕事ができる機会が転職市場にはあります。即戦力求める企業との出会いや、必要とされるスキルが活かせる職場は、やりがいのある職場環境といえます。

求職者が転職に期待するポイント7:前向きな行動である

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職は自分が自分を生きる前向きな行動として評価されています。日本は長い間終身雇用でした。昭和の高度経済成長期は、自分個人の存在価値以上に、会社人であることが重要な時代でした。また、女性の就職は、結婚や出産などで離職が当然でした。

そのような社会では、転職はネガティブに受け取られました。しかし、現在の働き方の価値観は十人十色です。転職を選択した行動が、評価される時代になっています。

求職者が転職に期待するポイント8:ポジティブな印象がある

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
新しい仕事に取り組む姿勢は、回りからポジティブな印象で見られます。以前の転職にはネガティブなイメージもありました。しかし、現在の印象は大きく変化しています。転職はポジティブな印象として受け取られています。

転職決断の裏には、社交スキルの高さがうかがえます。新しい環境へ馴染む姿は、意欲的で柔軟な性格と受け取られます。転職は、現状打破の強さを兼ね備えた人物像がイメージできるものです。

求職者が転職に期待するポイント9:転職経験は有利である

保守的な社会の日本で転職するのは、国際的な感覚が身に付く近道です。グローバルリーダーの特性は、自由で好奇心があり、精神的な関わりを大切にし、自己管理能力とバランスを備える人物であると転職市場では見ています。

転職を経験するというのは、社会動向に敏感で、問題意識が高く、積極的な働き方の人物です。転職経験は、変化に身を置く働き方を求め、自らの生き方をマネージメントできる人物と評価されます。

転職市場の動向を把握できるおすすめサイト4つ

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
転職市場の動向をいち早くキャッチするために、転職総合サイトを利用することをおすすめします。転職市場はめまぐるしく変化しています。これに対応するためには、各個人が動向を把握するよりも、転職サイトを利用すれば、比較検討が素早くできます。

また、自分では選ばない業界や業種との、思いがけない出会いも期待できます。転職市場の動向に詳しい4つのサイトをご覧ください。

転職市場の動向を把握できるサイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、業界動向に精通したアドバイザーが、多くの転職を成功させている点がおすすめです。2018年度の「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」に選ばれている、リクルートキャリアが運営しています。

全国の求人情報を、勤務地・職種・スキル・資格から検索できるシステムは、転職市場の動向が容易に把握できます。プロの介在で転職市場に明るく、動向の分析も積極的に行っています。

転職市場の動向を把握できるサイト2:doda

dodaは、業界・職種ごとの転職市場に明るい専任担当者が、企業の課題に合わせた面接対策や、応募書類作成支援がおすすめ理由です。転職マガジン発行以来、一人ひとりにあった転職市場の動向を元に、働き方を応援し続けるエージェントです。

転職希望者に寄り添うことをモットーに、働き方・環境・価値観をサポートしています。多くの利用者のデータベースから、直接企業側に提案業務を行っています。

転職市場の動向を把握できるサイト3:マイナビ転職

マイナビ転職は、若手人材に対して、業界・業種の転職市場の動向を提供している点がおすすめです。20代の絶対的指示を誇る、転職サポートを行っています。25歳から35歳が最も多く登録しているエージェントです。

個人が行う転職とは違い、キャリアアドバイザーが一人一人の代行をします。各職種に精通した同世代のキャリアアドバイザーが、転職のプロの目によって発見した情報を提供しています。

転職市場の動向を把握できるサイト4:en転職

en転職は、「転職は慎重に」の転職サイトです。転職市場の動向は、担当者が直接企業に取材して提供している点がおすすめする理由です。取材者の動向把握のみならず、現社員や元社員からの信頼性の高い転職・求人情報を提供しています。

人気の転職市場をテーマに沿って求人を紹介する特集など、多角的に情報提供しています。転職市場の動向を知ることから、入社後の活躍までワンストップサポートの求職者目線のエージェントです。

転職市場の動向を見極めよう

今後の転職市場の動向は?|求職者が転職に期待するポイント9つ
エージェントサポートを利用することで、転職市場の動向を見極めることは大切です。人生のあらゆるタイミングに、生き方が選択でき、自己実現できる時代です。転職市場の動向を理解して、転職を考えてみるのは重要です。

手堅い会社もあれば、業績停滞期の会社もあります。時々刻々変化する社会情勢で、各企業の「今」を把握するのは困難です。転職市場は「はた目の判断」では、見いだしにくく、外部から企業の動向が見えにくいです。

本記事を参考にしていただき、転職市場の動向を見極めましょう。

Related