Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

ファイナンシャルプランナーの現状と将来性|業務のやりがいと厳しさ5つ

経済的な側面から相談者の人生設計を実現できるよう導くのがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは幅広い金融知識と実務経験が必要で、やりがいも大きい仕事です。ファイナンシャルプランナーのやりがいや苦労、おすすめの転職エージェントを紹介します。

ファイナンシャルプランナーの現状と将来性|業務のやりがいと厳しさ5つ

ファイナンシャルプランナーの現状と将来性

ファイナンシャルプランナーとは、金融・経済の専門家として、総合的な家計のアドバイスをする職業です。

ファイナンシャルプランナーは、結婚・出産・老後などの重要なライフイベントに向けての家計管理、年金や住宅ローン、資産運用、相続などについて分析し相談を行います。

資格の種類は、国家資格の1級~3級ファイナンシャル・プラニング技能士と民間資格のAFP、CFPがあります。

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。

出典: https://www.jafp.or.jp/exam/about/ |

ファイナンシャルプランナーの現状

ファイナンシャルプランナーが活躍する場面は多岐にわたります。

主な活躍の場は金融業界ですが、金融業界以外で働いている人もたくさんいます。また、経験を積むと独立する人も多く、専門知識を生かしてさまざまな働き方の可能性があります。

企業では、銀行、証券会社、保険会社などで求人があります。銀行と証券会社の就職や転職は実務経験が重視され、ファイナンシャルプランナーの資格取得者や実務経験のある人は有利でしょう。

ファイナンシャルプランナーの将来性

金融系の企業などでは福利厚生としてファイナンシャルプランナーの資格取得を支援している場合が多く、資格取得者が増えています。

特に、ファイナンシャルプランニング技能士は「経済分野の国家資格」として重用され、今後も引き続き優遇され、就職や転職に有利な傾向は続くでしょう。

ただし、金融・経済構造やその実務は複雑であるため、深く新しい知識と実務経験による自己研鑽が必須になってきます。

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます(厚生労働省HPより)。

出典: https://www.jafp.or.jp/exam/about/ |

ファイナンシャルプランナーの仕事の5つのやりがいと厳しさ

ファイナンシャルプランナーは相談者の人生の大事な局面に立ち会うことが多々あります。特に経済的な面での決断は、時にシビアなアドバイスも必要になり、相談者にとって苦渋の決断が強いられることもあるでしょう。

そのため、やりがいも大きい仕事ですが、厳しい側面も多々あります。

そんなファイナンシャルプランナーのやりがいと厳しさを見ていきましょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがいについて紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーの資格取得や転職を考えている人は、これらを踏まえて資格取得の勉強に取り組みましょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい1:感謝されたとき

大切な資金計画についてプロとして支援できることが、ファイナンシャルプランナーのやりがいです。

相談者と直接対話をするため、相手の反応がその場でわかります。「難しい内容を分かりやすく説明してくれた」「諦めていたことが実現できた」などと喜ばれることが、何よりの励みになります。

また、自分のスキルを発揮することで、相談者が人生設計の課題に気づいたり資産運用について考えたりできると、やりがいを感じるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい2:困ったときに必要とされる

リーマンショックなどの国際的な金融危機や大きな災害、老後の年金不足問題などにより、お金についてより慎重に考える人が増えています。実際、近年ファイナンシャルプランナーに相談する個人の相談者が増えています。

収入が減ったり災害に見舞われると、資金計画の見直しが必要になり、経済的な不安と向き合わなければなりませんが、ファイナンシャルプランナーはそれをサポートすることができ、やりがいを感じるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい3:スキルが上がる

ファイナンシャルプランナーは金融・経済のプロであり、高度な専門知識が求められる場面が多々あります。そのため、常に勉強とスキルアップが必要であり、その結果自分の知識やスキルが深まったことにやりがいを感じられるでしょう。

また、ファイナンシャルプランニング技能士の2級や1級、または民間資格のCFPやAFPの資格を取ってステップアップしていき、さらに知識を深めていけるのもファイナンシャルプランナーの醍醐味です。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい4:独立できる

独立したファイナンシャルプランナーは、より自分の得意分野を生かして仕事をすることができます。また、独立すると自分で営業方針を決めるなど、自分の裁量で働きやすくなります。

独立すれば自分の信念に基づいた自分が本当に良いものを提案できます。自分自身の判断で決断して責任を取ることは苦労もありますが、自分の決断がまちがっていなかったときは、より強くやりがいを感じるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい5:自分や家族の役に立つ

ファイナンシャルプランナーの資格試験の内容は、実は誰にとっても身近で知っておきたい項目で構成されています。

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続と事業承継

ファイナンシャルプラニングの知識を持っていることは、日常生活においても役立ち、自分や家族の役に立つでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさについて紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーの資格取得や転職を考えている人は、やりがいや楽しさだけではなく、厳しさや苦労も踏まえて資格取得の勉強に取り組みましょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ1:信頼関係を築く大変さ

ファイナンシャルプランナーは、まず相手から信頼されることですが大切ですが、これは簡単なことではありません。

一般的に日本人は自分の経済状況や資産形成を他人に相談することを嫌う傾向にあり、さらには家族の問題やライフプランニングについても打ち明けるのは勇気が必要なことです。

そのため、ファイナンシャルプランナーはつねに相談者の問題に真摯に向き合い、心を開いてもらうよう努力しなければいけません。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ2:勉強が欠かせない

相談者の状況や考え方は十人十色で、相談者のニーズや個性にぴったりと合う提案をすることはとても難しく、数字だけでは最適な答えにならない場合もあります。

つまり、お客さまの状況を把握するのも提案するのも、スキルと経験が必要です。

また、金融に関する深い知識と最新の情報が必要であるため、常に勉強が欠かせないことになり、それがファイナンシャルプランナーが苦労する理由の一つです。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ3:独立後の苦労

ファイナンシャルプランナーは独立を目指す人も多いですが、独立後はファイナンシャルプランナーとしてだけではなく、経営者としての苦労を背負うことになります。

経営者として一番の問題は集客の問題で、お客さまを獲得するためにさまざまな工夫や努力を要し、時には専門外の知識が必要にもなるでしょう。

また、講師として講演活動をする場合は、講演内容に頭を悩ませることも多く、事前準備に多くの労力が必要になります。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ4:お客さまの都合に合わせる

ファイナンシャルプランナーは相談が主な業務であるため、相談者の予定に合わせてスケジュールを調整することになります。

日中に仕事をしている相談者とのアポイントメントは、平日の夕方以降や土日になることもあります。

このようにファイナンシャルプランナーの大変な面として、プライベートよりも仕事を優先せざるを得ない場合もあることが挙げられます。

ファイナンシャルプランナーの仕事の厳しさ5:提案と決断の苦労

相談者の話から問題点を発見したら、当然それ伝えなければいけません。改善するには必要なことですが、ネガティブなことは言いにくく、言葉を選ぶ必要があります。

しかし、相談者はさまざまな価値観や個性を持っており、マニュアルどおりに事が進むとは限りません。

初対面の相談者といかに信頼関係を築き、時にシビアな決断を行ってそれをどう伝えるかというのも、この仕事の大変なところのひとつです。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント5選!

金融業界などで比較的優遇されているファイナンシャルプランナーですが、環境を変えるためやステップアップのために、転職を考えているファイナンシャルプランナーもいるでしょう。

現在仕事を持っていると独力で転職するのは難しいため、転職サイトや転職エージェントを利用すると良いでしょう。

それでは、ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントを紹介します。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。取り扱う求人数、および転職決定実績もともに転職業界でトップクラスです。

第二新卒案件からハイキャリア案件、特殊な職種の求人まで業界やポジション関係なく幅広く対応しています。

リクルートという大きな母体が長年にわたって培ったノウハウをもとに、参考になるアドバイスを受けられます。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント2:doda

ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントはdodaです。圧倒的な求人数と質の高い最大手の転職支援サービスで、大手優良企業からの求人が数多く集まっています。

また、キャリアアドバイザーと企業1社ごとに1人採用プロジェクト担当がつき、2人体制で求職者をサポートします。さらに、女性専用サイトやITエンジニア、金融など、業界・業種ごとの専門カテゴリがあるのが強みです。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント3:リクナビNEXT

ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントはリクナビNEXTです。リクナビNEXTは転職者の8割が利用した経験のある有名転職サイトです。

自分で求人を探さずにオファーを待つだけという使い方も可能です。大半が独占求人で、スカウト機能による非公開求人を得ることもできます。ほとんどすべての業種と職種を網羅し、毎週1,000件以上の求人が更新されます。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント4:マイナビエージェント

ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントはマイナビエージェントです。20代の転職サポートに特化していますので、これからファイナンシャルプランナーとしての実績を積みたい人におすすめの転職エージェントです。

業界情報や面接対策など初めて転職する人へのサポートが非常に丁寧なので、はじめて転職をする人や未経験業界にチャレンジしたい20代の人は登録すると良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに強い!おすすめの転職エージェント5:type

ファイナンシャルプランナーに強いおすすめの転職エージェントはtypeです。tyapeは首都圏(東京・横浜・大阪など)を中心に、全国の豊富な求人・仕事情報を掲載している、ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイトです。

求人募集企業からアプローチが届くスカウト機能やオファーDMなどの独自機能も用意されています。

また、履歴書・職務経歴書の書き方やサンプル文面、面接マナーなどの転職ノウハウも充実しています。

ファイナンシャルプランナーに転職してみませんか?

人生で大切なお金の問題についてアドバイスし、提案していくのがファイナンシャルプランナーです。

現在の環境でステップアップを望んでいる人やファイナンシャルプランナーへの転職を考えている人は資格を取得すると、有利に働くでしょう。

また、転職を考えている人は、ファイナンシャルプランナーに強い転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related