Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

外資系化粧品業界の現状と将来性|仕事の5つのやりがいと厳しさ

今回は、外資系化粧品業界への転職役立つ情報をご紹介します。転職を成功成功させるために必要な、外資系化粧品業界の現状や将来性についてもご紹介しています。また、外資系化粧品業界で働くやりがいと厳しさについてもご紹介しているので、転職の参考にしてください。

外資系化粧品業界の現状と将来性|仕事の5つのやりがいと厳しさ

外資系化粧品業界の現状と将来性

化粧品業界には、日本国内企業と外資系企業と2種類あり数多くの化粧品メーカーが存在しています。

化粧品メーカーの中には外資系化粧品メーカーも多く含まれています。今回は外資系化粧品業界へ転職を考えている方に向けて、外資系化粧品業界の現状と将来性についてご紹介します。

外資系化粧品業界の現状

外資系化粧品業界の現状は、流通の多角化と異業界の参入です。

百貨店などの店舗での化粧品販売をしていた外資系化粧品メーカーが、続々とインターネット販売や小売店への卸などへ流通をシフトしていると言われています。

また、化粧品の専門メーカーが市場を独占していたのが難しくなってきています。食品メーカーなどの異業種が、独自のプライベートブランドを作り化粧品業界に参入していると言われています。

外資系化粧品業界の将来性

外資系化粧品業界の将来性は安定していると言われています。

化粧品業界は、安定した需要のある業界だと言われています。どのような時代でも美を求める女性の気持ちは変わることがないからです。

さらに、近年はキャリアウーマンとして働く女性が増えてきています。働きに出れば、それだけ人に見られる機会が増え、より美を意識する人が増えると言えます。化粧品は女性にとって生活必需品ですから、将来も需要のある業界だと言えるでしょう。

外資系化粧品業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ

外資系化粧品業界への転職を考える上で、仕事のやりがいや厳しさを知りたいと考える方は多いのではないでしょうか。どのような仕事内容でやりがいを感じられるかどうかは、働く上でとても大切です。

また、外資系化粧品業界のやりがいなどいい面だけではなく、厳しさや現実も知っておく必要があるでしょう。転職をして働き始めたら良いことだけではないからです。

そこで、外資系化粧品業界のやりがいと厳しさについてご紹介します。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい

初めに、外資系化粧品業界の仕事のやりがいについて5つご紹介します。

仕事で感じることができるやりがいは、仕事へのモチベーションを上げることにも繋がり仕事を楽しむ要素にもなります。また、どのような仕事なのか詳しく知る要素にもなります。

外資系化粧品業界へ転職を考えるための参考にしてみてください。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい1:ものづくりに携われる

外資系化粧品業界の仕事のやりがい1つ目は、ものづくりに携われるというところです。ものづくりというと化粧品と程遠く聞こえますが、化粧品として売り出されるもの・商品の完成に携わることのできる仕事です。

また、化粧品は日常生活で広く使われる商品であり、テレビのコマーシャルや電車のつり革広告などいたるところで目にします。そんな化粧品を作っている人の1人になれるとしたら、やりがいを感じることができるでしょう。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい2:美の追求ができる

外資系化粧品業界の仕事のやりがい2つ目は、美を追求できるところです。外資系化粧品業界で働くと、提供する働き手側も美を意識する機会が多くなります。

最新の美容情報やトレンドに敏感になり、最先端の美を追求することができます。また、同僚と美容情報を交換できるのでお互いに高めあうこともできます。

さらに、外資系化粧品業界ですから日本国内の美容情報だけではなく、世界のトレンドについても勉強できます。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい3:マーケティング戦略を学べる

外資系化粧品業界の仕事のやりがい3つ目は、勝ち残るマーケティング戦略を学ぶことができます。外資系化粧品業界は、ブランドのマーケティング戦略にとても力を入れていると言われています。

外資系化粧品業界の目線で見ると、海外で売り上げを伸ばしブランドを守っているのですから、それだけマーケティングに力を入れていると考えられます。どのように売り上げをのばすのか、ファンを獲得するのかその知識を学ぶことができます。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい4:キャリアアップができる

外資系化粧品業界の仕事のやりがい4つ目は、他の業界へもキャリアアップができるというところです。

外資系化粧品業界はマーケティング戦略が強いと上記でご紹介しました。それと関係して外資系化粧品業界で働いていると他の外資系企業へのキャリアアップがしやすくなると言われています。

キャリアアップという自身の将来のレベルアップも考えながら仕事ができる、というところもやりがいのひとつと言えるでしょう。

外資系化粧品業界の仕事のやりがい5:仲間と仕事ができる

外資系化粧品業界の仕事のやりがい5つ目は、仲間と仕事ができるというところです。外資系化粧品業界は、常に仕事仲間と美容の情報を共有したり、協力してより良い化粧品を作り売り出しています。

パソコンに向かって1人データを打ち込むというような仕事ではなく、同僚や上司と協力し商品を作り上げ売るという仕事です。人と関わりあいながら仕事ができるというところも、外資系化粧品業界で働く魅力でありやりがいです。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ

これまでは、外資系化粧品業界で働くと得られるやりがいや魅力についてご紹介しました。外資系化粧品業界への転職に興味がわいてきたでしょうか。

しかし、外資系化粧品業界への転職を考えているならばやはり良い面だけではなく、厳しさや現実はどうなのかという点も知っておく必要があります。転職を成功させて楽しく働く毎日にするためにも大切です。

そこで、ここからは外資系化粧品業界の仕事の厳しさについて5つご紹介します。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ1:雇用の安定性が少ない

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ1つ目は、雇用の安定性が少ないというところです。雇用の安定性が少ないということは、働いている人の入れ替わりが早いということです。

長く働いている人が多いということは、それだけ働いやすく辞める人が少ないと言えます。しかし、外資系化粧品業界は働いている人の入れ替わりが早いと言われているため、それだけ仕事の厳しさが想像できます。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ2:売上マネジメントが厳しい

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ2つ目は、売り上げのマネジメントが厳しいというところです。アパレル業界も売上管理が厳しいと言われていますが、外資系化粧品業界はアパレル以上に売上管理が厳しいと言われています。

アパレル業界は店舗に売上目標やノルマが課せられるのに対し、外資系化粧品業界はタッフ個人個人に売上目標やノルマが課せられます。

その分プレッシャーが多く、毎月意識の高い売上マネジメントが必要です。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ3:見た目と現実のギャップが大きい

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ3つ目は、理想と現実のギャップが大きいという点です。仕事のイメージと働いてみた現実の相違は、外資系化粧品業界に限らずどの仕事でも少なからず感じることでしょう。

海外セレブとコラボ商品を作ったり、新化粧品のイベントを展開したりと華やかな仕事も多いですが、外資系化粧品業界はシビアな世界です。

その華やかやの裏に、利益に対する高いプレッシャーがあることを忘れないでください。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ4:クレーム対応が大変

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ4つ目は、クレーム対応の大変さです。化粧品は、人の肌に触れたりとても敏感で繊細な商品です。

さらに、化粧品を求めるお客様は綺麗になりたいという期待を込めて商品を購入します。ですから、その分クレームも多くなると言えます。

肌に合わなかった、説明されたた効果は無かった、などクレームの内容も商品に対するものからパーソナルなものまで幅広いです。

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ5:女社会の厳しさ

外資系化粧品業界の仕事の厳しさ5つ目は、女性社会の厳しさです。外資系化粧品業界では男性も多く働いていますが、化粧品は女性をターゲットとした業界なだけに働き手側も女性が多いです。

女性が多い職場は、同性同士意見が合致したり共感できることも多く楽しい場面も多いです。

女性特有の人間関係もあるという可能性も、転職を考える上で参考にしましょう。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント5選!

これまで、外資系化粧品業界の仕事のやりがいや厳しさについてご紹介しました。ここからは、外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

ぜひあなたにぴったりな転職エージェントを見つけて、外資系化粧品業界への転職を成功させましょう。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェント1つ目は、リクルートエージェントです。リクルートエージェントは、国内で最も求人案件が多いと言われている大手の転職エージェントです。

また初期は英語が得意な人に向けた転職エージェントでしたので、海外勤務や海外主張などが想定される求人も多く、外資系化粧品業界への転職に強いエージェントだと言えます。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント2:マイケルペイジ

外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェント2つ目は、マイケルペイジです。マイケルペイジは外資系企業の専門転職エージェントです。

また、小売業界の求人案件を得意としていると言われているので、外資系化粧品業界への求人案件も多く取り扱っていると言えます。

ですから外資系化粧品業界へ転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント3:アズール&カンパニー

外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェント3つ目は、アズール&カンパニーです。アズール&カンパニーは、持っている求人案件の80%が外資系企業と言われています。

化粧品ブランドやスキンケアブランド、メイクアップブランの求人も多く扱ってるため、外資系化粧品業界への転職を考えている方におすすめの転職エージェントだと言えます。

また、トレンド予測やCM作成・戦略の立案などの求人案件も多く取り扱っています。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント4:アイ・デイ・アクセス

外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェント4つ目は、アイ・デイ・アクセスです。アイ・デイ・アクセスは、ファッションブランドの求人専門で有名な転職エージェントです。

外資系化粧品の直営店の販売員や店長などの求人が多いところが特徴です。また、未経験者でも応募できる求人の案件を多く取り扱っているところも特徴です。

ですから、異業種から外資系化粧品業界への転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

外資系化粧品業界に強い!おすすめの転職エージェント5:エージェンツ

外資系化粧品業界に強いおすすめの転職エージェント5つ目は、エージェンツです。エージェンツは、アパレルやコスメ、ジュエリーなどの求人案件を多く取り扱っている転職エージェントです。

欧米の高級化粧品メーカーの求人案件も取り扱っているので、欧米のブランドやメーカーに転職したいと考えている方にもおすすめの転職エージェントです。

外資系化粧品業界に転職してみませんか?

今回は、外資系化粧品業界への転職に役立つ情報をご紹介しました。外資系化粧品業界の現状や将来性、仕事へのやりがいや厳しさなど、異なる視点からご紹介しました。

外資系化粧品業界への転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。あなたにぴったりな転職エージェントを見つけて、外資系化粧品業界への転職を実現させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related