Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ

保険業界の仕事は、厳しい面もありますが、頑張って結果を出せば、しっかり稼げます。仕事をすることで得られるメリットもたくさんあります。保険業界に転職を考えている方は、仕事のメリットとデメリットをしっかり理解して、保険業界への転職を勝ち取りましょう。

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ

保険業界の現状と将来性

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
現在の日本における保険業界は成熟期ともいわれ、今後は海外進出など別の市場へと新規参入を狙っていく動きもあります。

保険業界には、大まかに分けて生命保険会社と損害保険会社がありますが、ここでは、主に生命保険についてわかりやすく説明していきます。

まず初めに、保険業界の現状と将来性について、見てみましょう。

保険業界の現状

日本における生命保険会社は、少子高齢化の波を受け、1996年から減少の傾向にありますが、損害保険会社における市場規模は増加の傾向にあります。

日本では近年の少子高齢化により、国民の生存リスクへの関心とともに、医療や老後に関する商品へのニーズが高まってきています。いくつかの大手企業では海外企業の買収をするなどの対策をする一方、海外進出ができない中小企業は、今後の生き残りが課題となっています。

保険業界の将来性

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
日本では、老後の備えとなる保険商品へのニーズも高まってきていますが、今後の生き残りをかけて、海外に進出し新規開拓していけるかどうかが重要なポイントとなります。

日本国内では保険業界は市場が成熟していると考えられています。人生の不測の事態に備える保険の考え方が浸透していないアジアや中南米など海外の国々の市場にどのように参入していくかがポイントになります。

保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界の仕事は、人の人生にかかわる商品を取り扱うため、人間関係をうまく築いていく必要があるなど、やりがいとともに難しさを感じる仕事であるともいえます。

まずは保険業界へ転職する前に、保険業界の仕事のやりがいと難しさとは具体的にどのようなものなのか確認してみましょう。

保険業界の仕事のやりがい

保険業界に転職する前に理解すべきなのは、保険営業の仕事は、基本的に成果主義であるため、成果を出せれば非常にやりがいのある仕事だといえます。

3年目以降、歩合制の形をとる企業がほとんどのため、基本給は低くなる場合が多いですが、努力して頑張った分だけ、より多くの収入が得られるという達成感を得ることができます。

保険業界の仕事は、特に向上心や学ぶ意欲のある人、社交的な人、プレッシャーに強い人に向いています。

保険業界の仕事のやりがい1:頑張った分だけ収入に反映される

保険業界の仕事は、頑張った分だけ自分の収入に反映される成果主義のため、やりがいや達成感を感じることができるでしょう。

保険業界に転職をして、仕事に対する自分の頑張りが給与や顧客満足度につながることで、次の仕事の活力となり充実感が得られます。

実際に契約を取るなど毎月成果さえ出せば、収入がアップでき、時間や営業の仕方については自分である程度決めてもよいという自由度が高い仕事です。

保険業界の仕事のやりがい2:さまざまなスキルが身につく

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界に転職すると、営業成績を上げなければならないため、結果を出すためのさまざまスキルや知識を身につける必要があります。

例えば、初対面の人に好印象を持たれるよう、社会人として必要なマナーを学び、会話や様子から相手のニーズをくみ取る力も付きます。

また、保険や相続、年金、税金などお金の流れや運用の知識も身に付きます。仕事の営業計画や経費なども自分で管理をするため、自己管理スキルもアップできます。

保険業界の仕事のやりがい3:時間の使い方がうまくなる

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界に転職した後、自分で時間を管理する必要があるため、時間の使い方が上手くなる方が多いです。

営業など仕事や家事など自分のプライベートなスケジュールをすべて自己管理しなければならないため、プライベートと仕事の時間をいかに調整するかが非常に重要です。

自由に時間を使える反面、自分で家庭と仕事の両立をしつつ、計画を立て目標を達成する習慣がつくことで、必然的に時間の使い方が上手くなるといえます。

保険業界の仕事のやりがい4:プライベートとの両立がしやすい

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
ほとんどの保険会社が主婦などの女性の転職者を積極的に採用していることから、プライベートと仕事を両立しやすい環境が整っています。

あなたが保険業界に転職した場合、育児や介護、家事をしながら働けるよう、会社に理解がある場合が多いため、ライフワークバランスが取りやすく、長く働くことが可能となります。

仕事の成果さえ出せば、ある程度、融通が利くため、結果を出しながら生活を上手く両立させる方もたくさんいます。

保険業界の仕事のやりがい5:人の役に立てる

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界の仕事は、人の役に立てるということを肌で感じることができます。

必要に応じて、顧客の老後や教育など人生設計のお手伝いをし、豊富な知識をもとに親身になって相談にのることで、安心して頼れる存在として喜ばれることも多いです。ライフプランを提案し、時には感謝されることもあるため、仕事の充実感も得られます。

保険業界への転職は、人のために役に立つ仕事がしたい方には向いている仕事といえるでしょう。

保険業界の仕事の厳しさ

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界の仕事は、柔軟に仕事の時間を設定できる反面、結果を出さなければ、給料アップを見込めないという厳しさがあります。中には、保険業界の仕事の厳しさを入社後に痛感し、残念ながら離職するケースもあります。

では、保険業界の仕事の厳しさとは、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。これから保険業界へ転職を考えているあなたが、転職前に知っておくべき点をまとめましたので、参考にしてみてください。

保険業界の仕事の厳しさ1:基本給が少ない

保険業界に転職した場合、知っておくべきポイントの一つに基本給が少ないという点が挙げられます。

特に生命保険の営業の仕事は、最初の1.2年間は固定給で一定の収入が保障されますが、3年目からは歩合制になるため基本給が少なくなる会社が多いです。入社後2年目までは十分な固定給がありますが、その後は固定給にだけ頼ることはできません。

転職した後に後悔しないよう、この点も入社前にしっかり確認しておきましょう。

保険業界の仕事の厳しさ2:土日に仕事が入ることもある

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界に転職すると、顧客の都合やイベント開催などで、土日も仕事が入ることもあります。

顧客によっては、土日しか時間が取れない人も多くいるため、契約を取るためには、顧客の都合に合わせることも必要になってきます。その結果、せっかくの休みに仕事が入ることも多々あります。

家族とのプライベートの時間が減ってしまう可能性があるため、家族ともその点を事前に話し合い、理解を得た上で転職することが望ましいでしょう。

保険業界の仕事の厳しさ3:経費が自己負担になる

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界に転職する場合、仕事に関わるほとんどの経費が自己負担となる可能性が高いです。

現在では、一部の経費を保険会社が経費として負担してくれる会社もありますが、仕事のために使う諸経費の多くは、個人事業主の経費として自分で支払わなければならないのが現実です。

入社後にあわてずに済むよう、転職後の経費負担についてもできるだけ詳しく確認しておくことをおすすめします。

保険業界の仕事の厳しさ4:給与に影響する成果主義

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界の仕事は、給料に影響する成果主義が基本です。

契約を取った分だけ収入が上がるという仕組みなので、成果が出せないと給料も低くなります。営業や成果主義がプレッシャーで精神的にマイナスに感じるタイプの人は、成果を出しづらく辞めてしまう人が多いです。

保険業界に転職を考えている方は、自分が成果主義に対してストレスを感じやすいタイプなのか、よく自己分析をして転職をするか決断するとよいでしょう。

保険業界の仕事の厳しさ5:スタッフの入れ替わりが激しい

保険業界に転職をしても辞めていくスタッフも多く、スタッフの入れ替わりが激しいという問題点があります。

離職率が高く、担当がよく変わる業界といわる背景には、成果主義やクレーム処理などプレッシャーを感じる仕事が性格的に合わない場合があることが挙げられるでしょう。家庭環境の変化により仕事の継続が困難になったという理由で辞める人がいるという現状があります。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント5選!

保険業界の転職を成功させるためには、転職の動向や転職先の求める人材像やスキルについて詳しい転職エージェントを利用するという選択肢もあります。

では、保険業界に強い転職エージェントとは、どのような会社があるのでしょうか。次に、おすすめの転職エージェント5社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントの保険業界の求人は、安心感のある大手の保険会社が名を連ねています。

給料の記載がない求人では、転職者の適性とキャリアを考慮できるよう給料など詳細は問い合わせてからわかることが多いです。その場合、自分のスキルや経験に合った条件を提示してもらえる可能性があります。

キャリアアドバイザーによる転職後のアフターフォローもあり、安心して利用可能です。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントの保険業界の求人は、キャリア志向のハイクラスな求人から地方の中小企業まで幅広く募集を掲載しています。

全国規模で求人件数も多数掲載されており、非公開求人でリクルートエージェント独自の求人情報もあるため、他にはないお宝求人が見つかることもあります。

キャリアアドバイザーが転職のさまざまなアドバイスをしてくれる点も魅力です。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント3:doda(デューダ)

dodaの保険業界の求人は、年収や職種、企業も非常に幅広く、転職者のニーズに合った仕事に出会える可能性が高いといえるでしょう。

各企業の求人情報が詳しく記載されているため、応募前にある程度、求人を絞り込むことが可能です。

また、転職に不安がある方やなかなか自分に合う求人を見つけることができないなど、困ったときは、あなたの転職をサポートするエージェントサービスが無料で受けられる利点もあります。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント4:ビズリーチ

ビズリーチの保険業界の求人は、一歩上を行く即戦力重視のハイクラスキャリア志向のエージェントです。

保険業界の求人職種は、主に専門的な知識や経験があり、キャリアアップしたい転職者向けのものが多いです。

給与は年収800万円からの高給与の求人が多く、職歴を登録しておくと興味を持った企業のヘッドハンターからスカウトが届くサービスもあります。

保険業界に強い!おすすめの転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアの保険業界の求人は、大手保険会社から社名非公開の会社まで求人数も多く、職種や勤務地も幅広く掲載しています。

共済・生命保険業界だけで500件以上の求人があり、独自の非公開求人では、他の求人誌や転職サイトで探しても見つからなかった求人に出会える可能性もあります。

専任アドバイザーが転職者の経歴や志向から適した求人を提案する、スカウトサービスもぜひ利用してみましょう。

保険業界に転職してみませんか?

保険業界の現状と将来性|保険業界の仕事の5つのやりがいと厳しさ
保険業界の転職は、厳しい仕事のイメージから敬遠しがちですが、自分が頑張った分だけ収入が得られ、人に喜んでもらえるやりがいと魅力のある仕事です。

未経験でもサポート体制が充実している保険会社がほとんどなので、初めは固定給で一定の収入が確保されるなど未経験でも始めやすい仕事といえます。

また、中高年の方でも豊かな人生経験が武器となるので、保険業界の転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Related