Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ

本が売れにくくなった現代において、編集者という職種は転換期を迎えています。中には出版社を辞め、別の職種に転職する編集者もいます。ここでは編集者の転職先がみつかるエージェントや、編集者の転職先におすすめな業界などについてご紹介します。

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ

編集者の現状

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
編集者は「できる編集者」と「できない編集者」の二極化が進んでいます。

近年、本が売れない時代になってきたことで、出版業界の市場規模は落ち込んでいます。今後、売り上げを伸ばすことができなくなった出版社は淘汰されていくでしょう。

しかし、編集者自体の需要は落ち込んでいません。逆に本が売れにくくなっていることで仕事のできない編集者の仕事がなくなり、優秀な編集者の需要が増すという状況になっています。

編集者の仕事内容とは

編集者とは、書籍や雑誌の企画から編集に至る流れを担います。

具体的には、企画の立ち上げ、予算取り、取材、記事の編集、印刷などといった流れになります。ただし編集者の仕事内容は働き方によっても異なります。

例えば出版社勤務の場合、編集者が企画から印刷まで責任を追うのが一般的です。しかし下請けの編集プロダクションの場合は、出版社から依頼を受けて実務のみを行います。

編集者の身につくスキル

編集者としてのスキルは半年ほどで習得できます。

身につくスキルは、企画能力やコミュニケーション能力、専門的な分野では校正記号や印刷の専門用語、トラブル対応、撮影時のカメラマンへのディレクションなどさまざまです。

しかしルーティン化している部分も多いため、編集者として働いていると自然と身につくといわれています。

編集者の転職理由

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
編集者の転職理由はさまざまです。

編集者は基本的に激務となるため、それが理由で転職する人も少なくありません。また、他のジャンルの本の作成に携わりたいなど、編集者として別の出版社に転職先を探す場合もあります。

また、先に触れたとおり本が売れない不況の煽りもあり、編集者としてのできる仕事がなくなり、転職を余儀なくされる場合もあります。

編集者の転職先が見つかるおすすめエージェント11選

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
編集者の転職先を見つけるにはどの転職エージェントを利用すればよいのでしょうか。

転職エージェントは、大手からニッチなものまで合わせるとさまざまな種類があります。中にはエンジニアなど専門スキルをもった人材に特化したエージェントや、高額な年収を提示しているハイキャリア向けのエージェントなど、専門特化したものも増えています。

ここでは、編集者におすすめの転職先が見つかるエージェントをご紹介します。

編集者の転職先が見つかるエージェント1:リクナビネクスト

リクナビネクストは日本最大級の会員数を誇り、転職希望者の約8割が利用していると言われている転職エージェントです。

「リクルートキャリア」が運営する社会人向けの大手転職サイトです。上場企業や中小企業、ベンチャー・IT企業など、幅広い職種や業種の求人を取り扱っており、転職先を探す場合にも選択肢に困ることはありません。

また、スカウト機能があるため企業からスカウトを受けることも可能です。

編集者の転職先が見つかるエージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最多の求人数を誇る転職エージェントです。

全国の求人を網羅しており、豊富な求人、非公開求人を保持しています。また、地方やニッチな業界の案件も扱っているため、意外なところで自分の希望にマッチする転職先が見つかる可能性もあります。登録しておいて損はないでしょう。

さらに、実績を積んだキャリアコンサルタントが数多く在籍しているため、手厚いサポートを受けられる点も魅力です。

編集者の転職先が見つかるエージェント3:ビズリーチ

ビズリーチは年収1,000万以上を目指すハイキャリア向けのヘッドハンティング型転職エージェントです。

自分から応募することも可能ですが、スカウト機能が充実しているため、ビズリーチではスカウトで転職を成功させている人がほとんどです。特化したスキルを持つ人材なら、企業からのスカウトを待つのも良いでしょう。

また、特別なオファーも見込めるため、年収の高い転職先を探すならビズリーチはおすすめです。

編集者の転職先が見つかるエージェント4:マスメディアン

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
マスメディアンは広告・WEB・マスコミ業界に強い転職エージェントです。

マスコミなどの業界経験者約2万人が登録しており、確かな実績と信頼を得ています。業界に特化してきた実績があるからこそ、的確なアドバイスや専門的なノウハウで転職者をサポートできるといえるでしょう。

特に広告・WEB・マスコミ業界など、近い業界で転職先を探す場合におすすめです。

編集者の転職先が見つかるエージェント5:spring転職エージェント

spring転職エージェントは世界60カ国に拠点を持つ外資系転職エージェントです。

組織体制が「HR&ファイナンス」、「セールス&マーケティング」「IT&エンジニアリング」と3つの職種専門部門に分かれているため、企業と求職者のミスマッチが起こりにくくなっています。

また、大手の転職エージェントとはタイプの異なる転職エージェントなので、さまざまな視点から転職先を選びたい場合にもおすすめです。

編集者の転職先が見つかるエージェント6:JACリクルートメント

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
JACリクルートメントは、発祥がイギリスの外資発の日系転職エージェントです。

特定スキルに関するスペシャリストに特化した転職エージェントとなっています。また、グローバルのハイキャリア案件に強いという特徴があり、キャリアに自身のある人向けになります。

1,000万越えの案件が豊富にあるため、年収の高い転職先を探している場合にチャレンジするのも良いでしょう。

編集者の転職先が見つかるエージェント7:転職サーチ

転職サーチは、あらゆる転職サイトをまとめて検索できる仕事探しアプリです。

転職サーチ自体は転職エージェントではなく、リクナビやマイナビなどの転職サイトに登録されている求人を一括で検索することができるアプリです。転職サイトに登録する前に調べておくことで、自分が求めている転職先が登録されている転職エージェントを選ぶことが可能です。

編集者の転職先が見つかるエージェント8:マイナビエージェント

マイナビエージェントは豊富な求人が特徴的な転職エージェントです。

転職大手のマイナビが行う転職エージェントです。これまでの転職サイト運営により築いた企業との豊富な取引実績を、転職エージェント事業にも活かしています。

また、中堅層の転職サポートだけでなく、第二新卒や20代を含めた幅広いサポートが魅力となっています。

編集者の転職先が見つかるエージェント9:doda

DODAは転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職エージェントです。

求人保有数が非常に豊富で、幅広い選択肢があるのが特徴です。また、転職者満足度No.1をうたっており、実の高いエージェントによるスピーディーなサービス対応が持ち味となっています。

また、多くの求人の中からプロ視点で自分に合う転職先を提案してもらえるので、転職者と企業のミスマッチが起こりにくいのも魅力です。

編集者の転職先が見つかるエージェント10:宣伝会議

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
宣伝会議キャリアナビは広告・宣伝・Web・マーケ人のための転職・求人サイトです。

先述したマスメディアンも宣伝会議グループが運営する転職エージェントです。宣伝会議グループは広告専門誌を発行して60年の実績を持つ企業となっており、長年培ってきた広告分野での知識を生かしてさまざまな事業を行っています。

編集者の転職先が見つかるエージェント11:career town

career townは最適な転職サイト選びができる転職応援メディアです。

career town自体は転職エージェントではなく、転職者が希望どおり求人を見つけられるように、転職者ひとりひとりに合った転職エージェントをピックアップしてくれるサイトです。

どの転職エージェントにしようか迷っている場合は、まずはcareer townの転職サイト診断を受けてから転職先を探すのもいいでしょう。

編集者の転職先におすすめの業界6つ

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
編集者の転職先におすすめの業界はどこになるのでしょうか。

編集者はさまざまなスキルを培うことのできる職業です。これまでの経験を活かして働くなら、転職先としても多くの選択肢があります。

ここでは編集者の転職先におすすめの業界をご紹介します。

編集者の転職先におすすめの業界1:WEBの企画制作職

WEBの企画制作職は、企画のコンセプトや構成を考え、役割分担や制作のプロセスを決定する仕事です。

企画制作職の担う役割は、情報更新など運用、企画の編集、進行管理や協力スタッフとの仲介などいったディレクター的な役割があります。

その他、幅広い仕事が企画制作の範疇に含まれるため、経験を積んだ編集者の転職先としてはおすすめです。

編集者の転職先におすすめの業界2:ECサイト運営会社の事務・企画制作

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
ECサイト運営会社の事務・企画制作は、受注管理やサイト運営などの仕事です。

ECとは「electronic commerce(電子商取引)」の略で、amazonや楽天などのネットショップを指します。事務であれば受注管理や発送などを行い、企画制作であればデザインを変更したり新しいコンテンツを追加したりといったECサイトの運営更新を担います。

編集的な作業も含まれるため、編集者の転職先としておすすめです。

編集者の転職先におすすめの業界3:一般企業の広報

広報とは、メディアへの報道対応や社内広報などを行う仕事です。

求められる能力は、企画やライティング、ディレクションなど、編集者として培った経験が活かせるものが多くなります。また、紙媒体での編集能力が必要な仕事ですので、転職先としておすすめです。

編集者の転職先におすすめの業界4:一般企業の企画職

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
企画職とは、商品企画や販売促進、広報活動まで行う仕事です。

商品の企画から営業に至るまですべての工程を担わなければいけないため、情報収集スキルや企画提案力、分析力、コミュニケーション能力などさまざまなスキルが必要とされる仕事になります。

これまで培ってきたスキルを活かせる仕事になるため、編集者の転職先としておすすめです。

編集者の転職先におすすめの業界5:一般企業の事務職

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
事務職とは、書類作成やデータ入力、電話対応など業務全般を担う仕事です。

仕事内容は会社の規模や種類、配属先によってさまざまですが、企業活動になくてはならない仕事です。主に他の社員のサポートを行う業務が主となります。

例えば、書類の作成や処理、整理、パソコンを使っての入力作業など、編集者としても携わってきた仕事内容に近い仕事が多いため、転職先としておすすめです。

編集者の転職先におすすめの業界6:営業職

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
営業職とは、自社の製品やサービスを販売する仕事です。

顧客にさまざまな方法でアプローチを行い、売り上げを作るのが営業の役割です。そのためには、どうすれば自社の商材によって顧客の課題を解決できるのか提案する能力も必要となります。

編集者として培ってきた提案力、企画力が活かせる仕事ですので、転職先としておすすめです。

仕事選びは自分自身と向き合うことが大切

編集者の転職先が見つかるエージェント11選|転職先におすすめの業界6つ
仕事選びには、自分の能力を活かせる仕事を探しましょう。

紙の本が売れにくい時代になり、出版社やそれに所属する編集者は岐路に立たされています。今後も編集や企画にかかわる仕事がしたいなら、編集者として培った能力を活かせる新しい仕事を探すのも一つの手段といえます。

新しい仕事を探すなら、これまでの仕事で経験し、得たスキルを活かせる転職先を選ぶようにしましょう。

Related