Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

管理・事務職の現状と将来性|管理・事務職の仕事の5つのやりがいと厳しさ

管理・事務職に転職していくのには、利点も不利な点もあります。管理・事務職に転職するに当たっては、給与が安定していることや、自己スキルアピールできスキルアップしやすいことが利点ですが、反面、地味な仕事が多いことや、能力が評価されにくいことなどが不利になります。

管理・事務職の現状と将来性|管理・事務職の仕事の5つのやりがいと厳しさ

管理・事務職の現状と将来性

管理・事務職の現状は、実際にこの職が企業にとって重要な職であるために、安定した職務になっています。しかも、管理・事務職は将来無くなってしまうことも考えにくいため、人気のある職務であるといえます。

しかし、職務としては他の業務に比べ地味な仕事であり、サポート的な内容であるために、実績を上げても給与が大幅に増えることがあまりなく、役職につく昇進も多いとは言えません。

管理・事務職の現状

管理・事務職の現状ですが、AIの台頭により将来は管理・事務職の仕事が減ることになる不安はあります。しかし、管理・事務職の仕事は会社や企業にとって非常に重要な役割を持っています。

また、管理・事務職の労務は直近の状況では、管理・事務職としての業務の需要が大きく下降することは想定しにくく、当分は安定した職務となっています。ただし、転職しても管理・事務職の需要が伸びて優遇される期待はあまりありません。

管理・事務職の将来性

管理・事務職の将来性は一般的な職場では欠かせない職務ですので、将来無くなることは考えにくいです。

しかし、将来性のある他の業務に比べ地味な仕事であるため、実績を上げても給与面の大幅な昇給にはなりにくく、役職につくなどの昇進も多いとは言えません。

管理・事務職の仕事は全体的にサポート的な業務が多く、転職しても職歴が生かせる仕事ですが、専門職や総合職などに比べると転職による昇給は見込みが少ない職種です。

管理・事務職の仕事の5つのやりがいと厳しさ

管理・事務職の仕事のやりがいとしては、給与が安定していること、自己スキルを大きくアピールできること、そしてスキルアップしやすいことや、ノルマへの覇気を持てることがあり、さらに交渉能力を向上できることがあります。

管理・事務職の仕事の厳しさとしては、地味な仕事が多いこと、能力が評価されにくいこと、兼業させられる場合があること、そしてノルマ達成が厳しいこと、さらに学歴や資格が重視されることがあります。

管理・事務職の仕事のやりがい

管理・事務職の仕事のやりがいには、給与が安定していること、自己スキルを大きくアピールできることがあります。

他にもスキルアップしやすいことや、仕事のノルマへの覇気を持てること、そして自分の交渉能力を向上できることがあります。

これらの要件にメリットを感じるのなら、管理・事務職に転職していくのをおすすめします。仕事は地味ですが会社や企業には必ず必要な職務となっています。

管理・事務職の仕事のやりがい1:給与が安定している

管理・事務職の仕事のやりがいの一つに、給与が安定していることがあります。

管理・事務職の極端な職場の例には、公務員がありますので管理・事務職に幹部として転職する場合には、給与の面は安定し将来設計でも充実できる職務になります。

転職して管理・事務職になった場合には、安定感は抜群にあり、転勤・配属・部署移動などが比較的少ない職種でもあり、その一部署を長く任されるため職場環境も安定します。

管理・事務職の仕事のやりがい2:自己スキルを大きくアピールできる

管理・事務職の仕事のやりがいの一つに、自己スキルを業務で大きくアピールできることがあります。

特に転職して管理・事務職に幹部級として従事する場合は、自分の力を仕事に役立てていることを実感しながら仕事ができます。

その実感により自分の仕事を充実することができて、その後のやる気につなげることになります。一社員として企業へ自分の業務スキルをアピールすることになります。

管理・事務職の仕事のやりがい3:スキルアップしやすい

管理・事務職の仕事のやりがいの一つに、管理・事務職はスキルアップしやすい職であることがあります。管理・事務職に転職する場合には、それまでに事務系の職種に就いていた方は、前職で培ってきたスキルがかなり生かせます。

さらに管理・事務職に転職して働くことで、管理・事務職はスキルアップしやすい職のため、スキルアップして自己成長につながる職種と言えます。

管理・事務職の仕事のやりがい4:ノルマへの覇気を持てる

管理・事務職の仕事のやりがいの一つに、仕事のノルマへの覇気を持てることがあります。

ノルマへの覇気とはノルマの達成感への魅力であって、管理・事務職に従事する場合には、幹部で転職したとき一部署を任される厚い信頼を受けて従事することになります。

ノルマの達成感を得るために日々努力することになり、それは自己発展・自己啓発につながり、自分の成長を実感することで、ますますノルマへの覇気が強まることになります。

管理・事務職の仕事のやりがい5:交渉能力を向上できる

管理・事務職の仕事のやりがいには、交渉能力を向上できることがあります。

転職などして管理・事務職として働く場合には、他の企業や自社内の他の部署と連絡調整が必要になる業務が多くあり、業務を進めていく上でそれらと協働をしていく交渉能力を向上させることができますし、自己成長にもなります。

通常の業務の中で自己成長し発展ができるのが管理・事務職なので、そのために転職を考えることも良い選択の一つになります。

管理・事務職の仕事の厳しさ

管理・事務職は、やりがいのある職でありますが、反面厳しい面も持っています。

管理・事務職の仕事は、地味な仕事が多いことや、業務を行っても能力が評価されにくいこと、そして他の業務と兼業させられる場合があることがありますので、業務の遂行は厳しい面を持っています。

他にも管理・事務職の業務は、業務上のノルマ達成が厳しいことや、転職し採用される場合に学歴や資格が重視されることが多いことがあります。

管理・事務職の仕事の厳しさ1:地味な仕事が多い

管理・事務職幹部の仕事の厳しさの一つに、地味な仕事が多いことがあります。

本来、管理・事務職の仕事は単調なデスクワークが中心であるので、その画一的で単調な仕事が人によっては厭きてしまい、毎日の業務に張り合いが無くなってしまうことがあります。

管理・事務職の業務は慣れればこなすことができますが、地味な仕事内容が多いので、仕事に対するモチベーションを上げ続けることが必要になってきます。

管理・事務職の仕事の厳しさ2:能力が評価されにくい

管理・事務職幹部の仕事の厳しさの一つに、自分の能力が評価されにくいことがあります。

管理・事務職の業務は単調なデスクワークが主流ですので、同じような作業に毎日関わることになるため、自分の能力をいつも発揮できる仕事ではありません。

管理・事務職の業務は成果を上げにくいこともあり、自分の能力やスキルのアピールがしにくいので、上層部からの評価を受けにくく、そのために幹部職員に早く昇格しにくい面があります。

管理・事務職の仕事の厳しさ3:兼業させられる場合がある

管理・事務職幹部の仕事の厳しさとして、仕事を兼業させられる場合があることです。

管理・事務職だけに従事するならば、その部署で任される職務だけを行えばよいのですが、管理・事務職の場合は、他の部署との連携をとって企業利益を上げることが求められるために兼業・兼任させられる可能性があります。

管理・事務職での仕事以外の職務をさせされることが増え、それによる達成ノルマが増やされてしまいます。

管理・事務職の仕事の厳しさ4:ノルマ達成が厳しい

管理・事務職の仕事の厳しさとして、ノルマへの覇気は持続できるものの、そのノルマ自体の達成が厳しいことがあります。管理・事務職の仕事はミスが許されない重責を課される場合もありながら、いつも同じ仕事をさせられます。

これは転職した場合も同じで、重責が課されることによって精神的なストレスが増え、そのノルマの重圧によって仕事をあきらめる場合もあります。この厳しさはかなり重いポイントになってしまいます。

管理・事務職の仕事の厳しさ5:学歴や資格が重視される

管理・事務職幹部の仕事の厳しさとして、学歴や資格が重視される傾向があります。

これは管理・事務職の仕事に転職する場合には重視すべきことになっていて、管理・事務職の中でも幹部として、転職採用となるとそれなりの学歴や資格が必要となる場合があります。

注目されるのは資格のほうになり、管理・事務職で必須となるデスクワークに役立つ資格、経理関連に役立つ資格などが重要視され、資格取得をしておくのをおすすめします。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント5選!

管理・事務職幹部職に強い、おすすめの転職エージェントがありますが、実際に管理・事務職に幹部として転職する場合に、転職サイト・エージェントは、さまざまな職種に転職する際に必要な情報提供・活動内容を丁寧に教えてくれるので利用を検討してください。

今回はリクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリア、キャリアカーバー、dodaエージェントサービスの5つの転職エージェントを紹介します。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

管理・事務職幹部職に強いおすすめの転職エージェントとしてリクルートエージェントがあり、非公開も含めた求人数の多さと職種の網羅性が高いのがおすすめの理由です。

非公開も含めた事務系求人数は、13,207件で、転職エージェントのなかでは一番多い求人数になっています。

リクルートエージェントは、タウンワークで有名なリクルートキャリア社のサービスで、長く人材提供に関わっている安心感のあるエージェントです。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

管理・事務職に強いおすすめの転職エージェントとして、マイナビエージェントがあります。転職サービス業界大手のマイナビが運営していて、若い20代利用者からの支持が高い転職エージェントです。

マイナビエージェントの人気の一つにマッチング力の高さがあり、求人を保有している企業に、営業担当者が訪問を数多く行っているので、求人に関する生の情報である職場の雰囲気ほかの提供を行っているのが特徴です。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

管理・事務職に強いおすすめの転職エージェントとして、パソナキャリアがあり、その特徴としてパソナキャリアは人材派遣で有名な「パソナ」のグループ会社のため、派遣のノウハウを持つパソナは、サポート体制が充実していてサービス力が高くなっています。

さらに、パソナキャリアはグループ全体で女性支援に力を入れているので、女性の転職成功比率は全体の35%ほどと高くなっています。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント4:キャリアカーバー

管理・事務職幹部職に強いおすすめの転職エージェントに、キャリアカーバーがありますが、その特徴として上流企業からの内定率が高いことがあり、管理・事務職へ転職する場合にも、大手企業への転職が期待できます。

管理・事務職に転職するために必要なキャリアアップのための知識を持っていて、資格取得や学歴の取得を基本に、それまでに培った実務キャリアを生かした転職を進めてくれます。

管理・事務職に強い!おすすめの転職エージェント5:dodaエージェントサービス

管理・事務職に強いおすすめの転職エージェントとして、dodaエージェントサービスがあり、事務職でも管理職でも多種の職種に対応した豊富な求人情報をもっています。

dodaエージェントサービスは、公開求人の数が多く事務職求人数が5,465件あり、さらに非公開の求人も含めると1万件以上の情報を持つ転職エージェントです。転職サイトのdodaのサービスの1つのため、両方を使うことができて有利です。

管理・事務職に転職してみませんか?

管理・事務職は企業全体をコントロールする役割を持つ職であるため、管理・事務職で事務を担当する職員を多くの会社が必要としています。

管理・事務職は他の社員が成果を出すために必要な事務や庶務的な仕事を行い支えるのが仕事で、管理・事務職がいないと社員達は能力を発揮できません。

企業が必要とする管理・事務職に転職して、企業を支える業務を担当していくことは転職に大きな利点があり転職するのもおすすめです。

Related