Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月14日

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント

今回は「管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント」と題し、「管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ」をピックアップし、その際におすすめできる転職エージェントについて具体的にご紹介します。

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント

管理・事務職の現状と将来性

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
まず「管理・事務職の現状と将来性」についてですが、これは主に「総務事務の現状と将来性」にもつながる世情確認ともなり、この場合、管理・事務職に幹部として転職する際には、それなりのスキルや過去実績がなければスムーズに転職できない傾向があるでしょう。

管理・事務職に幹部として転職する場合、その現状としては役職ポストがすでに既存の社員で固められている傾向があり、その将来性にしても不動の様子が俯瞰されます。

管理・事務職の現状

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
管理・事務職の現状についてもう少し詳しく見ていきましょう。管理・事務職に幹部として転職する場合ですが、この際にはまず「管理・事務職としての需要が大きく下降することは想定しにくい」という現状が見られ、当分は安定する傾向にあるでしょう。

しかし逆に言えば、管理・事務職に幹部として転職することにおいて、その需要が飛躍的に伸びる(優遇される)という期待もあまりできず、従来どおりの傾向にあると言えます。

管理・事務職の将来性

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
次に「管理・事務職の将来性」についてですが、この場合も先述しましたように、幹部として管理・事務職に幹部として転職する際には「従来どおりに転職することができ、その職種需要においてはそれほど(爆発的に)飛躍することはない」というのが将来に見込めます。

そのため、従来どおりに管理・事務職に課されてきた職種ニーズを満たしておけば転職は可能となり、転職後のキャリア形成にしても特記すべき内容は見られません。

管理・事務職幹部の仕事の5つのやりがいと厳しさ

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
さてここからは「管理・事務職幹部の仕事の5つのやりがいと厳しさ」と題して、管理・事務職に幹部として転職する場合に感じられるやりがい・厳しさについて具体的に見ていきます。

管理・事務職に幹部として転職する場合にまず感じられるやりがいにおいては、「安定感を得られること」で、その将来設計においてはかなり安心できるポイントになるでしょう。転職前には必ず把握しておきましょう。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
まずは「管理・事務職幹部の仕事のやりがい」について具体的にご紹介していきます。管理・事務職に幹部として転職する場合の一般的なやりがいでは、「職種そのものの安定感」、「給与も生活する際に十分」、「スキルアップの機会も多い」などがあるでしょう。

さらに管理・事務職に幹部として転職する場合では、その後の転職においても役立てられるキャリア形成が可能であるため、スライド式の転職に最適な一面が見られます。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい1:給与が安定している

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
管理・事務職に幹部として転職する場合には、もちろん公務員として働くことになるため、給与の面は安定し、その後の将来設計においてはかなり充実できる内容となるでしょう。管理職というポストがすでに上役・重役となるため、その点の安定感は抜群にあります。

また、転勤・配属・部署異動などが比較的少ない職種ともなるため、特に幹部として働く場合にはその一部署を永続的に任され、職場環境も安定する形になるでしょう。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい2:自己スキルを端的にアピールできる

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
これは主に、一社員として企業へ自己スキルをアピールできる場面となります。管理・事務職に幹部として従事する場合には、その実力を企業に役立てていることが実感として湧かすことができ、その後の仕事での充実にそのままやる気をつなげることができます。

周囲の人からも「幹部」として上役を見る目で見られ、また一部署を任されるという信任厚い立場にいることを実感できるため、仕事意欲はかなり向上させられます。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい3:スキルアップしやすい

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
管理・事務職に幹部として転職する場合には、それまでにもし事務系の職種に就いていた場合、その前職で培ってきたスキルをそのまま生かすことが可能になります。さらに管理職として働く上で、随時にスキルアップできる機会も増え、自己成長にも最適となるでしょう。

このスキルアップ・ステータスアップによって「その後のキャリア形成」にもつなげられるため、管理・事務職(幹部)として働く上で学際的な実力を会得できます。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい4:ノルマへの覇気を湧かせる

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
これはいわゆる「ノルマ達成感」への魅力になりますが、管理・事務職に幹部として従事する場合には「一部署を任される」という厚い信頼をもって従属することになるため、その課されたノルマを達成することへの意欲はかなり大きなものになります。

このノルマ達成感を得るために日々努力することができ、その努力・尽力はやがて「自己発展・自己啓発」にそのままつなげられる場合が多々あるでしょう。

管理・事務職幹部の仕事のやりがい5:交渉能力を向上させられる

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
管理・事務職(幹部)として働く場合には、他企業・他部署との連携を余儀なくされる場合が多くあります。仕事を進めていく上で、先述のノルマ達成を目指しながら「他企業・部署との協働を図るための交渉能力」を十分引き上げることができ、自己成長にもつながります。

このように、通常の仕事をしながら自己成長・発展を約束される程の職種ともなるため、その後の転職を考える人の場合なら、さらに好都合の職種ともなるでしょう。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
管理・事務職幹部というのは、一部署をまとめ上げ、そこで従事する他の社員を率先していく仕事にもなるため(場合によっては)かなりしんどい仕事にもなります。

主にデスクワーク・IT関連の仕事などを受け持ちますが、転職前に「どのような職務を通常で課されるのか」について具体的に調べておかなければ、転職後に自分がやりがいだけでなく、管理・事務職という職務への覇気そのものをなくしてしまう可能性もあります。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ1:地味な仕事が多い

管理・事務職というのはそもそも「単調なデスクワーク」となるため、人によってはその単調さがマンネリ化につながってしまい、毎日の仕事が面白くないものに映ってしまう可能性があります。

仕事そのものは慣れれば誰でもこなせますが、その仕事にやりがいをさらに感じたいとなれば、それなりのサイドビジネス的な要素が必要になる場合もあります。その辺りへも十分配慮しておきましょう。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ2:能力が評価されにくい

管理・事務職では先述のように「単調なデスクワーク」が主流となるため、毎日同じような作業に追われることになるため、その場合での能力・スキルアピールがかなり遜色してしまう場合が増えてきます。

そのため、どれだけ成果をあげても「昨日と同じ成果をあげた」と見なされるだけで大きな評価はなく、管理・事務職(幹部)としてさらに昇格・昇給できるチャンスがないことがあります。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ3:場合によって兼業させられる

管理・事務職だけに従事する上では、主に「その一部署で任される職務だけ」を遂行すれば問題ありません。しかし、幹部(または幹部候補生)ともなると、他の部署との連携を図りつつ、企業利益を上げなければならなくなるため、その点で兼業・兼任の可能性があります。

つまり、管理・事務職で課される以外の職務を(企業利益確保・促進のために)課される機会が増えることになり、達成すべきノルマが増やされることがあります。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ4:ノルマ達成が厳しい

場合によってはノルマの分量が増えたり、あるいは「1つのミスも許されない」といった重責を課される場合も、管理・事務職(幹部)としては当たり前の仕事内容に含まれます。

このような重責が課されることによって精神的なストレスも増えることになり、その窮屈なノルマの重圧によって仕事を辞める人もいるくらいで、この厳しさもバカにはできない、かなり重いポイントになる可能性があります。

管理・事務職幹部の仕事の厳しさ5:学歴や資格が重視される

管理・事務職(幹部)ともなると、やはりそれなりの学歴や資格が必要となる場合があります。

この場合に注目されるのはやはり資格のほうで、特に管理・事務職で必須とされやすいIT関連の資格や、デスクワーク関連に役立つ資格、さらには経理関連に役立つ資格などが重要視されるため、それぞれの資格取得を検討する必要があるでしょう。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5選!

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
さてここからは「管理・事務職幹部職に強い、おすすめの転職エージェント5選」と題して、実際に管理・事務職に幹部として転職する場合におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

転職サイト・エージェントでは、さまざまな職種に転職する際に必要な情報提供・活動内容を丁寧に教えてくれるため、ぜひ利用を検討しておきましょう。必ず役立つ情報が得られます。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは「求人情報の多彩」と、さまざまな職種に向けた「サポート力の充実」が魅力で、管理・事務職に就く場合でも着実に転職できる理想的な活動内容を提示してくれます。

管理・事務職では転職回数が多い求職者も集まりやすいため、その際でも役立つ自己PRの作成方法をはじめ、多彩なサポート内容を提供し、個別に必要なステップが用意されます。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

求職者にとって、さまざまな職種へ転職する際に斡旋率が高い「マイナビエージェント」のご紹介です。求人情報がかなり豊富にあるため、管理・事務職への転職の場合でも適職が見付かるチャンスが多くなるでしょう。

マイナビエージェントの魅力は「提携企業とのルートによって職先を紹介してくれる」という大きな支援力が見られる点で、特に管理・事務職や、IT企業への転職の際にはその実力を発揮してくれます。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント3:JACリクルートメント

主に大手企業への転職ルートを強く持っている「JACリクルートメント」ですが、管理・事務職に転職する場合でもそのルートを活用することができ、将来設計に役立てられる活動ができるでしょう。

求人情報の豊富さやアドバイザーの良質の点、さらに求職者個別の状況に合わせた転職斡旋が充実しており、求職者にとって多少でも採用基準を満たせる大きな支援力となるでしょう。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント4:キャリアカーバー

一般的に見てもその転職の際には「上流企業からの内定率」が高く、管理・事務職へ転職する場合でもその関連職種へのルートを踏まえた上で、大手企業への転職を大きく期待することができるでしょう。

管理・事務職において必要なキャリアアップのための知識を備え、まずは「資格取得」や「学歴の取得」をベースにし、それまでの実務キャリアを十分に生かした自己PRを想定してくれます。

管理・事務職幹部職に強い!おすすめの転職エージェント5:ワークポート

ワークポートの魅力は、比較的年齢が高い転職者でもスムーズに希望職へ転職できる可能性が高いことで、「実践的な求人情報の魅力」、「支援力の高さ」をはじめ、さまざまな希望職種に関するオプション的な情報が満載する点に見られます。

管理・事務職へ幹部を目指して転職する場合でも、それまでの活動・キャリアを最適にサポートする上で、事務職系に転職する際に満足度の高いサポートを提供してくれます。

管理・事務職幹部職として活躍してみませんか

管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント
いかがでしたか。今回は「管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ|おすすめエージェント」と題し、「管理・事務職の幹部の5つの仕事のやりがいと厳しさ」をピックアップし、その際におすすめできる転職エージェントをご紹介しました。

管理・事務職(幹部)へ転職する場合には、その職種で課されるニーズ・スキルを事前に把握しておき、現時点での自己スキルを客観的に評価しておくことが大切です。

Related