Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選

経営コンサルタントとして、国内で唯一の国家資格となるのが中小企業診断士となります。こちらの資格は「日本版MBA」と呼ばれるほど、企業経営に関する知識が必要となります。今回はおすすめの転職先や転職エージェントサービスについて詳しく見ていきましょう。

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選

中小企業診断士とは

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
世の中にはさまざまな資格があります。自動車を運転するには「運転免許証」が必要ですし、飲食店で料理を振る舞いたいのであれば「調理師免許」が必要となります。そんな中ビジネスパーソンが新たに取得したい資格の第1位が中小企業診断士です。

中小企業診断士とは経営コンサルタントとして唯一の国家資格で、日本版のMBAとも呼ばれています。言うなれば企業活動のアドバイザーです。

中小企業診断士資格について

中小企業診断士になるためには資格が必須となります。中小企業診断士の資格を取得するためには、1次試験、2次(筆記・口述)試験、実務補習・実務従事の3段階ステップを突破する必要があります。

試験の難易度も相当高く、1次試験の合格率が21.7%、2次試験の合格率が18.8%と狭き門です。転職先としては経営コンサルタントや税理士・公認会計士など、難関職種が多いです。

中小企業診断士の転職先5つ

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
具体的にはどのような企業や職業が転職先となるのか、詳しく見ていきましょう。

難関資格の中小企業診断士を取得したのであれば、転職先もこだわって探すべきです。転職先の選択を誤れば、苦労して取得した中小企業診断士も宝の持ち腐れとなります。中小企業診断士の転職先を5つご紹介しますので参考にしてください。

中小企業診断士の転職先1:中小企業支援機関

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の転職先として、1つ目に挙げられるのが中小企業支援機関です。中小企業支援機関は分類が分かれており、例として「行政機関」、「総合支援」、「経営相談」、「小規模支援」、「連携支援」、「商店街支援」、「金融支援」、「取引支援」、「再生支援」が転職先の分類として挙げられます。

中小企業診断士の資格を取得した方であれば、選択肢の一つには入る転職先です。

中小企業診断士の転職先2:コンサルタント会社

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の転職先として、2つ目に挙げられるのがコンサルタント会社になります。コンサルティングと言うと、そもそもの分野がさまざまに分かれるものではあるので、ここでは「経営コンサルティングファーム」や「経営コンサルタント」が転職先としてあてはまります。

コンサルティング会社を転職先とするために、中小企業診断士の資格を取得すると言う方も少なくありません。

中小企業診断士の転職先3:税理士事務所

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の転職先として、3つ目に挙げられるのが税理士事務所となります。

中小企業診断士の資格を取得する際に、財務や会計関係の知識は習得が必須な分野となります。また、財務や会計関係の分野に強い方が中小企業診断士の資格を取得する例も多いので、転職先としてもよく税理士事務所が候補に挙がります。

転職先を選択する際に、自分の強みを押し出すのは非常に重要です。

中小企業診断士の転職先4:一般企業で中小企業診断士を推奨資格としているもの

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の転職先として、4つ目に挙げられるのが一般企業で中小企業診断士を推奨資格としているものとなります。中小企業診断士の取得を推奨にしているということは、社内で何かしらの需要やポジションがあると言えます。

自分の得意分野を転職先として選択できるのに加え、企業側としても欲している能力を持つ人材が獲得できるので、非常に素晴らしいマッチングとなります。

中小企業診断士の転職先5:中小企業診断士事務所

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の転職先として、最後に挙げられるのが中小企業診断士事務所になります。中小企業診断士の事務所であれば、中小企業診断士の資格を持つ人材を欲しているのは間違いありません。

ですので、中小企業診断士の資格を取得した方であれば、中小企業診断士事務所がおすすめの転職先となります。

こちらも転職先の需要と求職者側の供給が釣り合う素晴らしいマッチングです。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント6選

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
中小企業診断士の資格を取得した方の転職先を5つ見てきました。どの転職先も中小企業診断士という資格を存分に活かすことのできるフィールドとなっています。そんな転職先ですが、もちろん採用試験を突破する必要があります。

その際の対策で、頼りとなるのが転職エージェントです。おすすめの転職エージェントサービスを6つピックアップしたので、参考にしてください。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント1:リクナビネクスト

中小企業診断士の資格を取得した方に、まずおすすめをしたい転職エージェントのサービスがリクナビネクストとなります。就活などで多くの方がお世話になったリクナビを運営する株式会社リクルートが、転職者をターゲットとして提供するサービスになります。

特徴としては求人の量とサポートの質の高さです。株式会社リクルートが運営しているだけあって、質・量を兼ね備えたサービスです。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント2:doda

中小企業診断士の資格を取得した方におすすめをしたい、2つ目の転職エージェントのサービスがdodaとなります。dodaは株式会社パーソルキャリアが運営している転職エージェントサービスで、転職エージェントサービスの中でも大手のサービスです。

dodaは転職エージェントサービスと求人広告、どちらのサービスも運営している部分が特徴になっており二輪で転職活動が行えます。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント3:転機Tenki

中小企業診断士の資格を取得した方におすすめをしたい、3つ目の転職エージェントのサービスが転機Tenkiとなります。転機Tenkiはレイサス株式会社が運営をしているサービスで、「ハイクラス人材向け転職情報サイト」を謳っています。

転機は「経営者との直接面談が可能」な点や「役員や専門職などハイクラス求人情報が豊富」な点を特徴とした転職エージェントサービスです。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント4:ムービン

中小企業診断士の資格を取得した方におすすめをしたい、4つ目の転職エージェントのサービスがムービンとなります。

ムービンは株式会社ムービン・ストラテジック・キャリアが運営をしている転職エージェントサービスで、コンサルティング業界への転職を目指す方への支援を主として行っているサービスです。

コンサルティングへの転職を目指している方にはぴったりのサービスです。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント5:キャリアタウン

中小企業診断士の資格を取得した方におすすめをしたい、5つ目の転職エージェントのサービスがキャリアタウンとなります。キャリアタウンは株式会社キュービックが運営する転職エージェントサービスです。

こちらの転職エージェントサービスの特徴としては、非公開求人を多く抱えているという点になります。非公開求人をたくさんプールすることで最適なマッチングを実現しています。

中小企業診断士におすすめの転職エージェント6:日経キャリアNET

中小企業診断士の資格を取得した方におすすめをしたい、最後の転職エージェントのサービスが日経キャリアNETとなります。日経キャリアNETは株式会社日経HRが運営する転職エージェントサービスです。会社名に入っていますが日本経済新聞社の子会社となります。

日本経済新聞社の子会社ということもあり、日本経済新聞社特有の情報が提供されるという点が大きな特徴となっています。

中小企業診断士は年収格差が大きい

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
さて、以上が中小企業診断士の資格を取得した方におすすめする転職エージェントサービスです。中小企業診断士の資格を取得後に転職を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

続いては中小企業診断士の資格を取得した人の間で、どれくらいの年収格差があるのかという部分を見ていきましょう。結論を申し上げますと、300万円~1,000万円と非常に広い幅になると言えます。

中小企業診断士の将来性

中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選
では続いて、中小企業診断士の将来性はどうなのか見ていきましょう。結論を申し上げますと、中小企業診断士の将来性は明るいと言えます。根拠としては、①昇進・昇格で有利に働く②就職・転職で有利③独立開業や副業で稼げるという3点が挙げられます。

独立や開業

中小企業診断士の資格を取得後に、独立と言うのも考えられる選択肢となります。独立後は、経営に関するアドバイスやコンサルタントを企業の経営層に行っていき、そのコンサル料金で生計を立てていくこととなります。

セミナー講師

また、中小企業診断士の資格を取得すると、会社経営に関するセミナーやビジネス全般に関するセミナーの講師を頼まれる機会も出てきます。

セミナー講師をしていると知名度が上がり、仕事と結びつくこともあります。

様々な可能性が広がる中小企業診断士

「中小企業診断士について知ろう|転職先5つとおすすめ転職エージェント6選」と題して、解説をしてきましたがいかがでしたでしょうか。

中小企業診断士の資格を取得すると大きくキャリアの可能性が広がります。興味のあるかたは、様々な可能性が広がる中小企業診断士の資格取得を目指しましょう。

Related