Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月26日

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがいと厳しさ5つ|転職エージェント5選

宅地建物取引士は士業の一つとして数えられ、不動産取引には欠かせない資格です。不動産取引の性質上高額な契約の結果を左右する責任の重い業務を担当します。宅建士を取得することで、幹部として転職は可能でしょうか。宅建士の仕事の魅力や厳しさをご紹介します。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがいと厳しさ5つ|転職エージェント5選

宅地建物取引士の現状と将来性

宅地建物取引士は不動産会社には不可欠な人材です。幹部として転職するにはその他高い営業能力などのプラスアルファが必要です。

宅地建物取引士は不動産購入者の利益を守るため、重要事項などの説明が最も重要な職務とされ、この職務を果たせない場合は損害賠償責任が生じます。

宅地建物取引士には知識や能力の維持向上が義務付けられており、資格を取ったらあとは安泰というわけではありません。

宅地建物取引士の現状

宅地建物取引士は不動産業界にはなくてはならない人材です。

宅地建物取引士の資格の他にプラスアルファのスキルが必要となり、スキルによって転職に置ける市場価値が決まります。不動産に関わる法律の知識の豊富さはもちろんですが、HPが作成できる、魅力あるチラシが作れるなども転職の強みになります。

宅地建物取引士の将来性

宅地建物取引士は、不動産に関わる資格です。不動産は高額な商品を扱うため、景気に振り回されてしまうという性質があります。

好景気の時には資格だけでもなんとかなりますが、不景気ではその煽りを一気に受けてしまい、宅地建物取引士の資格だけでは転職はままなりません。

独立を目指すのなら、行政書士や不動産鑑定士などの資格も合わせて取っていると強みになります。また、転職の際も有利に働くでしょう。

宅地建物取引士幹部職の仕事の5つのやりがいと厳しさ

宅地建物取引士は不動産会社には欠かせない人材です。土地建物の売買契約締結の際には必ず必要となり、宅地建物取引士がいなければ契約ができません。不動産を扱う場合にはいなくてはいけない人材です。

また、宅地建築取引士の必要性は不動産業界に限りません。保険、金融、建築各業界にも重要な人材として重宝されます。合わせて不動産鑑定士などの資格を有することで、転職やステップアップで強力な武器になります。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい

宅地建物取引士は、「重要事項の説明」「重要事項の作成、記名押印」また「契約に関する重要事項書類の作成や記名押印」を独占業務として請け負います。

宅地建物取引士を有していれば幹部職へのキャリアアップや転職も現実的になります。建築業界、保険業界と仕事内容も幅広くなり、不動産業だけではなく、他の業界でも幹部として働くことができるでしょう。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい1:その人にあった「すみか」」を提供できる

「衣食住」は生活をしていく上で必要不可欠です。宅地建物取引士はそのうちの「住」つまり「すみか」を提供する仕事です。

客の要望は価値観や好みなど個人差が非常に大きく、またそれらが生活の基本となる「住」に反映されるのはもっともなことでしょう。

宅地建物取引士は幹部とならなくても、その人に合った「すみか」の提供が可能です。「あなたに任せてよかった」と言われることが何よりやりがいに繋がります。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい2:多くの物件を見て回れる

不動産をいろいろ見て回るのは、興味があればとても楽しいことでしょう。土地建物取引士は不動産売買、賃貸の契約締結に関わる仕事が主です。幹部職となると高額な物件を扱うことも多くなります。

一等地にある高級マンションの内覧に同行したり、タワーマンションの高層階を見たりと自分では手の届かない物件を見て回れるのは、宅地建物取引士幹部の仕事のうち楽しいことの一つではないでしょうか。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい3:お客様との信頼関係が上がる

不動産は高額な商品です。その価値も高く、利権や思惑が絡み合う土地や建物も多く、トラブルに発展することも珍しくありません。そのような土地建物の売買や賃貸契約において、苦労することも多いのも事実です。

トラブルを宅地建物取引士の知識や経験を駆使して克服することで自分自身の成長に繋がります。また、それにより客との信頼関係が生まれ、それがやりがいに繋がります。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい4:独占業務のある高度な仕事

宅地建物取引士は重要事項の説明や重要事項説明書の作成など、不動産売買における契約締結にかかる非常に重要な業務です。幹部職ともなるとその契約の金額は高額になります。

重要事項の説明の仕方一つで高額商品の契約が流れてしまうという可能性もあります。

宅地建物取引士幹部は当事者にトラブルがないよう、また契約が問題なく遂行できるように気を配る必要があり、その仕事の難しさゆえの大きなやりがいがあります。

宅地建物取引士幹部職の仕事のやりがい5:努力が反映される給与体系

宅地建物取引士は契約数によって給与が変動する歩合制を取り入れている企業もあります。

また、業務内容から不動産関連にとどまらない知識と実務経験が得られます。宅地建物取引士の幹部職であればそこで得られた人脈と知識や実務経験を糧に独立することも夢ではないでしょう。

高額商品を扱うため、契約締結されれば給与に反映され、目に見えるやりがいとすることができます。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ

どんな仕事にも厳しい面はあります。宅地建物取引士は士業の一つに数えられ、また高額商品を扱う故のプレッシャーもあります。幹部職であればそのプレシャーは相当なものになるでしょう。

しかし、転職のために取得する資格の中で人気の高い宅地建物取引士は、その厳しさを量がするほどのやりがいある職種であることは間違いありません。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ1:忙しい

不動産業界は人の出入りが激しい業界です。理由は仕事が厳しく、また忙しさもその理由の一つでしょう。幹部職ともなると忙しさは想像を超えるでしょう。

転職しやすい業界とも言える不動産業界ですが、宅地建物取引士の資格を有することで、周りより一歩進んだ条件での転職が可能になります。

不動産業界は頑張って成果を上げれば収入による見返りや人生の糧になる経験ができるわかりやすい業界です。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ2:ノルマが厳しい

宅地建物取引士の資格には「知識能力の維持向上」が義務付けられています。幹部職ともなると、部下よりも深い知識経験が求められます。転職の際には深い知識や経験は強力な武器になります。

不動産業界は毎日営業で駆け回り、ノルマが厳しいこともあり日々の勉強の時間が思うように取れません。労働時間も長く、顧客フォローのため休日も少ないので、人の出入りが激しくなります。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ3:仕事が多く回ってくる

重要事項説明書の作成や説明などは有資格者でならないので、仕事の量が増えます。

周りが資格を持っていないと負担は増えるでしょう。他の仕事を回されさらに自分の仕事もあります。幹部職であればそれなりの権限や待遇の良さもありますが、それ以上の負担になるでしょう。

しかし、実務経験は自分の糧となり無駄にはなりません。転職を考えたときに培った経験は武器になります。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ4:予定が立てづらい

不動産会社は対個人の営業がメインです。そのため、お客さんの都合で休日が潰れることもあります。宅地建物取引士は独占業務であるため、他に有資格者がいなければ全て対応せざるを得ません。特に幹部であればその傾向は強くなります。

銀行や保険などの他業界への転職であれば改善されるでしょうが、不動産業界であればこれは転職しても変わらないデメリットでしょう。

宅地建物取引士幹部職の仕事の厳しさ5:クレームが激しい

不動産は高額な商品を取引するため、クレームの量が多いです。怒鳴られることも、掴みかかられることもあります。

対個人であるため、仕方がないことですが書面にてきちんと説明したのにも関わらず、理不尽にクレームをつけられることもあります。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5選!

転職を考えているのなら、転職エージェントに登録するのが、より良い転職先を見つけるための近道と言えるでしょう。転職エージェントは自分の現在の市場価値を把握する必要があります。

宅地建物取引士は非常に価値の高い資格ですが、その上に高い営業力やその他のスキルが高い市場価値につながります。

おすすめの転職エージェントをご紹介します。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント1:doda

求人数が多く選択肢が広がるのが大手エージェントの強みです。dodaは国内トップクラスの求人数、実績を誇る最大転職エージェントの一つで、転職についてのサポート体制も良い評判が聞かれます。

企業からのスカウトメールも多く、幹部候補として転職活動を展開することも可能です。特にdodaは非公開求人が多く、希望条件に見合う求人を多数提案をしてくれる、他業種に目を向けさせてくれると評判も高いです。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェンシー

老舗の総合転職エージェンシーであるリクルートエージェンシーは保有求人数が質、量とともに大きな強みとして展開しています。また対企業への交渉力が高く、内定率が高いとも評判です。

他のエージェントでは断られるような案件でも求人が見つかるため、Uターンや第二新卒などの転職にも強みを発揮します。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント3:マイナビ

求人の質に定評のあるマイナビは未経験からの転職もカバーしてくれると評判です。マイナビエージェントでは未経験でも積極的に採用をする中小企業の求人情報を多く保有しています。

宅地建物取引士を取得はしていても、不動産営業が未経験の場合にも対応してくれます。しかし、マイナビのメインターゲットは20代から30代の若い層です。そのため、幹部として働くような年代の求人は紹介してもらえない可能性があります。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント4:ビスリーチ

ハイキャリアに特化した転職サービスのビスリーチは高収入の求人が多いです。ヘッドハンター型のスカウトメールも届き、幹部職としてスカウトを得られるでしょう。

好条件の求人も多く、高収入の求人情報が他社に比べて圧倒的に多いのが強みです。即戦力としての人材を求めている企業からの求人が多く、高収入、幹部職としての好待遇な求人につながっています。

幹部職などのさらに高い希望での転職が期待できます。

宅地建物取引士幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5:JACリクルーメント

現段階で幹部職を担っていてさらに好条件への転職をしたいと考えているのなら、JACリクルートメントはおすすめです。外資系中心の質の高い求人が多く年収のアップや待遇のアップも期待できます。

そのため、求める人材は即戦力です。企業から求められるキャリアレベルも非常に高くなっており、現在の自分の市場価値をきちんと把握する必要があります。

現在、幹部職を担い年収が600万円以上であれば、活用するべきでしょう。

宅地建物取引士を舞台に幹部職として活躍してみませんか?

宅地建物取引士は不動産業界にはなくてはならない人材です。資格を有しているだけで給与UPも期待でき、幹部職として活躍できる可能性もあります。

幹部職としての責任と、「士業」としての責任が発生しますが、それと同時にやりがいも多く得られます。特にお客さんからの信頼を勝ち得た時の充実感は計り知れません。

また、幹部だけではなく独立開業も夢ではありません。資格取得は容易ではありませんが、魅力ある資格でしょう。

Related