Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがいと厳しさ5つ

ファイナンシャルプランナー幹部職ににはやりがいと厳しさがあるため、転職する際にはよく考えるようにしましょう。ここでは、ファイナンシャルプランナー幹部職のやりがいや厳しさ、おすすめの転職エージェントを紹介しているため参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがいと厳しさ5つ

ファイナンシャルプランナーの現状と将来性

ファイナンシャルプランナーとは顧客から収支や家族構成などの情報をもとに資金運用を提案する職業であり、個人向けと企業向けに分けられています。資金運用に困っている人や企業は必ずいるため、ファイナンシャルプランナーを求めている企業が多いです。

しかし、高い知識量と経験が必要になるため、幹部まで昇格しようと考えると決して平たんな道のりではありません。やりがいを見出すことで楽しく働くことができます。

ファイナンシャルプランナーの現状

ファイナンシャルプランナーの現状は上記でも紹介したように需要が一定量必ずあるため、安定した職業でもあります。また、誰でも行うことができる業務内容ではないため、求人の数よりも応募が少ない傾向があり、採用されやすいです。

また、高年収になることも多く、多くの給与をもらいたい人におすすめの職業でもあります。幹部になることができればより高年収になれます。

ファイナンシャルプランナーの将来性

ファイナンシャルプランナーの将来性は実績を積んでいれば安定しており、実績がなければうまく成り立たない可能性もあります。企業に勤めてファイナンシャルプランナーとして活躍することが多いですが、幹部になり将来独立を目指している人も多いです。

そのため、将来性のある職業であり、独立することでより自由に業務をすることができます。一度信頼を獲得すれば将来性も確実なものになります。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の5つのやりがいと厳しさ

ファイナンシャルプランナーの仕事内容はさまざまであり、やりがいを見出すこともできれば厳しさに耐えきれず辞めてしまうこともあります。そのため、ファイナンシャルプランナーになる際には事前にやりがいと厳しさを把握しておくことをおすすめします。

次に、ファイナンシャルプランナーのやりがいと厳しさを分けて紹介します。転職しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい

ファイナンシャルプランナーでやりがいを見出すことは重要なことであり、多くのやりがいを見出すことができれば充実したワークライフを送ることができます。やりがいを見出すことができるかどうかは個人の性格や考えに影響するため、事前に把握しておくようにしましょう。

次に、ファインナンシャルプランナーのやりがいを5つ紹介しています。そのため、業務内容でどのようなやりがいがあるのかを知りたい人は参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい1:感謝される

ファイナンシャルプランナーは顧客から感謝されるため、やりがいを感じることができます。そのため、仕事をするうえで感謝されたいと感じている人におすすめの職種です。顧客の悩みに対してファンナンシャルプランナーは解決するように努めるため、感謝されやすい職種です。

感謝されることはファイナンシャルプランナーだけではなく、他の職種でもうれしく感じることができ、仕事に対するやる気も出てきます。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい2:必要とされる

ファイナンシャルプランナーは困っている時に必要とされる職種であるため、やりがいを見出すことができます。誰でも必要とされることはうれしいことであり、より仕事に対する熱意をもつことが可能です。

そのため、仕事をする際に必要とされたいと感じたい人はファイナンシャルプランナーに転職してみてはいかがでしょうか。幹部になることで部下に頼られやすくなり、幹部としての自覚を持つこともできます。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい3:飽きることがない

ファイナンシャルプランナーはさまざまな相談や案件をこなす必要が出てくるため、仕事内容が単調化しにくく、毎日充実したワークライフを送ることができます。そのため、毎日変化を求めている人はおすすめの転職先です。

幹部になると経験値が豊富なため、さまざまな案件に対しても、過去の案件も参考にして最適の方法を提案することができます。また、部下に経験を話すことでさまざまな案件が存在したことを教えることもできます。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい4:キャリアアップできる

上記でも紹介したようにファイナンシャルプランナーはさまざまな条件の顧客の相談を受けるため、一つの案件をクリアするごとにスキルと知識を身につけることができます。そのため、経験を積めば積むほど適した提案を顧客にすることができるようになります。

キャリアアップは転職する際に大きな武器にもなるため、幹部になれば転職を成功させやすいです。また、さまざまな企業に転職することでより幅広い知識を身につけられます。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事のやりがい5:途中経過も知れる

ファイナンシャルプランナーは顧客に資金運用の方法を提案するだけではなく、提案後の顧客の状況も知ることができます。そのため、どのような状況なのかを把握することができ、順調に資金運用ができていれば達成感を感じることが可能です。

途中で達成感を感じることは気の緩みにもつながり危険もありますが、役に立っていることを改めて実感することができます。定期的にコミュニケーションをとることで感謝されることも多くなります。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ

ファイナンシャルプランナーの幹部になるとやりがいだけではなく厳しさもあり、苦痛に感じてしまうことも少なくありません。そのため、ファイナンシャルプランナーに転職しようと考えている人は厳しさも把握しておくことをおすすめします。

次に、ファイナンシャルプランナーの幹部の厳しさを5つ紹介しています。ファイナンシャルプランナーに転職しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ1:信頼関係を築く必要がある

ファイナンシャルプランナーの幹部職は信頼関係を築かないと仕事にならないため、まず顧客と信頼関係を築く必要があります。しかし、信頼関係を築くためには長い時間とさまざまなコミュニケーションをとる必要があるため、簡単に築くことはできません。

また、顧客の性格や考え方によっては信頼関係がなかなか築くことができない場合もあります。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ2:常に勉強をする必要がある

ファイナンシャルプランナーの幹部職は常に勉強をしておかないと作業に悪影響が出てしまうこともあり、勉強をすることが苦手な人は転職先に向いていません。しかし、勉強をすることが苦痛に感じない人にとってはおすすめの転職先でもあります。

勉強することでさまざまな顧客の要望にも答えることができ、トラブルなく仕事を行うことができるようになります。結果的に業績を伸ばすことができ、高年収につながることもあります。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ3:独立すると安定するまで大変

ファイナンシャルプランナーの幹部職で働いていれば転職するだけではなく、独立するだけの実力が備わっている場合が多いです。独立することでより自由に資金運用の方法を提案することができるようになり、縛りがなくなります。

しかし、独立したては顧客が集まりにくく、仕事ができない可能性が高いです。そのため、転職ではなく独立する場合は事前に人脈や顧客を獲得していると安心できます。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ4:プライベートが犠牲になる

ファイナンシャルプランナー幹部職ではプライベートが確保できない場合があります。企業に勤めている場合でも発生する厳しさでもあるため、転職する際にはあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーの幹部職は顧客にスケジュールを合わせることが一般的であるため、働いている人が顧客では夕方や休日に訪れる必要性があり、プライベートを犠牲にしやすいです。

ファイナンシャルプランナー幹部職の仕事の厳しさ5:失敗すると非難される

顧客はファイナンシャルプランナーの提案した資金運用方法を信頼することが多く、万が一思ったような成果がでないと非難されてしまうこともあります。たとえ幹部職といえど、提案したような結果にならないと顧客から非難されてしまうことも少なくありません。

そのため、ある程度罵倒やクレームにも耐えられる精神力も求められる職種であり、精神的に弱い人は転職しても挫折してしまいやすいです。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5選!

ファイナンシャルプランナーの幹部職に転職しようと考えている場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントではさまざまな求人を扱っており、ファイナンシャルプランナー幹部職の求人も紹介されていることもあります。

次に、ファイナンシャルプランナー幹部職に転職する際におすすめの転職エージェント5選を紹介します。幹部職に転職しようと考えている人は参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント1:doda

dodaは幅広い求人情報を紹介している転職エージェントであるため、ファイナンシャルプランナー幹部職の求人も紹介されています。また、求人者の悩みや不満にも適切に対応してくれるため、安心して利用できる転職エージェントです。

ファイナンシャルプランナーはストレスとの戦いにもなりやすいため、自身に適した職種がどうかしっかり判断してもらってはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント2:type

typeでは求人情報を紹介しているだけではなく転職しようと考えている職種に求められているスキルや資格を提示してくれます。そのため、ファイナンシャルプランナー幹部職に転職する際にはどのような資格が必要なのかをあらかじめ知ることができます。

あらかじめ有利になる資格を有しているだけで転職活動を有利に運ぶことができ、内定をもらえる可能性を大幅にアップすることが可能です。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント3:リクナビNEXT

リクナビNEXTはスカウトメールのサービスを導入している転職エージェントです。スカウトメールは登録すると気になる人材だと判断した企業から連絡が来るサービスのことであり、基本的に求人者は連絡を待つだけで良いです。

ファイナンシャルプランナー幹部職が仕事に追われている場合が多く、転職活動をする時間が確保できないこともありますが、スカウトメールを利用することで仕事をしながらでも転職活動ができます。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント4:日経キャリアNET

日経キャリアNETはビジネスの求人に特化した転職エージェントであるため、ファイナンシャルプランナー幹部職も多く掲載されている特徴があります。

ビジネス中心の求人情報を扱っているため、転職先を見つけることに効率化を生み出すことができ、早期に転職先を見つけることができます。

ビジネス関係の資金運用の知識や経験に富んだ人におすすめの転職エージェントです。

ファイナンシャルプランナー幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5:マイナビ転職

マイナビ転職は求人情報だけではなく、適性診断も無料を行ってくれるサービスをしています。そのため、ファイナンシャルプランナー幹部職としてやっていく自信がない人は利用してみることをおすすめします。

適性診断を受けることで自身に向いている職種がどうかを判断することができ、転職先を決める判断材料にすることが可能です。転職先で失敗したくない人におすすめの転職エージェントです。

ファイナンシャルプランナーを舞台に幹部職として活躍してみませんか?

ファイナンシャルプランナーとして働く場合は幹部職として活躍することをおすすめします。すぐに幹部職に就くことは不可能ですが、さまざまな経験を積むことで幹部職に挑戦することも可能になります。

幹部職になることで幅広い相談を受けられるようになり、新たなやりがいを見出すことも可能です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related