Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月13日

管理部門の転職が難しい理由5つ|未経験から管理部門に転職できるのか?

管理部門の転職を狙っている人は今でも多いのですが、かなり難しいという声も多方面から挙がっています。今回は管理部門の転職が難しい5つの理由と、未経験から管理部門に転職できるのか、どのような転職エージェントを活用すればいいのかを紹介いたします。

管理部門の転職が難しい理由5つ|未経験から管理部門に転職できるのか?

管理部門とは?管理部門の職種4つ

管理部門という名前を聞いても何を管理する仕事なのか、社会人となって働いてみないと良くわからないという人も多いでしょう。そこで、具体的にどのようなものを管理しているのかを紹介してまいります。

それは、間接部門に分類される人事・総務・経理そして財務や法務といった部門です。ただし、経理の中に財務が含まれることもありますし、総務の中に法務が含まれることもありますので、会社によって管理体制は違います。

管理部門の職種1:人事

間接部門や管理部門という名前を聞いた場合に思い浮かぶ第一候補は、間違いなく人事管理部門でしょう。人事管理部門とは労務管理や人の採用、社内研修や福利厚生そしてイベントの運営などやるべきことは非常に多岐にわたります。

特に会社において必要な人材を確保できるかどうかは、この人事管理部門にかかっていますので、新卒採用の時期が近づくとせわしなく動くことになる部署でもあります。

管理部門の職種2:総務

管理部門に属する総務部の仕事内容は、ずばり会社のレベルアップにつながるものなら何でもこなす何でも屋です。消耗品の管理から始まり、福利厚生や安全衛生管理といった社員にとって重要な仕事もこなします。

情報セキュリティ管理の仕事も総務部管轄になりますので、同じ管理部門だったとしても毛色が全く違う人が多数混じってくるのが総務部となります。はては秘書業務まで該当しますので、何でも屋という言葉がぴったりです。

管理部門の職種3:経理

経理部とは会社のお金の流れを管理する管理部門となっています。総務部とは違って明確な目標がある管理部門なので、エキスパートが多数在籍します。

会社の規模が大きくなればなるほど、専門の知識がある税理士や公認会計士といった人が多数在籍し、収支バランスの管理や事業部との収支に関する折衝、そして取引先との与信管理も行うようになるでしょう。

管理部門の職種4:財務・法務

管理部門における財務や法務のお仕事は、売買契約や秘密保持契約などの業務における文書の確認をして契約事項を確認するお仕事となります。

これが国内でのやり取りだけではなく外国とのやり取りまで含まれるようになると、海外との契約事項の確認も必要になるので、一気に難易度が上昇します。社内規定やコンプライアンスを扱うのもここの部署となります。

管理部門の転職が難しい理由5つ

このようにいろいろと仕事がある管理部門ですが、実は転職が難しい業種といわれています。その理由はいくつかありますが、最も大きな原因は採用枠そのものが少ないのに応募者数が多く、なかなか辞める人がいないことでしょう。

それ以外にも人がいなくなったとしても社内異動で賄うケースが多く、しかも経験者が優遇される傾向にあるので枠ができないという理由があります。

管理部門の転職が難しい理由1:採用枠が少ない

管理部門という仕事は基本的に少数精鋭の舞台になることが多いので、採用枠が最初から少なく大企業でも毎年の募集が発生しないことすらあります。

事業拡大の流れが生じた場合は、大企業だと大規模な技術者募集や営業マン募集をたびたび行いますが、その流れに管理部門は乗っかることはほとんどありません。あったとしても少数の枠の確保となります。

管理部門の転職が難しい理由2:応募者数が多い

営業やフィールドサービスエンジニアのようにあちこち飛び回るのが嫌という人は、事務職というイメージが圧倒的に強い管理部門への就職や転職を強く求めます。

しかし、同じように考えている人がものすごく多いので応募者数が募集人数と比べると圧倒的に高くなり、就職や転職が難しい状況がずっと続いてしまいます。この傾向は昔からほとんど変わらないので、転職が難しい状況も続くでしょう。

管理部門の転職が難しい理由3:社内異動で賄うケースが多い

営業や設計といった部門から社内異動で管理部門に行きたいという人はかなり多く、仮に枠が空いたとしても転職人員を受け入れるのではなく、その異動要請を受け入れる形で終わらせるケースが多々あります。

営業や設計と比べて給料が下がっても、残業や出張が少ないといわれがちな管理部門に異動したいという人は後を絶たず、転職や就職の枠ができません。転職が難しいといわれる要因の一つが、枠そのものができないからです。

管理部門の転職が難しい理由4:なかなかやめる人がいない

管理部門は出張や転勤が激務になりがちなフィールドサービスエンジニアや営業と比べると少ない会社が多く、仕事に不平不満を言う人も少ないのでやめる人もなかなかいません。

そのため、採用枠が増えることはなかなかなく転職が難しい状況が続きます。逆にフィールドサービスエンジニアや営業は辞める人がとても多いので、転職が容易なケースが多いです。この状況が変わらない限り転職は難しいとお考え下さい。

管理部門の転職が難しい理由5:経験者が優遇される

管理部門はこのように狭き門となっていて転職が難しい状況が続いています。そのため、会社側に選ぶ権利がある状況なので、どうしても経験者が圧倒的に優遇されます。

管理部門の転職が難しい最大の理由が、このように採用枠が少ないのに応募者数が多く、経験者優遇がいとも簡単にできてしまう現状にあります。この状況がすぐに変わるとは考えにくいので、転職が難しい状況も当分変わることはありません。

未経験から管理部門に転職できるのか?

未経験の方が管理部門に転職するのは容易なことではありません。社内での異動願いで管理部門を狙っている人も多くいるのが現状なので、そちらが優先されることも多々あります。

なので、未経験の方はいきなり管理部門狙いで転職をするのではなく、他の部門で入社してから異動願いを出して管理部門にいくほうが可能性は高いでしょう。難しい状況を変えることは不可能なので、他の方法が必要です。

おすすめの転職エージェント5つ

管理部門への転職はこのように難しい状況になっているので、本気で転職を考えている人は転職エージェントも活用したほうがいいでしょう。

ここではその中でも難しい現状を打破するために、有効活用できる転職エージェントを5つほど紹介いたします。

おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは老舗の総合転職エージェントの一つで、難しい状況を打破する転職エージェントの一つです。とにかく求人数が多いので、会社ではなく管理部門という仕事で選んだ場合は引っかかる可能性も高いでしょう。

メールなどの細かい対応が遅いという声もありますが、求人の質と量が他の転職エージェントを圧倒しているので、管理部門という難しい転職にも対応しやすくなります。

おすすめの転職エージェント2:doda転職エージェント

doda転職エージェントはパーソルキャリアが運営する最大手クラスの転職エージェントです。とにかく評判が高く求人量も圧倒的に多いので、ここなら難しい管理部門への転職の可能性も広がってきます。

職務経歴書や面接対策といった実践的なサポートもありますので、転職をしたことがないという人や難しいと感じている人でも安心して活動することができるでしょう。

おすすめの転職エージェント3:ビズリーチ

ビズリーチは無料転職エージェントが当たり前になっている状況で、有料会員制システムを採用している珍しい転職エージェントです。傾向としてはハイキャリアに特化した転職サービスになっています。

無料でのサービスも多少ありますが、基本は有料とお考え下さい。優良な分質の高い就職先が存在するようですが、それだけ転職が遅くなると費用負担も大きくなるのがネックです。難しい転職になるのであえて飛び込むのも正解でしょう。

おすすめの転職エージェント4:マイナビエージェント

マイナビエージェントは2018年に評判が急激に上昇した勢いのある転職エージェントです。比較的後発組の転職エージェントですが、中小企業を中心に多数の会社とつながっているのが特徴です。

ただし、30代以上のハイキャリアの転職には物足りないという声もありますので、20代という若い方々で難しい管理部門を狙っているという方向けのエージェントと言えるでしょう。

おすすめの転職エージェント5:リクナビNEXT

リクナビNEXTは多くの転職希望者が登録している最大手転職サイトで、新しいことに挑戦する方に推奨されることの多い転職エージェントの一つです。

そのため、難しい管理部門にいきなり飛び込んでみたい、という強い意気込みがある人に利用してもらいたい転職エージェントとなっております。営業職やサービス業、介護職やドライバー業務などの人手が圧倒的に不足している傾向にあります。

未経験からでも管理部門に転職することは可能

このように管理部門への転職は難しい部分も多いのですが、その道が完全に閉ざされているわけではありません。必要に応じて遠回りする必要もありますので、妥協点を必ず用意する必要があります。

本気で管理部門への転職を狙っているという方は、転職エージェントをうまく活用して難しい状況を打破してください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related