Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

宅地建物取引士の現状と将来性|宅地建物取引士業務のやりがいと厳しさ5つ

「宅地建物取引士の現状と将来性|宅地建物取引士業務のやりがいと厳しさ5つ」と題して、宅地建物取引士の資格を活かして就職、転職したいという人のために宅地建物取引士の仕事のやりがいや厳しさ、利用をおすすめする転職エージェントをご紹介しています。

宅地建物取引士の現状と将来性|宅地建物取引士業務のやりがいと厳しさ5つ

宅地建物取引士の現状と将来性

宅地建物取引士(宅建)は、国家資格に当たります。男性、女性どちらにも人気がある資格です。持っていると就職、転職に有利かというと狙う業種によって違います。

不動産業界なら持っていて当たり前とされていますが、資格があるならぜひうちで働いて欲しいという企業もあります。この資格の現状と将来性がどうなのかが気になるところではないでしょうか。

ここでは、宅地建物取引士の現状と将来性について解説していきます。

宅地建物取引士の現状

宅地建物取引士は、大変人気がある資格です。そのため取得している人は多いです。しかし、資格があれば、「ぜひうちで働いて欲しい」と言ってもらえるわけではありません。

不動産業界で働くのであればむしろ持っているのが当然の資格とされ、資格があるからといって重宝されることはないでしょう。しかし、資格があると歓迎してくれるところもたくさんありますので、決して資格が無意味だということはありません。

宅地建物取引士の将来性

宅地建物取引士の将来性は、しばらくは安定した状態が続くと考えられています。なぜなら不動産は生活するにしても、商売をするにしても必ず要るものだからです。人口減少や超高齢化が進んできているとはいえ、不動産は必要とされます。

ただし、人口減や超高齢化が進むにつれて、仕事の量は影響してくるでしょう。資格取得者が多いですから、実力を磨くことで将来性は大きく変わります。

宅地建物取引士の仕事の5つのやりがいと厳しさ

どんな仕事に就いていてもやりがいや厳しさがあるものですが、宅地建物取引士も例外ではありません。宅地建物取引士の仕事に就いた時のやりがいと厳しさをそれぞれ5つずつご紹介しています。

どんなところにやりがいを感じるのか、厳しいと感じるのはどんなところなのかを解説していますので参考にしてください。

宅地建物取引士の仕事のやりがい

宅地建物取引士の仕事に就くにあたり、やりがいを感じることは必ずあります。ここでは、宅地建物取引士の仕事で感じられるやりがいを5つご紹介しています。

これから資格取得してみようかと考えている人、または資格をすでに取得しているのでこれを活かして就職、転職をしようかと考えている人はぜひ参考にしてみましょう。

宅地建物取引士の仕事のやりがい1:物件について詳しくなれる

宅地建物取引士の資格を取得し、不動産業の企業に就職することになったらいろいろな物件を見ることができます。顧客のニーズに合ったものを提案する必要があるため、どんな物件に対しても知識を得なければなりません。

そのため、物件について詳しく調べることができますし、いろんな知識が身について詳しくなれます。今まで知らなかった世界を知ることができるのがとても楽しいという人もいます。

宅地建物取引士の仕事のやりがい2:お客様に喜ばれた時

不動産には「棲家」になるという役割があります。しかし、不動産というと高額で権利や規制も厳しく、素人ではわからない難しい言葉もたくさん出てきます。そんな時に専門知識を持つ宅地建物取引士は頼りにされます。

お客様の希望をくみ取り、最適な物件を紹介してお客様から喜ばれた時は大きなやりがいを感じることでしょう。次も頑張ろうと思える瞬間です。

宅地建物取引士の仕事のやりがい3:トラブルが円満に解決できた時の喜び

不動産取引の際にはどんなに注意をしていてもトラブルが発生することがあります。トラブルやクレームが来ると落ち込んでしまいがちですが、宅地建物取引士の知識や経験を活かしてトラブルが解決できた時、お客様との信頼関係が上がります。

そんな時、頑張ったかいがあったという大きな喜びを感じるでしょう。トラブルが発生すると気が滅入りますが、それを解決できた時ほどうれしいことはありません。

宅地建物取引士の仕事のやりがい4:やった分だけ給料に反映される

働く限りはある程度のお給料がいただきたいと誰もが考えることです。宅地建物取引士の仕事では、不動産の知識だけでなく住宅ローンや税制のことなど多方面の幅広い知識が身につきます。

専門知識はもちろんのこと、実務経験もつき、仕事をやればやった分だけ給料に反映されるので大きなやりがいが感じられます。

宅地建物取引士の仕事のやりがい5:責任感を持って仕事ができる

宅地建物取引士は、お客様の住むところを提供する仕事ですから無責任なことはできません。無責任に、そして適当に仕事をすると後にトラブルの原因にもなります。

宅地建物取引士は他の仕事より一層責任感を持って仕事ができますので、一つの仕事をやり遂げたときは大きなやりがいを感じることができるでしょう。責任が重いのでプレッシャーにはなりますが、やり遂げた時の喜びはとても大きいものになります。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ

宅地建物取引士の仕事をしていると、ときに厳しくて辛いなと思うことがあります。ここでは、宅地建物取引士の仕事の厳しさを5つご紹介していきます。

どんな仕事に就く時でもその仕事のやりがいだけでなく、厳しさも知っておく必要がありますので、宅地建物取引士への就職、転職を考えている人は参考にしてください。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ1:雑用もこなさなければならない場合がある

宅地建物取引士の仕事で厳しい点といえば、雑用係や肉体労働のようなことをしなければならないことです。

賃貸アパートや賃貸マンションの管理を任されることがあるのですが、居住者が退去時に行う清掃や補修は基本的に専門の業者に依頼します。

しかし、入居中に何かあって、業者と連絡が取れない場合は自らが現場に赴き、応急処置的な作業の対応をしなければならないようなケースがあります。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ2:複雑なクレームの対応

この仕事をしていると、ときにお客様からクレームを受けることがあります。簡単なものならすぐに解決できるので良いのですが、ごくたまに複雑なクレームが入り困惑してしまうことがあります。

複雑な法律が絡んでくると対応に苦慮するようなこともあります。いざという時に困らないように、自分が関わる仕事については判例や法律のことも勉強しておく必要があります。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ3:景気に左右されやすい

宅地建物取引士の資格があると不動産関係の仕事に就くケースが多いですが、不動産は景気に大変左右されやすいです。不動産そのものが高額であること、景気の動向に大変敏感なものであることからそれに振り回されることがあります。

景気が良ければ仕事量が多くなり、悪くなれば暇で仕方ない、という極端なことが起こります。こういったことも厳しさの一つと考えておきましょう。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ4:会社の規模により仕事量に差が

宅地建物取引士の資格を活かすために不動産関係の会社に就職や転職をした場合、その就職した会社の規模によって仕事量が大きく違うことを知っておきましょう。

大手企業の場合だと取引件数も多く、提出する書類や規則がかなり増えるので自ずと業務量が多くなります。業務量が多いと残業なども増える可能性がありますし、毎日がハードになることがあります。そんな時にこの仕事は厳しいなと感じることもあるでしょう。

宅地建物取引士の仕事の厳しさ5:自己破産すると資格制限される

宅地建物取引士として仕事をしている時に、もし自己破産をしてしまうと一時的に仕事ができなくなります。自己破産の手続きを開始すると、その手続きが終了するまで資格制限を受けることになるからです。

資格制限されるのは弁護士などですが、宅地建物取引士も含まれます。ただし、資格が剥奪されることはありません。破産手続き終了(免責許可)後再度登録すれば復権できますが、こういった事態にならないよう、注意が必要です。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント5選!

宅地建物取引士の転職を考えているなら、転職エージェントを利用することも検討してみましょう。自分自身で転職先を探す方法もありますが、在職中に転職活動をする場合は時間がうまく取れず、なかなか難しいです。

そんな時に頼りになるおすすめの転職エージェントを5つご紹介します。登録は複数社にしても問題はありませんので、いくつか気になるところに登録しておくといいでしょう。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント1:パソナキャリア

東京や大阪、名古屋といったエリアごとに専門知識が豊富なキャリアアドバイザーがワンランク上の転職を支援してくれます。

宅地建物取引士で転職を考えているなら、求人の紹介や履歴書、職務経歴書の書き方の指導、面接日の交渉、給料の交渉といった一連の転職活動を無料でサポートしてくれます。

在職中に転職活動をしていて、できるだけ早く転職先を決めたい人におすすめのエージェントです。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績がナンバーワンと言われている転職エージェントです。創業(1977年)からずっと培ってきたノウハウを活かして求人の紹介、応募書類の書き方などのアドバイス、相手企業と条件の交渉などの他に、独自の転職支援サービスを行っています。

求人数は業界トップクラスと言われていますし、求人企業の特徴などをまとめた独自の企業情報(AGENT Report)は利用者に好評です。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント3:ハタラクティブ

このエージェントは転職希望先が未経験業界であっても企業ごとの対策をしっかりしているので利用した人の多くが就職、転職に成功しています。面接の対策や日程調整など、一人一人にアドバイザーがサポートしてくれます。

書類審査通過率は約9割、内定率は約8割という高さを誇ります。登録はたったの30秒で完了するのでぜひ済ませておきましょう。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント4:doda

全国対応で求人数が10万件以上ある転職エージェントです。希望する条件をいくつか選んだとしてもその条件に合った求人を見つけることができます。企業から直接オファーが受け取れるスカウトサービスも利用できます。

他の転職エージェントでは通常、転職成功例を公開しますがここではあえて失敗例を公開し、本当の転職者の声が聞けるようになっているのでとても参考になります。

宅地建物取引士に強い!おすすめの転職エージェント5:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。転職支援実績は国内最大級で、大手企業はもちろん、ベンチャー企業などさまざまな企業の人事担当者と太いパイプを持っています。

現在の転職市場を知り尽くしたアドバイザーが、希望に合った仕事をマッチングしてくれますので安心して利用できます。

宅地建物取引士に転職してみませんか?

宅地建物取引士の現状や将来性、やりがい、厳しさなどに加え、転職活動の支援をしてくれる転職エージェントをご紹介しました。

すでに宅地建物取引士の資格を得ている人、転職のためにこれから資格を取得しようとしている人などさまざまでしょうが、宅地建物取引士の資格は就く仕事によっては必須のものになります。

この資格を持っていることで信頼され、仕事が任されることも増えます。ぜひ宅地建物取引士に転職してみませんか。

Related